« ペンギンタロットの作りかた/その1 | トップページ | ペンギンタロットの作り方 その3 »

2007年11月12日 (月)

ペンギンタロットの作りかた/その2

Tar1111_001

鉛筆をつかって、コマの中へさらさらと図案を描いていきます。

「図」の案なので、トランプとか花札くらいのサイズで充分です。

デッサンとか細部にとらわれずに、自在なインスピレーションを大切にしてください。

物語の一コマを描く、映画の絵コンテを作るような気持ちで進めます。

映画、アニメ、テレビドラマ、CM、ミュージックビデオなどの映像作品の撮影前に用意される映像の設計図といえるものである「コンテ」は、英語のコンティニュイティ (continuity) の略で continuity の他に storyboard とも呼ばれる。

絵コンテは1つのカットがどのようなものかを説明するものである。人物などの被写体はどのようなサイズ、構図になるか、それらはどのような動きをするのか。カメラのどのフチから画面に入ったり出たりするのか、カメラ自体はどのような動きをするのか、固定(FIXフィックスと呼ぶ)なのか、どのくらいの時間映しているのか(尺と呼ぶ)、など。

絵コンテはイラストのみによって説明するものではなく、必ず簡単な文字・文章が付属し、そのカットの詳細を説明する。その内容は絵の動きとセリフなどと人物の感情などもある。
1カットの中で大きな変化がある場合は何コマものイラストによって1つのカットが説明されるが、変化が少ない場合には1コマで説明される。Storyboardは全てのカットではなく、大体のイメージを掴むもので、Contextが全てのカットについて書くものであるという考えもある。

『私の映画は撮る前にすでに完成しているのだ。』(アルフレッド・ヒッチコック) ・・・自分が絵コンテを描いた時点で映画は完成している、あとはそれを具体化していくだけだ。

« ペンギンタロットの作りかた/その1 | トップページ | ペンギンタロットの作り方 その3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。