« 『雨月物語』(うげつものがたり) | トップページ | 池袋物語その2 »

2008年10月28日 (火)

池袋物語その1

Ikebukro08_015 Ikebukro08_016

池袋は、新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つ。駅を中心に巨大な百貨店や専門店が集中し、飲食店などがひしめく。池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)。繁華街は東西に広がり、1日に約100万人の集客人員がある。この街の事を若者を中心に「ブクロ」と略して呼称されることもある。

東口方面には西武百貨店、サンシャイン60、女性向けオタクストリート乙女ロード、豊島区役所等があり、西口方面には東武百貨店、東京芸術劇場等がある。

8路線からなる巨大な鉄道ターミナルが形成されており、各地から種々雑多な膨大な人を集客する。特に西武池袋線・東武東上線・JR埼京線・湘南新宿ライン等を利用する東京都西部、埼玉県南・西部の住民が多い。東京都の調査では、23区在住者の来街者が最も多いのが池袋である。

中心部から少し離れると、立教大学、重要文化財に指定されているフランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館、多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園などの緑や文化財も多く、池袋演芸場などの寄席や小劇場もある。

駅や街の至る所にある「いけふくろう」像は、「渋谷のハチ公に対して、池袋にも待ち合わせのメッカを」ということで、"いけぶくろ"と"フクロウ"を掛け合わせて考え出されたものである。特に、東口のものはJR発足時に設置されたものである。 (Wikipedia)

Ikebukro08_017 Ikebukro08_018

« 『雨月物語』(うげつものがたり) | トップページ | 池袋物語その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。