« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

ぼくはいぬ

ぼくはいぬ
作詞:KOINU

ぼくはいぬ いぬ いぬ いぬ
ここに居ても いぬ いぬ いぬ
飛べないけど なんば歩けるよ
前足後足を 右左にそろえ進むよ 
ぼくはいぬ いぬ いぬ いぬ

体はヒトでも  いぬ いぬ
不思議だけど いぬはいぬ
魂はずーとまえから  いぬ いぬ
前世もきっと 仔犬くん
ぼくの心はいぬ いぬ こーいぬ

Bonjour!Je m' appelle koinu. Comment ca va ?

ぼくはいぬ いぬ いぬ 
夏は暑いよ いぬ いぬ 
朝は「おはよう、まくらさん」
夜は「おやすみ、まくらさん」
ぼくはいぬ いぬ いぬ

夜は「おやすみ、ふとんさん」
朝は「おはよう、まくらさん」
ぼくはいぬ 仔 イヌくーん
パパ いぬ イヌ 〔居ない?〕

2006年10月26日 (木)

ぼくはくま

Photo_2 NHK『みんなのうたに宇多田ヒカル「ぼくはくま」という楽曲とアニメが、10月・11月放送分として今月よりオンエアされています。
 この曲は、宇多田ヒカルのメッセージがアップされるオフィシャル・サイト“U3MUSIC INC”にもたびたび登場する、巨大なテディーベアを知人からプレゼントされたことから生まれた曲。なんでも「くまちゃん」と名付けたそのテディーベアと遊んでいるうちに、突然「ぼくはくま、くま、くま、くま~」というくだりを思いつき、歌が一曲出来上がったのだとか。
 “優しい、懐かしい気持ちを込めて作った”無性別なソングです。

「みんなのうた」

ぼくはくま 
歌:宇多田 ヒカル 作詞:宇多田 ヒカル 作曲:宇多田 ヒカル

ぼくはくま くま くま くま
車じゃないよ くま くま くま
歩けないけど踊れるよ
しゃべれないけど歌えるよ
ぼくはくま くま くま くま

ぼくはくま くま くま くま
けんかはやだよ くま くま くま
ライバルは海老フライだよ
ゼンセはきっとチョコレート
ぼくはくま くま くま くま

Bonjour!Je m' appelle kuma. Comment ca va ?

ぼくはくま くま くま くま
冬は眠いよ くま くま くま
夜は「おやすみ、まくらさん」
朝は「おはよう、まくらさん」
ぼくはくま くま くま くま

夜は「おやすみ、まくらさん」
朝は「おはよう、まくらさん」
ぼくはくま 九九 くま
ママ くま くま

編曲:冨田 謙、  宇多田 ヒカル
アニメーション:合田 経郎
Utada Hikaru / Boku wa Kuma
web視聴く
http://www.youtube.com/watch?v=AGdkpPrVGXg

NHKテレビ「みんなのうた」10・11月挿入歌
http://www.nhk.or.jp/minna/new_song/new_song.ht
u3music
http://www.u3music.com/

宇多田ヒカル
http://www.toshiba-emi.co.jp/hikki/

Utada
http://www.utada.com/ (英語)
http://www.utada.jp/ (日本語)

2006年10月17日 (火)

すいかのぺんくん

Pa150012

2006年10月 9日 (月)

