« 白髪小僧 12 | トップページ | 白髪小僧 10 »

2008年5月29日 (木)

白髪小僧 11

     十一 金銀の舟

 香潮(かしお)は浅ましい姿になって、不思議に生命(いのち)を長らえまして、一度は人々の前に姿を見せましたが、憐れや化物と間違えられて、そのまま又、湖の波の間に沈んでしまいました。美留藻(みるも)も最初から湖に沈んだまま姿を見せませぬ。とうとう二人共死んだ事に定(き)まりましたから、人々は泣く泣く船を陸(おか)の方へ漕ぎ返しました。二人の形見の鏡を載せて、漕いで行く二人の両親の心地(こころもち)はどんなでしたろう。又彼(か)の鏡を車に載せて、都へ送る両方の村人の思いはどんなでしたろう。やがて藍丸の都の王様の御殿へ着いて、御殿の大広間で皆が王様にお目通りを許されて、この鏡を取った前後(あとさき)のお話しを申し上げた時、この珍らしい鏡というものを拝見に来ていた、沢山の貴(たっと)い人々の内で、泣かぬ者は一人もありませんでした。そうして両方の村の人達には、王様から沢山の御褒美を下さるし、又香潮と美留藻の両親(ふたおや)には、約束通り金の船と銀の舟を一艘宛(ずつ)賜わってお帰しになりましたが、二人の親達はもしも今二人が無事に生きていて、この金銀の船を見たならば、どんなにか嬉しかろうと云って歎きました。
 藍丸王はこのお目見得が済むと、直ぐに紅木大臣を呼んで二つの事を申し付けました。一ツはこの鏡を自分の居間の壁に掛けて、まわりに美事な飾りを付ける事。それからも一ツは国中に布告(ふれ)を出して、「今度藍丸王様がお妃を御迎え遊ばすに就(つい)ては、国中で一番の美しい利口な女を御撰みになる事になった。だから今から一週間の内に、東西南北の四ツの国の中(うち)で一番の美しい賢い娘を一人宛(ずつ)撰(よ)り抜いて御殿まで差し出せ。一週間目の朝、藍丸王様が御自身で御撰みになるから」という事を知らせろとの事でした。
 第一の命令は、この都で第一の名高い飾職(かざりや)と宝石商人(あきんど)とが、大勢の弟子を連れて御殿へ参りまして、その日の内に仕上げてしまいました。それから第二の御布告(おふれ)は銅(あかがね)の板に書きまして、馬乗(うまのり)の上手な四人の兵士に渡して、四方の国々の王宮へ即座に出発させました。
 藍丸王は鏡の取り付けが出来上るのを待ちかねて、直ぐに只一人、自分の室(へや)に這入って、入り口の扉の内側からピタリと掛け金をかけました。それから四方の窓をすっかりと締め切って真暗にしてしまいますと、今まで室(へや)の隅の留り木に凝然(じっ)として留っていた赤鸚鵡は、忽ち真赤な光りを放って飛んで来て、王の頭の上に停まりました。そうしてその眼の光りで水底(みずそこ)の鏡の表面(おもて)を照しますと、鏡の表面(おもて)は見る見る緑色に曇って来まして、間もなくその中から美紅(みべに)姫の姿が朦朧(ぼんやり)と現われましたが、見ると今美紅姫は自分の室(へや)に閉じ籠もって、机の上に頬杖を突いて窓の外を見ながら何か恍惚(うっとり)と考えているところでした。この時赤鸚鵡は一声高く叫びました――
「王様。王様。御覧遊ばせ。
 美紅の姿。美紅の姿。
 紅木の娘。美紅の姿」
 王はこれを聞くと莞爾(にっこ)と笑いまして――
「ハハア。これが美紅姫か。成る程、これは美しい利口そうな娘だ」
 と申しましたが、その中(うち)に鏡の中の美紅姫がこの方(ほう)を向いて、王の顔をじっと見たと思うと、美紅の室(へや)も机も着ている着物も消え失せてしまって、あとに残った美紅の姿はそっくりそのまま、海の中の藻の林で、美留藻が鏡を覗いているところになりました。この時赤鸚鵡は又も一声高く叫びました――
「王様。王様。御覧遊ばせ。
 美留藻の姿。美留藻の姿。
 藻取の娘。美留藻の姿」
 美留藻は鏡の中から王の姿を見て莞爾(にっこり)と笑いましたが、王もこれを見て莞爾(にっこり)と笑いまして――
