« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

右脳で観る映画『崖の上のポニョ』

映画『崖の上のポニョ』は4年ぶりに宮崎駿監督が手掛けた心温まるファンタジー。アンデルセン原作の童話「人魚姫」を基に、人間になりたいと願うさかなの子と5歳の男の子の友情と冒険を生き生きと描く。CG映像全盛の今だからこそ、あくまで手描きアニメーションにこだわった驚異の映像は必見。(2008年7月公開)

ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子
青い海からやってきた
ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ
まんまるおなかの女の子

ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 崖の上にやってきた
ポーニョ ポーニョ ポニョ 女の子 まんまるおなかの元気な子

映画『崖の上のポニョ』の視聴
http://dramato.blog98.fc2.com/blog-entry-5145.html

【声の出演】山口智子、長嶋一茂、天海祐希、所ジョージ、他
【監督】宮崎駿

NHK放送のドキメンタリーyouku版
宫崎骏2008新作《悬崖上的金鱼公主》制作过程 (プロフェッショナル「宮崎駿」(2007年3月27日放送)
http://v.youku.com/v_show/id_XMjk3MDI2NDA=.html

海を舞台にした作品は、宮崎監督がいつか描きたいと長年夢見てきた。
「波を描くのが大変」という理由で、今まで踏み切れずにいた。それが実現することになり、準備として2005年の春に2ヶ月間滞在した瀬戸内海・福山市鞆の浦の海に隣した知人の家に、2006年夏、単身でこもった。本作の構想もこの時に練り、自身を極限に追いつめる鬼気迫った姿がNHKで放送された。

2008年7月29日 (火)

ベネチア映画祭、宮崎・押井・北野監督の最新作出品へ

日本映画3本が最高賞狙う ベネチア映画祭  

八月二十七日からイタリアで開催される第六十五回ベネチア国際映画祭の事務局は二十九日、最高賞「金獅子賞」などの対象となるコンペティション部門の出品作に、北野武きたの・たけし監督の「アキレスと亀」と宮崎駿みやざき・はやお監督「崖の上のポニョ」、押井守おしい・まもる監督「スカイ・クロラ」を含む計二十一本を選んだと発表した。 

世界三大映画祭の一つとされる同映画祭のコンペ部門に、日本作品が同時に三本出品されるのは異例。過去に最高賞を受賞した北野監督の新作や、世界的に評価が高い宮崎、押井両監督のアニメの参加で、日本映画にあらためて注目が集まりそうだ。  ほかにオダギリジョーさん主演の日本、中国などの合作「PLASTIC CITY」や江戸川乱歩えどがわ・らんぽの小説「陰獣」を原作にしたフランス映画も出品される。 主要各賞は映画祭最終日の九月六日に発表される。  

「アキレスと亀」は売れない画家と、唯一の理解者である妻の物語で、北野監督自身が主演した。「崖の上のポニョ」は、五歳の少年に助けられた魚の女の子が人間になろうと願うストーリー。「スカイ・クロラ」は、思春期に成長を止めた人々が戦火の中で生きる姿を描いた。 北野監督は一九九七年の同映画祭で「HANA―BI」が金獅子賞を受けている。 【ローマ29日共同通信】

-------------------------------------------------------------------------

ベネチア映画祭、宮崎・押井・北野監督の最新作出品へ 

イタリア・ベネチアで8月27日に開幕する第65回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に、世界的に評価の高い宮崎駿(67)、押井守(56)、北野武(61)3監督の最新作が出品されることが29日、明らかになった。 日本から3作品が出品されるのは極めて異例。宮崎、押井両監督のアニメーション作品が同時に選ばれたのも注目を集めそうだ。  

宮崎監督は公開中の「崖の上のポニョ」、押井監督は8月2日公開の「スカイ・クロラ」、北野監督は自身が主演する「アキレスと亀」(9月公開)を出品する。 宮崎監督は「千と千尋の神隠し」でベルリン国際映画祭最高賞の金熊賞などを受賞。ベネチアでは栄誉金獅子賞を得ている。北野監督は「HANA―BI」でベネチア最高賞の金獅子賞、「座頭市」で銀獅子賞を受賞。押井監督は「イノセンス」で日本のアニメ映画では初めてカンヌのコンペ部門への出品を果たしている。  

宮崎監督は「(コンペ会場の)リド島はすてきな場所。またあの道を歩けるかと思うとうれしい」。押井監督は「カンヌに続いてベネチアに招かれたのは望外の喜び」、北野監督は「ヨーロッパでの反応が楽しみ」とそれぞれ語っている。同コンペ部門には21作品が出品される。 (2008年7月29日20時31分 読売新聞) --------------------------------------------------------------------------------

2008年7月27日 (日)

「美しいこと」、あるいは「美しさ」

美(び)とは、「美しいこと」、あるいは「美しさ」であり、自然の事物等に対する感覚的に素朴な印象から、芸術作品に対して抱く感動の感情、あるいは人間の行為の倫理的価値に対する評価にいたるまで、さまざまな意味と解釈の位相を持っている。

美は一般に、「良いこと」従って、哲学的な表現では、「善」と何かにおいて関係するものだと言える。

Gioconda Thebirthofvenus
 薔薇(Rosa sp.)
 ジョコンダの微笑言語表現について述べれば、例えば、見事に開いた薔薇の花を「美しい」と人は表現し、あるいはレオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ(ジョコンダの微笑)』を美しいとも評する。古代エジプトの女王であったクレオパトラ7世は「美女」として著名であり、数学者は、抽象数学であるリー群やイデアル理論に出てくる定理を美しいと述べる。モーツァルトやフォーレの音楽は、繊細な美しさを持つと言われ、ヘルマン・ヘッセは、作品に『青春は美し』という題をつけた。また、日本語では、「姿ではなく、美しい心の持ち主」というような表現もする。これらの言葉の使われ方から窺えることは、「美しいこと・美」とは、何か良いこと・快いことであるが、またそれは「優れたこと」であり、また「感動」を人に与える何かであるということである。

La_maja_desnuda
[美の具体的種類]
美を一意に定義することは困難であり、その定義づけが美学という一つの学問として成立するほどである。美の種類、もしくはカテゴリーとして次のようなものがある。

自然美 - 自然の手付かずの美、自然による造形(グランドキャニオンなど)
造形美 - 建築構造物の美(宮殿、大聖堂、ピラミッド)
芸術的な美 - モナリザ、ダヴィデの像、印象派の絵画
機能美 - ハンドクラフト、織部の焼き物、パイプ、ガラス器

[美のイメージ]
ひとにとって美は、概念的に思考することのできるものであるだけでなく、同時にイメージとしても思い描かれ、それと重ね合わせて想像することもまたできるものである。

映画:マリリン・モンロー,ブリジット・バルドー
ダンス:イサドラ・ダンカン
絵画:ビーナスの誕生,モナリザ,裸体のマハ

--------------------------------------------------------------------------

[哲学における美]
美とは、価値観念、価値認識の一つである。人類において普遍的に存在する観念であり表象であるが、一方では、文化や個人の主観枠を越えて、超越的に概念措定しようとするとき、明確に規定困難であり、それ故、美には普遍的な定義はない、とも形容される。しかし、他方では、美は感性的対象把握において、超越論的に人間精神に刻印された普遍概念であるとも解釈できる面を持っており、美の定義は発散するが、美の現象・経験は世界に遍在してあるという存在事態が成立する。

