« 円周率カウント | トップページ | 「四月馬鹿」 »

2006年3月31日 (金)

「零」の沿革

「無」を表す「 0(零、ゼロ、ZERO)」を数の対象として考える概念の発生は、数学上の飛躍的な進歩の過程と考えられており、過去の文明が 0 の概念 を持っていたかどうかはその文明の進歩を表す指標として使われる事も多い。
古代エジプト文明やマヤ文明等では、既に 0 の概念を発達させていたとされる。シルクロードを巡るユーラシア大陸全域の東西文明の中で、最初に数の概念として 0 を考えだしたのはインドが最初であり、その後アラビア世界を中心とするオリエント地域でこの概念が発達して行った。アラビア語ではsifr(空のもの)といわれた。同時代には、ヨーロッパなどでは未だ 0 の概念を持たなかった。
古代インドに発した 0 の理念は、仏教では空、サンスクリット語ではシューニャ(sunya)として表現された。「空」の仏教的意味は「膨れ上がった」「うつろな」の意味であるが、膨れ上がった物は中が空であるとの考え方から来ている。0 とは数式上は実在するが、真に実在するものではなく、その真相は空虚であると説いている。0 は、正数や負数などに属しないものである。

* もし 0 を自然数に含めるなら、0 は最初の自然数である。
* コンピュータでは、0 による除算を行おうとするとエラー(零除算例外)を発生して、プログラムが停止するようになっている物が多い。又、処理系によっては、0 による除算は非数という特殊な値になることがある。
* 電卓によっては、0 による除算をした結果を 0 にしているものがある。これによって 0 ÷ 0 = 0 であると誤解している人がいる。
* 平面上で、点および線が占める面積は 0 であり、点は零次元とされる。
* 0! (階乗)は便宜上 1 とされる。
* 全ての要素が 0 である行列を零行列といい、 0 や O で表記される。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B6

« 円周率カウント | トップページ | 「四月馬鹿」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。