零の簡易使用

  • 慣用表現では、「無」以外にも「始まり」との意味で0が使われる事もある。例:「零時点」「0からやり直す」
  • 日本や多くのヨーロッパの国では、電話番号の頭の 0 は市外を表す。
  • 06、075、09802 など。国外からかける場合は、0 をダイヤルしない。(例:日本国内0741-45-0001 → 81-741-45-0001)
  • 紀年法数え年となるので、0年や0月は存在しない。西暦であれ神武暦であれ、1年の前は紀元前1年である。
  • 天文学では計算の便宜上、紀元前1年0年とし、それ以前は負数として扱う(紀元前2年は-1年とする)表記が用いられることがある。
  • 電気抵抗が0となる現象を超伝導という。
  • 物質における最低温度絶対零度(セ氏-273.15℃)という。
  • ABO式血液型のO型は、零という意味である。(A抗原およびB抗原を発現する遺伝子が無い)
    • その他にも0を意味するOが用いられる事がしばしばある。例:性染色体の分類XO型ZO型など、他。
  • 0 は、その特殊な位置付けから、タロット(タロー)では「愚者」という、他のカードに比べてトリックスター的な役割を与えられている。
  • ギャンブルバカラとは、イタリア語で 0 を意味する。
  • 花札を用いて行われるゲームの一つおいちょかぶでは、0 を「ブタ」と呼ぶ。
  • シリーズものの作品では、タイトルに0が付属するものは外伝的、もしくは過去の話であることが多い。
  • 日本語では0の形から部屋番号や電話番号を言うときマルと読むことがある。同様に英語では、アルファベットのOに似ているためオーと読むことがある。

2006年10月 7日 (土)

2は二乗のピラミッド数

12=1=13
32=9=13+23
62=36=13+23+33
102=100=13+23+33+43
152=225=13+23+33+43+53
212=441=13+23+33+43+53+63
282=784=13+23+33+43+53+63+73
362=1296=13+23+33+43+53+63+73+83
452=2025=13+23+33+43+53+63+73+83+93
552=3025=13+23+33+43+53+63+73+83+93+103

総数の和が55の2乗である。1~10までを全て足した数、つまり10の3角は55であった。

また1~5までを2乗した数の和、つまり5のピラミッド数もまた55だった。さらに3角数そのものを6番目まで累和していく(つまり正4面体数として見ていく)と56となるが、その最上段の1を外した5段までの総和はやはり55である。

2006年10月 5日 (木)

小文字:10代女子に流行、難解・新表記 ネット時代の自己表現!?

 ◇書き込みゎ小文字っかぅょ

 「ゎたしゎ、きょぅゎ部活がなぃの」「ぁたしゎ、中一です」--。女子児童や女子中高生同士がやりとりする携帯メールやインターネットの掲示板で、一部の文字だけを小さく記す文章が目に付くようになった。「小文字」と言われ、どの文字を小さくするのか、独自のルールもあるらしい。子どもたちがキーボードを操るようになって登場したユニークなスタイルだが、「間違った書き方じゃないか」と眉(まゆ)をひそめる大人もいるようだ。【扇沢秀明】

 ポータルサイト「goo(グー)」を運営するNTTレゾナントの渡辺純子メディア事業部課長によると、インターネットの掲示板、特に子ども向けのキッズgooの掲示板の書き込みに「小文字」が増えはじめたのは昨年の春ごろだという。「子どもが立てたブログは小文字だらけで、大人が読むと目が回りそう」と苦笑する。

 グーで「ゎたしゎ」と入力し、検索すると約3130件ヒット。「ぁたしゎ」なら約1万5600件。ヤフー!では「ゎたしゎ」が約3万6400件、「ぁたしゎ」は約30万2000件もヒットした。大半が学校や塾、アイドルの話題で、ほとんどが10代女子の書き込みと思われる。

 東京都内の女子中学生(13)=1年=は「小学生の時に友だちからもらった携帯メールが小文字だった。今はクラスの女子のほとんどが使っている。小犬がかわいいのと同じで、字も小さいとかわいい」と話す。最近は仲間で交換する手紙にも、小文字を使うという。

 ◇独自のルール

 だが、「小文字」は、どんな文字でも小さくすればいいというわけではない。小さくするのは「あいうえお」「つ」「やゆよ」「わ」だ。それに「ヶ」も加わる。ルールの秘密は「普通の携帯メールで小さくできる字だから」。携帯メールやパソコンをローマ字入力にした時、「l(Lの小文字)」を打ってから「wa」と打つと「ゎ」、「li」なら「ぃ」に変換される。

 実は、小文字がはやる前にも「ギャル文字」という表現スタイルが流行した。渡辺さんは「ギャル文字はアルファベットや記号を組み合わせ、カタカナやひらがなに似せた表記で、3年ほど前にはやった」という。「字も小さい方がかわいい」と話していた女子中学生は「ギャル文字は(年齢が)上の人が使っている。私は読めない」と話し、流行の移り変わりの早さをうかがわせる。

