« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月27日 (月)

プロメーテウス(Προμηθεύς, Promētheus)

ギリシア神話に登場する神で、ティーターンの1柱。エピメーテウスの兄である。その名は、pro(先に、前に)+metheus(考える者)で、「先見の明を持つ者」「熟慮する者」の意である。
日本語では、長音を省略してプロメテウスとも呼ぶ。

アポロドーロスの『ギリシア神話』によるとイーアペトスとアシアーの子。アイスキュロスの『縛られたプロメテウス』によると女神テミスの子。ヘーシオドスの『神統記』によるとイーアペトスとクリュメネーの子である。

アトラースの弟であり、エピメーテウスとメノイティオスの兄、デウカリオーンの父である。ティーターン神族の子であるため、広義のティーターンに含まれる。

Prometheusdel

神々の姿に似せて創造された人類に、「火」を伝えたとされる。なお一説によると、人間を創造したのもプロメーテウスだったという(アポロドーロス『ギリシア神話』第1巻VII:1)。また、火だけでなく、数、建築、気象、文字などの知恵を伝えた。

その行いに怒ったゼウスは、権力の神クラトスと暴力の神ビアーに命じてプロメーテウスをカウカソス山の山頂に張り付けにさせ、生きながらにして毎日肝臓をハゲタカについばまれる責め苦を強いられた。プロメーテウスは不死であるため、彼の肝臓は夜中に再生し、のちにヘーラクレースにより解放されるまで半永久的な拷問が行われていた。

「ゼウスがテティスと結婚すると父より優れた子が生まれ、ウーラノスがクロノスに、クロノスがゼウスに追われたように、ゼウスも追われることとなる」という情報を知っており、それを教える事を交換条件として解放されたという説もあるが、逆にプロメーテウスは横暴なゼウスに屈しないがために、たとえそれが交換条件になろうとも教えなかったと言われている。現に、テティスの情報を教えたのはプローテウスと言われており、何らかの形で混同したとされる。

プロメーテウスの不死は、ケイローンがゼウスに頼んでプロメーテウスに譲ったものとされるが、これはヘーラクレースによる解放後とされており、明らかに時期が合わない。

Promtheus

☆ プロメーテウスを扱った作品
『縛られたプロメテウス』 - アイスキュロス
『縛を解かれたプロミーシュース』 - パーシー・シェリー
『鎖を離れたプロメテ』 - アンドレ・ジッド
バレエ音楽『プロメテウスの創造物』 - ベートーヴェン
交響詩『プロメテウス』 - リスト
『プロメテ―火の詩』 - スクリャービン
オペラ『プロメテオ』 - ノーノ
『プロメテウス』 - ゲーテ
『プロメテウス』 - LAST ALLIANCE

☆関連項目
ウィキメディア・コモンズには、プロメーテウスに関連するマルチメディアがあります。エピメーテウス
文化英雄
プロメチウム
原子力 - 上記の神話にちなみ、しばしば「(第二の)プロメテウスの火」と喩えられる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2009年4月21日 (火)

アフラ・マズダー (Ahura Mazdā)

宗教画などでは、有翼光輪を背景にした王者の姿で表される。 その名は「智恵ある神」を意味し、善と悪とを峻別する正義と法の神であり、最高神とされる。

ゾロアスター教の神学では、この世界の歴史は、善神アムシャ・スプンタと悪神アンラ・マンユらとの戦いの歴史そのものであるとされる。 そして、世界の終末の日に最後の審判を下し、善なるものと悪しきものを再び分離するのが アフラ・マズダーの役目である。 その意味では、彼は善悪の対立を超越して両者を裁く絶対の存在とも言える。

中世以降の教義では、パフラヴィー語形のオフルマズド (Ohrmazd)と呼ばれ、 アムシャ・スプンタの筆頭 スプンタ・マンユと同一視される。 この場合、古典的な教義に於けるアフラ・マズダーの役割(善神と悪神の対立の上にある絶対者)は ズルワーンが担う。

Ahura_mazd

起源的には、インド・イラン共通時代の神話に登場する最高神であるヴァルナである。ザラスシュトラの宗教改革によって教理的意味づけがなされ、宇宙の理法の体現者にまで高められたのがアフラ・マズダーである。アフラとアスラ(阿修羅)は語源的に同一である。善神であるアフラ・マズダーと対立するダエーワの語源は、インドに於いてアスラと敵対するデーヴァである。古代のイラン・インドの神話共有時代における始源神であるヴァルナは契約の神ミトラとならぶ最高神でもある。ミトラとともに太古のアスラ族、アーディティヤ神群を代表した。 またヒンズー教の太陽神あるいはアスラ王であるヴィローチャナから、火・太陽の属性を受け継いでいるとする説もある。

真言密教の大日如来も、起源をヴィローチャナとする説があり、アフラ・マズダーが大日如来の形成に大きく影響してると言われる事もある。

Matuda_04

★ 逸話
かつてのゼネラル・エレクトリックの電球のブランドだったマツダランプ(日本では提携先の東芝の製品が名乗った)、自動車メーカーのマツダのロゴ「MAZDA」はここから取ったと言われている。

★ 参考文献
メアリー・ボイス 『ゾロアスター教』 筑摩書房 ISBN 4480841245
伊藤義教 『ゾロアスター研究』 岩波書店 ISBN 4000012193
エミール・バンヴェニスト&ゲラルド・ニョリ 『ゾロアスター教論考』 平凡社東洋文庫 ISBN 4582806090
岡田明憲 『ゾロアスター教 神々への賛歌』 平河出版社 ISBN 4892030538

