« 巻頭歌 | トップページ | 幻魔怪奇探偵小説 『ドグラ・マグラ』 »

2008年3月31日 (月)

『夢野久作の日記』から見える「ドグラ・マグラ」完成までの推敲

「ドグラ・マグラ」は10余年の歳月をかけた推敲によって完成、出版された大作である。
その推敲の過程何年かの彼の姿を垣間見れる「夢野久作の日記」。
明治43年(1910)から大正元年(1912)の間に書かれた日記、大正13年(1924)から昭和5年(1930)の間に書かれた日記、そして昭和10年(1935)の日記が集録されている。 「ドグラ・マグラ」推敲に関係すると思われる記述のみを抜き出してみた。
昭和元年(1926)5月から昭和5年(1930)1月までの間に行われていた「ドグラ・マグラ」完成への推敲をみることができる。
●昭和元年(1926)5月23日 日曜 「狂人の原稿を書く、正午まで。」 という記述から始まり、
●昭和5年(1930)1月11日 土曜「狂人の原稿をドグラマグラと改め、送り出す。」という記述の間には彼の「ドグラ・マグラ」完成への執念が、凄いものであったということを感じさせる記述で溢れている。   

------------------------------------------------------------------------------
大正15年・昭和元年(1926)5月37歳

5月23日 日曜(P148)
狂人の原稿を書く、正午まで。
  狂人の原稿
以下頻出する「狂人の原稿」「狂人の解放治療」というものは「ドグラ・マグラ」の原題を意味し、「ドグラ・マグラ」完成前の草稿であると考えられる。

24日 月曜
午前中「狂人」を書く。

27日 木曜(P149)
狂人の内容あらかたきまる。

28日 金曜
狂人の原稿を書く。 
-------------------------------------------------------------------------------
昭和元年(1926)7月

7月10日 土曜(P154)
妻に、狂人の解放治療の話しきかす。
30日 金曜(P156)
徳蔵君来る。二人で狂人の解放治療の原稿読んでくれる。
-------------------------------------------------------------------------------〔8月〕
8月21日 土曜(P159)
とうとう今日まで日記なまける。狂人の解放治療遂に書き上げる千百余枚。

27日 金曜(P160)
夜、狂人の解放治療の話をする。 
-------------------------------------------------------------------------------※この年の5月8日、『あやかしの鼓』入選通知が届く。
-------------------------------------------------------------------------------昭和2年(1927)1月38歳

1月1日 土曜(P179)
余は終日引き篭もりて、狂人の解放治療の原稿を書く。
2日 日曜
終日、狂人の原稿をかく。

3日 月曜
狂人の解放治療中、脳髄は物を考える処に非ずという議論を書くに、六ケしき事限りなし。それを平易に短かく、面白く書くは容易の業に非ず。
早くも三日となりたり、胸トキメクを覚ゆ。

4日 火曜
けふより狂人解放治療の浄書を初めんと思ひたれども小みたしをかき止む。

5日 水曜
狂人の解放治療の第一篇を、自我忘失症より書き起して、全部を夢の姿にせむと思ひしが、
かくては吾が頭がとても堪え切れませじと思ひ、後のテーマにすることとして割愛す。

7日 金曜(P180)
狂人の解放治療、書き直し。

8日 土曜
狂人の解放、次序をかく。

10日 月曜
終日、狂人の解放治療を書く。

12日 水曜
狂人の解放治療、又、組み直し初む。これにて満十度目なり。

14日 金曜(P181)
狂人の原稿を書く。最初を往来の御方様といふ文句に決め、最後を大学の参考書といふことにする。
  最初を往来の御方様といふ文句
これは、「ドグラ・マグラ」に入れるつもりで書かれたが結局、外された草稿「はしがき」のことだと考えられる。以下「はしがき」抜粋、
お通りかかりの御方様。ありがたう御座います。
お顔もお名前も、まだ存じませぬが、有り難うございます。
此の奇妙なモノガタリを書いた十八冊のノートブックの包みを、お拾ひ下すつた貴方様の御親切に対して、とりあへず、かやうに満腔の感謝を捧ぐることをお許し下さいませ。 (以下続く・・ちくま文庫 「夢野久作全集9 解題 」より)

20日 木曜(P182)
狂人の原稿改良しては、又置きかゆれども工合わるし。すこしトリツクを濫用したる気味ありとおぼゆ。
しかれどもその焦点が何故に結ほれざるか判明せず。全体の結構が、余の頭に餘りたる故ならむと思ふ。

21日 金曜
狂人の原稿改造一段落つく。
脳に関する学説を小説にしつつあるうちに、どうやら真実に思はれ来れり。可笑しきものよ。

22日 土曜
狂人の原稿書き直し初む。

25日 火曜
狂人の原稿をかき、一時就寝。

28日 金曜
胎児の夢の論文のうち、夢の説明を書き直し、非常に疲れたり。 -------------------------------------------------------------------------------昭和2年(1927)2月

