« キチガイ博士手記 4 | トップページ | キチガイ博士手記 2 »

2008年3月27日 (木)

キチガイ博士手記 3

 お待ち遠さま……サテ然るにだ……吾輩の極楽行きの直接原因を生んだ彼(か)の「狂人解放治療場」を見た人々は、誰でも狂人の散歩場ぐらいにしか思っていないようである。中には新聞の記事なぞを読んで「ハハア成る程」なぞと首肯(うなず)く者が居るかと思うと、すぐにあとから「いかにもねえ。こうしておけば狂人も昂奮しませんね」とか「ハハア。一種の光線治療ですね」なぞと、知ったか振りを云うくらいの事で、誰一人としてこの実験の正体を看破した者は居ないから面白い。否。この実験の秘密はこの教室で仕事をしている副手や助手にさえも洩した事はないのだから、彼等は唯、何か非常に高遠な実験らしい……ぐらいにしか心得ていないのであるが、実は他愛ない……しかもステキに面白い実験なのだ。「解放治療」なぞいう鹿爪(しかつめ)らしい名前は、世を忍ぶ仮の名に過ぎないのだ。
 何を隠そうこの「解放治療」の実験は、吾輩が嘗て、当大学の前身であった福岡医科大学を卒業する時に書いた「胎児の夢」と名付くる一篇の論文の実地試験に外ならないのだ。
 但し吾輩が「胎児の夢」の中に並べ立てた引例は皆、人類各個お互い同志に共通した、喰いたい、寝たい、遊びたい、喧嘩したい、勝ちたいといった程度の心理の遺伝で、極く極く有り触れた種類のものばかりであるが、ここで研究しているのは、それよりもモットモット突込んだ、個人個人特有の極端、奇抜な心理遺伝の発作なんだ。近頃流行の猟奇趣味とか、探偵趣味なぞいうものが、足元にも寄り付けないくらい神秘的な、尖端的な、グロテスクな、怪奇、毒悪(がいどく)を極めた……ナニ、まだ見た事がないから見せてくれ。お易い御用だ。タッタ今お眼にかけよう……。
 ……サアサア入(い)らっしゃい入らっしゃい。世界中、どこを探しても見られぬ生きた魂の因果者の標本、日中の幽霊、真昼の化け物、ヒュ――ドロドロの科学実験はこれじゃこれじゃ……見料(けんりょう)は大人が十銭、小供なら半額、盲人(めくら)は無料(ただ)……アッ……そんなに押してはいけない。狂人(きちがい)連中に笑われますぞ。お静かにお静かに……。
 ……エヘン……。
 ここに御紹介致しまするは、九州帝国大学、医学部、精神病科本館の裏手に当って、同科教授、正木先生が開設されましたる、狂人解放治療場の「天然色、浮出し、発声映画」と御座います。映写致しまする器械は、最近、九大、医学部に於きまして、眼科の田西博士と、耳鼻科の金壺(かなつぼ)教授とが、正木博士と協力致しまして、医学研究上の目的に使用すべく製作されましたもので、実に精巧無比……目下米国で研究中の発声映画なぞはトーキー及ばない……画面と実物とに寸分の相違もないところにお眼止(めと)めあらむ事を希望致します。
 まず……開巻第一に九州帝国大学、医学部の全景をスクリーンに現わして御覧に入れます。
 御覧の通り九大の構内と構外とは一面に、一(ひ)と続きの松原の緑に埋められておりますが、その西端に二本並んだ大煙突の下(もと)に見えます見すぼらしい青ペンキ塗り、二階建の西洋館が、天下に有名なるキチガイ博士、正木先生の居(お)られる精神病学教室の本館で、そのすぐ南側に見えます二百坪ほどの四角い平地が、これから御紹介申上げます「狂人の解放治療場」で御座います。……撮影機と技師とを搭載致しました飛行機はだんだんと下降致しまして、精神病科本館階上、教授室の南側の窓の縁に着陸致します。……まるで蜻蛉(とんぼ)か蠅(はえ)なんぞのようで……時に大正十五年十月十九日……の午前正九時と致しておきましょうか。
 この解放治療場を取巻いておりまする赤煉瓦の塀は、高さが一丈五尺。これに囲まれました四角い平地は全部この地方特有の真白い、石英質の砂で御座いますから、清浄この上もありませぬ。真中に桐の木が五本ほど、黄色い枯れ葉を一パイにつけて立っております。この桐の木はズット以前からここに立っておりまして、本館の中庭の風情となっておったもので御座いますが、この解放治療場開設のため周囲を地均(じなら)し致しまして以来、斯様(かよう)に著しい衰弱の色を見せて参りましたのは、何かの凶(わる)い前兆と申せば申されぬ事もないようであります。或(あるい)はこの桐の木が、斯様な思いがけないところに封じ込られたために精神に異状を呈したものではないかとも考えられるのでありますが、しかしその辺の診断は、当教室でもまだ気が付きかねております。……無駄を申上げまして恐れ入りました。
