« 木と土の気を感じとる | トップページ | 「amazonビデオ・オン・デマンド」対応のHDテレビ発売 »

2009年1月 7日 (水)

訃報:木村恒久さん80歳=グラフィック・デザイナー

 木村恒久さん80歳(きむら・つねひさ=グラフィック・デザイナー)昨年12月27日、肺がんのため死去。葬儀は近親者で済ませた。後日、しのぶ会を開く予定。自宅は東京都港区高輪1の15の1の1206。喪主は妻史子(ふみこ)さん。

 60年に日本デザインセンターの設立に参加。66年、宇野亜喜良、永井一正、和田誠各氏ら当時気鋭のグラフィック・デザイナーが集まって前年に開催した展覧会「ペルソナ」で毎日産業デザイン賞。複数の写真を切り張りしてつくる「フォト・モンタージュ」で現代社会を鋭く風刺する作品を発表し、79年度の毎日デザイン賞を受賞した。作品集に「キムラカメラ」。

毎日新聞 2009年1月6日 19時33分

■合掌■ 御悔みを申し上げます。

Kimuracamera 19973

木村恒久(Wikipedia)
木村 恒久(きむら つねひさ、1928年 - 2008年12月27日)は日本のグラフィックデザイナー。
東京造形大学客員教授。

大阪市出身。大阪市立工芸学校(現・市立工芸高校)卒。1960年から日本デザインセンターに参加し、後に独立。1979年の『キムラカメラ』刊行の頃からフォト・モンタージュ作品を数多く発表。1979年、毎日デザイン賞受賞。1981年、『ボードリヤール・フォーラム'81』でジャン・ボードリヤールと討論を行った。

[作品集]
1979年 フォト・モンタージュ集『キムラカメラ』
1985年 『フォト・マジック』『ニッポンの"ゑ" 木村恒久VS谷岡ヤスジ』
1997年 CD-ROM『ラスト・モンタージュ』
1999年 モンタージュ集『What?』
2006年 モンタージュ集『ザ・キムラカメラ』

[主な個展]
1990年 ハーバード大学、ベルリン・ボラーエルンスト
1997年 中京大学ギャラリー
1998年 東京造形大学ギャラリー、京都造形芸術大学ギャラリー
1999年 ギンザ・グラフィック・ギャラリー
2000年 川崎市市民ミュージアム

[招待出品]
1996年 ポンピドゥセンター・東京都美術館共催『都市と芸術展』
2001年 日本・カナダ共催『E・12:生きるためのデザイン展』
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E6%81%92%E4%B9%85" より作成
出典: フリー百科事典『ウィキペディア』

« 木と土の気を感じとる | トップページ | 「amazonビデオ・オン・デマンド」対応のHDテレビ発売 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。