« 曲り屋 | トップページ | 「燐寸図案」アルバム増設 »

2006年4月14日 (金)

羽衣アンティークストーブ館

Mg9

Mg10

「アンティークストーブ館」の案内には、興味深い事がしるされている。
「薪を燃料とするヨーロッパ最初のストーブは、フランスで製造されたといわれています。こちらで紹介しているアンティークストーブのような、鋳物のストーブが生産・販売されるようになったのは、18世紀半ばの産業革命以後です。大砲や銃器の生産によって成長した鋳物産業と、工場での量産化が進むことによって、ストーブは人々の生活に入りこんでいくこととなります」
Mg11

江戸時代に作られた屋敷のなかに、中世ヨーロッパで活躍してきた鎧武者のごとき容姿の鋳製ストーブたちが忽然と立ち並ぶ佇まい。屋敷狭しと壁にびっしりと本物アンティークストーブが、百種類も取り囲む光景はシュールリアリステックな状態であります。

Mg12

このページへ掲載しきれない多数のコレクションの特別にアルバムを作成しました。
「羽衣アンティークストーブ」写真館入口の頁へGO!GO!
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/photos/stove/
(アルバム作成:KOINU)

« 曲り屋 | トップページ | 「燐寸図案」アルバム増設 »

コメント

カツです。心配おかけしましたが、元気にやっています。

katsuさん、こんにちは。今月はいそがしくて、気がつくのが遅れて御免なさい。

今春より転勤となったため、荻窪駅を通過するようになりました。北口駅前にある「金魚」というオシャレな立呑み屋さんが出来ていることに、最近気がつきました。shoさんも取り組んでいるリノベーションの世界が満喫していますね。古い物件をオシャレな空間にしてしまうのは、都心だけではなく、神戸などにも増えているようです。

リノベーションとは建物の骨格を再利用しながら、元とは別の空間次元へつくりかえる概念をいいます。過去にあった思想や機能の骨格を利用しながら、思い描く新しい理想の地点へ導くことにも繋がる。

空間を建て替えなく実現できることもリノベーションの魅力のひとつですが、過去と未来を分裂させない理念が注目されています。
堅牢な背骨構造に新しく進化した機能性を備えるわけです。

「リノベーション」という発想の先人 http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-6748.html より

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74549/1402006

この記事へのトラックバック一覧です: 羽衣アンティークストーブ館:

« 曲り屋 | トップページ | 「燐寸図案」アルバム増設 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。