2月2日 水曜
終日狂人の原稿書く。
狂人の原稿、次から次へ破綻百出す。
3日 木曜
狂人の原稿、第五巻に入る。

8日 火曜
依然として狂人の原稿つつく。

10日 水曜
狂人の原稿書き終る。以後いよいよ校正。

11日 木曜
鶴原、清子、君子に狂人の話する。

12日 金曜
狂人の話、三人の娘にする。君子わかる。清子、つる原わからず。

15日 火曜
狂人の原稿、再校をはじむ。

17日 木曜
狂人の原稿第一回の校正終る。

19日 土曜
健ちやんに、脳髄は物を考える処に非ずという余の小説を説くに感心する。
  脳髄は物を考える処に非ずという余の小説
これは「ドグラ・マグラ」に出てくる「絶対探偵小説脳髄は物を考えるところに非ず=正木博士の学位論文内容」という『書簡』に書かれているものだと考えられる。

21日 月曜
狂人の原稿に飽き来る。 -------------------------------------------------------------------------------
昭和2年(1927)3月

3月5日 土曜
狂人の原稿第一回を読み了る。
16日 水曜
狂人の原稿を読む。

23日 水曜
狂人の原稿を書く。
-------------------------------------------------------------------------------
昭和2年(1927)4月

4月1日 金曜
狂人の原稿を直す。
17日 日曜
香椎にかへり、狂人の原稿整理。
-------------------------------------------------------------------------------
昭和2年(1927)5月

5月1日 金曜
川田氏より来書。狂人の原稿につき、批判来る。 -------------------------------------------------------------------------------
昭和2年(1927)8月

8月10日 水曜
狂人の原稿書きはしむ。
11日 木曜
終日、狂人の原稿書き。

12日 金曜
終日、狂人の草稿書き。今度は全然興味中心にする積り。

16日 火曜
狂人の原稿書き。

17日 水曜
終日、狂人の原稿書き。

18日 木曜
終日、狂人の原稿かき。

19日 金曜
終日、原稿かき。

21日 日曜
狂人の原稿一通り済む。

23日 火曜
狂人の冒頭かき。
 
27日 土曜
狂人の原稿書き。

28日 日曜
狂人の冒頭かき。
-------------------------------------------------------------------------------昭和2年(1927)9月

9月1日 木曜
狂人の原稿書き。
2日 金曜
狂人の原稿書き。

4日 日曜
夜、狂人の原稿書き。

5日 月曜
終日、雨ふる。狂人の原稿書き。

6日 火曜
終日、狂人原稿書き。
外道祭文キチガイ地獄

7日 水曜
外道祭文をかく。

8日 木曜
外道祭文、かきおはる。

13日 火曜(P215)
午后、外道祭文、下書き。

14日 水曜
狂人地獄を書きあげる。

15日 木曜
狂人地獄おはり。先へ進む。

22日 木曜(P216)
終日、狂人の原稿を書く。 -------------------------------------------------------------------------------
昭和2年(1927)10月

10月11日 火曜(P218)
終日、狂人の原稿を書く。
18日 火曜(P219)
狂人の原稿を書く。下書き終末に近し。

26日 水曜(P220)
狂人の原稿を書く。 --------------------------------------------------------------------------------
昭和2年(1927)11月

11月16日 水曜(P223)
終日、狂人の原稿書き。
17日 木曜
終日、原稿書き。

28日 月曜(P225)
狂人原稿かき。

29日 火曜
終日、狂人の原稿かき。

30日 水曜
終日、狂人の原稿かく。 --------------------------------------------------------------------------------
昭和2年(1927)12月

12月6日 火曜(P226)
本田さん両親死し、娘に養子したるあと、その娘死し、養子に嫁取りたるところ、その嫁妊娠したあとに、その婿けふ死す。
手を空にあげて、胎児のことを云ひつつ゛けて。
7日 水曜
狂人の原稿を書き、~ --------------------------------------------------------------------------------
昭和3年(1928)1月39歳

1月10日 火曜(P235)
終日、原稿書き(狂人)。
15日 日曜(P236)
文の迫真性は、筆者の空想の真実より来る。主観客観対象の一貫純一至上也。

31日 火曜(P239)
若林と対面 正木博士よりの大切な預かりもの その理由は、狂人の解放治療といふ創案(正木博士死亡後閉サ、その中の一番。)
祭文―正木博士の人物、博士の性格、正木卒業論文・・・・・・
  若林・正木博士
若林とは「ドグラ・マグラ」出てくる登場人物「若林鏡太郎」のことだと考えられる。
正木博士とは「ドグラ・マグラ」出てくる登場人物「正木敬之」のことだと考えられる。
--------------------------------------------------------------------------------
昭和3年(1928)2月 

2月20日 月曜(P242)
「狂人」のてん作。
21日 火曜
狂人の原稿書き。

22日 水曜
狂人の原稿書き。

27日 月曜
香椎にかえり「狂人」の原稿をかき。

28日 火曜
終日、狂人の原稿書き。

29日 水曜
「狂人」の原稿書き。 --------------------------------------------------------------------------------
昭和3年(1928)3月 

3月4日 日曜(P244)
「狂人」の原稿書き。
5日 月曜
狂人の草稿書き。

12日 月曜(P246)
狂人の原稿書き。

20日 火曜(P247)
夜、狂人の原稿書き。

22日 木曜
原稿下書き一段落すむ。次は読み直し、筆入れ、清書也。

27日 火曜(P248)
狂人の原稿一段落。 --------------------------------------------------------------------------------
昭和3年(1928)5月

