« 月こそ出でて候へ | トップページ | インターネットだけの音源 »

2007年10月 8日 (月)

時計の逆まわり[泥棒まわり]について

[泥棒回り]というのは、車座でゲームやなんかをするときに、順番が時計回りに移動することを言う。和服を着たとき、懐に手を差し入れる方向だ、と大辞林では説明している。 「泥棒上戸」というのは、酒も飲めば甘いものも食う奴のこと。

中華ターンテーブルは日本の目黒雅叙園で考案されたもので、日本式の中国料理で
す。考案された当時は、泥棒廻りといって、和服の懐に手が入る時計回りを嫌い、
時計と逆に廻していました。ところが、席次が主席に向かって右が次席な事から時計回りが普及し、最近はどこでも時計回りになっているようです。最初に回した方向に、皆さんが“右へ倣え”するのが良いでしょう。考案された頃は「泥棒回りを嫌って時計と逆周りに回した」ということを知っておくのも楽しいですね。ターンテーブルを使わない時代には、主人が主賓から順に取り分けていました。
ターンテーブルになってからは、主賓から順にテーブルをまわして取るようにマナーも変化しました。永六輔さんが時間でモンゴルのゲルに入る時は時計回りに入ると話して居ました。先日テレビで見た窪塚洋介のインデアンの住居でも時計廻りに座に着く場面がありました面白い共通性ですね。

日本ではトランプゲームをするとき、時計回りは泥棒回りといって嫌われる。 「トランプものがたり」の著者松田道弘は、日本に最初に入ったカードゲームがオンブルで、 オンブルは反時計回りだったことが時計回りの嫌われた理由だろうと推理している。

スケートがメジャーな某地方では,反時計回りのことを「スケート回り」と言うらしい.まだ小さかった頃,子供達の間では反時計回りのことを「泥棒回り」と言っていた.この話をするとたいていの人は「聞いたことがない」という.

■トラックはなぜ左回り
歴史的な話をすると,過去には右回りの時代もあったらしい.アテネの第 1 回オリンピックでは右回りだったそうだ.
http://www.sportsclick.jp/track/02/index02.html
ちなみに,左回りと右回りで走ってみると,たいていの人は左回りのほうが確実に速い,という実験事実があるそうだ.
http://www.hamaspo.com/sport/vol_164/ans.html
遠心力の心臓への負担を軽減する,多くの人が左足を軸にする,などいろいろな説があるようだが,多分小さい時から左回りのトラックで走ってばかりいたから体が慣れてしまったということもあるのではないだろうか?

::::::::::::::::::::::::::::: 
「麻雀の東西南北の並びはなぜ実際の方角と逆なのだろうか?」
 「天井」もしくは「空」を地図に見立ててみてください。そうすると、上が北、右が東、下が南、左が西、となりますよね。この「東西南北」の並び順、よく覚えておいてください。 そこで、起き上がってください。そして今度は下を向いて・・・・・・いまの並び順のまま、天から地に振りおろすように床(ゆか)に(または地面、畳に)その四方の方位図を描いてみてください。
天に描いたのとは逆に、東の右に南が、東の正面には西が、そして東の左には北がきているではありませんか。つまり、実際の方角とは北と南が逆になり、それはそのまま、麻雀の並び順になっているのです。麻雀という遊戯は天(神)が人に恵んでくれたものであり、神々が私たちのゲームを天から見おろしている』 という考え方から、現在の東南西北(トン・ナン・シャー・ペイ)の並びがある、と言われています。麻雀に、天のアガリである天和(テンホー)や、地の恵みである地和(チーホー)という和了役があるのも、そうした言われからなのです。
 http://www.ix3.jp/hiii/01jgmusr/J-02-2arama10.htm

そもそも人は道を歩く場合、どちら側を歩くかという問題がある。我国では武士が刀を差していた関係ですれ違う際の鞘当を避ける為左側通行したといわれるが、古くから牛車も左側を走っており、明治時代には「人も車も左側通行」という規則が出来上がる。これに対して世界的に多いのは「人は左、車は右」という原則であるが、これはナポレオンの所為だという話がある。何でも彼の業績にするのは怪しいと思うが、当時の戦争では精鋭部隊を左側に配したのに対し、彼はこれを逆手にして相手を打ち負かしたことに始まるという。従って海で隔たれた英国にまで波及しなかったという事実に、この珍説の説得性がある。
身の周りを見渡すと、驚くほど左回りのものが多いことに気づかされる。盆踊りや大相撲の懸賞金お披露目など我国固有のものから、ジェットコースター、回転木馬など舶来品まで、大抵そうである。我国では中国の影響を受けて右回りを「泥棒回り」と称して敬遠したようだが、競馬場はフランス風の右回りの方が多く、マイナーな競輪・競艇は本家並に左回りとしている。そんな所にも輸入文化に頼った我国の姿を見る思いがする。
*佐山和夫著  『野球はなぜ人を夢中にさせるのか』   河出書房新社

-日本文学に見る河川-
沖縄の祭りを見ていると、ちゃんと左回りと右回りを区別しているものがありました。日本人は、今の説明の仕方ですから、左回りというのは不祝儀のときのものだということですけれども、あるいは泥棒回りとも言いますけれども、それは俗のことでして、要するに神がおりてくる、あるいは神の世界に近づく回り方が左回りなんです。右回りは人間の世界の回り方だと思います。
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai/kondankai/bungaku/4/4-p04.html

物理の便利さにかまけて、昔から地名を番号にするようなことはどうなのだろう。趣のある言葉を、死語にするのはたやすいことではある。しかし意味や機能のあった文化や慣わしを、簡単に捨てていいことにはならないと思う。

[泥棒も急がば回れ]

« 月こそ出でて候へ | トップページ | インターネットだけの音源 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。