2017年1月21日 (土)

蜜蜂を守る方針

政府がついに『ミツバチをまもるために農薬の使用規制も検討する』という方針を明らかにした。

欧米では2000年代より、蜜蜂が越冬できずに消失したり、働き蜂のほとんどが女王蜂や幼虫などを残したまま突然いなくなり蜜蜂の群が維持できなくなる「蜂群崩壊症候群」(CCD)が多く報告されて、世界中で蜜蜂の減少への関心が高まっている。

http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_mitubati/qanda.html

2017年1月20日 (金)

新譜紹介

1. The Weeknd / Starboy (feat. Daft Punk)
2. The Weeknd / Sidewalks (feat. Kendrick Lamar)
3. The Weeknd / I Feel It Coming (feat. Daft Punk)

Starboy [Import] Starboy [Import]
The Weeknd


4. Neil Young / Peace Trail
5. Neil Young / Terrorist Suicide Hang Gliders
6. Neil Young / Glass Accident

PEACE TRAIL [CD, Import] PEACE TRAIL [CD, Import]
Neil Young


7. The xx / On Hold
8. The xx / Performance
9. The xx / Brave for You

I See You [帯解説 / ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] I See You [帯解説 / ボーナストラック2曲収録 / 国内盤]
ザ・エックス・エックス


10. Beck / The New Pollution (1996)

ODELAY [CD, Import] ODELAY [CD, Import]
BECK

11. Cast of La La Land / Another Day of Sun (2016)

Ost: La La Land [CD, Import] Ost: La La Land [CD, Import]
Original Soundtrack

12. Robert Glasper / Good Morning (2015)

Covered [CD, Import] Covered [CD, Import]
Robert Glasper

Maunder minimum (マウンダ-極小期)

1645年から1715年にかけて起こった、太陽の黒点がほとんどみられなかった期間。
テムズ川の凍結が起こるなど、地球はミニ氷河期で、Northumbria 大学教授 Valentina Zharkova が英国天文学会で報告した。10数年後で地球は再びミニ氷河期に突入するらしい。

ザルコヴァ教授のホームページ
https://www.northumbria.ac.uk/about-us/our-staff/z/professor-valentina-zharkova/
論文の要約
http://iopscience.iop.org/0004-637X/795/1/46/article?fromSearchPage=true

2017年1月19日 (木)

江戸はミニ氷河期だった

小氷期は14世紀半から19世紀半の約500年の長期間にわたって続き、1773年(安永2)、1774年(安永3)、1812年(文化9)の冬には隅田川が凍ったという。江戸に似合う雪景色、そこでは長火鉢が暖房として長く活躍していたらしい。
http://edo-g.com/blog/2016/02/heater.htmlImg_6279


2017年1月18日 (水)

晴天の午後

Img_6246
入射する光り。(^.^)


2017年1月17日 (火)

草迷宮 泉鏡花

『草迷宮』泉鏡花
春陽堂から1908年1月刊行。語られる怪異のほとんどは『稲生物怪録』(1749) のエピソードが基になっている。歌われる手鞠歌の歌詞は「通りゃんせ」である。


【あらすじ】
諸国一見の旅中の小次郎法師は、秋谷(あきや、現 横須賀市秋谷)の旧邸、通称「秋谷邸(やしき)」の回向を依頼された。秋谷邸は、かつて5人の死者を出し祟りを恐れられ、無人となっていたという。

秋谷邸には、幼いころに聞いた手鞠歌の手がかりを探して小倉からはるばるたどり着いた、葉越明が住み着いていた。葉越は小次郎に、秋谷邸で起こる数々の怪異について語り聞かせた。

その晩、葉越が眠っている間、小次郎の前に、秋谷悪左衛門と名乗る悪魔と、葉越の幼馴染で神隠しに遭って邸に住んでいた菖蒲(あやめ)が現れた。ある理由で菖蒲は葉越には会えないので、葉越を追い出すために悪左衛門が怪異を起こしていたが、葉越が逃げないので、菖蒲が秋谷邸を出て行くことにしたというのだ。