5月10日 木曜(P253)
狂人関係の下書き、クラに読ませる。
15日 火曜(P254)
狂人の原稿、清書し初む。

16日 水曜
狂人の原稿冒頭、書き直し。

17日 木曜
狂人の清書冒頭書き直し。

22日 火曜(P255)
狂人の原稿の初めに、夫婦の会話を入れる。

23日 水曜(P256)
終日、狂人の原稿書き。

28日 月曜(P257)
●心臓が切り出されたまま動いてゐる
 さも得意気にたつた一人で
●真夜中に心臓が一寸休止するその時に
 わるい夢を見るのだ

30日 水曜
朝より、狂人の原稿をかく。

31日 木曜
~とうとう眼をさまし、狂人の原稿を書く。今朝来、アタマ茫然。午睡しては原稿を書き、疲れては又寝ころがり、とうとう夜になる。
眼冴え、頭疲れて正座に堪えず。三六、いつまでも睡らぬが気になる。 --------------------------------------------------------------------------------
昭和3年(1928)6 月

6月4日 月曜(P258)
終日、原稿書き。
●水の底で胎児は生きてゐる
   母は魚に食はれてゐるのに
●わが首を斬る刃に見えて
  生血が垂れる檻房の窓
5日 火曜
余、狂人の原稿書き。

7日 木曜
終日、狂人の原稿書き。一日がかりで三十五枚。我ながら遅筆に驚く。
●頭の中でピチンと硝子が割れた音イヒ・・・・・・と俺が笑ふ声。

22日 金曜
●いつの世の名残りの夢をみるやらん
  ほのかにえみてねむるおさなご
26日 火曜
狂人の原稿かき。
--------------------------------------------------------------------------------
昭和3年(1928)7 月

7月9日 月曜(P263)
東京に精神文化研究所立つと、個人の思い立ち也。喜ばし。然れども其研究方針を見るに漫然たるものあり。唯来るべき新時代の魁となるできを頼み、思ふのみ。
吾思ふ。現代文化が要求せる最新鋭なるものは旧精神文化の破綻これなり。新物質文明の確立也。
その槍玉に上がるもの曰く、宗教(阿片也とて)義理、忠孝道。即ち父子主従道、男女貞操等。
尚ぶのは純真なる精神発露(彼等は之を本能、感性、其他の欲と誤解し邪道と雖も之を偏執すれば尊重す)也。
而して時々刻々猫眼的に変化する心理を時々刻々にそのまま尊重する一種の刹那主義者と化し又は新奇を求むるために悪魔主義、耽美思想等を流行さす。
而して疲れたる結果、無意義芸術、呑気主義となり、プチブルジョアジー的思想に了る。
18日 水曜(P264)
ゐなかのじけん、狂人、書き。

30日 月曜(P266)
狂人の原稿書き。

31日 火曜
狂人の原稿の順序―脳髄論、心理遺伝、事実、本人大うつし、以下・・・・・? --------------------------------------------------------------------------------
昭和3年(1928)8月

8月6日 月曜(P267)
終日、狂人の原稿書き。脳髄論を巻頭にまはす。
  脳髄論
これは「ドグラ・マグラ」において出てくる正木博士の論文『脳髄論』のことではないかと考えられる。

7日 火曜
「若林博士の怪所業」終る。
  「若林博士の怪所業」
これは「ドグラ・マグラ」において登場人物若林鏡太郎が犯した死亡者存在の隠匿破棄の罪のことに関係する文章を書いたのだろう考えられる。(角川文庫版・上・P309~参照あれ)

14日 火曜
余、終日家に在りて、原稿書き。
(呉一郎、中学卒業に非ず)

16日 木曜(P268)
終日、狂人の原稿書き。

17日 金曜
終日、原稿書き。四枚しか進まず、焦燥す
儒仏耶一途、心理遺伝の原則にて一貫す。

20日 月曜
原稿―治療場の幻覚まで進む。
  治療場の幻覚
これは「ドグラ・マグラ」において物語人物「私」が解放治療場の中に「私」と姿形が似ている「呉一郎」をみる場面に関係する文章を書いたのではないかと考えられる。(角川文庫版・下・P166~参照あれ)

23日 木曜
終日、原稿かき。

24日 金曜
昨日に同じ、夢中。―絵巻物披見の処。
  絵巻物披見
これは「ドグラ・マグラ」において物語人物「私」が呉青秀描いた絵巻物をみる場面に関係する文章を書いたのではないかと考えられる。(角川文庫版・下・P221~参照あれ)

26日 日曜
原稿書き。

27日 月曜
原稿書き、終日。

29日 水曜
終日、原稿をかく。神経冴え、皮膚青く、頭に鉢巻せしあと除きても、まだあるが如し。
ガタンと云いても電気が停電して、黙つても全身の皮膚ピシリとする。

30日 木曜
終日、原稿書き。
--------------------------------------------------------------------------------
昭和3年(1928)9月

