« ゼロ年代の想像力 | トップページ | 下剋上の空気を読み解く »

2007年9月 4日 (火)

『機動戦士ガンダム』(MOBILE SUIT GUNDAM)

日本サンライズが制作し名古屋テレビをキー局として放送されたロボットアニメ。テレビ朝日系で毎週土曜日17:30 - 18:00にて1979年(昭和54年)4月7日から1980年(昭和55年)1月26日にかけて、全43話が放送された。

それまでのロボットアニメに対して、戦場を舞台としたリアリティに富んだ人間ドラマと、ロボットを「MS(モビルスーツ)」とよばれる兵器の一種として扱う設定等を導入したことでその変革の先駆けとなり、後に「リアルロボット」と称される大きな潮流を作った作品である。それらの要素が放映当時の10代以上の視聴者を中心に人気を博し、本放送終了後の1981年から1982年にかけて劇場版3部作の制作に結びついた。本作は後に続々と制作されていく「ガンダムシリーズ」と呼ばれる一連の作品群の第1作目であることから、ファンからはファーストガンダムとも呼ばれている。
-----------------------------------------------------------------
物語
スペースコロニーへの宇宙移民開始を紀元とした未来世界、宇宙世紀0079年が舞台。人類は増え続ける人口のため、半数が月軌道周辺にあるラグランジュ点に浮かぶスペースコロニー群(サイドと呼ばれる)に居住していた。その中で地球に最も遠いコロニー群サイド3はジオン公国を名乗り、宇宙移民であるスペースノイドの独立を求め、人型機動兵器「MS(モビルスーツ)」の開発成功を機に、地球連邦に独立戦争を挑んでいた。そのわずか1週間あまりで双方の陣営は総人口の半分を死に至らしめた。

そんな中、サイド7に住む少年アムロ・レイは、連邦軍が進めていた「V作戦」に対する調査のためサイド7に侵入したジオン軍MS ザク[1]の攻撃に巻き込まれ偶然が重なり、連邦軍の新型MS ガンダムのパイロットになってしまう。ガンダムの性能もあり敵MSを撃退することはできたものの、ガンダムの母艦である最新鋭補給艦(戦闘能力は戦艦並)ホワイトベース(W.B.)は正規乗組員のほとんどを失い、アムロをはじめこれに避難した少年少女たちは、生き残った乗組員達と協力しながらサイド7を脱出する。しかし宇宙には、赤く塗装した専用のザクを駆り数々の戦果を挙げたことから「赤い彗星」と呼ばれるジオン軍パイロット シャア・アズナブルが待ち構えていた。

この物語は、アムロ達が長年の宿敵となるシャアを初め、様々な人々との出会いや戦い、そして別れを経て数々の困難を乗り越え、閉鎖的な極限状態に悩み傷つき、一時的に逃避しながらも一歩ずつ成長していく少年達の姿を描いている。

作品解説
『機動戦士ガンダム』は、3機合体のロボットが主役の『無敵超人ザンボット3』、3段変形のロボットが主役の『無敵鋼人ダイターン3』に続くサンライズのオリジナル作品第3作として、富野喜幸(現・富野由悠季)を監督に据え、玩具メーカーのクローバーをメインスポンサーとして企画・制作された。
これ以前の1970年代当時は、一般にはアニメとは子供のものであるという認識、そして玩具市場のものでしかないという固定観念が強かった。だが『機動戦士ガンダム』に先立つ例として、『宇宙戦艦ヤマト』の劇場公開を求めた高年齢層のファンの署名活動があったり、高年齢層をターゲットと銘打った劇場版『ルパン三世』の公開といった、ファンサイドの行動や製作サイドの様々な積み重ねにより徐々に市場が広がりつつあった。

『機動戦士ガンダム』は子供向けの要素を残しながら、より上の年齢層をもターゲットとしつつ制作された。ロボットアニメという枠組を破綻させることなく、現実味を持たせた物語や設定によって、高年齢層の視聴に堪えうる作品作りが可能であることを示すこととなった。主なストーリーは政治的に対立する2つの組織による戦争の中で、偶然、試作の軍用ロボットを操縦することになった主人公とその仲間たちが、戦火が拡大する中で必死に生き延びていく姿を描いた群像劇である。彼らが新劇をベースとしたケレン味・含みを持たせた象徴的なセリフを口にしながら苦悩する一方で、背景に大状況の「戦争」と「政治」が進行する重層的な作りは特に高年齢に訴えた。主人公 アムロはもちろん、彼らをサポートする人々や相対するジオン公国軍の兵士にも、個性的な人物像がセリフや行動で示された。また必ずしも主人公サイドの「連邦軍」が一枚岩でない様子や、敵サイドに配されたもう1人の主人公であるシャア・アズナブルの復讐劇の要素も交えつつ、全体のプロットには直接触れない登場人物まで、それぞれが信念や思想、哲学を持ってこの戦争を生き抜いている様子も描かれていることで作品世界が豊かになり、厚みがあるエピソードやストーリーを生んだのである。

