« 安倍政権は何故居座るのか | トップページ | アニメーター »

2007年8月 4日 (土)

「夭折の画家・石田徹也」

石田 徹也(いしだ てつや、1973年6月16日-2005年5月23日)は日本の画家である。静岡県焼津市出身。地元の静岡県立焼津中央高等学校を経て1996年、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。SLやビニール袋、便器などといった日常生活で使用するものと一体化した青年を題材とすることが多く、日常生活に潜む不安や現代社会への風刺を超現実的に描いている。なお、題材としている青年はほとんどが同じような顔をしており、作家本人と似ているため自画像だろうと思われることが多いが、本人は否定している。精力的な活動をしていたが、2005年に突然、踏切事故で死去した。しかし、死後も人気は衰えず、2006年11月にクリスティーズが香港で開催したオークション『アジアの現代美術』に Lot. 496 として出品された『無題』(2001年)は、クリスティーズの事前落札予想価格6万 - 8万香港ドルをはるかに上回る78万香港ドル(約1200万円)で落札された。

みのむしの睡眠(1995年 第6回グラフィックアート『ひとつぼ展』 グランプリ受賞作)
SLになった人(1995年 第6回グラフィックアート『ひとつぼ展』 グランプリ受賞作)
健康器具(1997年 JACA'97 日本ビジュアル・アート展 グランプリ受賞作)
回収(1998年 キリンコンテンポラリーアートアワード1998 奨励賞受賞作)
捜索(2001年 VOCA展2001 奨励賞受賞作)
前線(2001年 VOCA展2001 奨励賞受賞作)

石田徹也の作品はキャンバスに石田個人の実生活からイメージした世界を描くが、描かれた世界は非現実な世界のように見える。けれども自らが選んだ自画像とも思える描写は日本の社会における個人の人権の尊さ、学校教育の問題、管理された日本の社会構造を痛切に批判し、人々の心の問題を表現している。少年の犯罪や児童殺害事件が社会問題になっている今日、石田徹也は弱者である少年や児童の心のよりどころを自己の問題として捉えて、絵画によって表現することで、現代人の心の奥底に潜む「痛みや悲しみ」を描いた。

「石田徹也-悲しみのキャンバス」展Kenbi1Kenbi2
会場 静岡県立美術館 県民ギャラリー
日時 平成19年7月24日~8月19日(月曜休館)
時間 午前10:00~午後5:30(入室は午後5:00まで)
主催 静岡県立美術館・石田徹也展実行委員会

詳しくは、静岡県立美術館のWebサイトまで
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/2007_shuzou/ishidatetsuya.html

石田徹也の世界 - 飛べなくなった人 - 石田徹也公式ホームページ http://www.tetsuyaishida.jp/

« 安倍政権は何故居座るのか | トップページ | アニメーター »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。