9月3日 月曜(P270)
終日、原稿書き。
(呉一郎の屍体飜弄と、自己の真教幻覚及自己の屍体幻視の項書き添へる。)
10日 月曜(P271)
狂人の原稿訂正中眩暈来る。書き改め断念す。 --------------------------------------------------------------------------------
昭和3年(1928)10月

10月14日 日曜(P276)
終日、原稿書き。
14日 日曜(P276)
終日、原稿書き。
--------------------------------------------------------------------------------
昭和3年(1928)11月

11月6日 日曜(P280)
狂人の原稿にかかる。
13日 火曜(P281)
狂人の原稿書き。

18日 日曜(P282)
終日、原稿書き。

20日 火曜
終日、狂人の原稿書き直し。清書だけにて、すでに五回目也。
吾れながらおぞまし。

27日 火曜(P283)
終日、原稿書き。
--------------------------------------------------------------------------------
昭和3年(1928)12月

12月2日 日曜(P284)
~狂人の原稿の一部を見て貰ひ~
10日 月曜(P285)
終日、原稿書き。

11日 火曜
午前中より午后へかけて、狂人の原稿書き。

31日 月曜(P288)
今年の思い出。
 押絵の奇蹟
 参緑の死損ひ
 実母の死
 実の来福
 狂人稿の未完
--------------------------------------------------------------------------------
昭和4年(1929)1月 40歳

1月4日 金曜(P291)
終日、原稿書き。
30日 水曜(P295)
原稿書き。
--------------------------------------------------------------------------------
昭和4年(1929)2月

2月4日 月曜(P296)
午前、狂人原稿。
--------------------------------------------------------------------------------
昭和4年(1929)5月

5月2日 木曜(P306)
狂人原稿書き。
29日 水曜(P309)
「狂人」浄書。

30日 木曜
狂人浄書。

31日 金曜
「狂人」浄書。
--------------------------------------------------------------------------------
昭和4年(1929)6月

6月4日 火曜(P310)
「狂人」の原稿をかく。
◎7日 金曜
「狂人」の原稿書き。

◎19日 水曜
終日、晴れ。原稿書き。(狂人)

◎20日 木曜
狂人の原稿清書大いに進む。
--------------------------------------------------------------------------------
昭和4年(1929)7月

7月24日 水曜(P315)
狂人の原稿書き。
25日 木曜
狂人の原稿書き。
--------------------------------------------------------------------------------
昭和4年(1929)8月

8月1日 木曜(P316)
狂人の原稿書き。
2日 金曜
終日、狂人の原稿書き。
胎児の夢の書直し近づく、

5日 月曜
胎児の夢かき直し。

8日 木曜
胎児の夢、出来上る。

12日 月曜
狂人の原稿書き。

16日 金曜
終日、原稿書き。

◎20日 火曜
狂人の原稿、浄書。 --------------------------------------------------------------------------------
昭和4年(1929)9月

9月3日 火曜(P320)
狂人の原稿書き。
4日 水曜
狂人の原稿。

6日 金曜
狂人の原稿書き。

9日 月曜
狂人原稿かき。

10日 火曜
狂人の原稿訂正。

11日 水曜
狂人の原稿筆入れ。

12日 木曜 (P321)
狂人原稿手入。

13日 金曜
狂人原稿、片付く。

20日 金曜
狂人原稿終り、油紙に包む。
--------------------------------------------------------------------------------
昭和4年(1929)10月

10月2日 水曜(P323)
浪越に狂人原稿持ち行き、柴藤に立寄りかへる。
--------------------------------------------------------------------------------
昭和4年(1929)12月

12月13日 金曜(P329)
脳髄論の下書きをかく。
17日 火曜(P330)
「脳髄論」書き直し。

18日 水曜
「脳髄論」書き直し。

22日 日曜
脳髄論書き。

23日 月曜
昨同断。

25日 水曜
仏像召取を批判し、脳髄論きかす。

27日 金曜 (P331)
脳髄論書き。

31日 火曜
水谷氏より手紙。狂人原稿につき。
玉丸氏より「狂人」原稿受取。 --------------------------------------------------------------------------------
昭和5年(1930)1月 41歳

1月1日 水曜(P335)
狂人原稿急ぐ。
4日 土曜
狂人の原稿手入レ。

5日 日曜
「脳髄論」書き終る。

6日 月曜
狂人稿一千枚、全部校正終る。

9日 木曜(P336)
狂人原稿、ペヂ付け、ヤリ切れず佐藤君に頼む。

11日 土曜
狂人の原稿をドグラマグラと改め、送り出す。

--------------------------------------------------------------------------------

※ここにおいて、全部の原稿校正を終わらせ、出版社へ「ドグラマグラ」原稿1000枚を送る、という記述がみられる。が、しかし「ドグラ・マグラ」の原稿は1500枚であるはずである。あと500枚足りない。「ドグラ・マグラ」原稿1000枚を出版社に送った時点が昭和5年(1930)、そして「ドグラ・マグラ」という本が出版された時点が昭和10年(1935)であることから、その5年の間に、書き足し削除といった推敲の繰り返しによって残りの500枚を創り出したのであろう。 
 
