« 白髪小僧 20 | トップページ | 白髪小僧 18 »

2008年5月26日 (月)

白髪小僧 19

白髪小僧

   第三篇 宝蛇

     十九 黄薔薇の籠

 濃紅(こべに)姫は昨夜(ゆうべ)夜通し、少しも眠る事が出来ませんでした。この頃自分のまわりに起ったいろいろの不思議な事や、恐ろしい事を考えながら、夜を明かしましたが、併(しか)しずっと奥の部屋に寝ていたのですから、その夜の中(うち)にどんな事が兄様や妹の身の上に起こったかという事は、まるで知りませんでした。そうしていよいよ夜が明けますと、お附の者に扶(たす)けられて湯に這入って、すっかり身体(からだ)を浄(きよ)めてお化粧をしました。先ず髪毛(かみのけ)には香雲木という木に咲いた花の油を注ぎ、白百合の露で顔を洗いました。身には袖の広い裾の長い白絹の着物を着て、上に黒狐の皮の外套を重ね、頭に碼瑙(メノウ)の冠を戴いて、手に黄薔薇の籠を持ちました。そうして足に鹿の鞣皮(なめしがわ)の細い靴を穿(は)いて、いよいよ支度が出来上りまして、これから食堂で皆とお別れの食事を喰べて、それからお伴の女中と一所に馬車に乗って、宮中に行くばかりとなりました。
 するとこの時不意に化粧部屋の扉を開いて中に駈け込んで、驚く間もなく濃紅姫を抱き締めて――
「お前はどこにも遣(や)らない。どこにも遣らない。死ぬまでこうやって抱いている」
 と叫んだ人がありました。それは濃紅姫のお母様でした。
 お母様は今朝(けさ)二人の小供が、世にも恐ろしい不思議な死に方をしたのを眼の前に見て、狂気のようになってしまったのでした。そうしてたった一人あとに残った濃紅姫を、どこにも遣るまいと思って、こうして抱き締めたので御座います。けれども濃紅姫はそんな事は知りませんから吃驚(びっくり)しまして――
「アレ。お母様、どう遊ばしたので御座います」
 と叫ぼうとしましたが、この時遅く彼(か)の時早く、直ぐにあとから今度はお父様が駈け込んでお出でになりました。そうしてものをも云わずお母様から濃紅姫を無理に引き取って、その手をぐんぐん引きながら表へ出まして、用意の出来ている白馬三頭立ての花で飾った馬車へ乗せると、直ぐに馭者(ぎょしゃ)に向って――
「さ。一時も早く王宮へ行け。濃紅。驚く事はない。訳はあとでわかる。それより早く王宮へ行け。お前は紅木公爵の娘だ。決して意久地のない顔をするな。悲しい顔をするな」
 と叫びました。
 馭者は心得て鞭を挙げて敬礼をしながら、手綱(たづな)を取ってしゃくりますと、馬車は忽ち王宮の方へと走り出しました。
 その時狂気のようになったお母様が駈け付けまして――
「あれ、濃紅姫。行ってはいけない」
 と追い縋(すが)ろうとしました。馬車の窓からも濃紅姫が顔を出して――
「お父様。お母様」
 と叫びましたが、お母様の方を紅木大臣が抱き留(と)める……濃紅姫の方は三匹の白馬に引かれて見る見るうちに遠く遠く小さくなって、間もなく馬車のあとから湧き上る砂煙のために隠されてしまいました。
 紅木大臣はいつの間にか気絶している公爵夫人をあとから駈け付けた女中に介抱させて、夫人の室(へや)に連れて行かせましたが、自身は只一人紅矢(べにや)の室(へや)に這入って行きました。そこには青眼先生が鉄になった紅矢の死骸と氷になった美紅(みべに)姫の死骸とを二つ並べてじっと睨み詰めたまま、枯れ木のように突立っていました。
 紅木大臣は静(しずか)にその傍に歩み寄って、じっと二つの浅ましい死骸の姿を見ておりましたが、やがて今まで堪(こら)えに堪えていた涙が一時(いっとき)に眼に溢(あふ)れて、両方の頬を流れては落ち、流れては落ちました――
「紅矢、美紅……お前達はどうしてそんな姿になったのだ。どんな罪を犯してそんな罰(ばち)を受けたのだ。お父様は今朝(けさ)濃紅姫が家を出る時、たった一目お前等二人に会わせてやりたかった。けれどももし濃紅姫がお前達の姿を見たらば、どんなにか驚くであろうと思って、無理矢理に我慢をした。けれどもこの胸は張り裂けるようであったぞ。許してくれ、濃紅姫。噫(ああ)、妻よ。お前も辛かったであろう。お前の云うのは尤(もっと)もだ。紅矢は鉄になった。美紅は氷になった。残るは濃紅只一人。どこへも遣りたくないのは尤もだ。遣りたくない遣りたくない。けれども遣らねばならぬ。遣るならば両親(ふたおや)が附き添うて、腰元に供(とも)させて、華やかに喜び勇んで遣りたかった。けれどもそれも出来なかった。身内の者が死ねば、その血筋の者はその日一日(いちじつ)と一夜(ひとよ)の間、宮中へ出られないのがこの国の掟だ。だから紅矢や美紅はまだ生きている事にして、お前を宮中に出そうと思ったが、そのために又却(かえ)って驚かして、悲しまして、涙と一所に送り出した。
