« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

芽吹きの時

Msakura


Mebuki


櫻の木を逆さまに観測すると、ローリングストーンズ名盤のジャケットカバーみたいでやんす。
Rollingstonessf

2006年4月29日 (土)

黄金の降る空

ゴールディンウィークに突入する、金貨の色の空模様。428a
428b
428c

2006年4月28日 (金)

大型連休に『おでんくんスペシャル』放送決定

休日夕方の見やすい時間だから、今まで見たことのない方もおでん]村の不思議な世界を体験してみよう!

●4/29(土)16:30〜17:00 ETV
 第34話 ガングロたまごちゃん、はじめてのおでかけの巻
 第30話 怪盗カニコウモリの巻
 第36話 おでん村大レースの巻
 第38話 戦え!メカおでんくんの巻

●4/30(日)16:30〜17:00 ETV
 第35話 本物ってなんですかの巻
 第29話 反抗期ってなんですかの巻
 第33話 青い瞳のキャンディの巻
 第20話 みんなでラップバトルの巻

NHK教育にて放送です! ※都合により番組の内容や放送時刻が変更になる場合があります。
-------------------------------------------------
『おでんくん』の本放送は『天才ビットくん』(毎週木曜日夕方6:20-7:00)の七分ミニコーナーだよ。
本日放送になるのは「たつまきまきこの巻」
おでん村に吹き荒れる突然のたつまき!どうやら屋台で異変が起こっているようです。事件を起こしているのは、おたまを振り回す女の子。おじさんに叱られても止めようとしません。でも女の子がいたずらでみんなを困らせるのには理由があって…。
【脚本】雪室 俊一 【コンテ】浜津 守
【作画監督】加藤 茂【美術監督】中村 隆
http://www.odenkun.net/story/index.html

0denn

2006年4月27日 (木)

ササン朝ペルシャの神話

悪魔と結託して両肩からヘビが生えて来た王は類がない。
暴君として描かれたザッハーク王を、形 にあらわしたものだという。双の肩から生えたヘビは、邪心のシンボルだろうか。

天地開創のはじめ、善神アフラ・マズダが善き邦を創造すると、悪神アーリマンは「河に蛇を創った」。アフラ・マズダが美しい地方を出現させると、悪神はトカゲを生れさせて対抗した。フーシャング王は「世界を燃やすほどの大蛇」に大石を投げつけると「火が生じた」。三人の王子がイェーメンからもどったとき、その勇気を試すために炎を吐く 龍に変じて表れた。
蛇王ザッハークが「三つ頭、三つの口、六つの目、千の魔術」を持った強大な龍であっ たと伝えられるのも、二匹のヘビが肩から生えたというのも「悪の象徴」とされていた。ペルシャでは善神に対抗する悪神の勝利を示し、人民 の脳を食わしたのは悪神の人類絶滅計画であったとされる。

壮大なその戦いは今も続いているといわれる。

2006年4月26日 (水)

霊験あらたかなる山と山脈

ペルシャにも我国最大の山にとても良く似た山があった。
1fuji

石榴(ザクロ)の生産地であったザクロス山脈に、燦然と聳えたつその姿を観た日本人が「ペルシャ富士」とか叫んだらしい。さらに北へ進むとゾロアスターの伝説と神話で名高いデバマウント山がある。
Zaclos

「最初に双子の霊は、言葉、霊、行い全てにおいて、一方は善、一方は悪として存在した。
 双子の霊のどちらかを賢者は正しく選んだが、愚者は正しく選ばなかった。
 そしてこれらの霊が出会った時、霊たちは最後には虚偽の追随者は最悪の存在と
 出会うが、真実の追随者は賢い主と出会う事となるように生と死を定めた」
(Ahura Mazzdah)

2006年4月23日 (日)