それにしてもモノスゴイ持続力である。作者自ら<これを書くための生きてきた>と語っているが、そのとうりなのだろう。

--------------------------------------------------------------------------------

前のページへ戻るから見える「ドグラ・マグラ」完成までの推敲
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「ドグラ・マグラ」は10余年の歳月をかけた推敲によって完成、出版された、まさに大作である。その推敲の過程何年かの彼の姿を垣間見れるのがこの「夢野久作の日記」である。
ここでは「夢野久作の日記」から「ドグラ・マグラ」推敲に関係すると思われる記述のみを抜き出してみた。それによって難解極まる「ドグラ・マグラ」をわかり易く、またさらに面白く、親しみを持って読むことができるのではないかと思う。
この『夢野久作の日記』の中には、明治43年(1910)から大正元年(1912)の間に書かれた日記、大正13年(1924)から昭和5年(1930)の間に書かれた日記、そして昭和10年(1935)の日記が集録されている。

そして我々は昭和元年(1926)5月から昭和5年(1930)1月までの間に行われていた「ドグラ・マグラ」完成への推敲をみることができる。
●昭和元年(1926)5月23日 日曜 「狂人の原稿を書く、正午まで。」(P148) という記述から始まり、
●昭和5年(1930)1月11日 土曜「狂人の原稿をドグラマグラと改め、送り出す。」という記述の間には彼の「ドグラ・マグラ」完成への執念が、凄いものであったということを我々に感じさせる記述で溢れている。

-------------------------------------------------------------------------------- 
 

大正15年・昭和元年(1926)5月37歳

5月23日 日曜(P148)
狂人の原稿を書く、正午まで。
  狂人の原稿
以下頻出する「狂人の原稿」「狂人の解放治療」というものは「ドグラ・マグラ」の原題を意味し、「ドグラ・マグラ」完成前の草稿であると考えられる。

24日 月曜
午前中「狂人」を書く。

27日 木曜(P149)
狂人の内容あらかたきまる。

28日 金曜
狂人の原稿を書く。 

--------------------------------------------------------------------------------

 
昭和元年(1926)7月

7月10日 土曜(P154)
妻に、狂人の解放治療の話しきかす。
30日 金曜(P156)
徳蔵君来る。二人で狂人の解放治療の原稿読んでくれる。

--------------------------------------------------------------------------------

〔8月〕
8月21日 土曜(P159)
とうとう今日まで日記なまける。狂人の解放治療遂に書き上げる千百余枚。

27日 金曜(P160)
夜、狂人の解放治療の話をする。 

--------------------------------------------------------------------------------

※この年の5月8日、『あやかしの鼓』入選通知が届く。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和2年(1927)1月38歳

1月1日 土曜(P179)
余は終日引き篭もりて、狂人の解放治療の原稿を書く。
2日 日曜
終日、狂人の原稿をかく。

3日 月曜
狂人の解放治療中、脳髄は物を考える処に非ずという議論を書くに、六ケしき事限りなし。それを平易に短かく、面白く書くは容易の業に非ず。
早くも三日となりたり、胸トキメクを覚ゆ。

4日 火曜
けふより狂人解放治療の浄書を初めんと思ひたれども小みたしをかき止む。

5日 水曜
狂人の解放治療の第一篇を、自我忘失症より書き起して、全部を夢の姿にせむと思ひしが、
かくては吾が頭がとても堪え切れませじと思ひ、後のテーマにすることとして割愛す。

7日 金曜(P180)
狂人の解放治療、書き直し。

8日 土曜
狂人の解放、次序をかく。

10日 月曜
終日、狂人の解放治療を書く。

12日 水曜
狂人の解放治療、又、組み直し初む。これにて満十度目なり。

14日 金曜(P181)
狂人の原稿を書く。最初を往来の御方様といふ文句に決め、最後を大学の参考書といふことにする。
  最初を往来の御方様といふ文句
これは、「ドグラ・マグラ」に入れるつもりで書かれたが結局、外された草稿「はしがき」のことだと考えられる。以下「はしがき」抜粋、
お通りかかりの御方様。ありがたう御座います。
お顔もお名前も、まだ存じませぬが、有り難うございます。
此の奇妙なモノガタリを書いた十八冊のノートブックの包みを、お拾ひ下すつた貴方様の御親切に対して、とりあへず、かやうに満腔の感謝を捧ぐることをお許し下さいませ。
(以下続く・・ちくま文庫 「夢野久作全集9 解題 」より)

20日 木曜(P182)
狂人の原稿改良しては、又置きかゆれども工合わるし。すこしトリツクを濫用したる気味ありとおぼゆ。
しかれどもその焦点が何故に結ほれざるか判明せず。全体の結構が、余の頭に餘りたる故ならむと思ふ。

21日 金曜
狂人の原稿改造一段落つく。
脳に関する学説を小説にしつつあるうちに、どうやら真実に思はれ来れり。可笑しきものよ。

22日 土曜
狂人の原稿書き直し初む。

25日 火曜
狂人の原稿をかき、一時就寝。

28日 金曜
胎児の夢の論文のうち、夢の説明を書き直し、非常に疲れたり。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和2年(1927)2月