ここでは、主として古代ギリシア・ローマ及び西欧哲学の伝統における「美」の本質探求の試みと、認識的概念としての美についての考察の諸位相を素描する。

[美という言葉の多様性]
哲学における「美」の概念と、それがいかなるものであるかの議論は、その前提として、本記事の冒頭で述べた通り、「美しい」とは何を意味しているのか、「美」という言葉が持つ「意味範囲」のある程度の明確な把握を前提とする。

例えば、古典ギリシア語における「美(kalon)」という言葉は、通常の国語としての日本語で使う「美」の意味とは異なる意味範囲を持っているのであり、同様に、ラテン語の「美・美しいこと(pulchrum)」もまた、古典ギリシア語の「カロン(美)」とは、また違う意味範囲を持っている。異なる言語のあいだで、まったく同じ意味内包を持つ言葉はそもそも存在しないのであり、たとえばプラトンが「美」について何かを論じている場合、それは古典ギリシア語の「カロン」について語っているのだという事実は重要である。

「美」に関連した概念として、「徳」という価値概念が、プラトンによって論じられているが、「徳」に当たる古代ギリシア語「アレテー」は、日本語の「徳」にはない特殊な意味があり、それは英語の virtue にもまたないものである。しかし、ラテン語virtus は、ギリシア語「アレテー」の含意とほぼ重なる意味範囲を備えている。

このように、言語において同じ意味内包の言葉はないのだという自覚なしに、異なる言語での「美」に相当する言葉について論じられた思索や議論に言及することは、そこに危うさが伴っている。

Mmonllo Bbb

[美の概念措定]

パルテノン神殿 ギリシアこのように「美」という概念は、それが使用される言語によって意味内包が異なり、同じ言語でも時代や使用地域が異なれば、意味に差異が生じている。何が「美しいもの・こと」なのか、万民のあいだで共有できる普遍基準がないのが美の概念であるが、文化や言葉を越えて、美に相当する単語自身の意味内包に普遍性がない。

しかし哲学においては、「美の(普遍的)概念」は存在すると措定するのであり、このように措定された「美」の概念に基づいて、古典ギリシアで論じられた美や、ローマ時代の美の観念、中世初期や盛期中世等での美の概念、そして近世や近代の哲学における「美」の概念が、通約性を仮定された、或る意味、普遍的な「相」において考察されるのである。

「乙女は美しい(he parthenos kale)」という言明における「美しい(kale)」とは、あくまで賓辞(述語)としての形容詞であり、「美しい」と「美しいこと・美」のあいだには、明らかに大きな距離がある。このような距離を乗り越えたのは、古典ギリシアにおける、形容詞の中性形を属性抽象名詞と見做し、存在(on)の類とする思考の慣習からである。その典型がプラトンのイデアー説である。

このようにして、古典ギリシアにおいて、美(kalon)は、「美しい」とされる事物が、まさに何故に美しいのか、その根拠たる「存在」として概念規定されたと言える。「美しい物・人」についての議論は、歴史的に、世界中の文化で存在するが、「美しいもの」の根拠である「美」についての思索や、「美の概念」の規定は、古典ギリシアを濫觴とする。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2008年7月26日 (土)

美の形而上学

[存在論的把握] 
美の概念は、この世界に具体的に存在する事物、また事象としての「美しいもの・こと」(独語:Das Schoene)と必然的に関わりを持つ。しかし、この「美の概念(存在)」とは何であるのか、人が経験し、ときに感動する「美しさ」の本質については、哲学史にあって異なる解釈がある。

二つの代表的な考え方があり、(1)美の存在は、事物や事象が備える固有の性質であるとする「存在論的把握」と、(2)美の存在は事物に帰属するのではなく、それを知覚し、認識する人間主観が、事物や事象に付与する性質であるとする「認識論的把握」がある。おおまかにいえば、前者(1)は古典ギリシア哲学以来優勢であった見解であり、後者(2)は近世以降に登場する哲学的見解である。

存在論的把握の代表的な論者は、プラトン、アリストテレス、プロティノス、アウグスティヌス、トマス・アクィナス、フリードリヒ・シェリングである。これにはさらに、(1)美の性質を部分の均整にもとめる方向と、(2)部分性を否定し斉一であることをもって美の根本規定とする方向という、まったく対立する態度があらわれる。

ただし美はまったく認識と離れて存在するものではない。すでにプラトンにおいて、美は愛すなわち認識の欲求的能力の志向的対象として把握されている(『饗宴』)。また美の性格を均整あるいは斉一に求める論も、認識への適合性に多くその論拠をおいている。トマスは美を究極には神に帰せられる属性とするが、「視覚に快いととらえられるものは美しいと呼ばれる」(『神学大全』)とし、その人間的認識能力とのかかわりを否定していない。

芸術家美学と呼ばれる画家や文人による美論も、おおくこうした方向によることが多い。レオナルド・ダ・ヴィンチにとって、芸術家は自然の幾何学的構造を美というもっとも理想的な状態において再提示する能力を持つ幾何学者であり、そのことが彼をして対象のより正確な把握へと赴かせた。ホガースの美の理論は、線とその印象を追求することによって、素描の美的な効果について研究するとともに、美そのものの性質を線の形状から説明しようとした。

なおこうした、存在それ自体の性格として美を把握する方向は、多く他の価値概念と美が共通するないし同一であるとの論に帰着する。シェリングは美を客観的なものの絶対性としつつ、根本においては善や美と同一であるとする。これについては後節「#他の価値領域と美の関係」を参照。

[認識論的把握]
近世に入ると、美を存在の賓辞ではなく、人間の認識の構造から説明しようとする論者が登場する。これには心理学的把握と狭義の認識論的把握を挙げることができる。これはイギリス経験論と大陸合理主義哲学の影響下に発達した学説であるが、のちには実証的心理学の影響も受けて、現代における美の把握の一潮流をなしている。代表的な論者には、エドマンド・バーク、イマヌエル・カントがいる。

18世紀イギリス美学においては、心理学的な美の把握がみられる。バークはジョン・ロックの影響下に、美を社交性への本能的欲求から説明しようとした(バークの美論については後で#美的範疇の節で詳述する)。一方ドイツでは合理主義哲学の影響下に、ライプニッツの表象理論を継承した認識論的美論が展開される。アレグザンダー・バウムガルテン『美学』からは、美を「感性的認識の完全性」とする定式が導出される。こうした近世の認識論的把握の頂点に来るのがイマヌエル・カントである。カントにおいて美は四つの徴表を与えられる。その認識根拠はしかし感性や悟性のアプリオリな制約にあるのではない。この意味で美は極めて主観的である。美は共通感官(センスス・コミヌス)に基き、判断の普遍妥当性を要求するが、それ自体は対象の性質ではなく、「構想力と悟性の自由な戯れ(das freie Spiel der Einbildungskraft und des Verstands) 」に帰着される。この認識能力の自由な戯れを引き起こすものが美しいものといわれる。そして美は理性の能力の調和、すなわち上級認識能力の理想的な調和の実現として、道徳性の象徴である(『判断力批判』第1部)。

[美という概念の射程]
美という価値領域を巡る理論は、主に二つの方向を取る。ひとつは他の価値領域である、真や善と美の関係である。もうひとつは美という価値領域そのものの細分化である。

[他の価値領域と美の関係]
美がよいものとされる限りにおいて、他のよいものとの関係が問われる。古代より、これは美と真あるいは善とのかかわり、あるいは美と快すなわち何かあるよいものによってもたらされる感覚とのかかわりとして問題化されてきた。