ロバート・A・ハインラインのSF小説『宇宙の戦士』のパワードスーツに着想を得たデザインの「ガンキャノン」と、戦車風の「ガンタンク」もこのシステムを取り入れることとした。これら3機はそれぞれ1機種1体の試作機であるものの、「ザク」をはじめとしたジオン軍のMSは多数の同形機が存在する量産兵器とされた。そしてMSは主役機と言えども一体で戦局が一変することはほとんどない。ザクに続く新型機として登場する「グフ」や「ドム」などや、ガンダムを元に量産された連邦軍の「ジム」もまた数多く登場する。一方、MSの存在意義に説得力を持たせるために、ミノフスキー粒子という架空の粒子が設定された。これはレーダーや電波誘導兵器を攪乱・無効化することでMS同士の白兵戦に説得力を持たせるものである。アニメとしての制約の中でも無重力状態の描写などにも注意が払われ、細かい設定によって作品世界に奥行きと現実感が持てる作品となっている。こうした設定から近年では、『ガンダム』は(いわゆる「スーパーロボット」作品とは一線を画す、「リアルロボット」作品の元祖と言われる事もある。

『機動戦士ガンダム』において重要なキーワードが、「人類の革新『ニュータイプ』」である。超能力にも似た特別な感覚を得た人々として設定されたニュータイプは、当初は主人公 アムロに超人的活躍をさせるためのアイデアであったが、やがて宿敵シャアもまたニュータイプであることが明かされ、そして同じくニュータイプである少女 ララァ・スンとの出会い、そして3人の間で起こる悲劇を通じて、「人類の革新」とは何なのかと問いかけるに至っている。

現代劇やスペースオペラでならともかく、よもや巨大ロボットという荒唐無稽の代名詞のようなガジェットを用いて、通り一遍な勧善懲悪ものではないシリアスな作劇が可能だとは当時全く予想もされていなかった。このような従来タイプのロボットアニメとのギャップのため、ターゲット層はこれを見ず、置いていかれた幼児はついてこれず、ガンダムは初回放送時の視聴率は名古屋地区で平均9.1%、関東地区で5.3%[5]と振るわなかった。その結果、従来通りの子供の視聴者をターゲットにした関連玩具の売上も伸びなかった[6]ことで、全52話の予定が全43話に短縮される形の打ち切りとなった。しかしその一方で、放送当時からアニメ雑誌がたびたび熱意ある特集記事を組んだり、終盤からハイティーンを中心に口コミで徐々に評判が高まり、シリーズ後半の視聴率は、放映時間帯としては健闘したといえる。

『機動戦士ガンダム』は複雑な人間模様を描き出したドラマ性が初回放送から四半世紀を経てなお高く評価される作品である。戦争賛美でもなければ安易な「反戦」でもない、独特の戦争観は「ガンダム世代」と呼ばれる当時の視聴者達の戦争観に影響を与えたとされる。また『機動戦士ガンダム』のヒットは新たなアニメブームをもたらし、これに影響されたアニメも玉石混淆で無数に製作されることになる。特にロボットアニメは『機動戦士ガンダム』同様に、登場人物や世界観の描写に力を注ぐことで高年齢層も意識した作品作りがなされるようになり、ガンダムシリーズ自身は『機動戦士ガンダム』以来のファンを維持しつつ、新しい設定のガンダムが若いファンを獲得して親子二世代にわたって人気があるシリーズとなっている。またガンプラや各種トイも今なお初代ガンダムやザクの新型アイテムが発売されるなど根強い人気を保っている。

「MS(モビルスーツ)」と「ミノフスキー粒子」という、有人ロボットに意義を持たせる設定はアニメファンや制作者に大きな衝撃を与えた。以降のロボットアニメにおいては、ロボットが人型をしている理由、それが車両や航空機などの従来兵器を凌ぐ理由、絵になるショートレンジ戦闘の起きる必然、なぜ主人公とその乗機が頭一つ(圧倒的ではいけない)抜きん出るかの理由などを設定する事が多くなった。MS同様ロボットを主役といえども唯一無二の存在として描かないロボットアニメが出現した一方で、それ以前からの主役ロボットをヒーロー同様に描きロボットの格好良さと痛快さを売りにしたタイプのロボットアニメも、相応の論理性を取り入れながら発展している。また等身大のロボットを描いた最初のTVアニメ『鉄腕アトム』がロボット研究者の大きな目標になったように、MSもロボット研究者にとって大きな目標の1つとなっている。