2月2日 水曜
終日狂人の原稿書く。
狂人の原稿、次から次へ破綻百出す。
3日 木曜
狂人の原稿、第五巻に入る。

8日 火曜
依然として狂人の原稿つつく。

10日 水曜
狂人の原稿書き終る。以後いよいよ校正。

11日 木曜
鶴原、清子、君子に狂人の話する。

12日 金曜
狂人の話、三人の娘にする。君子わかる。清子、つる原わからず。

15日 火曜
狂人の原稿、再校をはじむ。

17日 木曜
狂人の原稿第一回の校正終る。

19日 土曜
健ちやんに、脳髄は物を考える処に非ずという余の小説を説くに感心する。
  脳髄は物を考える処に非ずという余の小説
これは「ドグラ・マグラ」に出てくる「絶対探偵小説脳髄は物を考えるところに非ず=正木博士の学位論文内容」という『書簡』に書かれているものだと考えられる。

21日 月曜
狂人の原稿に飽き来る。 --------------------------------------------------------------------------------

昭和2年(1927)3月

3月5日 土曜
狂人の原稿第一回を読み了る。
16日 水曜
狂人の原稿を読む。

23日 水曜
狂人の原稿を書く。
--------------------------------------------------------------------------------

昭和2年(1927)4月

4月1日 金曜
狂人の原稿を直す。
17日 日曜
香椎にかへり、狂人の原稿整理。
--------------------------------------------------------------------------------

昭和2年(1927)5月

5月1日 金曜
川田氏より来書。狂人の原稿につき、批判来る。
--------------------------------------------------------------------------------

昭和2年(1927)8月

8月10日 水曜
狂人の原稿書きはしむ。
11日 木曜
終日、狂人の原稿書き。

12日 金曜
終日、狂人の草稿書き。今度は全然興味中心にする積り。

16日 火曜
狂人の原稿書き。

17日 水曜
終日、狂人の原稿書き。

18日 木曜
終日、狂人の原稿かき。

19日 金曜
終日、原稿かき。

21日 日曜
狂人の原稿一通り済む。

23日 火曜
狂人の冒頭かき。
 
27日 土曜
狂人の原稿書き。

28日 日曜
狂人の冒頭かき。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和2年(1927)9月

9月1日 木曜
狂人の原稿書き。
2日 金曜
狂人の原稿書き。

4日 日曜
夜、狂人の原稿書き。

5日 月曜
終日、雨ふる。狂人の原稿書き。

6日 火曜
終日、狂人原稿書き。
外道祭文キチガイ地獄
  外道祭文キチガイ地獄
これは「ドグラ・マグラ」に出てくる「キチガイ地獄外道祭文」のことだと考えられる。

7日 水曜
外道祭文をかく。

8日 木曜
外道祭文、かきおはる。

13日 火曜(P215)
午后、外道祭文、下書き。

14日 水曜
狂人地獄を書きあげる。

15日 木曜
狂人地獄おはり。先へ進む。

22日 木曜(P216)
終日、狂人の原稿を書く。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和2年(1927)10月

10月11日 火曜(P218)
終日、狂人の原稿を書く。
18日 火曜(P219)
狂人の原稿を書く。下書き終末に近し。

26日 水曜(P220)
狂人の原稿を書く。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和2年(1927)11月

11月16日 水曜(P223)
終日、狂人の原稿書き。
17日 木曜
終日、原稿書き。

28日 月曜(P225)
狂人原稿かき。

29日 火曜
終日、狂人の原稿かき。

30日 水曜
終日、狂人の原稿かく。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和2年(1927)12月

12月6日 火曜(P226)
本田さん両親死し、娘に養子したるあと、その娘死し、養子に嫁取りたるところ、その嫁妊娠したあとに、その婿けふ死す。
手を空にあげて、胎児のことを云ひつつ゛けて。
7日 水曜
狂人の原稿を書き、~

--------------------------------------------------------------------------------

昭和3年(1928)1月39歳

1月10日 火曜(P235)
終日、原稿書き(狂人)。
15日 日曜(P236)
文の迫真性は、筆者の空想の真実より来る。主観客観対象の一貫純一至上也。

31日 火曜(P239)
若林と対面 正木博士よりの大切な預かりもの その理由は、狂人の解放治療といふ創案(正木博士死亡後閉サ、その中の一番。)
祭文―正木博士の人物、博士の性格、正木卒業論文・・・・・・
  若林・正木博士
若林とは「ドグラ・マグラ」出てくる登場人物「若林鏡太郎」のことだと考えられる。
正木博士とは「ドグラ・マグラ」出てくる登場人物「正木敬之」のことだと考えられる。
--------------------------------------------------------------------------------

昭和3年(1928)2月 

2月20日 月曜(P242)
「狂人」のてん作。
21日 火曜
狂人の原稿書き。

22日 水曜
狂人の原稿書き。

27日 月曜
香椎にかえり「狂人」の原稿をかき。

28日 火曜
終日、狂人の原稿書き。

29日 水曜
「狂人」の原稿書き。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和3年(1928)3月 

3月4日 日曜(P244)
「狂人」の原稿書き。
5日 月曜
狂人の草稿書き。

12日 月曜(P246)
狂人の原稿書き。

20日 火曜(P247)
夜、狂人の原稿書き。

22日 木曜
原稿下書き一段落すむ。次は読み直し、筆入れ、清書也。

27日 火曜(P248)
狂人の原稿一段落。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和3年(1928)5月