[カロカガティア]
古代において、価値領域の自律は自明のことではなく、むしろ逆に各価値領域の共通性が追求される事が普通であった。語源的に「美しい」を表す言葉はしばしば「良い」と共通し、現代でも多くの言語において「美しい」を示す言葉は、日常語においてはしばしば「良い」「快い」を含意して使われる。全体にこのような価値連関において、美は善と関連付けられることが多く、道徳的なものがもつよさのひとつとして考えられる。

西洋哲学の濫觴の地ギリシアにおいてもこの事情は同様である。「美しい人」(ho kalos)は容姿の美しさよりも、その社会的地位、能力、うまれのよさを指すことばであり、「美しい人」とはポリスの市民としての倫理規範を体現した「見事な人」であった。

こうした「美」の極めて倫理的な色彩をよく表す概念が「善美」(kalokagatia カロカガティア)である。善を表す語と美を表す語から造語されたこの語は、ギリシア的人間が実現すべき理想像として提示されている。

ヘシオドスによるパンドラの神話では、この女性の容姿は女神のように美しく、心は犬のように陋劣で、そのために世に災悪kakiaが満ちあふれた(『仕事と日々』、『神統記』)。すなわち、美が感覚的に快である程度ならば、善agathonにでなく罪悪、災悪に結びつく可能性があると考えられるので、最初は美は徳から遠いものとしていわばカロカカキアが一般に認められていた。しかし容姿でなく徳の美、精神の美を認める場合がある(「汚れも咎もなく死ぬことこそ美しい」(アイスキュロス『テバイを攻める七将』1011))。仮にこの、徳areteとしての美をプラトンのように根拠づけ得るならば、美kalonと善agathonとはひとつになり、カロカガティアなる理念が成立すると考えられたのである。ただし、この語は、クセノフォンに由来し、プラトンにおいてはkalos kagathosなる慣用句が多用されている。

[真理との関係]
また美は真理ともしばしば関係させられる。プラトンやプロティノスにおいて、美はときに哲学者(愛知者)がしるべき最高の対象とされる。このような文脈下では、美は真と同一視されている、ないし美を知ることは真なる知識の枢要をなすと考えられている。このような場合、善と知もまた本質的には同じものであるとされることが多い。そこから、美は独立の価値領域ではなく善や真に従属的なものであり、ここから逆に善や真を表現するために美をもちいるという発想がうまれてくる。宗教芸術や王侯の権力を示現するための装飾などは、このような美の利用といえる。

[美の自律性]
美を独自美の感受が感性的なものに直接関わることから、美が善や真とは違う領域であることは、古代から意識されてきた。プラトンには詩があたえる見かけの快さと真のよさの区別についての議論がみられる(『国家』)。人間の理性的能力の分類はすでにアリストテレスによって行われているが(『ニコマコス倫理学』、そこでは真理を知る能力としての知、倫理的実践を行う能力としての思慮、ものを作り出す能力としての技術知が区別される(ただしここでは技術知はとくに美しいものだけに関わる能力ではなく、制作一般の能力である)。しかし古代には美が独自の領域であるという主張は積極的にはなされなかった。

美が固有の能力であるとする立場の確立は、感性に独自の尊厳を与える試みと並行している。アルフレッド・ボイムラーは17世紀を「感性の時代」と呼び、この時代の感覚論や趣味論に、後の美的自律性の把握の契機を見ている。

カントによって美の自律性(ド Autonomie)は確立する。カントは美と道徳の関係を主張したが、しかし各領域の自律性の確立が伝統的な価値領域のもっていた緩い交流を寸断したことは否定できない。フリードリヒ・シラーはこうしたカントの厳格主義に抵抗を感じ、美と倫理の積極的な関係を主張した(『美的教育論』など)。美学者クーノ・フィッシャーはシラーの試みを「人間論的美学」と呼んでいる。しかし全体としては、美の自律性を主張し擁護する動きが近世から近代にかけては主流となる。こうした傾向は多様な美を表現する可能性を芸術家に開いたものの、その表現が時代にとっては受け止めがたくなるという副産物を伴った。その反動として、現代芸術においては、ふたたび社会と芸術の接近がいかにして可能であるかが問われている。しかしテーゼとしての美の自律性は、ほとんど疑われることなく通交しているということができよう。

[美的範疇]
西欧においては、特に近世以降、美を細分化し、それぞれに独自な定義を与えるとともに、相互の関係を定式化しようとする動きがある。こうした細分化された美的なものの領域を美的範疇と呼ぶ。

美的範疇の内実は時代と論者によって異なるが、代表的な美的範疇には、美のほかには優美・崇高・醜・フモール(滑稽)・イロニーなどがある。日本の芸道論(茶道、歌学)あるいは国学でいう、わび・さび・しをり・もののあはれなども美的範疇の一種である。 醜は伝統的には美の対立概念である(美の欠如)と考えられた。このため醜を芸術において表現するということはほとんどの論者から取り上げられなかった。しかし近代には醜もまた積極的な価値をもつ美的範疇のひとつであるという主張がなされ、芸術において醜を表現する試みも登場した。

[漢字における「美」の含意]
日本語で使われる「美」の文字は漢字であり、中国において2000年以上前に発明されたものである。この「美」という漢字は、「義」や「善」と同様に、一種の要素合成によって造られており、それぞれの上半分の部分は、「羊」という文字である。

「羊」と「大」の合成が「美」であり、「羊」と「我」の合成が「義」である。孔子の『論語』の中にも記されているが、「羊」は宗教的祭式において献物として利用された動物で、「犠牲の動物」の意味があり、そこから「羊」を要素とする合成漢字には、「犠牲」の意味が含まれている。あるいは、「犠牲」の意味を持つ概念を表現するために、これらの漢字は合成され造られたとも言える。

「義」とは「我の責任の限りの犠牲」という意味があり、「善」は、「儀式の祭具に盛る限りの犠牲」という意味があるが、「美」とは「大いなる犠牲」である。この場合の犠牲とは、「自己犠牲」であり、共同体の命運などに対し、人間として行える最大限の犠牲、つまり己が命を献げて対象を高めるという含意があり、言い換えれば、人の倫理の道において、最も崇高な行いが「美」であったのである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2008年7月25日 (金)

美しいこと AJICO

Ajico

ステキな色をした壁にもたれた
アイスクリームが空を飛んでるよ
無邪気に倒れよう 草原の中へと
きれいなボタンを眺めるのもいいさ

僕には見える 美しいことが
どんなに弱くても 美しくなれる

虹の向こう側に強い嵐が来た
ギターは金色の粉を撒き散らすよ

素直な心で 生きてくのさ
どんなにキズついても 素直な心で

かわいい女の子と話をしたのさ
空飛ぶじゅうたんを頭に巻き付けて
何処からやって来て 何処かへ行こうぜ
けちらしてやるのさ ステキな気分でよ

僕には見える 美しいことが
どんなに弱くても 美しくなれる

素直な心で 生きてくのさ
どんなにキズついても 素直な心で

http://jp.youtube.com/watch?v=tiTxl6Xf3JI
-------------------------------------------------------

作詞・作曲:浅井健一 (C)2001

2008年7月24日 (木)