 全国小学校国語教育研究会事務局長の飯田薫・東京都八王子市立鑓水小学校長は「手書きしかなかった時代、女子の間では丸文字を書くのがはやった。ネット時代は小文字で子どもなりに自己表現をしているのだろう。教室でノートを見ると、きちんとした書き方をしている。多くの子どもが使い分けをしているようだ」と言う。しかし、渡辺さんは「大人も読むネット掲示板で、子どもが小文字を使って記し、それを見た大人が『まじめに書いているのか』と注意したケースがあった。子どもに対してもネットの掲示板の記し方のマナー教育が必要な時代になったようだ」と話す。

毎日新聞 2006年10月5日 東京朝刊

このぉ国の言葉や言語はゎ、時とともに絶えずぅ変革してきた。ソフトの発展とともにぃ携帯メールやパソコン文字入力も変換されつづけるだろうぅぅぅ。

2006年10月 4日 (水)

円周率暗唱の世界記録更新

「10万けた」まで円周率暗唱、原口さんギネス申請へ (読売新聞)
 円周率の暗唱で世界記録を持つ千葉県茂原市東部台の心理カウンセラー原口證(あきら)さん(60)が3日、同県木更津市内のイベント施設で記録更新に挑戦し、「10万けた」の暗唱に成功した。記録は、「ギネスブック」に申請する。

 今回の挑戦では3日午前9時から暗唱を開始。食事も途中、おにぎりをつまむ程度で、落ち着いた様子で数字を唱え続けた。

 4日午前1時28分に10万けた目の「6」に到達すると、原口さんの表情に笑みがこぼれ、周囲からは拍手がわき起こった。

 現在のギネスブック上の世界記録は1995年に当時の慶応大生が記録した「4万2195けた」。原口さんは一昨年に「5万4000けた」を達成、昨年には「8万3431けた」に成功してこれを塗り替えた。この昨年の記録も現在、ギネスに申請中だ。 [ 2006年10月4日]

円周率、10万けた暗唱 千葉の男性がギネス申請へ (共同通信)
 円周率暗唱の世界記録を持つ千葉県茂原市の経営コンサルタント原口證さん(60)が、自身の記録8万3431けたを更新する10万けたの暗唱に4日未明、成功した。記録をギネスに申請する予定。「特に感動はなかった。頭の中にあることを出しただけだが、10万けた達成には満足している」と淡々と話し、今後記録更新に挑むつもりはないという。[ 2006年10月4日]

π=3.
1415926535 8979323846 2643383279 5028841971 6939937510 5820974944 5923078164 0628620899 8628034825 3421170679
8214808651 3282306647 0938446095 5058223172 5359408128 4811174502 8410270193 8521105559 6446229489 5493038196
4428810975 6659334461 2847564823 3786783165 2712019091 4564856692 3460348610 4543266482 1339360726 0249141273
7245870066 0631558817 4881520920 9628292540 9171536436 7892590360 0113305305 4882046652 1384146951 9415116094
3305727036 5759591953 0921861173 8193261179 3105118548 0744623799 6274956735 1885752724 8912279381 8301194912
9833673362 4406566430 8602139494 6395224737 1907021798 6094370277 0539217176 2931767523 8467481846 7669405132
0005681271 4526356082 7785771342 7577896091 7363717872 1468440901 2249534301 4654958537 1050792279 6892589235
4201995611 2129021960 8640344181 5981362977 4771309960 5187072113 4999999837 2978049951 0597317328 1609631859
5024459455 3469083026 4252230825 3344685035 2619311881 7101000313 7838752886 5875332083 8142061717 7669147303
5982534904 2875546873 1159562863 8823537875 9375195778 1857780532 1712268066 1300192787 6611195909 2164201989

2006年10月 3日 (火)