ジョン・レノンの降霊に成功!? 米テレビ番組

月曜日に放送予定となっている「ジョン・レノンの霊と交信を試みる番組」が話題となっている。すでに撮影は終了しており、番組制作側によると「交信に成功した」という。有料番組であるため、その真偽を確かめたいなら$9.95(約1,160円)を支払う必要がある。
この番組のプロデューサーは2003年に故ダイアナ元王妃の霊との交信に挑戦した人たちだ。「故ダイアナ元王妃の降霊」番組では彼女の霊との交信は失敗に終わったが、その視聴料金で800万ドル近くの収益を上げている。
元ビートルズのジョン・レノンの霊を呼び出すことについてファンたちから批判の声が上がっているが、番組制作側は、現在ゴールデン・タイムで放送されている「Ghost Whisperer」や「Medium」の番組愛好者らの獲得を狙っているようだ。
番組は電子音声現象(EVP)と呼ばれる謎の現象を取り扱うものだ。霊能力者が登場し、ジョン・レノンが好んで通ったレストランで降霊が試みられる。
聞こえるはずのない声や音が、テレビやラジオから聞こえてくる現象がEVPと言われるものだ。[ 2006年04月23日 12時30分 ]
(http://www.excite.co.jp/News/odd/00081145763067.htmlより)
番組『The Spirit of John Lennon(ジョン・レノンの霊)』は、ジョン・レノン財団やオノヨーコの許可を得ず制作されたらしい。オノヨーコの広報担当氏は「悪趣味で搾取的な番組だ。ジョン・レノンの生き方とは程遠い内容だ。ペイ・パー・ビュー方式の降霊番組なんて、決して彼のスタイルではない」と批判した。 聞こえたのはジョン・霊ノンのEVPであったのかも知れない。霊は零円なのに収益は上がるのだろうか。

零詩編4

不滅の神に対して汝の勤めを果たすこと
親御と近親者を敬い
徳において第一の者を友として
彼の話に注意深く耳を傾け
ささいな欠点で友を力に任せて捨てない

怒り、怠惰、贅沢は避け
邪悪なものを慎む、己は最も恐れることだ

人は皆死ぬべく定められてるのを肝に命じて
富はそれを得た時と同じように速やかに失われる

苦しみは、神のおぼし召しによってもたらされるので、喜んで受けよ
しかし一切の気苦労を除くように努めて
正しい者が最高の利益をいつも得るとは限らないと思え

人の甘い言葉に惑わされてならない
荒々しい脅迫に恐れをなして正しい覚悟を捨てるな
もし何かをしようとするなら、まずよく考えよ
後で悔やむようなことはしてはなない
まず自分に向いている事を学ぶようになさい

運動と食事に節制を心掛けて
平静な落ち着きの中に己を保つこと
虚栄心がもたらす浪費を戒めて
浅ましくなってもいけない
何事も中庸がよい

自省の日記を3回繰り返すまでは
夜、目を閉じて休んではならない
どんな過ちを犯したか、何をしたか、何をしていないか
このように初めから終わりまで総括を行ない
悪行のためには悲しみ、善行を喜びなさい
04

恐れることはなく、人はもともと天界の種族である
神聖な自然により何を抱擁すべきかを教えられ、
それを追求すれば、魂を肉体の汚れから守ることになる

控えよ。理性を用いて心のたづなを引け
ならば天上へと昇り、肉体からは自由になれる
そうすれば死を免れた聖人として滅びることはない


(ピタゴラス教団「黄金詩篇」より)

零詩編3

彫刻刀が、朝狂って、立ち上がる
朝焼けや乳房が美しいとはかぎらない
美が第一とはかぎらない
黄金の太刀が太陽を直視する
ぼくの意思 それは盲ることだ
いま 朝焼けにむかって
ギリシャ彫刻のよくにあう
宇宙を想像しながら 黒曜石の丘を登る
黒豹や昆虫の王 小動物たちは 断崖に露頭した血管から飛びたち
雷鳴をよび 流氷群をよび 大地を八つ裂きにして荒れくるいはじめる
ぼくは 羽撃く肉にみちびかれて 丘を登る
記憶のほそい葉脈に埋没している
美しい癈墟を 強引にあばこうとして
恒久運動の塀の外へ撥ねだす電子のように
ほんとに偶然に飛びたってきた
ぼくは 時間の大伽藍をひとめぐりして
純金の笛になって帰還するよ
一個の生命が発見したかけがいのない不信
「砂漠はどこから始まるか」という問の存在………
古い本能を透視する頭脳の塔よ!
沈黙は不可 不沈黙は不可
ただ不幸を粉砕する毒蛇のうねりが
道をはるか 燃える綱となって上昇する
   言語 記憶(この邪悪な財宝!)
03