5月10日 木曜(P253)
狂人関係の下書き、クラに読ませる。
15日 火曜(P254)
狂人の原稿、清書し初む。

16日 水曜
狂人の原稿冒頭、書き直し。

17日 木曜
狂人の清書冒頭書き直し。

22日 火曜(P255)
狂人の原稿の初めに、夫婦の会話を入れる。

23日 水曜(P256)
終日、狂人の原稿書き。

28日 月曜(P257)
●心臓が切り出されたまま動いてゐる
 さも得意気にたつた一人で
●真夜中に心臓が一寸休止するその時に
 わるい夢を見るのだ

30日 水曜
朝より、狂人の原稿をかく。

31日 木曜
~とうとう眼をさまし、狂人の原稿を書く。今朝来、アタマ茫然。午睡しては原稿を書き、疲れては又寝ころがり、とうとう夜になる。
眼冴え、頭疲れて正座に堪えず。三六、いつまでも睡らぬが気になる。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和3年(1928)6 月

6月4日 月曜(P258)
終日、原稿書き。
●水の底で胎児は生きてゐる
   母は魚に食はれてゐるのに
●わが首を斬る刃に見えて
  生血が垂れる檻房の窓
5日 火曜
余、狂人の原稿書き。

7日 木曜
終日、狂人の原稿書き。一日がかりで三十五枚。我ながら遅筆に驚く。
●頭の中でピチンと硝子が割れた音イヒ・・・・・・と俺が笑ふ声。

22日 金曜
●いつの世の名残りの夢をみるやらん
  ほのかにえみてねむるおさなご
26日 火曜
狂人の原稿かき。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和3年(1928)7 月

7月9日 月曜(P263)
東京に精神文化研究所立つと、個人の思い立ち也。喜ばし。然れども其研究方針を見るに漫然たるものあり。唯来るべき新時代の魁となるできを頼み、思ふのみ。
吾思ふ。現代文化が要求せる最新鋭なるものは旧精神文化の破綻これなり。新物質文明の確立也。
その槍玉に上がるもの曰く、宗教(阿片也とて)義理、忠孝道。即ち父子主従道、男女貞操等。
尚ぶのは純真なる精神発露(彼等は之を本能、感性、其他の欲と誤解し邪道と雖も之を偏執すれば尊重す)也。
而して時々刻々猫眼的に変化する心理を時々刻々にそのまま尊重する一種の刹那主義者と化し又は新奇を求むるために悪魔主義、耽美思想等を流行さす。
而して疲れたる結果、無意義芸術、呑気主義となり、プチブルジョアジー的思想に了る。
18日 水曜(P264)
ゐなかのじけん、狂人、書き。

30日 月曜(P266)
狂人の原稿書き。

31日 火曜
狂人の原稿の順序―脳髄論、心理遺伝、事実、本人大うつし、以下・・・・・?

--------------------------------------------------------------------------------

昭和3年(1928)8月

8月6日 月曜(P267)
終日、狂人の原稿書き。脳髄論を巻頭にまはす。
  脳髄論
これは「ドグラ・マグラ」において出てくる正木博士の論文『脳髄論』のことではないかと考えられる。

7日 火曜
「若林博士の怪所業」終る。
  「若林博士の怪所業」
これは「ドグラ・マグラ」において登場人物若林鏡太郎が犯した死亡者存在の隠匿破棄の罪のことに関係する文章を書いたのだろう考えられる。(角川文庫版・上・P309~参照あれ)

14日 火曜
余、終日家に在りて、原稿書き。
(呉一郎、中学卒業に非ず)

16日 木曜(P268)
終日、狂人の原稿書き。

17日 金曜
終日、原稿書き。四枚しか進まず、焦燥す
儒仏耶一途、心理遺伝の原則にて一貫す。

20日 月曜
原稿―治療場の幻覚まで進む。
  治療場の幻覚
これは「ドグラ・マグラ」において物語人物「私」が解放治療場の中に「私」と姿形が似ている「呉一郎」をみる場面に関係する文章を書いたのではないかと考えられる。(角川文庫版・下・P166~参照あれ)

23日 木曜
終日、原稿かき。

24日 金曜
昨日に同じ、夢中。―絵巻物披見の処。
  絵巻物披見
これは「ドグラ・マグラ」において物語人物「私」が呉青秀描いた絵巻物をみる場面に関係する文章を書いたのではないかと考えられる。(角川文庫版・下・P221~参照あれ)

26日 日曜
原稿書き。

27日 月曜
原稿書き、終日。

29日 水曜
終日、原稿をかく。神経冴え、皮膚青く、頭に鉢巻せしあと除きても、まだあるが如し。
ガタンと云いても電気が停電して、黙つても全身の皮膚ピシリとする。

30日 木曜
終日、原稿書き。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和3年(1928)9月

9月3日 月曜(P270)
終日、原稿書き。
(呉一郎の屍体飜弄と、自己の真教幻覚及自己の屍体幻視の項書き添へる。)
10日 月曜(P271)
狂人の原稿訂正中眩暈来る。書き改め断念す。