 治療場の入口は、東側の病室に近い処に只一つ開いておりまして、便所への通路を兼ておりますが、その入口板戸の横に切り明(あけ)られた小さな、横長い穴から、黒い制服制帽の、人相の悪い巨漢が、御覧の通り朝から晩まで、冷たい眼付で場内を覗いているところを御覧になりますると、この四角い解放治療場の全体が、さながらに緑の波の中に据えられた巨大な魔術の箱みたように感じられましょう。
 この魔術の箱の底に敷かれました白い砂が、一面に真青な空の光りを受て、キラキラと輝いております上を、黒い人影が、立ったり、座ったりして動いております。一人……二人……三人……四人……五人……六人……都合十人居ります。
 これが正木博士の所謂「脳髄論」から割出された「胎児の夢」の続きである「心理遺伝」の原則に支配されて動いている狂人たちであります。……しかも、これから三時間後……大正十五年十月十九日の正午となりまして、海向うのお台場から、轟然(ごうぜん)たる一発の午砲(ごほう)が響き渡りますと、それを合図にこの十人の狂人たちの中から、思いもかけぬスバラシイ心理遺伝の大惨劇が爆発致しまして、天下の耳目を聳動させると同時に、正木先生を自殺の決心にまで逐(お)い詰める事に相成るのでありますが、その大惨劇の前兆とも申すべき現象は、既に只今から、この解放治療場内にアリアリと顕(あら)われているので御座いますから、よくお眼を止められまして、狂人たちの一挙一動を精細に御観察あらむ事を希望いたします。
 そこでその精細な御観察の便宜と致しまして、この十人の狂人たちの一人一人の姿を大写しにして御覧に入れます。
 まず、最初に現わしまするは、西側の煉瓦塀(れんがべい)の横で、双肌脱(もろはだぬ)ぎになって、セッセと働いている白髪の老人で御座います。この老人は御覧の通り、両手に一挺の鍬(くわ)を掴んで打振(うちふり)ながら、煉瓦塀に並行した長い畑を二畝(せ)半ほど耕しておりますが、しかしその体躯(からだ)を見ますと御覧の通り、腕も、脛(すね)も生白くて、ホッソリ致しておりまするのみならず、老齢の労働者に特有の、首筋をめぐる深い皺も見えませぬので、いずれに致しましても、こんな百姓の仕事に経験のある者とは思われませぬ。ことにミジメなのはその掌(てのひら)で、鍬を握っておりますから、よくは見えませぬが、その鍬の柄(え)の処々に、黒い汚染(しみ)がボツボツとコビリ付て見えましょう。あれは、その掌の破れた処からニジミ出している血の痕跡(あと)で御座います。しかも……老人は、それでも屈せず、撓(たゆ)まず、セッセと鍬を打ち振て行くところを見ますと、正木博士の発見にかかる、心理遺伝の実験が、如何に残忍、冷厳なものであるかという事が、あらかた、お解りになるで御座いましょう。
 次にあらわしまするはその横に突立(つったっ)て、老人の畠打(はたうち)を見物致しております一人の青年で御座います。お見かけの通り黒っぽい木綿着物に白木綿の古兵児帯(へこおび)を締(しめ)て、頭髪(あたま)を蓬々(ぼうぼう)とさしておりますから、多少老(ふ)けて見えるかも知れませぬが、よく御覧になりましたならば、二十歳前後のういういしい若者であることが、おわかりになりましょう。久し振りに日陽(ひなた)に出て来ましたせいか、肌が女のように白く、ホンノリした紅い頬に、何かしらニコニコと微笑を含みながら、鍬を振り廻す白髪の老人の手許を一心に見守っております。その表情だけを見ますと、ちょっと普通人かと思われますが、なおよくお眼を止めて御覧下さい。その眼眸(まなざし)と、瞳の光りの清らかなこと……まるで深窓に育った姫君のように静かに澄み切って見えましょう。これは或る種類の精神病者が、正気に帰る前か、又は発作を起す少し前に、あらわしまする特徴で、正木博士が始終手にかけておられました、真狂(しんきょう)と、偽狂(ぎきょう)の鑑定の中でも特に鑑別し難い眼付なので御座います。