◇◇パンクロックもなかった頃に、詩人が朗読した言葉たち。表参道の交差点近くにあったビル地下にて、詠えあげた吉増剛造の若き肉声は、過激なハードロックか祈祷ごとく響きわたった。◇◇
吉増剛造詩集『黄金詩篇』装丁=赤瀬川原平の図版
http://www.bygones-online.com/books/151-160/b_00151.html

2006年4月22日 (土)

零詩編2

02
   夢と現実の分離機は崩壊した
   隠喩の王権を放棄し 犬のように世界の傾斜を転落せよ!
   ある日曜日 音もなくビルから落ちる人体よ
   ぼくは女のように肌を磨いて都市の東の城門に立つ卵形の影像だ
   この夏の宵 世界ときみは幾何学的疑惑だ
   きみと世界は抒情的奇蹟だ!
   きっとアラビア数字の7のようにきみにも自殺の構造がよみがえり
   金色の柔肌を螢が包囲して
   その陣形のまま 肉体は爪先から腐上するだろう
   言葉ケス力 太陽の崩壊
   夢ケス力 太陽の再生
   魂を叩け! 空を斬れ!
エンジンよ! 第三京浜国道で燃えあがる神木のように絶叫する、ガソリンの涙に、引潮に、去ってゆく物質の後姿に、祭壇をもうけて踊り狂おうぜ、緑の仮面つけて神のように、涙を流して夜明けまで夜明けまで生命終るまで
新しい神の仮面割れて毒薬の一滴をこれら赤裸の魂の発電所に空転の剃刀の矢羽根を、言葉の戸口に永遠にかけられた雨傘濡らす数学的肉体の存在を!
さらに大量のスカーフを我々の魂の鍵盤に投下し、我々を狂気へ、流転する紫の花に変貌させたまえ
海へ 交叉する手の神殿へ 道路を剃刀で斬りながら、ドドッと吃って、アクセル踏んで、ああ 死体に会いにゆこう 李白的快速は物質を変形させる
太陽は西の岩角に落ちかける
   もう魂は言葉と交感しない
   月は昇るさ古代のようにとつぶやきながら

吉増剛造詩集『黄金詩篇』思潮社(1970)所収
http://www1.interq.or.jp/ipsenon/p/yoshimasu1.html

零詩編1

01
ピタゴラスは三平方の定理を考えた人。
ギリシャのサモス島の生まれ 紀元前6世紀の終わりから前5世紀にかけて活躍。
ギリシャ神話に登場してくるオルフェウスを信じる集団を指導した。
神話のオルフェウスは、太陽の神アポロンから竪琴を習った詩と音楽の神。
彼は愛する妻を亡くし、黄泉に下り、その悲しみの竪琴をかき鳴らし、これに感動した黄泉の王が、地上に帰るまで決して振り向かないとの条件で彼女を帰しますが、まさに出口で、その約束を守れなかったために、彼の妻は再び黄泉に帰ったという話。
ピタゴラス教団では、魂の浄化の手段として学問の研究をし、音楽を愛好した。
音楽療法というのがすでにあり、学問を魂の浄化手段と考えるのも、神話と科学が調和している。学問とは「数学」のこと。徳を見出し徳は魂を浄化すると位置つけた。
宇宙にあるすべてのものは「数」で表すことができる。見えるものはもちろん、見えないもの、たとえば音も、弦を弾くときの音の違いは、弦の長さで表される。すべては「数」で表されるから、この世界の根源は「数」であり、世界は数の組み合わせである。
音楽の用語で古代ギリシアに由来する、ミュージックはミューズの女神のつか さどる「ムシケ」に由来して学芸一般をさし、音楽と詩と舞踏が三位一体となる。コーラス(合唱)は古代ギリシアの「コロス」に由来して、オーケストラ;古代劇場の中央に位置する円形の舞台「オルケストラ」からきている。
ハーモニー(和声)は「ハルモニア」に由来して、元来は「調和」の意味。そこから音楽における「調和」と宇宙の「調和」を同一視する考え方が生まれて中世に受け継がれた.

