« 牡牛座 (Wikipedia) | トップページ | 籠目かごめ »

2009年5月10日 (日)

零の歴史

紀元 500年頃、アーリヤバタにはまだ零はありませんが、位取り記数法である数体系を工夫しました。彼は、位に"kha"という言葉を使い、それは後に零の名として用いられることになるでしょう。初期のインドの写本では、位取り記数法で空の場所を示すのに、ドット(点)が使われていた証拠があります。同じ文書の中で、私たちが未知数を表すのに xを使うようなところにもドット(点)が使われることもあったというのは面白いことです。後に、インドの数学者たちは位取り記数法で零を表す名前は持っていましたが、まだその記号はありませんでした。年代が分かって、すべての人が間違いないと意見が一致しているインドの零の使用の最初の記録は、876年に書かれたものです。

私たちは、876年と解釈(翻訳)できる年代の書かれた銘のある石板を持っています。その銘は、デリーの南 400kmにあるグワリオル(Gwalior)の町と関係があります。そこで、人々は縦横187ハスタ(hasta)と 270ハスタの庭に花を植えました。それはそこの聖廟に毎日花環を50捧げるのに十分な花を提供するでしょう。270と言う数字にも 50と言う数字にもどちらも今日書かれるのとほとんど同じように書かれています。0は少し小さく、若干上の方にありますが。

私たちは、今や、数字としての最初の零が出現したと考えるようになるでしょう。先ず、いかなる意味においても、自然に数字の候補となったものではないことに注意してください。初期の時代から、数字は、対象物の収集(集まり)に言及する言葉です。確かに、数字の考えは、次第に抽象的になり、この抽象化が、その後、零や負の数の考察も可能にします。しかし、それは対象物の収集(集まり)といった特性からは生じないものです。もちろん、零や負の数を考えようとすると生じる問題は、算術(算数)の足し算、引き算、かけ算、わり算といった計算操作(方法)について、お互いどのように作用し合うのかということです。インドの数学者、ブラフマグプタ、マハーヴィーラ、バースカラ3人の3冊の重要な書物は、これらの問題に答えようとしたものです。
kha

<object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/NEi4C6QA7LY&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/NEi4C6QA7LY&hl=ja&fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>

数字キーに切り替えるのではなく、押したまま数字のところまで指 を離さずに動かしていき離すとその文字が入力されます。そして、 キーボードのモードは英語のまま。いちいち数字モードに切り替え ることなく、英語モードのまま数字をいれらるような感じになりま す。

« 牡牛座 (Wikipedia) | トップページ | 籠目かごめ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。