菖蒲が手鞠歌を歌うと、葉越は目を覚まし菖蒲にすがろうとするが、菖蒲は去っていった。
【Wikipedia より】

泉鏡花 草迷宮 - 青空文庫http://www.aozora.gr.jp/cards/000050/files/3586_12103.html

2017年1月16日 (月)

年賀はがき・切手の当選番号

年賀はがき・切手の当選番号
◇1等 1万点以上の商品・旅行・体験プランなどからの選択、または現金10万円 下6けた 293633
◇2等 ふるさと小包など(39点の中から1点) 下4けた 6470
◇3等 お年玉切手シート
 下2けた 51、45
(各組共通。引き換え期間は1月16日から7月18日まで)
http://yubin-nenga.jp/sp/otoshidama/Img_6233


2017年1月15日 (日)

稲垣足穂『稲生家=化物 コンクール』 (人間と歴史社)

鏡花の草迷宮や折口信夫の稲生物怪録の先行作品と個性的な装丁の小型書。

江戸時代後期の国学者/平田篤胤が記した妖怪物語「稲生物怪録」をモチーフに、稲垣足穂が自家薬籠中のものにした妖怪譚。「懐しの七月」「山ン本五郎左衛門只今退散仕る」「稲生家=化物コンクール」に、俳人/高橋康雄による解説を併せて収録。(一九九〇年刊)

Img_6226

「稲垣足穂の描いた「山ン本五郎左衛門只今退散仕る」の主人公の少年の《僕》は照りつづく暑気を忘れようとして毎日夕方から川辺に出る。原作も、足穂も川にこだわっている様子はないが、筆者はまずは川をキーワードにして作品の構造を解いてみたい。」
「『稲生物怪録』は平田篤胤を通して普及したが、江戸・明治期には貸本屋を介して幾種類かの写本となり流布した。この『『稲生物怪録』を土台にした作品には泉鏡花の『草迷宮』、巌波小波の『平太郎化物日記』、折口信夫の俄狂言『稲生物怪録』があり、新しくは稲垣足穂の一連のヴァリアント山ン本五郎左衛門ものにつながっていく、人気の妖怪譚である。」

稲垣足穂 「山ン本五郎左衛門只今退散仕る」
僕ガ比熊山ノ古墳ヲ探検シタノハ、 約一ヶ月前、詳シク云ウト 寛延ニ年夏至前後ノコトデアル。・・・ 十七才の当主平太郎が住む麦倉屋敷。 ひと月の間に毎夜様々な妖怪が現れる。 ヘチマだの、漬物桶だの、大量の虚無僧だの、 妖怪のキッチュさもさることながら、 妖怪と云うには神々しすぎる物怪の親玉、 山ン本五郎左衛門と平太郎の交流がうつくしく楽しい。 山ン本五郎左衛門は平太郎に 「用があったら、小槌を振ればいつでもくるからね」といい残し、 小槌を与えて去っていく。 もともとこの話は、 広島県三次(みよし)市の稲生家に伝承される話で、実話であるという。 80年代最初に読んで以来、この小説は秘中の秘、のつもりでいたのだが 最近、読み直したのを機に、なにげなく検索をかけてみると こんなものがある。 さてさてこれは、世代を飛び越え三次の町おこしに登場、 平太郎の子孫をはじめとする三次の民に糧を与えようとする、 山ン本五郎左衛門の愛ある霊力かとも思ったが、 さすがにこうなると これは再び物怪が姿を現したのではないかと感じられる。 しかし、 ・・・タトエ顔ニ触ッテモ、又跳ネ歩イテモ、 ソレ丈ノ話ダト思イ定メテ打ッチャッテ置イタガ、 首々モ手モ次第ニ消エテシマッタ。 以後相手ニナラヌガ一等良イト云ウコトヲ、 僕ハ愈々(イヨイヨ)確カメタ。 という平太郎の言葉通りにしておこうと思う。 注*)書名は、「余ハヤマモトニ非ズ、サンモトト発音致ス」 ということなので、サンモト、と発音されたい。 稲生物怪録より。

