« ペンギンタロットの作り方 その3 | トップページ | ペンギンタロットの作りかた/その5 »

2007年11月14日 (水)

ペンギンタロットの作りかた/その4

Penguintaort1

ゼロのカードを最後とするのか、最初に位置づけるかで「世界」の意味は反転する。
世界の変転と魂の輪廻を祝うのならば、『愚者』のカードは円弧を描くべく、21と1の間に配置されるものである。全くの無から「奇術師」が世界を作り出したわけではないことになる。それから純粋な理想をめざして「隠者」として生きた存在が、精神的な高潔さへたどついて知識を捨てた旅ともなるのだ。
Tora_0 Tarot_1 Tarot_9

奇数のこの二枚のカードはとりわけ、タロットを考えるうえで重要な意味をもつ。

Tora3

意味はここへ↓

http://koinu.cside.com/

Penguin_134 

カードのレイアウト構想が固まったら、ペンギンの形や習性をくわしく知りたい。
できればペンギンのいる南極へいって観測したい。
しかし今すぐ旅立つわけにはいかないので、ペンギンの写真などを傍におきます。カメラマン鎌倉文也さんのペンギン写真がかわいいですよ。

鎌倉文也さんのページ I Love Penguins   http://www17.ocn.ne.jp/~kpenguin/ 

Penguin_135いつかいきたいな。

ペンギンさんの南極情報  http://www.penguin3.com/

« ペンギンタロットの作り方 その3 | トップページ | ペンギンタロットの作りかた/その5 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。