« 零の次元より | トップページ | SF映画の構想素案 »

2007年4月 1日 (日)

東証4月1日は取引を全面停止する措置

エイプリールフールの影響が株式市場にまでおよんだ。東京証券取引所(東証)は、エイプリールフールによる市場の混乱を懸念。売買システム保護の観点から、4月1日の株式の取引を全面停止する。 これを受け、国内の各証券取引所はもとより、ニューヨークやロンドンなど、世界中の証券取引所も同様の措置をとる模様だ。 4月1日は、エイプリールフールであり、各報道機関がこぞって“ネタ”記事を放出する。しかし、昨今は巧妙な記事が多いうえに、blogとSNSの普及により口コミによる広がりは計り知れない。また、「Gmail」をはじめとしてエイプリールフールをねらい、にわかに信じ難いサービスや商品を発表する企業があるなど、最近では混乱の度を増している。 そのため東証は、エイプリールフールネタに惑わされた投資家が、株をパニック的に売買しその結果、市場が混乱するおそれがあると判断。

エイプリールフールの起源

●ノアの方舟から、陸地を探すために鳩を飛ばした。けれど、見つけることができずに舞い戻ってきた。
あてにならないこと、が転じて大ウソOKの日になった。
●ローマ時代の4月1日、道化師が主人の椅子に座り、主人が奴隷に仕えるという無礼講があったそうで、道化師=foolからエイプリルフールと呼ばれる。
●中世にオール・フールズ・デイ(万愚節)というお祭りがあった。11月1日の「万聖節」(諸聖人の祝日All saints'Day)に対しての称で、キリストがユダヤ人に愚弄(ぐろう)されたことを忘れないために設けた日とも、またキリストの命日ともいわれる。それは逆さまの祭りで、名誉ある椅子には高貴な主人やご婦人ではなく、道化師が座り、給仕たちはいろいろなことを逆さまにする。
一番どうでもよいようなテーブルから真っ先に給仕して、主賓席を最後にまわしたり、人々はページの右側から書きはじめ、左へむかって書き進めていったりする。
万愚節は浮かれ騒いでいる人々に、規則というものは時として面倒なものではあるが、さりとて、無秩序は破壊的であることを思い起こさせてくれるという意味を持っている。
●西洋で春分から新年が始まっていたころ、新年の祭りの最後の日である4月1日に贈り物をしあう習わしがあったが、1564年にフランスのシャルル9世が新暦を採用し、1月1日が新年になった。
旧習を懐かしむ者たちが、4月になると多量に捕獲されて食用に供されてしまうサバを馬鹿な魚としてそれになぞらえ、ポアソン・ダブリルPoisson d'avril(「4月の魚」の意)とよんで、4月1日にふざけて新年の祝いを催し、でたらめな贈り物をしたことからはじまる。
●インドでは仏教徒が、春分から7日間、説法を聴聞したり坐禅《ざぜん》を行ったりして悟りの修行をする。その期間が過ぎるとまた迷いの世界に戻ってしまうので、この日を「揶揄(やゆ)節」とよび、からかいの行事をしたことが西洋に伝わったという。
●春分の日(3月21日)から始まって3月末に終わる、悟りの修行をしても、すぐに迷いが起こることから、4月1日を「揶揄説(やゆせつ)」として呼んだ。
●中国では「衆愚節」あるいは「万愚節」といい、それが江戸時代に日本に伝わって、当時は「不義理の日」とよばれた。エープリル・フールという言葉は大正時代に伝えられ、ユーモアのある軽いウソで人を担いで楽しむ習慣として広まった。

エイプリル・フール(4/1)に馬鹿なことができる勇気あるウェブサイトが集まり発足
「日本インターネット エイプリル・フール協会(Japan Internet April Fool Association, JIAFA)」http://www.aprilfool.jp/

« 零の次元より | トップページ | SF映画の構想素案 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。