「零画像」の第一歩

小説から、特に小説に属していないあらゆる要素を除き去ること。外部的な出来事、事件、外傷などは、映画の領分。小説はよろしくそれらを映画にまかすべきだ。人物描写にしても、それは本質的に小説の部門に属すべきものとは考えられない。特別に小説と深い関係のない要素は、すべてこの小説から追い出してしまうこと。

「快楽を得ようと努力するのではなく、努力そのものの中に快楽を見出す。それが私の幸福への秘訣だ」(アンドレ・ジイド)

電子メディアから、特に電脳空間に属していないあらゆる要素を除き去ること。
これが「零画像」の第一歩かも知れないね。
音楽から要らない旋律を取除くように、あとは純白。

アラビア数学の集合のなかで零ほど大きな意義をもつ数字はない

アラビアの数学は10進法をつくり出したインドの数学に影 響を受けていた.
先史「代数の源流」をさかのぼれば、「エジプトの算法」「メソポタミアの代数」を継承融合した「学」を創造した古代ギリシャの数学と哲学が浮かぶ.
ギリシャ数学ではユークリッド原論に見られる「幾何学的代数」 の世界が展開された。

「幾何学が知性を啓発し、人間の精神を正しくするということは知られるべきである。
そのすべての証明は非常に明白で秩序立っている。
誤謬が幾何学の推論に入りこむのは不可能である。
なぜなら幾何学の推論は順序よく配列されて、幾何学の精神は誤謬に陥ることはない。
幾何学の方法は知性を獲得する。」

アラビア数学の集合のなかで零ほど大きな意義をもつ数字はない。
無の記号として在るが、実際には多くの意味をもっている。
1と10の間の見かけの違いはただの「0」だけであるが、この円は数概念の刷新といえる。
0は9個の基本数字を組合わせると、無限にかわる多くの数をつくりだす。
月の満ち欠け、天体の惑星運行、暦、 占、航海など世界を認識する概念への道を開いた。
( アリー・A・アル=ダッファ 『アラビアの数学 -古代科学と近代科学のかけはし』より )

2006年4月20日 (木)

「燐寸図案」アルバム増設

実用燐寸レッテルには様々な図案があります。
この東洋美人にてなづけられている、獅子の表情が愉快である。
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/photos/match/
Tolabijin
「ぎゃははは」
虎視眈々とトンデモない事を仕出かしそうな目付きの獅子。
なだめるように美人は何かさずけるしなやかな手付きである。
「まあまあ獅子さんや、落着いてよーく考えませうね」
そんな会話が聞こえてきそうな図案である。燐寸ラベルをよく観察していると、動物は国に例えられ象徴して描かれるケースもよくある。何かの説法なのだろうか。実用商標として作られたその目的や役目を超えて、図案の意味を解釈巡らす楽しさが燐寸コレクション蒐集にある。
M1
M2
M3
明治、大正、昭和初期時代のマッチレッテル厳選。
「燐寸図案」日々増設しております。
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/photos/match/


Ml
これは都内で集めた実用マッチの数々。
Smach

2006年4月14日 (金)

羽衣アンティークストーブ館

Mg9

Mg10

「アンティークストーブ館」の案内には、興味深い事がしるされている。
「薪を燃料とするヨーロッパ最初のストーブは、フランスで製造されたといわれています。こちらで紹介しているアンティークストーブのような、鋳物のストーブが生産・販売されるようになったのは、18世紀半ばの産業革命以後です。大砲や銃器の生産によって成長した鋳物産業と、工場での量産化が進むことによって、ストーブは人々の生活に入りこんでいくこととなります」
Mg11

江戸時代に作られた屋敷のなかに、中世ヨーロッパで活躍してきた鎧武者のごとき容姿の鋳製ストーブたちが忽然と立ち並ぶ佇まい。屋敷狭しと壁にびっしりと本物アンティークストーブが、百種類も取り囲む光景はシュールリアリステックな状態であります。

Mg12

このページへ掲載しきれない多数のコレクションの特別にアルバムを作成しました。
「羽衣アンティークストーブ」写真館入口の頁へGO!GO!
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/photos/stove/
(アルバム作成:KOINU)

2006年4月13日 (木)

曲り屋

Mg2

人がいるみたいだよ。あのーこんにちはー。
Mg3こっちは裏手らしいね。玄関にまわって中へ入れそうだよ。
Mg4

Mg1150年前の農家の建築物「曲り屋」はどうやら遠くから運ばれてきたようだね。
Mg5

Mg6

◆清水市に「アンティークストーブ館」が開館(2001年5月21日)。
東海大学社会教育センターに移築されている150年前の農家建築「曲り屋」に、主にフランスで使われたストーブ30台を展示。(静岡新聞 2001年5月22日)

