« 音楽の生き残り戦略 6つのビジネスモデル | トップページ | 北野監督「アキレスと亀」金獅子賞見えた »

2008年8月29日 (金)

世間からまったく評価されない芸術家を描いた物語

北野武監督、コンペ部門「アキレスと亀」で7度目のベネチア満喫
2008年8月29日(金) 11:31 eiga.com

第65回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に新作「アキレスと亀」(9月20日公開)を出品している北野武監督が8月28日、女優・樋口可南子とともに公式会見に出席した。北野監督がベネチア入りするのは2年連続7度目。コンペ部門ノミネートは5度目。過去に「HANA-BI」(97)で金獅子賞、「座頭市」(03)で銀獅子(監督)賞を受賞しているゲンのいい映画祭で、会見は“本命”の登場に沸き立った。同作は、世間からまったく評価されない芸術家(北野)を描いた物語。夢を追いかける男と、一心に夫を支え続ける妻(樋口)の愛を描く。「TAKESHIS'」でタレントとしての葛藤を、「監督・ばんざい!」で映画監督としての苦悩を描いた3部作の完結編だ。「芸術残酷物語。芸術の残酷な部分を描いた。(前の)2本が不評で悩んだ(笑)。売れない画家と同じだね。結論は当たらなくてもいいということ。アートというのは、やっていくことに価値を見出すということ。監督として映画を作ることが何と素晴らしいことか」と、作品の狙いを世界に発信した。

外国人記者から主人公の名前について質問が出ると、「真知寿(マチス)は有名な画家の名前の中で一番日本の名前にしっくりきそうだったから。今回、劇中に出てきた絵はどんどん人にあげちゃってるし、抽選会やって配っちゃおうかな」と語り、報道陣を大爆笑させた。日本人初となる2度目の金獅子賞受賞の期待もかかるが、「もう金賞&銀賞をもらっているし、贅沢は言わないよ。そんなにうまくいったらコロッと死んでしまう」と謙虚さをみせた。その日は、昨年初代受賞者として新設された「監督・ばんざい!」賞の第2回授賞式のプレゼンターとして出席し、イランのアッバス・キアロスタミ監督に賞を手渡したほか、声のみの出演をした「ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発」(河崎実監督)の“タケ魔人”の着ぐるみで出席(?)するなど、1人3役の大活躍。映画祭側のVIP待遇に「待遇が良くていいね」と笑顔を見せていた。

北野武監督「アキレスと亀」、ベネチア国際映画祭で大人気!    

 27日から開幕している第65回ベネチア国際映画祭で、北野武監督最新作「アキレスと亀」がコンペティション部門に出品され、28日夜、プレミア上映が行われた。 現地に駆けつけた北野監督と主演の樋口可南子。本作で主演も務めている北野監督は「もう4回もコンペに出品して金賞&銀賞をもらっているし贅沢は言わないよ。主人公の名前の真知寿は、有名な画家の名前の中で一番日本の名前にしっくりきそうだったから。今回、劇中に出てきた絵はどんどん人にあげちゃってるし、抽選会やって配っちゃおうかな」など、会場満員の報道陣を爆笑させる挨拶を連発!

 また北野演じる真知寿の妻・幸子役を演じた樋口は、「こんなに尽くす女性っているのかな?と疑問に思いながら演じていました。でもどんどん進めるうちに、途中から幸子という女性に入り込んでしまって、最後は武さんに身を任せて楽しんでやることが出来ました」と撮影を振り返った。 主人公真知寿と同じ赤いベレー帽をかぶって現われた北野監督は、現地ファンに迎えられ、記念撮影やサインを求められるなど大人気。監督はこの後、現地で全80媒体、25の国と地域の取材を受ける予定。

「アキレスと亀」は9月20日(土)全国ロードショー。
http://www.office-kitano.co.jp/akiresu/   

ベネチア映画祭:北野監督も姿見せ「アキレスと亀」上映 毎日新聞 2008年8月29日
イタリア・ベネチアで開かれている「第65回ベネチア国際映画祭」で28日夜(日本時間29日未明)、コンペティション部門に出品された日本映画「アキレスと亀」(北野武監督)が公式上映された。北野監督は主演の樋口可南子さんらと上映会場に姿を見せた。

 約1000席の会場は北野監督のファンらで埋まり、随所で大きな笑いと拍手が起きるなど反応は上々。北野監督は「上映終了後、ジワジワと拍手が起きたのは(最高賞の金獅子賞をとった)『HANA-BI』の時と同じ。外国の記者や観客の反応も良かった」と話していた

ベネチア映画祭:北野監督 大賞なら「コロッと死んでしまう」2008年8月29日スポニチ
 第65回ベネチア国際映画祭の「コンペ部門」に「アキレスと亀」(9月20日公開)を出品した北野武監督(61)が28日、公式会見。「TAKESHI’s」(05年)、「監督・ばんざい!」(07年)に続く3部作の完結編で「(前2作は)まじめにつくったつもりだけどふまじめだと言われた。(今作は)よく考えてある程度遊びを入れたら“まじめに撮った”と言われて、うれしいやら悲しいやら」と照れくさそうに話した。

 2年連続7度目の参加で、同日付の地元誌は、「ビート(たけし)」と「HEAT(熱)」を引っかけて「THE BEAT GOES ON(熱気高まる)」と報道する熱狂ぶり。当の本人は「申し訳ない。(“出させてくれ”と)お金を払っている訳じゃない」とギャグで笑わせた。コンペ部門は5度目の挑戦で、97年に「HANA-BI」で金獅子賞(グランプリ)、03年に「座頭市」で銀獅子賞(監督賞)を獲得。日本人初となる2度目の最高賞に期待がかかるが「そんなにうまくいったらコロッと死んでしまう。参加できることが名誉です」と控えめだった。

« 音楽の生き残り戦略 6つのビジネスモデル | トップページ | 北野監督「アキレスと亀」金獅子賞見えた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。