ら抜き言葉

「見る」のような上一段活用動詞、「食べる」のような下一段活用動詞、また「来る」のようなカ変動詞の可能表現としてそれぞれ「見れる」「食べれる」「来れる」と綴られるものは、「ら」の文字を含んでいないということから「ら抜き言葉」と呼ばれることがある。

この語法自体は、「左団扇と来(こ)れる様な訳なんだね。」(永井荷風『をさめ髪』1899年)のように明治時代の文献にも観察されるが(松井栄一『国語辞典にない言葉』南雲堂 1983)、第二次世界大戦後には急速に広まった。「ら抜き言葉」という用語が用いられるようになったのは、比較的新しく、1988年の読売新聞社会部『東京ことば』(読売新聞社)では(ら抜き“れる”言葉)の見出しのもと、(「ら」抜きの言葉)(“れる”言葉)などの言い方が使われ、特に(“れる”言葉)が多用されている。また当時は「れる言葉」の発生は「『ら』を抜くことで舌が楽をできるから」と説明されることが多かったが、これは受身・尊敬用法においては「見れる」等の表現は出ないという事実を見逃した言説であった。

「ら抜き言葉」は、標準語圏においては口語として若年層を中心に用いられやすくある一方で、それ以外の一部の地域においては正当な活用形として使われている。土佐弁圏、名古屋弁圏、北陸地方、一部の中国地方などにおいてはかなり古くから「れる」と「られる」を区別した動詞化が一般的となっている。

また東北地方などでは能力可能と状況可能において、「れる」系と「られる」系に使い分けるということもなされており、「ら」が抜けたから一概に「誤った日本語である」と考えることはできない。

ちなみに五段活用動詞を下一段活用化させて作る可能動詞(「行く」から作る「行ける」など)は、上古の時代には見られなかったが中世以降しだいに広がり確立した用法であり、「ら抜き言葉」とみなされることはない。

「ら抜き言葉」の使用は関東地方においては大正期から始まったが、この傾向は国家の教育方針のもとで抑制されてきた。1970年に調査された東京都内の小中学生1539名は、「れる」と「られる」の使用について以下のような比率で分かれた。

見られる――64.5%
見れる――9.5%
両方――24.1%
来られない――41.7%
来れない――10.2%
両方――47.5%
(土屋信一「東京語の語法のゆれ」『NHK文研月報』21-9, 1971年)

言語学的には、「ら抜き言葉」の語形は従来から五段動詞に適用されてきた可能動詞化の法則を一段動詞にも適用したものだと解釈でき、この変化の背景には可能表現と受け身表現の形態上の区別がつくようになるという効果があったという説が広く受け入れられている。

こうした言語学的解釈を根拠に、「ら抜き言葉」は日本語を乱すものではなく、むしろ日本語をより合理的な言語体系へと発展させるべく寄与する「機能分化」であるとする議論も一般には見受けられる。 現在においては「ら抜き言葉」を無意識的に用いるものと意識的に用いるものとがある。後者は可能動詞化の法則にまつわる合理性に準拠するかたちで敢えて非慣用的・非伝統的な「ら抜き言葉」を使う者である。彼らは「ら抜き言葉の使用によって、可能表現と受け身表現・自発表現の違いが形態上明確になる」と議論する。すなわち従来標準語圏においては可能・受身・自発・尊敬といった種々の意味をすべて「られる」という語形で表すことが規定されてきたが、これが表現の曖昧さをもたらしかねないということがここでは問題視されている。 また日常会話においては、特に若年層の間ではら抜き言葉の使用が好まれる傾向にある。

ら抜き言葉を避けようとするあまり、本来「ら抜き」で問題ないものにまで過剰に「ら」を足してしまう場合もある。たとえば五段動詞「しゃべる」に対応する可能表現を「しゃべれる」とするのは五段動詞「書く」に対する可能表現を「書ける」とするのと同じく規範的な文法に適った表現だが、末尾の「れる」がら抜き言葉の語形と共通していることからこれをら抜き言葉と誤認し「ら」を付け足して「しゃべられる」としてしまう場合がそれである。「書くことができる」の意味で「書かれる」という表現も古めかしくはあっても存在するので「しゃべられる」自体は誤りではないが、普段「書ける」を「書かれる」と言い換えない者が「しゃべれる」だけを殊更に「しゃべられる」と言い換えたとしたら、それはら抜き言葉を避けようとするあまりの過剰修正である。 五段活用の動詞は「ら抜き」に当たることはないと考えればこうした過剰修正は起こらない。五段活用かどうかの判別法としては未然形や命令形を作ってみてその語形を見る方法が指導されることがあるが、ある動詞に対する正しい可能表現をら抜き言葉と錯覚してしまう者は、逆に誤った未然形や命令形を作り出してしまっても正しく作れたように錯覚するおそれもあるので、こうした判別法に頼ることは危険である。辞書を引いて活用種別を確認するのがもっとも確実な方法であろう。

「ら抜き」を「ar抜き」とする意見もある。対象の語の音素をそのようにローマ字で表記すると問題の性格がより明瞭となることが指摘されている。すなわち、五十音表記のみに注目していると、たとえば「書く」「触る」「見る」のそれぞれの活用変化の間の関係について見いだせるものがないが、ここで当の語の音素を構成する子音と母音とを峻別して観察してみると、次のような共通点を確認できるようになる:

「kak-u」(原形)、「sawar-u」(原形)、「mir-u」(原形)

「kak-ar-er-u」(受動、尊敬)、「sawar-ar-er-u」(受動、尊敬)、「mir-ar-er-u」(受動、尊敬)

「kak-er-u」(可能)、「sawar-er-u」(可能)、「mir-er-u」(?)

「書ける」や「触れる」を可能表現として確立させた要素(ar抜き)を「見れる」が所有していることから、これを正当な言語変化として認識できる、ということが主張される。これは更に、動詞の活用にまつわる従来の国学的な解釈にもとづく法則の数々(上一段、下一段、カ行変格など)をより合理的に統一することになる。この場合、「ら抜き言葉」という呼称、またそのような言葉を非文法的として排除する観点そのものが根拠を失うこととなる。

なお、五段活用の「書ける」「読める」のような可能表現も、かつては「書かれる」「読まれる」と受動表現と同じ形が使われたものが「ar抜き」を起こした形であり、通時的に見れば現在は可能表現における「ar抜き」が五段活用から一段活用へも広まりつつある状態ということができる。

参照: 平成12年度「国語に関する世論調査」の結果について<問14>
出典:Wikipedia 日本語の乱れ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E4%B9%B1%E3%82%8C

きれいな日本語意識高まる 旺文社の小中高校生調査
「きれいな日本語」に対する小中高校生の意識が、この5年間で高まっていることが17日、大手出版の旺文社(東京)のアンケートで分かった。調査は平成19年11~12月の「実用日本語 語彙(ごい)力検定」受験者約1万4500人を対象に実施、約1万1000人が回答した。 調査結果によると、「言いたいことが伝われば、きれいな日本語でなくてもよい」との質問に「そう思わない」と否定的だったのは60・2%で、14年調査から17・5ポイント増えた。一方、「思う」と答えたのは14・7ポイント減り20・3%だった。
 「自分はきれいな日本語を話していると思う」と答えたのは11・4%にとどまった。38・5%あった「思わない」を大幅に下回り、“言葉の乱れ”に対する自覚もうかがえた。
産経 2008.4.17