Mg7

面白そうだ、中へはいろーかナ♪
Mg8

2006年4月10日 (月)

世界一周国際鉄道の旅

1r
2r
3r
4r
5r
6r
R7
R8
R9
江戸時代の民家のような建物は何だろうか?
もしかしたら、この線路の上ってタイムスリップするのかな。
R10
R11
R12
R13
駅員も乗務員もいないし、どうやら廃線になっているようだ。
では、踏切通りにあった謎の民家へ行こうかな。

2006年4月 9日 (日)

透視法

絵や画像の中には「vanishing point」といわれる図形の消失点がある。
略してVoとかの記号で表される。Voの零点から派生する線が、絵画透視法の基本ラインをつかさどる。デザインや画像に携わらない表現者にとっても、この点と線の相関を知っていると役立つ事が多い。
Vo1
□■「1点透視」
「視点」と「注視点」のXYZの座標のうち、2つが等しい場合は1点透視のパース表現。
Vo2
■□「2点透視」
「視点」と「注視点」のXYZの座標のうち、1つが等しい場合は2点透視のパース表現。
Vo3
□■「3点透視」
「視点」と「注視点」のXYZの座標がすべて異なる場合は3点透視のパース表現。

ビジュアルとして見えるもの仕組。
画像をどのように、的確な速度感を生み出す表せるかの零point。

2006年4月 8日 (土)

パリッシュな青空

Maxfield Parrish
4parrish

どれどれ下の空を拝見します
http://www.bpib.com/illustrat/parrish.htm
Maxfield Parrish Online Gallery
http://www.independentweb.com/maxfield_parrish_online_gallery/

2006年4月 7日 (金)

都民の皆さん、頭上の空に注意

45cemu
空に流れているのは、ひこうき雲ではありません。
正体を追うとあやしいのです。
都民の皆さん、頭上に注意して自身のその眼で正しく「観測」してみて下さい。
時々つーか、空から「何か」を散布する飛行物体が、とても頻繁に飛回っています。
http://images.google.co.jp/images?q=%83P%83%80%83g%83%8C%83C%83%8B&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5

2006年4月 6日 (木)

姫河亜弓の激怒

46
これって有名な少女漫画のキャラを下手に描いてるだけでしょ。1960年代の手法よ。
表現行為としてもパロディにもなっていない気がするわ。堂々と電車内の商品広告シールとして貼ってあるのよ。失礼ねっ、と思う以上に与えられた仕事はキッチリとやるといいわ。でなければ「零」よ。
レレレのレイ!

2006年4月 5日 (水)

『異端の数ゼロ—数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念』チャールズ サイフェ(早川書房)

