« 対話 | トップページ | 家なき人々の増加 »

2008年11月21日 (金)

ネットいじめ2割増、5900件…文部省調査

 文部科学省は20日、全国の小中高生を対象とする「2007年度問題行動調査」の結果を発表した。

 それによると、暴力行為は前年度比8000件増の5万3000件に上り、過去最多を更新。一方、前回調査で12万件を超えたいじめは10万1000件に減った。ただ、インターネット掲示板などを使った「ネットいじめ」は、前年度比2割増の5900件に達した。

プロフで中傷

 文科省によると、暴力行為が過去最多になったのは、07年度調査から、〈1〉警察へ被害届を出さない〈2〉医師の診断書がない――などのケースについて、報告に加えるよう改めて都道府県教委に促したため。

 その結果、前年度の4万4621件から5万2756件に急増。このうち、児童生徒間の暴力が2万8396件と全体の半数を占めた。これに、物を壊す行為(1万5718件)、教職員への暴力(6959件)が続いた。

 世代別では、中学校が3万6803件、高校1万739件、小学校5214件。中でも、小学校は前年度から37%も増えており、子供の「キレる」傾向が一段と裏付けられた。

 いじめは前年の06年度調査で、認定範囲を「いじめを受けたと子供が感じたケース」に広げた結果、約6倍増の12万4898件に膨らんだ。ところが、今回の調査では約2万4000件減10万1127件にとどまった。これについて、文科省は「減少したものの依然、高水準」として警戒を緩めない。

 自殺した児童生徒も13人減の158人。このうち中学生1人、高校生4人の計5人は、いじめとの関連が指摘されている。都道府県別では、岐阜と熊本で、児童生徒1000人当たりの認知件数が30件を超えた。和歌山(1・2件)や鳥取(1・5件)とは約30倍の開きがあった。

 07年度では初めて、各学校で個人面談や家庭訪問がどの程度行われているかを調べたところ、多く実施している学校ほどいじめ認知件数が高いことが判明。同省は個人面談などが少ない学校では、いじめを把握しきれていないとみている。

 また、いじめの中の「ネットいじめ」は前年度比1016件増の5899件を数えた。「学校裏サイト」などのホームページや、ネット上の自己紹介サイト「プロフ」を使って、個人を中傷するケースが多いという。

(2008年11月21日  読売新聞)

問題行動調査:07年度の公立小中高校のいじめ、前年度の3分の1、740件 /群馬
 県内の公立小中高校で07年度に認知されたいじめの件数が740件で、06年度(2160件)の約3分の1と大幅に減少したことが20日、文部科学省の問題行動調査で分かった。いじめの定義を見直し全国的に件数が急増した06年度調査に対し、07年度は内容を精査した結果、最終的にいじめと判断されなかったケースが増えたとみられる。ただ、近年はいじめの舞台が教室からインターネットなどに広がっており、県教委は「発見や実態調査が難しくなった。件数が減ったからと楽観できない」としている。

 740件の内訳をみると▽小学校228件(前年度比771件減)▽中学校414件(同569件減)▽高校93件(同84件減)▽特別支援学校5件(同4件増)。児童生徒1000人あたりの認知件数は3・4件(同9・8件)、認知したが「現在は解消した」というものが86・8%(同7・4ポイント増)だった。

 小中高とも認知件数が大幅に減ったことについて、県教委義務教育課は「各学校が危機感を持って未然防止と早期発見に取り組んだ成果ではないか」と分析している。

 様態別では前年度に多かった「ひやかし」(68%)と「仲間はずれ」(19%)がいずれも2%減。表面化しにくい「遊ぶふりをしてたたかれる」(21%)や「パソコン・携帯電話での誹謗(ひぼう)中傷」(6・5%)がやや増えた。

 一方、暴力行為は06年度調査より9件多い220件だった。暴力行為は全国で前年度より20%増えたが、県内でも4%の増加だった。内訳は▽小学校20件(前年度比13件増)▽中学校96件(同4件減)▽高校104件(前年度同数)。同課は「子供のコミュニケーション力が低下し、ささいなことでも暴力に訴える傾向がある。ネットの書き込みに起因したものもあり、注意が必要」と警戒している。【鈴木敦子】

 ◇いじめ自殺確認できず
 文部科学省の問題行動調査では、「いじめによる自殺」とみなされた児童・生徒が全国で5人いた。07年度の県内自殺者は高校生4人だったが、いじめが原因とされるものはなかった。このうち西毛地区の県立高校男子生徒(当時17歳)について、両親が「いじめがあったのでは」と県教委に再調査を要望しているが、県教委は「現段階でいじめの事実を確認できていない」として、自殺原因を「不明」と文科省に報告したという。

毎日新聞 2008年11月21日 地方版

« 対話 | トップページ | 家なき人々の増加 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。