 噫(ああ)、兄は鉄になった。妹は氷になった。あとに残ったたった一人は、花で飾った馬車に乗って女王になるために泣きながら王宮に行った。女王になるのが何の嬉しかろう。王宮が何で楽しかろう。ああ。ああ。俺は気違いになりそうだ」
 その声は次第に高まってしどろもどろに乱れて来ました。とうとう立っていられなくなって、両手を顔に当てたまま床の上に泣き倒れましたが、間もなくよろよろと立ち上って、
「石神に祈ろう。石神に祈ろう。濃紅姫の無事を祈ろう」
 と云いながら室(へや)をよろめき出て行きました。
 あとに残った青眼先生は、矢張り二ツの死骸を見つめたまま立っていました。けれども紅木大臣がこの室(へや)を出ると間もなく、有り合う椅子にドッカと腰を下して、腕を組み眼を閉じてじっと考え込みました。そうしてさも悲しそうに独り言を云いました。――
「噫。やっとわかった。悪魔の逃げ途(みち)がやっとわかった。悪魔はあの銀杏の樹から逃げ出したのだ。この間の夢は正夢であった。美紅姫はたしかにあの夢を見たに違いない。そして王様も御覧になったに違いない。
 そうだ。王様は美紅姫と一所に悪魔に魅入られておいでになるのだ。否(いや)。事に依るとあとの四つの悪魔が……王様の御姿を盗んで……」
 青眼先生はここまで云って来ますと、忽ちブルブルと身ぶるいをして屹(きっ)と王宮の方を眺めました。その顔は見る見る青褪(あおざ)めて、眉を釣り上げ唇を噛み締めました。
 けれどもやがて何かに心付いた事でもあるのか、ホッと深いため息を吐(つ)いて、頭(かしら)を低(た)れて両方の拳を固く握り締めて申しました――
「そうだ。自分はどうしても王様の正体を探り出さねばおかぬ。恐れ多い事ながら、もし今の藍丸王様が本当の藍丸王様でなかったならば……自分は是非本当の藍丸王様を探し出して、それを守(も)り立て、今の藍丸王様を退けねばならぬ。悪魔を退治てしまわなければならぬ。美紅姫のようにしてしまわずにはおかぬ。それにしても宝蛇……この家を咀(のろ)った宝蛇はどこへ行ったであろう。差し当り先ずこれから探り出さねばなるまい。
 気の毒なのはこの家(うち)の人々だ。家(うち)中すっかり美紅姫に魅入った悪魔のために咀われてしまった。そして私はそれを助ける事が出来なかった。私の力が及ばぬとはいいながら二人までも死人を出してしまった。この家の人々は嘸(さぞ)私を怨んでおいでになるであろう。嘸(さぞ)頼み甲斐の無い奴と思っておいでになるであろう。
 けれども仕方がない。その申訳をすればこの国の秘密をすっかり話して終わなければならないのだから。噫、この秘密……誰にも話す事の出来ないこの秘密。焼いて灰にしてあの銅の壺に入れた秘密。そしてそれを番するという、世にも六(むず)ケしい私の秘密の役目。国中の人間を皆殺しても、守らねばならぬ秘密の役目。何という不思議な六ケしい役目であろう。噫、私は何故(なぜ)青い眼に生れたろう。青い髪毛(かみのけ)と青い髯を持った男に生れたろう。最早他に青い毛を生(は)やした青い眼玉の男は一人も居ないかしらん。居たら直(す)ぐに、私はこの大切な秘密の役目を譲ってしまいたい。
 そうして私は毒でも飲んで死んでしまいたい。
 噫。藍丸の国の秘密は灰になった。美紅姫の心の秘密は氷になった。紅矢の拳固の秘密は鉄になった。私の役目の秘密は何になるであろうか。石か。木か。水か。土か。何でもよい。早く青い眼、青い髪の男に出会って、この秘密を譲って、この恐ろしい役目を忘れたい」
 青眼先生の独り言の中(うち)には次第に不思議な言葉が、いくつもいくつも出て来ました。けれどもここまで云って来ました時、青眼先生は唇を閉じてじっと窓の外の遠い処を見ました。そこには絵のように美しい藍丸王の宮殿が見えて、そこから又もや最前よりもずっと賑(にぎ)やかな音楽の響が聞こえて来ました。これはいよいよお目見得の式がはじまるという前兆(まえし)らせでした。

« 白髪小僧 20 | トップページ | 白髪小僧 18 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。