0
00
ゼロが古代に生まれ、東洋で成長し、ヨーロッパで受け入れられるために苦闘して、西洋で台頭し、現代物理学にとって常なる脅威となるまでの魔力的なる「ゼロの物語」。
「1930年代末、チェコスロヴァキアで、刻み目がついた3万年前のオオカミの骨が発見された。刻み目は、5本ずつのまとまりとして記されていた。3万年前の人々が、この骨を使って何を数えたのかはわからない。しかしこの発見は、言語や文字が生まれるずっと前から、ヒトは生きるために数を必要とした、ということの証明としての、最も古い例となる。
 また、今から5000年前、古代文明の誕生したエジプトでは天文学や幾何学が発達した。その発達のために古代エジプトの人々は、より高度な数学を必要とした。現在の太陽暦や巨大ピラミッドがこの時代に基礎をおき、またこの時代に建設されたことを思うと、いかにすすんだ数学・測量技術が用いられていたかが想像できると思う。十進法が生まれたのもこの時代である。チェコスロヴァキアの“5本ずつの刻み目のまとまり”と同様に、この時代に10を底とした数のまとまりに名前をつけたものが、いわゆる十進法の起こりのようだ。たとえば、縦線1本が1を、かかとの骨の絵が10を、渦巻き型のわなの絵が1000を表すという具合である。
それにもかかわらず、この時代においても0は生まれなかった。冒頭のように、0は「なにもない」ことを表す記号である。ところが、0匹の家畜や0人の子どもがいる、という表現は、日常生活において意味があるだろうか。また長さがない、面積がないといった現象が現実に起こりうるだろうか。」(本書より)
アラビア数字なら 
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 
で全てを表現できるが、漢数字だと
一 二 三 四 五 六 七 八 九 
十 百 千 万 億 兆     
京 垓 梯 穣 溝 澗 正 載 極
恒河沙(こうがしゃ) 阿僧祇(あそうぎ)  那由多(なゆた)   
不可思議(ふかしぎ) 無量(むりょう)   大数(たいすう)  
の文字が必要である。
ゼロがなかった影響として、西暦は1年から始まっています。
その前は紀元前となり、西暦0年は存在しない。したがって21世紀は2001年からとなる。
「0」という数字は、1から9までの他の数字とは性格もなりたちも大きく違う。その異端の数字が本書の主人公だ。存在の無いものを「0」として存在させて、世の中の仕組みを表した。異端視された双子の兄弟ともいえる無限大とともに、ヨーロッパでは忌み嫌われ排除された。しかしまた復活して如何に受け入れられて来たのか、何万年も前の思想、宗教、芸術から語りあかす。アリストテレスを戦慄させ、近代科学の祖デカルトが否定し、天才アインシュタインが挑んだゼロ。最新のコンピューター・システムをも破壊するこの数字の驚異と歴史を描くポピュラー・サイエンス。
◆ゼロ - 危険な考えの歴史◆
http://www.asahi-net.or.jp/~ny3k-kbys/contents/zero.html
◆アラビア数字とインド数字◆
http://www.aii-t.org/j/maqha/thaqafa/arqam.htm

2006年4月 4日 (火)

零円札

0yen
何枚も札束を大量に揃えても「0円」にしか換算されない究極の紙幣「零円札」
資本や金銭の本質を「零円札」は見事に映し出している。

本物の「零円札」製造者についてのページ
http://www.pluto.dti.ne.jp/~imasa/akas.html

2006年4月 3日 (月)

カエルくん

Balli
常夏の島バリでは、民家の玄関や寺院ではカエルの石像が祀られている。
稲が至るところで多毛作されている為に、雨を呼ぶカエルが 神様の遣いと思われているようだ。バリ島を巡ると水田と水牛も多く、稲作の工程である景色がすべて1日で見る事もできる。種蒔き→ 小苗→田植え→稲穂→黄金色の実り穂→収穫の稲かりという1年間の風景が場所を変えて行われている。この世の楽園のような磁場と自然が豊であるところなので、水も天からの恵みと大切に扱われているようだった。
【バリの蛙】図版と写真
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=%83o%83%8A%93%87+%83J%83G%83%8B&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5
日本でのカエルの語源は、ケロ→ケーロ→カエロ→鳴き声からカエルともいわれたり、
自分の住んでいる池から遠く離されても「元の場所に帰る」習性から「カエル」という説もあし、タマゴ→ オタマジャクシ→蛙。カタチ が何度も「変わる」からというのもある。
「黄泉かえる」とは霊界から還るということで、零(無存在)へ返ることへもつながるかも知れない。


2006年4月 2日 (日)

C-Moon

Cmoon
ふっふふふふふふと笑っている、チェシャ猫の口元そっくりな月が天空に浮んでいる夜。

2006年4月 1日 (土)

「四月馬鹿」

西欧では3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが、1564年に仏蘭西のシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これへ叛旗をかかげた人々が4月1日を「嘘の新年」として位置づけ、馬鹿騒ぎをするようになったのがエイプリルフールの始まりといわれている。
April Fool's Dayには人をからかうような、害のない嘘をついてもよい風習のことである。
毎年4月1日には世界中で新聞がジョーク記事を掲載したり、TVニュースでジョークニュースを報道したりといった事が広く行われている。インターネットが普及してからは、実用性のない冗談RFCが公開されたり、ウェブサイトが大がかりなジョークページを公開したりといったことも行われるようだ。

「零」の概念の一つにはトリックスター効果があるように思える。
万愚節で踊りつつ「Poisson d’avril」と呼ばれるような画報を基盤としてゆきたい。
1uma
2sika
(この世はすべてフェイクションであります)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。