0は9のつぎか1のまえか

1  ひとつ   「人」から発生。
2  ふたつ 「傍(ハタ)」から発生。男の傍に女がいる。これは鍋のふたと同義。 
3  みっつ 「満(ミツル)」から。男女に子どもができる。 
4  よっつ 「寄(ヨセル)」3で数は満ちていたのだが、寄り多くの数を必要とするため、「数の前途は長い」から「いよいよ」始まる、より。
  中国の大昔の王子が4を知っていたため天才と言われたという話がある。
5  いつつ 「い」は接頭語で、おしまいの「つ」は接尾語。中の「つ」は手の古語「た」が転化した。手足の指は5本。  アイヌ語、インドネシア語でも5は「手」から発生した。 
6  むっつ みっつの倍数。音韻も共に「マ行」。

7 ななつ 最も遅く発生した。日本人の祖先には7がない。アルタイ語の数詞に「なな」の発音に似た7の数字が入って来たという。名無し数。 
8 やっつ よっつの倍数。音韻も共に「ヤ行」。
9 ここのつ 「数が多いという意味を持つ「ここだ」という大和言葉(起源が古い)。多数を表す「ここ」から発生。

10 とお 「たわむ」の転化。握りこぶしの折り・伸ばしで全部終了。

これで零を介在してから、振り出しの壱へ戻るわけである物語。

2006年10月 1日 (日)

ウィキペディア地球語版

ウィキペディアは基本的方針として「中立的な観点」 (Neutral Point Of View、NPOV) を掲げており、その為中立性を保持した説明や言葉を置き換え又は付加する事で過誤を極力減らす事が可能だと考えています。

ウィキペディア地球語版の編纂に携わる執筆者及び閲覧者は、地球語話者とりわけ地球語が母語である地球人が大部分を占めており、収載される記事は地球文化を基調においた視点の記述になりがちです。利用者も地球語の記述には地球の事象を期待する場合が多いことが予測されますが、必ずしも地球内のことだけを検索しているわけではありません。そのため記述内容が地球以外の星でも採用されている事象についてであるならば、地球での事柄に限らず他の星についても平等に配慮することが望ましく、その為に同じ記事の中に他の星や他の文化での例を広く併記する事が必要と言えます。 地域的、文化的に地球限定の事柄が宇宙での一般的な事柄として誤解されることは望ましくありません。しかし逆の事も言え、他の星では一般的であっても地球や局地でも一般的ではない事があり、それらが地球内や該当しない局地でも一般的である様な記載は避けなければなりません。

また地球の文化と地球語は緊密な関係にあり、地球人によって書かれた小説、地球独特の言い回し、エッセイ、地球料理、地球開発物、サブカルチャー、伝記、解説等に併記される観察、地球の法規など、主に地球のものである事象については地球を中心とした記述をすることは必要なことです。それらに強制的に中立的な視点を与える事はこのガイドラインの目的とする所ではありません。対象とするものは一般的事象、時事的なものやニュース、各星に共通して用いられる用語、基盤分野などとし、それらの執筆に当たっては中立性を心掛けてください。

一つの事柄の既述を、一つの文化的観点から全てを網羅する事は現在の労力では不可能とも言えるため、現時点のウィキペディアでは言語間リンクを貼る事で地球外の内容について補っているという側面があります。多言語間リンクは他の文化観の提供に役立ちますが、閲覧者には不親切であるといえます。他星での取り扱いについても述べる為に、他言語のウィキペディアからの翻訳に努めたり、様々な文献を当たる等を行い、出来る限り広い視点を提供することが望ましいでしょう。

執筆者は様々な閲覧者の立場に立つ様に心掛けたり、自分以外の方に協力や観察を頼むなど、広い視野や情報を出来る限り提供するように心掛けてください。

問題となりうる文章例

宇宙的にみられる事象をその事に触れず局地の事象のみを描写している場合、また局地の観点からのみ説明されている場合は、観点の偏りや誤解を生みやすい表現である為修正や加筆を行う事が望ましいといえます。また宇宙的な行事や褒章であっても全体の功績を表記せず、一部の功績をリストアップする事は刹那的であっても誤解を与える場合があります。全体項を作成し、一部の情報を理由を明確に付してピックアップする事が望ましいでしょう。