 「ら抜き言葉」の「食べれない」という表現を正しくないと認識している子どもは39・0%で、02年から3・4ポイント増えた。
日本語の乱れは現代にはじまったことでなく、『枕草子』においても若者の言葉の乱れを清少納言が嘆いている。

なに事を言ひても、「そのことさせんとす」「いはんとす」「なにせんとす」といふ「と」文字を失ひて、
ただ「いはむずる」「里へいでんずる」など言へば、やがていとわろし。(『枕草子』)

往々にして一般社会では憂慮される現象だが、専門家の間には言語は変化するのが当然で、乱れでなく「変化」であるという意見がみられる。枕草子に批判される「ムズ(ル)」も中世期に入るとひとつの助動詞として定着していくのだった。

2008年7月23日 (水)

マグリット効果

Sany00171 Sany0019 Sany0021

幽霊額縁です。

2008年7月20日 (日)

人気記事ランキング

人気記事ランキング(直近7日)
順位 サイト
PR 外国為替最新情報 FX-News
1 これは酷いググる先生ですね。<グーグル先生の憂鬱[1日目]>
2 【またネズ公か?前編】  中学3年生の家庭科の授業で「従軍慰安婦」や「ジェンダーフリー」をテーマに授業を続けるので生徒や保護者から苦情が殺到したから減給処分になったのは不当だと訴えた女性教師の請求棄却
3 【変態新聞 テラワロス論説】 浜中慎哉記者は後輩からの与太話を聞くだけで何を肌で感じたのか?
4 【またネズ公か?後編】  中学3年生の家庭科の授業で「従軍慰安婦」や「ジェンダーフリー」をテーマに授業を続けるので生徒や保護者から苦情が殺到したから減給処分になったのは不当だと訴えた女性教師の請求棄却
5 浜崎あゆみ TRUST ME 日本以外限定のワコール下着ポスターを公開
6 深田恭子オナニー連発w NTVドラマ 学校じゃ教えられない!7月15日OA
7 Re:小倉優子:焼き肉屋でパチンコ屋でも小倉優子だからOKだと思う件
8 【酷評】 崖の上のポニョ
9 文鮮明一家が乗ったヘリが不時着?
10 赤い靴はいてた女の子は最初から実在していなかった説
11 「毎日新聞英文版のライアン・コネルの記事が米州機構の人身売買に関する調査の出典になっていた件」 のスレが酷すぎる件
12 【ビザールでござーる】 変態毎日新聞 過去のmetaタグを鬼女に発掘される
13 テレビ宮崎の柳田哲志アナウンサー(40)が生放送中、尻相撲で水田に頭から落ちて頸椎骨折脊髄損傷となり全身麻痺が心配されている動画
14 朝日新聞 通名報道破瓜?桐生市で殺害された在日韓国人風俗嬢(52)の実名を暴露報道
15 【ワンクリ詐欺 Your Tube】 Re:ブロガーは2クリック以内にワンクリック詐欺サイトに到達する可能性が高い
16 【児童ポルノ禁止法考】 「家族がふえるよ やったねたえちゃん」 次のページ
17 ヴィダルサスーン コラボ 安室奈美恵 今度のCMは「どセクシー」
18 シェーの時代 「おそ松くん」と昭和こども社会
19 オージーが日本の特許果実を泥棒 NNNドキュメント’08「サクランボウォーズ 脅かされるブランド」
20 フジテレビ女子アナウンサー 松尾翠さん祭り 始まる
Edit
-ACR WEB-

2008年7月18日 (金)

◆ペンギンタロットは無意識を発掘する道具◆

◆ペンギンタロットカードは不可思議なシンボルが描かれて、これらキーワードを繋ぎ合わせることでタロットは世界の側面を照らし出すとことができる。漠然とした無意識の断片が、元型のイメージとしてのカードによって具現化され、その人固有の無意識の形を喚起させる。
◆非合理的なシンボルやイメージこそが、無意識の世界を解く鍵。
◆無意識の領域に存在して無意識に人を動かす全人類に共通する心理パターン。このパターンが自然界にもあったことを符合させた図形こそタロット。 無意識の中にあるものを喚起させ、導き出されたキーワードを解釈することでその人だけに当てはまるパターンがある。
◆“シンクロニシティ(共時性)”という無意識の領域にあるものと現実の世界に起こることには一種のアナロジーが存在し、人が偶然として片付ける出来事も、すべては無意識の中にある原因により必然的に起きている。
◆自分の無意識を知ることで、これから自分の身に起こることや、未来に起こる出来事を予測することができる。
◆ペンギンタロットは普遍な無意識を発掘する道具であり、その無意識を意識化する手段として、占い師が相談者の未来を予測する際に行うカード解釈は、まさしく医師が患者に質問を出して、その内容から医学的に解釈し、患者の精神状態を推測しながらカウセリングを行う心理学の手法そのものです。  (ペンギンタロット解説書より)

P0 P13 P16

I 奇術師 II 女教皇 III 女帝 IV 皇帝 V 教皇 VI 恋人 VII 戦車  VIII 正義 IX 隠者 X 運命の輪 XI 力
XII 吊された男  XIII 死神  XIV 節制 XV 悪魔  XVI 塔 XVII 星 XVIII 月 XIX 太陽 XX 審判 XXI 世界
0 愚者

◆ペンギンタロット21+0の原画
 http://zerogahou.cocolog-nifty.com/photos/peintora22/index.html

◆大アルカナ22枚組1セット・解説書A6版18頁付 
◇名刺サイズ  2000円  ◇タロットサイズ3000円
◆「ペンギンタロット」 http://koinu.cside.com/

P20 P21

2008年7月12日 (土)

ペンギンタロット

Tarot2 Tarot1

 
占いやゲーム性の底に秘められたTAROTの真意を、
ユーモラスで哲学的なペンギンのキャラクターによって顕した大アルカナ22枚
TAROT図形学より、視覚からも分りやすく覚えられる
「ペンギンタロット」の世界へ・・・
新しいアテンション(注意)と上昇力を前向きに促すために作られたカードです。

-------------------------------------------------------------

-Tarot3

-----------------------------------------------------------
大アルカナ22枚組1セット・解説書A6版18面付 

「ペンギンタロット」申込・お問い合せ 
http://koinu.cside.com/

「生きるための兆し」を認識できる22パターンには、神話のコードが多様に含まれている。それは関心のある人には掘り下げる意味もあるのだが、全くと言ってイイほど神学が目的でないから、用心深くそれらのキーワードも可能なかぎりはずして、解り易さと実用としての道具カードに徹した解説書となった。
一枚の図版には本一冊分の内容が刻まれてることも、カードを作ってよく体現した。

2008年7月10日 (木)

今年のベネチア国際映画祭審査委員長はビム・ベンダース監督に

 世界3大映画祭の一つであり、“金のライオン”をシンボルとする第65回ベネチア国際映画祭が、今年も8月27日から9月6日にかけて開催されるが、その審査委員長をドイツの巨匠、ビム・ベンダース監督(62)が務めることになった。6月27日に、ベネチア映画祭を主催するベネチア・ビエンナーレ・チェアマンのパオロ・バレッタと、同映画祭ディレクター、マルコ・ミューラーから正式な発表があった。

同映画祭の正式声明として、「ベンダース監督は現代において最も革新的な映画作家の一人であり、40年の年月にわたって数々の影響力のある作品をプロデュースしてきた」と、ベンダース監督の功績を讃えている。