★ 関連項目
ヴァイローチャナ(Vairocana)
ヴィローチャナ(Virocana)
毘盧遮那仏(Vairocana buddha,birushana butsu)
大日如来(Maha vairocana,Dainichi nyorai)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2009年4月15日 (水)

小町算(こまちざん)

数の遊びである数学パズルの一種。

1□2□3□4□5□6□7□8□9 = 100 という数式の□の中に、+,-,×,÷,空白 のいずれかを一つずつ入れて正しい数式を完成させるというものである。

また、以下のように規則を変えて出題されることもある。
×,÷ の使用を禁止する。
括弧、冪乗、平方根の使用を許可する。
右辺を 100 だけでなくいろいろな値に変える。
左辺を逆順にする。(9□8□7□6□5□4□3□2□1 = 100)

小町の名称は小野小町に由来するが、その由来としては
小野小町のように美しい数式という意味

小野小町の下に九十九夜通いつづけた深草少将を偲んで
はまってしまうと結構おもしろくて時間のたつのも忘れてしまうので、こんなものに没頭すると知らないうちにおばあさん(おじいさん)になってしまうぞという意味。小野小町の歌「花の色はうつりにけりないたづらに、我が身世にふるながめせしまに」から。
などの説がある。

解答例
正順
1+2+3-4+5+6+78+9=100
123-45-67+89=100
1×2×3×4+5+6+7×8+9=100
1+2+3+4+5+6+7+8×9=100
1×2×3-4×5+6×7+8×9=100
逆順
98-76+54+3+21=100
98+7-6+5-4+3-2-1=100
98+7-6×5+4×3×2+1=100

(Wikipedia)

「小町算クイズ」の遊び方
http://homepage3.nifty.com/puzzlehouse/kg49/kg49.html

小町算 数学パズルの定番問題
http://www1.odn.ne.jp/haru/sansu/sansu_menu.html

2009年4月 9日 (木)

数字の持つ意味

数字の持つ意味は
↓ 以下のとおりタロットナンバーと対応している

1 「絶対」 開始・自立・革新・独創性 唯一の存在、「絶対」を表す。
2 「相対」 協調・親愛・知恵・受容性 二つの関係性を持つ「相対」を表す。 3 「発展」 閃き・開放・歓喜・創造性 方向性を生み出し、「発展」を表す。
4 「安定」 基盤・形態・信頼・現実性 4つの柱を持ち、「安定」を表す。
5 「変化」 自由・進歩・活動・自発性 動きを生み出す「変化」を表す。
6 「調和」 慈愛・献身・結合・完全性 陽と陰のバランスである「調和」を表す。
7 「飛躍」 変革・探求・直観・精神性 大いなる変革で、「飛躍」を表す。
8 「秩序」 統率・繁栄・活力・現実性 物質と精神のバランスとる「秩序」を表す。
9 「完結」 変容・共感・治癒・神秘性 完成へ向けて結実させる「完結」を表す。
10(0) 「完全」 全包括・全宇宙・神の栄光すべてを含む「完全」を表す。

11から円弧を描くようにターンしてカードを21まで並べる。0のカードで1 に繋ぐ。すると11から20まで試練の段階が数によっても浮かび上がってくる。奇数7×3=21、完全数となる。すると次には皆無となる零が待ち受けている。そして新しい旅のはじまりとなる。

「この世のものはすべて数字で表すことができる。
その数字の真の意味を理解すれば、
その背後にある隠された真実を知ることができる」ピタゴラス

数字の持つメッセージは
1=思考 2=現実化 3=マスター
4=天使 5=変化 6=物質
7=精神 8=手放す 9=終わり
0=神

数字のメッセージ
http://www.pandora333.net/

2009年4月 3日 (金)

The Emerald Tablets of Thoth

エメラルド・タブレット (単行本)
M. ドウリル (著), Doreal (原著)

Emeralld_tab

アトランティス人、トートが書いたという本。
「エメラルド・タブレット」の古さは紀元前3万6千年前にさかのぼる最古の本。

「このタブレットに書かれた知恵は古代神秘の基本であり、
目が開き、心が開けた者が読めば、
その人の知恵を100倍にも増してくれるだろう。」

「人間は物質ではなく、最終的に一者との結合を果たすこと」

「われ、遠き未来において人々を、魂を束縛せるかせより解脱し、光の中に生き、人々の魂の光たる“光”を蔽える暗黒の束縛なき“光生れの者”としてみるなり」

ドリール博士の解説では、この遠き未来を「第七サイクル」だと述べ、注解では「第七サイクルは1956年より始まっている」という。
現在が『エメラルドタブレット』にある新黄金期で、人々が暗黒を克服して光の子の本性そのものになる試練を歩むものと退行するものとの分割期となる。

黄金率のタブレットは、全部で13部。
タブレット12には「因果の法則と予言の鍵」が記され、
未来は固定化していないことを紐解く。
『さらばおー人よ、汝がもたらす諸結果を必ず常により完全なる結果をうむ原因たらしめよ』

聞く耳には響きわたるが、閉ざされた瞳に映されるのは無明あるだけ。
「下のものは上のもののごとく、上のものは下のもののごとし」

The Emerald Tablets of Thoth
http://www.crystalinks.com/emerald.html

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。