--------------------------------------------------------------------------------

 
昭和3年(1928)10月

10月14日 日曜(P276)
終日、原稿書き。
14日 日曜(P276)
終日、原稿書き。 --------------------------------------------------------------------------------

昭和3年(1928)11月

11月6日 日曜(P280)
狂人の原稿にかかる。
13日 火曜(P281)
狂人の原稿書き。

18日 日曜(P282)
終日、原稿書き。

20日 火曜
終日、狂人の原稿書き直し。清書だけにて、すでに五回目也。
吾れながらおぞまし。

27日 火曜(P283)
終日、原稿書き。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和3年(1928)12月

12月2日 日曜(P284)
~狂人の原稿の一部を見て貰ひ~
10日 月曜(P285)
終日、原稿書き。

11日 火曜
午前中より午后へかけて、狂人の原稿書き。

31日 月曜(P288)
今年の思い出。
 押絵の奇蹟
 参緑の死損ひ
 実母の死
 実の来福
 狂人稿の未完 --------------------------------------------------------------------------------

昭和4年(1929)1月 40歳

1月4日 金曜(P291)
終日、原稿書き。
30日 水曜(P295)
原稿書き。 --------------------------------------------------------------------------------

昭和4年(1929)2月

2月4日 月曜(P296)
午前、狂人原稿。
--------------------------------------------------------------------------------

昭和4年(1929)5月

5月2日 木曜(P306)
狂人原稿書き。
29日 水曜(P309)
「狂人」浄書。

30日 木曜
狂人浄書。

31日 金曜
「狂人」浄書。
--------------------------------------------------------------------------------

昭和4年(1929)6月

6月4日 火曜(P310)
「狂人」の原稿をかく。
◎7日 金曜
「狂人」の原稿書き。

◎19日 水曜
終日、晴れ。原稿書き。(狂人)

◎20日 木曜
狂人の原稿清書大いに進む。 --------------------------------------------------------------------------------

昭和4年(1929)7月

7月24日 水曜(P315)
狂人の原稿書き。
25日 木曜
狂人の原稿書き。 --------------------------------------------------------------------------------

昭和4年(1929)8月

8月1日 木曜(P316)
狂人の原稿書き。
2日 金曜
終日、狂人の原稿書き。
胎児の夢の書直し近づく、

5日 月曜
胎児の夢かき直し。

8日 木曜
胎児の夢、出来上る。

12日 月曜
狂人の原稿書き。

16日 金曜
終日、原稿書き。

◎20日 火曜
狂人の原稿、浄書。 --------------------------------------------------------------------------------

昭和4年(1929)9月

9月3日 火曜(P320)
狂人の原稿書き。
4日 水曜
狂人の原稿。

6日 金曜
狂人の原稿書き。

9日 月曜
狂人原稿かき。

10日 火曜
狂人の原稿訂正。

11日 水曜
狂人の原稿筆入れ。

12日 木曜 (P321)
狂人原稿手入。

13日 金曜
狂人原稿、片付く。

20日 金曜
狂人原稿終り、油紙に包む。 --------------------------------------------------------------------------------

昭和4年(1929)10月

10月2日 水曜(P323)
浪越に狂人原稿持ち行き、柴藤に立寄りかへる。
--------------------------------------------------------------------------------

昭和4年(1929)12月

12月13日 金曜(P329)
脳髄論の下書きをかく。
17日 火曜(P330)
「脳髄論」書き直し。

18日 水曜
「脳髄論」書き直し。

22日 日曜
脳髄論書き。

23日 月曜
昨同断。

25日 水曜
仏像召取を批判し、脳髄論きかす。

27日 金曜 (P331)
脳髄論書き。

31日 火曜
水谷氏より手紙。狂人原稿につき。
玉丸氏より「狂人」原稿受取。 --------------------------------------------------------------------------------

昭和5年(1930)1月 41歳

1月1日 水曜(P335)
狂人原稿急ぐ。
4日 土曜
狂人の原稿手入レ。

5日 日曜
「脳髄論」書き終る。

6日 月曜
狂人稿一千枚、全部校正終る。

9日 木曜(P336)
狂人原稿、ペヂ付け、ヤリ切れず佐藤君に頼む。

11日 土曜
狂人の原稿をドグラマグラと改め、送り出す。

--------------------------------------------------------------------------------

※ここにおいて、全部の原稿校正を終わらせ、出版社へ「ドグラマグラ」原稿1000枚を送る、という記述がみられる。が、しかし「ドグラ・マグラ」の原稿は1500枚であるはずである。あと500枚足りない。「ドグラ・マグラ」原稿1000枚を出版社に送った時点が昭和5年(1930)、そして「ドグラ・マグラ」という本が出版された時点が昭和10年(1935)であることから、その5年の間に、書き足し削除といった推敲の繰り返しによって残りの500枚を創り出したのであろう。 
 
それにしてもモノスゴイ持続力である。
作者自ら<これを書くための生きてきた>と語っているが、そのとうりなのだろう。

« 巻頭歌 | トップページ | 幻魔怪奇探偵小説 『ドグラ・マグラ』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。