ベンダース監督は、「ことの次第」(82)でベネチア国際映画祭金獅子賞、「愛のめぐりあい」(95)で同映画祭国際評論家賞を受けており、また「パリ、テキサス」(84)でカンヌ国際映画祭パルムドール、「ベルリン・天使の詩」(87)で同映画祭監督賞を受賞しているほか、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(99)で米アカデミー長編ドキュメンタリー賞にノミネートされるなど国際的評価が高い。

2008年7月 9日 (水)

岡倉覚三 「茶の本」を携帯で読む

茶の本
岡倉覚三

 第一章 人情の碗

茶は日常生活の俗事の中に美を崇拝する一種の審美的宗教すなわち茶道の域に達す――茶道は社会の上下を通じて広まる――新旧両世界の誤解――西洋における茶の崇拝――欧州の古い文献に現われた茶の記録――物と心の争いについての道教徒の話――現今における富貴権勢を得ようとする争い
http://koinu2006.seesaa.net/article/102497458.html

 第二章 茶の諸流

茶の進化の三時期――唐(とう)、宋(そう)、明(みん)の時代を表わす煎茶(せんちゃ)、抹茶(ひきちゃ)、淹茶(だしちゃ)――茶道の鼻祖陸羽――三代の茶に関する理想――後世のシナ人には、茶は美味な飲料ではあるが理想ではない――日本においては茶は生の術に関する宗教である
http://koinu2006.seesaa.net/archives/20080708-1.html

 第三章 道教と禅道

道教と禅道との関係――道教とその後継者禅道は南方シナ精神の個人的傾向を表わす――道教は浮世をかかるものとあきらめて、この憂(う)き世の中にも美を見いだそうと努める――禅道は道教の教えを強調している――精進静慮することによって自性了解(じしょうりょうげ)の極致に達せられる――禅道は道教と同じく相対を崇拝する――人生の些事(さじ)の中にも偉大を考える禅の考え方が茶道の理想となる――道教は審美的理想の基礎を与え禅道はこれを実際的なものとした
http://koinu2006.seesaa.net/archives/20080707-1.html

 第四章 茶室

茶室は茅屋(ぼうおく)に過ぎない――茶室の簡素純潔――茶室の構造における象徴主義――茶室の装飾法――外界のわずらわしさを遠ざかった聖堂
http://koinu2006.seesaa.net/archives/20080706-1.html

 第五章 芸術鑑賞

美術鑑賞に必要な同情ある心の交通――名人とわれわれの間の内密の黙契――暗示の価値――美術の価値はただそれがわれわれに語る程度による――現今の美術に対する表面的の熱狂は真の感じに根拠をおいていない――美術と考古学の混同――われわれは人生の美しいものを破壊することによって美術を破壊している
http://koinu2006.seesaa.net/archives/20080705-1.html

 第六章 花

花はわれらの不断の友――「花の宗匠」――西洋の社会における花の浪費――東洋の花卉栽培(かきさいばい)――茶の宗匠と生花の法則――生花の方法――花のために花を崇拝すること――生花の宗匠――生花の流派、形式派と写実派
http://koinu2006.seesaa.net/archives/20080704-1.html

 第七章 茶の宗匠

芸術を真に鑑賞することはただ芸術から生きた力を生み出す人にのみ可能である――茶の宗匠の芸術に対する貢献――処世上に及ぼした影響――利休の最後の茶の湯
http://koinu2006.seesaa.net/archives/20080703-1.html

------------------------------------------------------------------------
底本:

岩波文庫、岩波書店
   1929(昭和4)年3月10日第1刷発行
   1961(昭和36)年6月5日第38刷改版発行
   2005(平成17)年11月5日第103刷発行

2008年7月 7日 (月)

0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる

0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる。

人間の精神は神的なものである。
しかしそれは物理的な身体に幽閉されており、かれはその神性に気づかない(愚者)。

より高き星々の使者が物質的世界に対する支配を表明し、表面的な現実よりさらに深いなにかの存在を証明する。
いくつかの説によると、かれは愚者の師および仲間となる(奇術師)。

(女教皇、女帝、皇帝、教皇によって表される)
世界の支配的な力が、抵抗にあい、日常的存在が挑戦を受け、
克服されて初めて、開放の切望が可能となる(恋人と戦車)。

探求者(隠者)は一定の成熟に達したときにのみ、かれの精神的故郷に自分を回帰させるための旅に出発できる。

かれの慎重な内省(運命の輪)は、肉体的衝動(女力士)の克服とより高きもののために、より低きものを故意に犠牲とすることによる
日常的価値の逆転を求める(吊るされた男)。

より低き個我(死神)の昇華は、 
デミウルゴス(悪魔)の打倒を可能とする
霊的な活力(節制)の流出に至る。

これはかれの地上の牢獄(塔)の崩壊を招来し、
かれの精神が、天の星々(星、太陽、月)を経て、
やがて神秘的再生(審判)を経験し、最終的には
世界の超個人的な霊アニマ・ムンディ(世界)と
一体化することを可能とする。ーーアルフレッド・ダグラスーー

さらなる高みを目指すためには、精神的充足をもとめて再度旅に出て、今までの見方を変え、自我を壊さなければ、新たな次元に到達することはできない。22枚には0から21までのサイクルになっていたのだった。。
そして輪の入口と出口は零によってつながれている。

そして0の愚者から21の世界への話が、姿と形をかえてふたたび物語がくりかえされる。
人の心は高くめざすものである。けれども物理的な肉体に閉ざされて、そのめざすものに気づかない(愚者)。星々の使者が物質的世界に対して表面的な現実より深い存在を証明する(奇術師)。そして世界は(女教皇、女帝、皇帝、教皇によって表される)支配的な力で日常的に形をひろげていく。世界への開放が初めての選択と望みができるようになる(恋人と戦車)。さらに高くめざすもの求めて一つの成熟に達したときに、精神の故郷にを回帰させる旅にたつ(隠者)。その慎重な心の内(運命の輪)は、肉体の衝動(力)の克服していく。高きもののために低きものを犠牲として、故意に日常的価値の逆転を求める(吊るされた男)。低く役目を終えたものの昇華(死神)は、焚きつける欲望(悪魔)をも打ちたおすことができた。きびしい試練をこえると生きる活力が整えられて与えられる(節制)。やがて時をへて構築された、高くそびえたつ地上の牢獄(塔)は崩壊を招いて、天の星々(星、太陽、月)の永き歳月をくぐり、そして神秘的なる再生(審判)を経験されて、ついに世界の超個人的な存在(世界)と一体化することができうるゴールラインが待つ。今までの見方を変え、自我を壊さなければ、新たな次元に到達することはできない。そして輪の入口と出口は零によってつながれている。

「ペンギンタロット」は兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。

占いやゲーム性の底に秘められたTAROTの真意を、
ユーモラスで哲学的なペンギンのキャラクターによって顕した大アルカナ22枚
TAROT図形学より、視覚からも分りやすく覚えられる
「ペンギンタロット」の世界へ・・・
新しいアテンション(注意)と上昇力を前向きに促すために作られたカードです。

-------------------------------------------------------------
「ペンギンタロット」 大アルカナ22枚組1セット・解説書(A6判図版多数18面)付  http://koinu.cside.com
申込・お問い合せ http://koinu.cside.com/NewFiles/penguintora.html