主要登場人物
『機動戦士ガンダム』の登場人物も、従来のアニメの登場人物とは異なった性格、あるいは描かれてこなかった立場から描かれており、それぞれの残した名台詞と相まって後の作品に多大な影響を及ぼしている。

アムロ・レイ
主人公 アムロ・レイは当初一介の民間人、それも機械いじりの好きな内気な少年として登場する。この点において従来のロボットアニメの典型的な主役像である熱血漢・正義漢とは一線を画している。しかしその反面、操縦法もわからないままMSに乗り込んだり、武器を放り投げたりするなど、無謀な一面も存在する。彼は急遽リーダーとなった士官候補生 ブライト・ノアとの衝突や、サイド7脱出以来の宿敵 シャア・アズナブルやMSパイロットとしても人間としても経験豊富な強敵であるベテラン軍人 ランバ・ラルとの戦い、初恋の女性 マチルダ・アジャンや兄貴分 リュウ・ホセイの死といった現実を経て人間的に成長してゆく。
さらに、人類の革新「ニュータイプ」として覚醒し、超人的・英雄的活躍を遂げる過程は、SFヒーローアニメとしての制約からはじまったといえるが、人類の進化の過程と意義、個人のもつ戦争参加への葛藤など普遍的な問題をも触れられており当時としては画期的であった。
シャア・アズナブル
アムロのライバルとなるシャア・アズナブルは、仮面をかぶりつつも従来からのいわゆる「美形悪役」の流れにあるキャラクターではあるが、ジオンの独裁者 ザビ家に対する復讐のためにこの戦争を巧妙に利用する人物として設定されている。ホワイトベースに乗る妹 セイラ・マス(本名 アルテイシア)の存在に悩む一方でニュータイプの少女 ララァ・スンと出会い、さらに彼もまたニュータイプとして覚醒することによって、従来型の悪役を脱して、人類の進化のため独立戦争を利用するに過ぎないという高い理念を抱くようになってゆく。
アムロとシャアとの戦いは、本作では完全には決着が付かず、後に劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』において、人類の進化を企てるシャアとそのための破壊を阻止しようとするアムロとの間で、その戦いに決着が付くこととなる。
その他の人物
カイ・シデン、ハヤト・コバヤシ、フラウ・ボゥ、ミライ・ヤシマといったホワイトベースの仲間達もそれぞれに成長を遂げてゆく姿が描かれる。また、戦争を嫌悪する元軍人、戦争に加担する民間人、スパイ、武器開発者、主人公に殺される学徒動員パイロットなどそれまでのアニメーションでは無視されていたキャラクターを描ききっている。この方向性はサンライズとして最初に手がけた『無敵超人ザンボット3』でも試みられたものであったが、後の作品にまで影響を及ぼすほど徹底したのは、本作の非常に大きな特徴である。

スタッフ
企画:日本サンライズ 原作:矢立肇、富野喜幸 総監督:富野喜幸
プロデューサー:関岡渉、大熊信行、渋江靖夫 アシスタントプロデューサー:神田豊
脚本:星山博之、松崎健一、山本優、荒木芳久、富野喜幸
キャラクターデザイン:安彦良和  メカニカルデザイン:大河原邦男
音響監督:松浦典良 音楽:渡辺岳夫  整音:日向国雄  効果:松田昭彦
アニメーションディレクター:安彦良和
作画監督:安彦良和、山崎和男、青鉢芳信、富沢和雄、大泉学、中村一夫
絵コンテ:斧谷稔、山崎和男、貞光紳也、久野弘
演出:貞光紳也、藤原良二、小鹿英吉、横山裕一郎、斧谷稔、関田修、久野弘 
動画チェック:浜津守  特殊効果:土井通明、山本公
美術監督:中村光毅 背景:アートテイクワン、メカマン 仕上:シャフト、ディーン
制作進行:豊住政弘、草刈忠良、植田益朗、望月真人、八木岡正美、神田豊
撮影:斎藤秋男、平田隆文  編集:鶴渕友彰、小谷地文男
現像:東京現像所
製作:名古屋テレビ、創通エージェンシー、日本サンライズ

