« 犬猿の仲 | トップページ | 続・犬猿の仲 »

2006年6月18日 (日)

百 人 一 首

1 秋の田のかりほの庵のとまをあらみわがころもでは露にぬれつつ 天智天皇
2 春過ぎて夏来にけらし白妙のころもほすてふ天の香具山 持統天皇
3 あしひきの山鳥の尾のしだり尾の長長し夜をひとりかも寝む 柿本人麿
4 田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ 山辺赤人
5 おくやまに黄葉踏み分け鳴く鹿の声きく時ぞ秋はかなしき 猿丸大夫
6 かささぎのわたせる橋におく霜の白きを見れば夜ぞふけにける 中納言家持
7 あまのはらふりさけ見れば春日なる三笠の山にいでし月かも 安倍仲麿
8 わが庵は都のたつみしかぞすむ世をうぢ山とひとはいふなり 喜撰法師
9 花のいろは移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに 小野小町
10 これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関 蝉丸
11 わたのはら八十島かけて漕ぎいでぬと人には告げよあまの釣舟 参議篁
12 あまつ風雲のかよひ路吹きとぢよ乙女の姿しばしとどめむ 僧正遍照
 
13 筑波嶺のみねより落つるみなの川恋ひぞつもりて淵となりける 陽成院    
14 みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑにみだれそめにしわれならなくに 河原左大臣
15 君がため春の野にいでて若菜つむわがころもでに雪は降りつつ 光孝天皇
16 たちわかれいなばの山の峰に生ふるまつとしきかば今帰り来む 中納言行平
17 ちはやぶる神代もきかず龍田川からくれなゐに水くくるとは 在原業平朝臣
18 住の江の岸による波よるさへや夢のかよひ路人めよくらむ 藤原敏行朝臣
19 難波潟みじかき蘆のふしのまも逢はでこのよをすぐしてよとや 伊勢
20 わびぬれば今はたおなじ難波なるみをつくしても逢はむとぞ思ふ 元良親王
21 いま来むと言ひしばかりに長月のありあけの月を待ちいでつるかな 素性法師
22 吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風を嵐といふらむ 文屋康秀
23 月見ればちぢにものこそかなしけれわが身一つの秋にはあらねど 大江千里
24 このたびはぬさもとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに 菅家

25 名にし負はば逢坂山のさねかづら人に知られでくるよしもがな 三条右大臣
26 小倉山峰のもみぢ葉こころあらば今一たびのみゆき待たなむ 貞信公
27 みかの原わきて流るるいづみ川いつ厳みきとてか恋しかるらむ 中納言兼輔
28 山里は冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば 源宗于朝臣
29 心あてに折らばや折らむ初霜のおきまどはせる白菊の花 凡河内躬恒
30 ありあけのつれなく見えしわかれより暁ばかりうきものはなし 壬生忠岑
31 朝ぼらけありあけの月と見るまでに吉野の里にふれる白雪 坂上是則
32 やまがはに風のかけたるしがらみは流れもあへぬもみぢなりけり 春道列樹
33 ひさかたの光のどけき春の日にしづこころなく花の散るらむ 紀友則
34 たれをかも知る人にせむ高砂の松も昔の友ならなくに 藤原興風
35 人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香に匂ひける 紀貫之
36 夏の夜はまだよひながら明けぬるを雲のいづくに月やどるらむ 清原深養父

37 白露に風の吹きしく秋の野はつらぬきとめぬ玉ぞ散りける 文屋朝康
38 忘らるる身をばおもはず誓ひてし人の命の惜しくもあるかな 右近
39 浅茅生の小野の篠原しのぶれどあまりてなどか人の恋ひしき 参議等
40 しのぶれど色にいでけりわが恋はものや思ふと人の問ふまで 平兼盛
41 恋すてふわが名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか 壬生忠見
42 ちぎりきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波越さじとは 清原元輔
43 あひ見ての後のこころにくらぶれば昔はものを思はざりけり 権中納言敦忠
44 逢ふことの絶えてしなくばなかなかに人をも身をもうらみざらまし 中納言朝忠
45 あはれとも言ふべき人はおもほえで身のいたづらになりぬべきかな 謙徳公
46 由良のとを渡る舟人かぢをたえ行方も知らぬ恋のみちかな 曾根好忠
47 やへむぐらしげれる宿のさびしきに人こそ見えね秋は来にけり 恵慶法師
48 風をいたみ岩うつ波のおのれのみくだけてものを思ふ頃かな 源重之

