« 「58億円」ゴッホの「ひまわり」は贋作 | トップページ | 老子道徳経 61章 から78章 まで »

2007年11月 9日 (金)

プロジェクト・グーテンベルク(Project Gutenberg、略称PG) 

著者の死後一定期間が経過し、(アメリカ著作権法下で)著作権の切れた名作などの全文を電子化して、インターネット上で公開するという計画。1971年創始であり、最も歴史ある電子図書館。印刷の父、ヨハネス・グーテンベルクの名を冠し、人類に対する貢献を目指している。

プロジェクト・グーテンベルクは、マイケル・ハートによって1971年に創始された。当時イリノイ大学の学生であったハートは、学内の材料研究所にある大型汎用コンピュータXerox Sigma Vへのアクセス権を得た。管理者が親切であったおかげで、実質的に無制限な(当時の価値で100万ドルとも1000万ドル相当とも算出されている)コンピュータ時間を利用できるアカウントを貰った。ハートは、なにか大きな価値があると思われることをして、この贈り物に「お返し」をしたかったのだ、と述べたことがある。

このコンピュータは、たまたま(のちにインターネットに発展する)コンピュータネットワークの15個のノードの一つであった。ハートは、コンピュータが一般人にも扱えるようになる時代がくると信じ、文学作品を電子的な形で自由に利用できるようにしようと決めた。たまたま鞄の中にはアメリカ独立宣言の冊子があったので、これがプロジェクト・グーテンベルクの最初の電子テキストになった。プロジェクトの名前は、15世紀に印刷革命を起こしたドイツ人、ヨハネス・グーテンベルクに拠り、ハートが名付けた。

1990年代の中頃まで、ハートはイリノイ州のベネディクティン大学で運営をしていた。より多くのボランティアがこの活動に参加するようになったが、スキャナーやOCRソフトが発展して広く利用できるようになるまでは、大部分のテキストが手作業で入力されていた。のちに、カーネギー・メロン大学がプロジェクトの財政管理を承諾した。電子テキストの量が増えると、ハートが行っていたプロジェクトの日常業務までをも、ボランティアが引き継ぐようになった。

2000年に、法的な事柄に対処するため、NPO法人Project Gutenberg Literary Archive Foundation, Inc.がミシシッピ州に設立された。寄付金が税金控除の対象となる。長年プロジェクトのボランティアをしてきたGregory Newbyが、法人の初代CEOになった。同年、Charles FranksがDistributed Proofreadersという、スキャンされたテキストの校正を、インターネットを通じて、たくさんのボランティアに任せることができるウェブサイトを作った。この試みにより、プロジェクト・グーテンベルクに追加されるテキストの量や種類は増し、同時に新しくボランティアを始めやすくなった。

[収集の範囲]
2006年8月時点の公表では、プロジェクト・グーテンベルクが収集したテキストは19000点を越え、週に平均50以上の新しい電子書籍が追加されている。これらは、ほとんど西洋文化圏の文学作品である。小説や詩、戯曲といった文学作品だけでなく、マニュアルや参考書、雑誌の類も収集の対象である。少量ではあるが、音声ファイルや楽譜といった非文書ファイルも所蔵されている。
大部分は英語のテキストだが、他の言語のテキストも非常に多い。2006年8月現在、英語以外で特に多いのは(順に)フランス語、ドイツ語、フィンランド語、オランダ語、スペイン語のテキストである。

テキストは、可能なかぎりプレーンテキストの状態で提供される。文字コードは主にUS-ASCIIであるが、拡張してISO-8859-1を使うことも多々ある。他のファイル形式での公開もよく、ボランティアによる投稿にはHTML形式が最もよく利用される。PDFのような編集が難しい形式は、プロジェクト・グーテンベルクの目標に合致しないと一般に認められているが、何点か収集に加えられているものもある。XMLを使用すべきかとの議論が何年も続けられているが、進展は遅い。

[理念]
2004年にマイケル・ハートが出した声明によれば、「プロジェクト・グーテンベルクの使命は単純だ。『電子書籍の作成と配布を推進すること』」プロジェクトのスローガンは「無学・無教養の垣根を取り壊す」。というのも、多くのボランティアは、ちょうど公共図書館が20世紀初頭に始めたように、遺産として引き継がれてきた文芸の教養と鑑賞を、継続して大衆に広めることを目的としているからである。

プロジェクト・グーテンベルクは、一極集中を意図的に避けている。たとえば、どんなテキストが加えられるべきかということについてポリシーを持たない。代わりに、めいめいのボランティアが、自分自身が関心を持っていること、提供できることを行っているのである。収集したテキストは長く保存することを意図しているので、局所的なアクシデントであれば、損失を防げるようにしてある。保存を確実に実行するため、収集作品全体は定期的にバックアップが取られ、幾つもの異なる地域にあるサーバにミラーリングされる。

[著作権の問題]
プロジェクト・グーテンベルクは、アメリカ著作権法に基づく電子書籍の状態確認に慎重である。テキストは、著作権の確認を受けた場合のみアーカイブに加えられ、確認の記録は後から参照できるように保管される。他の幾つかの電子図書館プロジェクトとは異なり、プロジェクト・グーテンベルクは公表するテキストに対して新たな著作権を主張しない。代わりに、自由に複製、配布することを奨励している。

■プロジェクト・グーテンベルク公式サイト http://www.gutenberg.org/

■Distributed Proofreaders  プロジェクト・グーテンベルクの電子書籍の主なソース http://www.pgdp.net/c/

■青空文庫 URL http://www.aozora.gr.jp/  日本語電子図書館 

■プロジェクト杉田玄白 著作権上問題のないさまざまな文章を和訳してオンラインで公開するプロジェクト。内容は商用を含めて再利用可能だが、再利用に制限のある翻訳文書も協賛の形で並べられている。主宰者は山形浩生。 http://www.genpaku.org/

電子図書館 の出現によって古典文献テキストが、パソコンならびに携帯から読めるようになった。
これは大変な文化革命なのだが、多々の人々は叡智のエキスが詰まった古典文献テキストなど、氷解させて読もうとはしなくなくしてしまった。いわゆる町の図書館にも人の魂にとっていい書物がきえていくのである。

« 「58億円」ゴッホの「ひまわり」は贋作 | トップページ | 老子道徳経 61章 から78章 まで »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。