1+21は魂の遍歴を表す・
0 魂は物質的に身体へ幽閉されて「愚者」は、そのことも一寸先に起こる出来事も気がついてはいないようにみえる。
1  別世界よりの使者がやってきて「奇術師」の姿で、天・地・火・水の四要素によって自然界が成り立っていることを示す。彼は意識というトリックを使って物理的世界を支配していく。
2.知識をたくわえてゆく「女教皇」 3.大地へ繁殖させていく「女帝」 4.力によって「皇帝」 5.定めによって「法皇 」は支配する。、
幼児の自我より肉体的力と精神的力を、女性原理と男性原理により高めていく四過程がうかがえる。直感→感情→感覚→思考
この四過程は、それぞれ水・地・下・天の順で四要素に対応した動きである。

2008年7月 5日 (土)

北野武「DOLLS」、ロシアで大ヒットの理由

北野武監督が、モスクワ映画祭にて特別功労賞を受賞した。ロシアでは今、北野武監督の映画の評価が上がっており、特に6年前の作品「DOLLS」がロングヒットとなっている。こうしたことが受賞の背景となったようです。

「DOLLS」も良い作品であったと思いますが、当時世界的な評価はあまり高くなく、日本国内でも(管野美穂や深田恭子など有名女優を起用した割には)興行成績は奮いません。何故今になって、それもロシアという意外な国で、あの「DOLLS」がヒットし、北野武監督の評価が高まっているのでしょうか?
どうして北野作品がヒットしているか、この根本的な理由はわかりませんが……
実際ロシアでは「日本文化」が人気であるのは確かです。
今ロシアでは空前の日本ブームが巻き起こってる。
「スシ」「サムライ」をモチーフに外食やると馬鹿見たい流行るらしくて、エセすし屋とか和食屋が大人気で、小物類も、魚の名前が漢字でびっしり書いてある寿司屋で良く見るあの湯呑が飛ぶように売れてるという。
北野武ブームもその延長線上にあるんだね。

Dolls2002

Dolls (映画)監督 北野武
製作 バンダイビジュアル TOKYO FM テレビ東京 オフィス北野
脚本 北野武
音楽 久石譲
撮影 柳島克己
編集 北野武 太田義則
公開 2002年10月12日 
上映時間 113分  製作国 日本  言語 日本語
興行収入 6億3千万円
一般的な批評としては、日本的情緒に溢れた映画で色彩が美しいと賞賛する声がある一方、日本的なオリエンタリズムが受け入れがたいとする声もある。しかし、3組の全く別々の男女たちが深い意味を持ちながら交錯し、そして登場人物たちが物語を経ていくうちに、それぞれの未来や希望を見出して新しい人生を歩み出そうとしていこうとするにも関わらず、「死」というあまりにも単純で無情な現実を描いた作品として、北野監督は「これまで一番、最も暴力的な映画である」と発言している。評価する者は他の作品に比べ比較的少ないが、北野武の持つ暴力性が最も残酷なかたちで描かれた作品として、色遣いと衣装の美しさだけではない、作品自体の本質的な完成度の高さを評価する者もおり、ファンからの賛否は分かれている。

ロシアでは大ヒットし、およそ2年に及ぶロングランとなった。この作品でロシアにおけるステータスを確かなものとし、後のロシア向けCM出演につながった。

[出演]
佐和子 : 菅野美穂
松本 : 西島秀俊
親分 : 三橋達也、津田寛治(若い頃)
良子 : 松原智恵子、大家由祐子(若い頃)
春奈 : 深田恭子
温井 : 武重勉(新人)
兄弟分の息子 : ホーキング青山
松本の父 : 清水章吾
松本の母 : 金沢碧
松本の同僚 : 大森南朋
松本の友達 : 大塚よしたか
佐和子の父 : 野村信次
佐和子の母 : 中村万里
佐和子の友達 : 西尾まり、矢川純一郎
春奈の母 : 吉沢京子
春奈の叔母 : 岸本加世子
春奈のマネージャー : 大杉漣
青木 : アル北郷
梅川 : 吉田蓑太郎
忠兵衛 : 吉田玉女
大夫 : 豊竹嶋大夫
三味線 : 鶴澤清介
小学生 : 菅大輝
殺し屋 : ガンビーノ小林、モロ師岡

[エピソード]
作中で、深田恭子がアイドル「春奈」役として出演しているが、劇中に歌っている曲は深田本人が実際にリリースしている楽曲「キミノヒトミニコイシテル」である。
松本が「おかしくなった」佐和子を式場から迎えに行くシーンで、車中松本の携帯電話が鳴るが、その着メロは「キミノヒトミニコイシテル」であった。この部分も、3組の男女が交錯している部分のひとつととらえることができる。
劇中、温井の死因は明らかにされていない。ファンの間では、春奈と交流を持つことができた温井に青木が嫉妬して殺したという説や、単に交通事故(ひき逃げ)で死んだという説がある。
佐和子役の菅野美穂は、この作品で第40回ゴールデン・アロー賞映画賞を受賞。2002年度は山田洋次監督、真田広之・宮沢りえ主演の「たそがれ清兵衛」が映画賞を総ナメにしていたが、ゴールデン・アロー賞は当時テレビ朝日が授賞式特番を放送していたこともあってか日本テレビが制作に携わっている作品の関係者は選ばれにくい傾向にあり、同賞の常連である北野監督作品から菅野が選出された。なお北野監督(ビートたけし)が審査委員長を務める東京スポーツ映画大賞では、主演女優賞に菅野ではなくりえを選出している(菅野は助演女優賞受賞)。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2008年7月 3日 (木)

北野武監督 「アキレスと亀(2008)」

6月19日に閉幕した第30回モスクワ国際映画祭で特別功労賞を受賞したばかりの北野武監督が準備中の最新作、『アキレスと亀』の公開日が9月20日に決定。
夢を追い続ける売れない中年画家と、その夫を励ましながらともに夢を追う妻の20数年間をつづる人間ドラマ。北野武が監督、脚本、編集に加えて挿入画も自身で手掛け、独特のユーモアを散りばめながら人生にとって本当に大切なものを見つける夫婦の愛情を映し出す。誰もがあこがれる夫婦像を体現する主演のビートたけしと『明日の記憶』の樋口可南子の姿に、本当の意味の幸福が垣間見え、穏やかな感動に包まれる。(シネマトゥデイ)

 10071825290

夢を追いかける夫婦の物語。
あらすじ: 絵を描くのが大好きな少年・真知寿(吉岡澪皇)は、自宅を訪れた画家に自分が描いた絵をほめられて、赤いベレー帽をもらう。真知寿は、その日から画家になることを夢見て毎日のように絵を描くようになる。そんなある日、父親(中尾彬)の会社が突然倒産して両親が立て続けに自殺を図ってしまい、真知寿の人生は暗転する。
ひとりぼっちになった真知寿は、画家になることだけを人生の指針として生きるしかなくなった。そんな愛に見放された真知寿(柳憂怜) の前に、ひとりの理解者が現れる。絵を描くことしか知らない彼の純朴さに、心惹かれた幸子(麻生久美子) 。やがてふたりは結ばれ、真知寿の夢は夫婦の夢となった。愛と希望に満たされ、様々なアートに挑戦するふたり。しかし作品はまったく評価されない。ふたりの創作活動は、街や警察をも巻き込むほどにエスカレートしていき、家庭崩壊の危機にまで直面してしまう……。( チラシより )