放送リスト
サブタイトル  初放送日  (名古屋テレビ) 劇場版での編集反映
1 ガンダム大地に立つ!! 1979年4月7日 物語の発端である為反映。
2 ガンダム破壊命令 1979年4月14日 物語の基本設定が固まる話の為反映。
3 敵の補給艦を叩け! 1979年4月21日 ボトルショーの為カット。
4 ルナツー脱出作戦 1979年4月28日 時間の都合ですぐ出港。パオロ艦長は戦死せず降艦。
5 大気圏突入 1979年5月5日 新舞台とガルマ登場の為反映。ガンダムの大気圏突入機能は大幅に変更。
6 ガルマ出撃す 1979年5月12日 9話に統合。
7 コアファイター脱出せよ 1979年5月19日 ボトルショーの為カット。
8 戦場は荒野 1979年5月26日 ボトルショーの為カット。
9 翔べ! ガンダム 1979年6月2日 一応ボトルショーだがアムロの心理描写が重要な為反映。
10 ガルマ 散る 1979年6月9日 ガルマやマチルダがからむ話の為反映。
11 イセリナ、恋のあと 1979年6月16日 イセリナが敵討ちをしようとするが、時間の都合でカット。
12 ジオンの脅威 1979年6月23日 グフとランバ・ラル隊登場の為反映。一作目のラストシーン。
13 再会、母よ 1979年6月30日 12話の前に入れ換え。
14 時間よ、とまれ 1979年7月7日 ボトルショーの為カット。
15 ククルス・ドアンの島 1979年7月14日  制作スケジュールの都合で、全面国外にて作画された。エンデングクレジットは不正確なものであることが語られていない番外編。

16 セイラ出撃 1979年7月21日 『哀・戦士』の導入部。セイラやコズンの投獄がある為反映。
17 アムロ脱走 1979年7月28日 投獄やアムロの脱走がある為反映。
18 灼熱のアッザム・リーダー 1979年8月4日 アムロ脱走中の話だがボトルショーの為カット。
19 ランバ・ラル特攻! 1979年8月11日 グフやアムロの伏線がある為反映。
20 死闘! ホワイト・ベース 1979年8月18日 ランバ・ラル隊の伏線がある為反映。
21 激闘は憎しみ深く 1979年8月25日 25話の後に入れ換え。
22 マ・クベ包囲網を破れ! 1979年9月1日 一応ボトルショーだが反映。
23 マチルダ救出作戦 1979年9月8日 新兵器が始動する重要な話だが、劇場版ではコア・ブースターとなった為カット。
24 迫撃! トリプル・ドム 1979年9月15日 マチルダが死ぬ他、名シーンである為反映。
25 オデッサの激戦 1979年9月22日 一年戦争全体の伏線の為反映。黒い三連星は劇場版では初戦で全滅。
26 復活のシャア 1979年9月29日 シャア、水陸両用モビルスーツなど伏線が多く反映。
27 女スパイ潜入! 1979年10月6日 26話に統合。
28 大西洋、血に染めて 1979年10月13日 カイの成長を描く話の為カットが検討されたが、反映。
29 ジャブローに散る! 1979年10月20日 シャアに伏線や名シーンがある為反映。ただし30話と統合された。
30 小さな防衛線 1979年10月27日 カツ、レツ、キッカやセイラの伏線がある為反映。
31 ザンジバル、追撃! 1979年11月3日 冒頭の大気圏離脱部が『哀・戦士』のラスト。宇宙の戦いは『めぐりあい宇宙』で。
32 強行突破作戦 1979年11月10日 シャアがドレンやブライトとからむ為反映。
33 コンスコン強襲 1979年11月17日 テムが関係する為反映。なおテムとの出会いは一回に統合された。
34 宿命の出会い 1979年11月24日 テムやララァが関係する為反映。
35 ソロモン攻略戦 1979年12月1日 一年戦争全体の伏線の為反映。作戦開始シーンがかなり短縮されている。
36 恐怖! 機動ビグ・ザム 1979年12月8日 一年戦争全体の伏線の為反映。
37 テキサスの攻防 1979年12月15日 37・38話は35話の前に移動。ただしギャンとマ・クベはカット。
38 再会、シャアとセイラ 1979年12月22日 サブタイトル通り伏線にからむ為反映。
39 ニュータイプ、シャリア・ブル 1979年12月29日 以後最終回までニュータイプにからむ話の為全て反映。
40 エルメスのララァ 1980年1月5日 
41 光る宇宙 1980年1月12日 
42 宇宙要塞ア・バオア・クー 1980年1月19日 
43 脱出 1980年1月26日 

放送局
同時ネット:名古屋テレビ(キー局)、テレビ朝日、北海道テレビ放送、東日本放送、静岡けんみんテレビ(現・静岡朝日テレビ)、広島ホームテレビ
時差ネット:青森放送(26話で打ち切り。再放送は青森テレビで放映)、テレビ岩手、秋田放送、山形テレビ、福島テレビ(後にテレビ朝日系専門の福島放送が開局、以後の再放送はこちらで放送)、新潟総合テレビ、長野放送、富山テレビ放送、石川テレビ放送、福井テレビ、朝日放送(※同時刻にローカル放映ドラマ『部長刑事』が放映されていた事情による)、山陰放送、瀬戸内海放送、テレビ山口、南海放送、テレビ高知、九州朝日放送、長崎放送、熊本放送、宮崎放送、沖縄テレビ放送
テレビ朝日系 土曜17:30台後半

« ゼロ年代の想像力 | トップページ | 下剋上の空気を読み解く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。