49 みかきもり衛士のたく火の夜はもえ昼は消えつつものをこそ思へ 大中臣能宣朝臣
50 きみがため惜しからざりし命さへながくもがなと思ひけるかな 藤原義孝
51 かくとだにえやは息吹のさしもぐささしも知らじな燃ゆるおもひを 藤原実方朝臣
52 明けぬれば暮るるものとは知りながらなほうらめしき朝ぼらけかな 藤原道信朝臣
53 なげきつつひとりぬる夜の明くるまはいかに久しきものとかは知る 右大将道綱母
54 忘れじの行末まではかたければ今日を限りの命ともがな 儀同三司母
55 滝の音は絶えて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞えけれ 大納言公任
56 あらざらむこの世のほかの思ひ出に今ひとたびの逢ふこともがな 和泉式部
57 めぐり逢ひて見しやそれともわかぬまに雲隠れにし夜はの月かな 紫式部
58 有馬山猪名の笠原風吹けばいでそよ人を忘れやはする 大弐三位
59 やすらはで寝なましものをさ夜ふけてかたぶくまでの月を見しかな 赤染衛門
60 大江山いくのの道の遠ければまだふみも見ず天の橋立 小式部内侍

61 いにしへの奈良のみやこの八重桜けふ九重ににほひぬるかな 伊勢大輔
62 夜をこめて鳥のそらねははかるとも世にあふさかの関はゆるさじ 清少納言
63 今はただ思ひ絶えなむとばかりを人づてならでいふよしもがな 左京大夫道雅
64 朝ぼらけ宇治の川霧たえだえにあらはれわたる瀬瀬の網代木 権中納言定頼
65 恨みわびほさぬ袖だにあるものを恋に朽ちなむ名こそ惜しけれ 相模
66 もろともにあはれと思へ山桜花よりほかに知る人もなし 前大僧正行尊
67 春の夜の夢ばかりなる手枕にかひなく立たむ名こそを時化れ 周防内侍
68 心にもあらで浮世にながらへば恋しかるべき夜はの月かな 三条院
69 あらし吹く三室の山のもみぢ葉は龍田の川の錦なりけり 能因法師
70 さびしさに宿を立ちいでてながむればいづくも同じ秋の夕暮 良暹法師
71 夕されば門田の稲葉おとづれて蘆のまろやに秋風ぞ吹く 大納言経信
72 音に聞く高師の浜のあだなみはかけじや袖の漏れもこそすれ 祐子内親王家紀伊

73 高砂の尾の上の桜咲きにけり外山の霞立たずもあらなむ 前権中納言匡房
74 うかりける人を初瀬の山おろしよはげしかれとはいのらぬものを 源俊頼朝臣
75 契りおきしさせもが露を命にてあはれ今年の秋もいぬめり 藤原基俊
76 わたの原漕ぎ出でて見れば久かたの雲居にまがふ沖つ白波 法性寺入道前関白太政大臣
77 瀬を早み岩にせかるる瀧川のわれても末に逢はむとぞ思ふ 崇徳院
78 淡路島かよふ千鳥の鳴くこゑに幾夜寝覚めぬ須磨の関守 源兼昌
79 秋風にたなびく雲の絶間よりもれいづる月のかげのさやけさ 左京大夫顕輔
80 長からむ心も知らず黒髪のみだれて今朝はものをこそ思へ 待賢門院堀河
81 ほととぎす鳴きつる方をながむればただ有明の月ぞ残れる 後徳大寺左大臣
82 思ひわびさても命はあるものをうきにたへぬは涙なりけり 道因法師
83 世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鳴くなる 皇太后宮大夫俊成
84 ながらへばまたこのごろやしのばれむ憂しと見し世ぞ今は恋しき 藤原清輔朝臣

85 夜もすがらもの思ふころは明けやらぬ閨のひまさへつれなかりけり 俊恵法師
86 なげけとて月やはものを思はするかこち顔なるわが涙かな 西行法師
87 むらさめの露もまだひぬ真木の葉に霞立ちのぼる秋の夕暮 寂蓮法師
88 難波江の蘆のかりねのひと夜ゆゑみをつくしてや恋わたるべき 皇嘉門院別当
89 たまの緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする 式子内親王
90 見せばやな雄島のあまの袖だにも濡れにぞ濡れし色はかはらず 殷富門院大輔
91 きりぎりす鳴くや露夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む 後京極摂政前太政大臣
92 わが袖は潮干に見えぬ沖の石の人こそ知らねかわくまもなし 二条院讃岐
93 世の中はつねにもがもな渚漕ぐあまの小舟の綱手かなしも 鎌倉右大臣
94 みよし野の山の秋風さ夜ふけてふるさと寒く衣擣つなり 参議雅経
95 おほけなく浮世の民におほふかなわが立つ杣に黒染の袖 前大僧正慈円
96 花誘ふあらしの庭の雪ならでふりゆくものはわが身なりけり 入道前太政大臣

97 来ぬ人をまつほの浦の夕凪に焼くや藻塩の身もこがれつつ 権中納言定家
98 風そよぐならの小川のゆふぐれは禊ぞ夏のしるしなりける 従二位家隆
99 人をもし人もうらめしあぢきなく世をおもふゆゑにもの思ふ身は 後鳥羽院
100 ももしきや古き軒端のしのぶにもなほ余りある昔なりけり 順徳院

« 犬猿の仲 | トップページ | 続・犬猿の仲 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。