映画 『 アキレスと亀 』 【2008年9月20日公開】[ 上映劇場 ](119分)監督:脚本:北野武  
【キャスト】
柳憂怜(柳ユーレイ) , 麻生久美子 , 樋口可南子 , ビートたけし ,吉岡澪皇 ,  中尾彬 , 伊武雅刀 , 円城寺あや , 大杉漣 , 大森南朋 , 徳永えり ,    筒井真理子

公式HP http://www.office-kitano.co.jp/akiresu/
北野武監督 「アキレスと亀(2008)」予告編 http://jp.youtube.com/watch?v=EHtOEcXW2FU

 映画 『アキレスと亀』 ロケセット公開http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/dbps_data/_material_/localhost/kei/AgricultureDivision/rinmu/location.set.pdf

2008年7月 2日 (水)

「ペンギンタロット」の世界へ・・・

◆タロットは砂漠の民たちによって見い出され、神話時代を経て、宗教によって弾圧され、15 世紀、ルネッサンスと個人が自分を見い出そうとする自己探求に興味が向けられた時、歴史の表舞台に現われてきました。

タロット――TORAは人生の規範です。
これは B.C.500年~B.C.300年頃に人類の伝承を集大成して確立された人間の英知を、
「生きた言葉」として使えるようにするシステムである。

「生者の書」としての「タロット」は、人生の障害が、13であることを暴き出し、
それからの解決方法を教えてくれるカードです。

◆「13の障害」の根本的原因の中心は、人間は、父、母、子供の内に魂を形成する上で、最も永続的な問題が生まれるということです。  
現代の心理学では、あらゆる生物の中で人間だけが、母親がいつまでも手をかけずには生きられないのだと言います。
人間は母の体内から出てくるのが早すぎるために、外に出てからの母親の庇護下に置かれる胎内期間が延長されます。
生命ある存在として完璧でなく、外界に対応する準備が整わずに、依存、嫉妬、敵対などのおびただしい障害を生んでいます。
これが人間自身の手で人生に障害が生まれる主要な原因です。

◆そしてタロットの源流となった古代の神話を生んだ人たちは、
通過儀礼という、過去と断絶し、
不完全なそれまでの性情、慣習、従来の生活態度を根こそぎ切り払うという生き方を
採用することによって、未来を切り開きました。
それを今日では「創造」という言葉として捉えることが出来ます。
そして神話を形成することによって絶えず心の進化を実践した彼らの人生には、
今日の私たちが体験しているような犯罪や事件や不倫などは、全くありませんでした。

◆ 人生には「13の障害」があるという運命論を教えてくれますが、
タロットの象徴学を学び、神話的なエネルギーに接続することは、
それだけで人生の障害の70 %は自動的に消滅します。
日常の障害からの「分離」、そしてそのような人生の「変容」、更に新しい人生への「再生」が、「タロット」が私たちにもたらせてくれるものです。

Tarot2 Tarot1

 
占いやゲーム性の底に秘められたTAROTの真意を、
ユーモラスで哲学的なペンギンのキャラクターによって顕した大アルカナ22枚
TAROT図形学より、視覚からも分りやすく覚えられる
「ペンギンタロット」の世界へ・・・
新しいアテンション(注意)と上昇力を前向きに促すために作られたカードです。

-------------------------------------------------------------

-Tarot3

-----------------------------------------------------------
大アルカナ22枚組1セット・解説書A6版18面付 

「ペンギンタロット」申込・お問い合せ 
http://koinu.cside.com/

「生きるための兆し」を認識できる22パターンには、神話のコードが多様に含まれている。それは関心のある人には掘り下げる意味もあるのだが、全くと言ってイイほど神学が目的でないから、用心深くそれらのキーワードも可能なかぎりはずして、解り易さと実用としての道具カードに徹した解説書となった。
一枚の図版には本一冊分の内容が刻まれてることも、カードを作ってよく体現した。

2008年7月 1日 (火)

浜津 守 プロフィール

現代思潮社主宰『美学校』赤瀬川原平・絵文字工房及び木村恒久・図工工房卒業
在校中に現代思潮社と青林堂『ガロ』編集部の臨時社員をする
TV放送局美術センター勤務を経て、
 東映動画、サンライズ、東京ムービーなどの外注アニメーターをはじめる

1225870777_2

浜津守 プロフィール

*'78年、「機動戦士ガンダム」初代TVシリーズの動画監修、放送中に大ヒットとなり、映画「機動戦士ガンダム」三部作で原画スタッフとなる。続く富野喜幸監督作品「イデオン」のTVシリーズ及び映画のメインスタッフとして参加
'82年、松竹映画「クラッシャー・ジョウ」設定制作、色彩設定、助監督を担当 *'83年、「巨神コーグ」演出・絵コンテ*'85年、徳間書店・丸紅・博報堂が協賛したヒロイックファンタジー作品、東宝映画「アリオン」で演出担当

'87年、上條淳士原作(少年サンデー連載)「Toーy」をインディーズを含め当時rock'n Roll音楽シーンを初めて映像化、よりアグレッシブに音楽アニメーションした、初監督作品。(sony VTR)
*'88年、テレビ朝日放送「鎧伝サムライトルパー」演出・絵コンテ・監督 アニメグランプリ・読者賞受賞日本アニメ大賞・アトム賞受賞

*'91年、田中芳樹原作:角川映画「アルスラーン戦記」監督・絵コンテ・原画・動画・仕上げ・演出 文化庁日本のメディア芸術100選  http://plaza.bunka.go.jp/hundred/list_anime.html   
*'92年、角川映画「アルスラーン戦記・」監督・絵コンテ 
      東宝映画「夜をぶっとばせ」(かわぐちかいじ原作「愛物語」より)監督・脚本・絵コンテ・演出/音楽 ローリング・ストーンズ
*'95年、VTR「アルスラーン戦記・征馬孤影」上下巻/監督・絵コンテ・音響演出・作画 
      少年ジャンプ連載「Bastard!!(虚ろなる神々の器)」PlayStation、アニメーションパート監督と絵コンテを担当

*'96年、角川書店  月刊「少年エース連載」車田正美 原作「B't X」TVシリーズ 監督・シリーズ構成 TBS放送
*'97年、TVシリーズ「勇者ガオガイガー」絵コンテ・演出 TV「それゆけアンパンマン」絵コンテ
*'98年、白泉社 月刊「LaLa」連載「火宵の月~秋狂言~」監督・絵コンテ・演出・実写映像・作画
*,99-2001年、日本テレビ「週刊ストーリーランド」演出・絵コンテ 「キョロちゃん」絵コンテ
*2002年、東京ムービー「ルパン三世」DVD「生きていた魔術師」企画・監督・絵コンテ・作画 
      東京国際アニメフェア2003~東京アニメアワード~オリジナルビデオ部門優秀作品賞    http://www.taf.metro.tokyo.jp/TAF2004/2003/j/compe/jyushou_list.html 

*2005-2006年、東京ムービーTV[ガラスの仮面」監督・絵コンテ・演出   
*2005-2008年、NHK教育TV「おでんくん」絵コンテ・ニセおでん話数など担当
*2007年、NHK教育TV「風の少女エミリー」 絵コンテ・演出

*2008年05月28日、講談社「週刊モーニング」社長「島耕作」就任会見 スクリーンアニメ監督  「社長島耕作」 http://shimakosaku.net/
*2008年09月公開、北野武監督:映画 『アキレスと亀』オープニングアニメ 演出・絵コンテ
   『アキレスと亀』公式HP http://www.office-kitano.co.jp/akiresu/

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。