 次には今の老人と青年の、遥か背後(うしろ)の方に跼(かが)まっている一人の少女にレンズを近付てみます。お見かけの通り、幽霊みたように青白く瘠せこけたソバカスだらけの顔で、赤茶気た髪を括(くく)り下げに致しておりますが、老人が作りました畠の縁(へり)に跼みまして、繊細(かぼそ)い手で色んなものを植え付ております。桐の落葉、松の枯枝、竹片(たけぎれ)、瓦の破片なぞ……中にはどこで見付たものか、青い草なぞもあります。しかし何しろ相手の畠が、サラサラした白砂の畝(うね)で御座いますから、竹の棒なぞはウッカリすると倒れそうになるのを、御覧の通り色々と世話を焼いて真直に立てております。あんな面倒臭い事をせずとも、グッと砂の中に突込んだら良さそうなもの……と思われる方があるかも知れませぬが、それは失礼ながら素人考えで……この少女は瓦片(かわらぎれ)や竹の棒なぞを、やはり普通の草花か何かの苗だと信じ切っておりますので、決してそんな乱暴な扱いを致しませぬ。さも大切そうに根方(ねもと)に砂を被せておりまするところがねうちで……しかし、それでも折角、世話してやった竹の棒が二三度も倒れますと……アレ、あの通り癇癪(かんしゃく)を起しまして、柔かい草の苗と同じように、竹の棒を何の苦もなく引千切(ひっちぎ)って棄ててしまいます。あの繊細(かよわ)い、細い腕から、どうしてあんな恐ろしい、男も及ばぬ力量(ちから)が出るかと、怪しまるるばかりで御座いますが、実は人間というものは、どんな優しい御婦人でも、大抵あれ位の力は持ておられますので……ただ……人間は、ほかの動物に比べて上品な、弱いもの……殊に女は……といったような暗示が、先祖代々から積み重なって来た結果、それだけの力を出し得ずにおりますので、それが精神に異状を来すか、地震、火事といったような一大事にぶつかるか致しますと、その暗示が一時的に破れまするために、本来の腕力に立帰りまする事が、現在、只今、この少女によって証拠立られているので御座います。毎度説明が脱線致しまして申訳(もうしわけ)ありませぬが、これは正木博士の「心理遺伝」を逆に証明する実例で御座いますから、特に申添えました次第で御座います。
 その次にあらわしまするは、破れたモーニング・コートを着た毬栗(いがぐり)頭の小男で、今の老人と、青年と、少女の一群(ひとむれ)が居る処とは正反対側の、東側の赤煉瓦塀に向って演説をしているところで御座います。
「……達摩(だるま)は面壁九年にして、少林の熊耳(ゆうじ)と云われました。故に吾人は九年間面壁して弁論を練り、糊塗縦横(ことじゅうおう)の政界を打破りまして、あらゆる不平等を平面にすべく……来(きた)るべき普選の時代に於て……即ち、その……吾人が……」
 と大声をあげるかと思うと、思い出したように右手を高くあげて左右に動かしております。
 その背後を一人の奇妙な姿をした女が通って行きます。御覧の通り、まことに下品な、シャクレた顔をした中年増(ちゅうどしま)で、顔一面に塗り附(つけ)ております泥は、厚化粧のつもりだそうで御座います。着物の裾も露(あら)わな素跣足(すあし)で、ボロボロの丸帯を長々と引ずっておりますが、誰がこしらえてやりましたものか、ボール紙に赤インキを塗った王冠の形の物を、ザンバラの頭の上に載せて、落ちないようにあおのきつつジロリジロリと左右を睨(ね)めまわしながら女王気取りで、行きつ戻りつ致しておりますところはナカナカの奇観で御座います。
 その女が前を横切る度毎(たびごと)に、桐の木の根方(ねもと)に土下座をして、あまたたび礼拝を捧げておりまする髯(ひげ)だらけの大男は、長崎の某小学校の校長で御座います。親代々の耶蘇(やそ)教信心が、この男に到って最高潮に達しました結果、この病院へ収容されますと、煉瓦や屋根瓦の破片に聖像を彫って、同室の患者たちに拝ませたり致しておりましたが、只今は又、彼(か)の女王気取の狂女を、マリヤ様の再来と信じまして、随喜、渇仰(かつごう)の涙を流しているところで御座います。
 それから又、あの土下座している髯男の周囲(まわり)を跳まわっておりますお垂髪(さげ)の少女は、高等女学校の二年生で、元来、内気な、憂鬱な性格で御座いましたが、芸術方面に非常な才能をあらわしておりまするうちに、所謂(いわゆる)、早発性痴呆となったもので御座います。……ところが、その発病と同時に、今までの性格がガラリと一変致しましたもので、ここへ入院致しました当時、正木院長から名前を尋ねられた時にも「妾(あたし)は舞踏狂よ……アンナ・パブロワよ」と答えたという病院切っての愛嬌者で、いつも御覧の通り、自作の歌を唄いながら、踊りまわっているので御座います。