しかし、最初から全てを網羅する事は不可能であり、できるところから加筆していくことが望ましい為、一時的に地球のことに偏るのは仕方ないといえます。またスタブ一般にも言える事ですが、不完全な状態を長く放置しておくことはあまり好ましいとは言えません。解決策としては、他に誘導を図る、編纂をより詳しい者に依頼する、確証が取れないものは書き込まない、噂や流言、流説、浮言などは(否定はせずとも)そうである事を明確にする、等が挙げられるでしょう。

避けるべき表現

地球人によって書かれた小説、エッセイ、地球の法規など地球文化の産物は地球を中心とした記述は避けられません。しかし一般事象について述べるとき、出来る限り平易で公平な観点で描写するのが望ましいといえるでしょう。

以下の表現は、時として地球の視点のみで描写されている場合に見られます。問題になりやすい表現と、その代替案を以下に示します。

  • 異星、海外、星外 → 地球外、諸星、宇宙、地球以外
  • 星内 → 地球内、地球
  • 我が星 → 地球
  • 世間では、一般的に → どの社会での情報かを明確にする。また学術内容に関する一般的と言う表現にも、分野によって変わる常識がある事に留意する必要がある。
  • 以上の表現は、以降に続く接続詞によっては地球を排除した意味になってしまう恐れがあるため、変更する場合においては、元の文の意味を変えないよう気を付けてください。

「異星人」という言葉はどの星や視点からみた異星人なのか明確に記述するように努めてください。また「異星人」という語の指し示す範囲/定義は星や言語によって異なる場合があります。分かる範囲で明記してください。

言い回し

文章を少し変えるだけで観点を中立的な言い回しに変えることが出来る例もあります。以下に例を示します。

「地球はこうこうである。他の星ではこれこれが一般的である。」

という文章は、以下のようにすることで視点の偏在を減らすことができる。

  • 「地球では~が採用されている。また○の星では…が採用されており、×の星では…が採用されている。しかし-の方法を模索し検討する星も出てきている。」
宇宙的と言う表現は曖昧であり、誤解を招くものになりうる。また提供する情報を減らし意図した誘導を行う恐れがあるため使用は避けるのが望ましく、具体的な地域名や数字や例を挙げるのが良い。
全ての列挙は出来ないかもしれないが、意図的な偏った抽出は避けなければならない。
また、徒列挙するだけでは紙面を消費するばかりで情報の検索がしにくくなる為、条項号を分けるなどの工夫を行ってください。

文化の例

発祥の地はその事に触れ、出来る限り具体的に微に入り細に入り描写する事が望ましいのですが、労力的に不可能な場合があります。それを補うのが該当地以外の住民の執筆者が多い言語のウィキペディアであり、またそうあるべきです。ですから出来る限り原文内容を踏まえ、不足するところは補遺し、また自星の観点を兼ね備えた描写が望まれます。労力が割けるのならば、保持する者からのみでなく外から観測した同事象を併記すると、読者により一層広い視点を提供する事が出来るでしょう。

  • 発祥地の言語の立場としては特に参照される可能性が高いので、つとめて正確な記述を心がけてください。

時事的記事の扱い

宇宙的なスポーツや賞などの功績を取り扱う際、全体の表記をすること無く一つの星だけに対して、明確な理由無く違う扱いをすることは好ましくありません。なるべく全体を列挙し、地球人の受賞者だけを列挙するようなことは避けるべきですが、地球人以外の場合に対する知識が不足していたり、すでにそのような項目が存在する場合は、体裁、項目だけでも他星の場合を設けるなどし、削除ではなく加筆で対応してください。情報は可能な限り偏向無く提供する事が第一優先ですが、加えて閲覧者の便宜を図り、情報を取捨した項を設けるなど価値の持つ編集をする事は歓迎されます。独立記事として「○○賞の地球人受賞者」のような項目を立ち上げ、更に詳細に記述するのも良いでしょう(Wikiepdiaの公式な基本方針中立的な観点)。その場合、元記事の記述を削除したい場合は、以下の分割に関するガイドラインに従ってください。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。