Img_6227

三島由紀夫は『小説家の休暇』で「稲垣足穂氏の仕事に、世間はもつと敬意を払はなくてはいけない」「昭和文学のもつとも微妙な花の一つである」と絶賛。

 その一ヶ月間に日記風に屡述された化物のヴァラエティーの豊富さ、一種ユーモラスな淡々たる重層的描写の巧みさもさることながら、私がもっとも感心したのは、このような単調な魑魅魍魎の出現のつみかさねののちに、最後の夜、
「待タレヨ。ソレヘ参ラン」
 という声と共にあらわれる尋常な裃姿の、しかも身の丈は鴨居を一尺も越す程の、はなはだ正体不明な、山ン本という存在の出現と退去のクライマックスである
 彼は狐狸でもなく、天狗でもなく、いわんや人間でもない。何ものともわからない。源平合戦の時はじめて日本に来たが、
「余ガ類イ、日本ニテハ神野悪五郎ト云ウ者ヨリ外ニ無シ。神野トハシンノト発音致ス」と礼儀正しく説明する。しかし、これでは何者だかはさっぱりわからない。殊に神韻縹渺としか評しようのないその退去の場面は、異形の供廻りを従えて、星座へ消えてゆくのが、ここまで読んできた読者の魂を、確実に天外へと拉して去るのである。 (三島由紀夫『アポロの杯』より)

稲垣足穂『少年愛の美学』は第1回日本文学大賞を受賞。1969年から『稲垣足穂大全』(全6巻)が刊行されて「タルホ」ブームが起きた。

 

2017年1月14日 (土)

FMシアター 冬の曳航

重度の難聴がありながら、ラジオドラマを手がける脚本家の桑原亮子さん。
最新脚本作『FMシアター 冬の曳航』は、NHK-FM14日(土)22時から放送。
聴力を失う中で気付いた言葉の力、会話の魅力が作品に込められている。書くことで音の世界に関わり続ける。
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=08616

僧が生き仏として閉じ込められた舟に乗り、海の彼方にある浄土まで目指すという捨て身行補陀落渡海(ふだらくとかい)。頻繁だった鎌倉時代を舞台に、渡海船を曳いていく小舟を操縦する若者と、渡海僧として海上を曳かれていく二人。僧として生きたまま仏となる元武士と若者が、心の師と弟子ともいえる関係になっていくまでの一日のドラマ。

2017年1月13日 (金)

新譜紹介

1. You Me at Six / Plus One
2. You Me at Six / Night People

ナイト・ピープル ナイト・ピープル
ユー・ミー・アット・シックス


3. Peter Doherty / I Don't Love Anyone (But You're Not Just Anyone)
4. Peter Doherty / A Spy In The House Of Lov (Demo Vocals)
5. Peter Doherty / Oily Boker

ハンブルグ・デモンストレーションズ ハンブルグ・デモンストレーションズ
ピーター・ドハーティ


6. A Tribe Called Quest / Solid Wall of Sound
7. A Tribe Called Quest / The Space Program
8. A Tribe Called Quest / Ego

We Got It From Here… Thank You 4 Your Service [CD, Import] We Got It From Here… Thank You 4 Your Service [CD, Import]
ア・トライブ・コールド・クエスト


9. George Michael / Hard Day (1987)

FAITH FAITH
ジョージ・マイケル

10. Blossoms / Charlemagne (2015)

BLOSSOMS [CD, Import] BLOSSOMS [CD, Import]
ザ・ブロッサムズ

11. Robert Glasper / Good Morning (2015)

Covered [CD, Import] Covered [CD, Import]
Robert Glasper

«三島由紀夫とジョン・ベスターの対談

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。