「青(あ)アオい空(そ)オラを見イたら
 白(し)イロい雲(く)ウモが高(た)アかく
 黒(く)ウロい雲(く)ウモが低(ひ)イクく
 仲(な)アカア良オくウ並(な)アらんで
 フウラリフウラリ飛んで行(く)よ
     フウララフウララフゥ――ララ……

 あたいも一緒に並(な)アラんでエ
 フウラリフウラリ歩(あ)るいたらア
 赤(あ)アカい壁(か)アべにぶつかったア
     フウララフウララフゥ――ララ……
     フウララフウララフゥ――ララ……」

 又、こちらの方では四十位の職人風の男が二人、親密そうに肩を組んで、最前の年増女(としまおんな)と直角の方向に、行きつ戻りつしております。もっとも右側の男は東京見物、左側の一人は南極探検の意味で、斯様(かよう)に意気が投合して、大旅行を続けているのだそうですから、まことに世話が焼けません。それからこちらの入口の処に座っております肥ったお婆さんは、相当な身分の人らしい事が、その上品な着物の柄で推量出来ますが、しかし御本人は、そんなつもりではないらしく、いつもあのように貧民窟に住んでいるような恰好で、居りもせぬ虱(しらみ)を一所懸命に取っては潰し、抓(つま)んでは棄てております……かと思うとアレ……あの通り帯を解いて丸裸体(まるはだか)になりまして、大きな音を立てながら着物をハタキ初めますので、そのたんびに演説屋も、二人の職人も、女学生も、心理遺伝の発作を中止して、指さし、眼さし、腹を抱えております。

« キチガイ博士手記 4 | トップページ | キチガイ博士手記 2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。