「オオ。これが美留藻の姿か。成る程。美紅姫と少しも違わぬわ。してこの美留藻の許嫁となっていた、香潮というのはどんな男であろう」
 と身を乗り出しました。すると間もなく美留藻の姿は鏡の表から消え失せまして、今度は醜い、怖(おそ)ろしい、骸骨のような化物の姿が現われました。そこは丁度鏡を取り上げた船の上の景色で、荒れ狂う波の上には、月の光りが物凄く輝いて、化物の姿を照しておりました。
「何だ。これが美留藻の許嫁の香潮という奴か。何という恐ろしい姿であろう。此奴(こいつ)が今に美留藻が俺の后(きさき)になった事を知ったならば、嘸(さぞ)俺を怨む事であろう。成程、これは面白い。赤鸚鵡赤鸚鵡、何卒(どうぞ)して此奴(こいつ)が死なないように考えて話してくれ。そうして俺に刃向って、大騒動を起すようにしてくれ。こんな珍らしい化物を無残無残(むざむざ)と殺しては、面白い話しの種が無くなる。相手に取って不足のない化物だ」
 と叫びました。すると赤鸚鵡は静かに答えました――
「はい、畏(かしこ)まりました。もとより御言葉が無くとも香潮の身の上は今に屹度(きっと)そうなって参ります」
 この言葉の終るか終らぬに又鏡の中の様子が変って、今度は広い往来が見え初めました。その往来の左右はどこかの青物市場と見えまして、大勢の人々が、新らしい野菜や果物を、忙しそうに売ったり、買ったり、運んだりしています。そこへどう迷ったものか、白髪小僧が遣って来ましたが、見るとこの間の通り顔は焼け爛(ただ)れて、眼も鼻もわからず、身には汚い衣服(きもの)を着て、鈴や月琴を一纏めにして首にかけ、左手には孔(あな)の無い笛を持ち、右手には字の書いてない書物を持っておりました。その姿が珍らしいので、あとから大勢の小供が従(つ)いて来て、石や泥を雨のように投げ附けていますが、白髪小僧は痛くも何ともない様子で、平生(いつも)のようにニコニコ笑いながら、ぼんやり突立って逃げようともせぬ様子です。するとそこへ又一人、手足から顔まで襤褄(ぼろ)で包んだ男が出て来まして、白髪小僧の様子を見て気の毒に思いましたものか、小供を四方に追い散らして白髪小僧の傍へ寄って、手を引いてどこかへ連れて行こうとする様子でしたが、その時どうした途端(はずみ)か顔を包んでいた布(きれ)が取れると、これが彼(か)の半腐れの香潮で、集まっている者は皆その顔付の恐ろしさに、大人も小供も肝を潰して、散り散りに逃げ失せてしまいました。
 その間に香潮と白髪小僧が急いでここを立ち去りますと、その後暫くの間は誰一人ここへ出て来るものはありませんでした。
 すると不思議にも直ぐに眼の前に並べてある昆布(こんぶ)の籠(かご)の内の一ツが、独(ひと)り手(で)にむくむくと動き出して、やがて横に引っくり返りますと、その中から海に飛び込んで行衛(ゆくえ)知れずになっていた美留藻が、首だけ出しましてじっと周囲(まわり)の様子を見まわしました。見るとそこ等には誰も居(い)ませんで、直ぐ前の横路地に、香潮の姿を見て逃げ出して行った果物屋の婆さんが、逃げかけに打っ棄(ちゃ)って行った灰色の大きなマントと、黒い覆面の付いた茶色の頭巾と、毛皮の手袋と木靴とがありましたから、それを盗んで手早く身に着けて、すっかりお婆さんに化けてしまいました。それから又あたりを見まわして、まだ誰も来ない事がわかりますと、今度は傍にあった果物の籠を抱えて、その中にいろいろの果物を拾い込んで外套の下に隠して、傍に在る金箱(かねばこ)に手をかけようとしました。その時にどうしたものか鏡の表が急に暗くなって、何も見えなくなったと思うと、今まで身動きもせずに王の頭の上に留っていた赤鸚鵡が、何に驚いたか急にバタバタと飛び降り、机の下に隠れてしまいました。

« 白髪小僧 12 | トップページ | 白髪小僧 10 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。