« 『彼等のそれは思想伝達の具たり得るか』<形象8号> | トップページ | 美術雑誌『機關』の復刊 »

2009年8月 9日 (日)

直接行動の兆 I <形象8号>

直接行動の兆 I <形象8号>

 セザンヌ以来、展覧会の壁面を拒まれることは画家の光栄であった。落選者展覧会からアンデパンダン展に至るこれへの参加者は、おのれの栄光を信じ得た。しかるに壁面を拒まれることが至難となった二十世紀後半に至っては、もはやアンデパンダン展参加そのものが先験的に画家の光栄であることはなくなった。アンデパンダン展が反画壇であるとするならば、壁面を拒まれることの至難な画壇に対して反措定としてある意味をアンデパンダン展は失ったといわねばならぬのであって、運動の半径が美術運動の内径としてあるかぎり、アンデパンダン展は画壇の無原則性の増大とともに死に至るのである。従って血路はあきらかであり、それは美術運動の内径からアンデパンダン展が総体として出はずれることである。ではその方法はどうか。
 朝日ジャーナル3月17日号のオブジエの集積と題したアンデパンダン展評はスキヤンダリズムの全面的後退とそれにかわるオブジエの集積による造形研究の方法の意識的利用の登場といゝ、このダダ的傾向の後退は都美術館側の禁止条項というまったく外的な事情に由来したものに違いないといっている。一方芸術新潮4月号は読売アンデパンダンの末期と題し、このところ低調で悪評サクサクのそれはいよいよイケナイ段階に突入したらしいといゝ、反美術・反芸術の牙城も15年たつと老いさらばえて、無惨な老醜をさらけだしたと述べ、これに拍車をかけたのは今年から主催者と美術館とで取りきめた陳列作品規格基準だとしている。そしてこの基準で気勢をそがれた血気にはやる若者が初日の3月2日にささやかな抵抗ショーを演じたがすでに手遅れであり、展覧会そのものがダメになっているのだからどうしようもないのだと書いている。このふたつの無署名欄は誰が担当しているのか知らぬが、いずれもスキヤンダリズムの後退と、その外在因として陳列作品規格基準をあげている点で共通している。さらに、美術館側から提示された出品作品規格基準が読売アンデパンダン展に与えた影響の重大さに触れながら、このアンデパンダン展の変質についてなんらの痛みも感じていないらしくみえる展でもその伏床を同じくしているようだ。そしてさらにこのキバを抜かれた狼は大人しくオブジエの積木遊びを楽しんでいると思い込んでいる点でも又そうである。
 これらの批評の力点は本質において狂っている。他の公募点に対する批評なら充分に通用する批評の態度が、こゝでは効能がないということに彼等は気付かない。中西夏之の作品ひとつとりあげても、彼の作品は好評で、どの批評にも必ず眼についた作品としてあげられているようだが、例えば朝日ジャーナルはオブジエの集積という点でしかみていないし、芸術新潮でも又、その荷いもっている諸他の作品とは異質な性格に気付いてはいないのだ。私の読んだかぎりにおいて、その作品が平たくクリツプの密集したタブローとしてではなく、正しくその表題通りに攪拌行動を誘発するものとして記述しているのは、自分でも面白がって攪拌行動に手をそえた中原祐介たゞひとりなのであって、このように出品者に加担する姿勢があればこそ事件を痛みとしてとらえ、その文章が無責任な先鋭主義などというあんまり正体のはっきりしない言葉で始り、そして結んでいるにしても、作品の内容に及ぶ規定は除去すべきだという提言を含み得ているのである。諸他の展覧会は作品の空間的な、スタテイツクな配置のなかをひっそりと歩き廻ってひとわたりみてしまえばそれであやまりなく問題点を抉出することが出来るだろうが、読売アンデパンダン展にはもうひとつのモメント、即ち時間を加算しなければこの展覧会をとらえたことにはならないということを、少なくとも二年前には気付いていないならば、そもそもこの展覧会を批評する能力はないのである。出品者は商売になっちゃいないのだ。朝日ジャーナル、芸術新潮の無署名氏よ、たかの知れた小遣いかせぎにいゝ加減な批評を書くのはやめたまえ。
 ついでながら芸術新潮無署名氏のそれは世評の尻馬に乗って軽率な点では群を抜いていると申しそえておこう。こゝのところ低調で悪評サクサクであったと書いているが、こゝのところとはこの二、三年ということであるはずだが、ところが美術館が直接読売アンデパンダン展を目標にして作った基準であるという処の6項目が、同時にこの展覧会を特徴づけていた要素であると無署名氏はいっているのであり、それが去年でも一昨年でもなく、今年になって提示されたということの意味を君はどうみるのか、君にとってアンデパンダン展を特徴づけていたものが今回規制されたということは、少なくとも去年のアンデパンダン展は君の規定によればアンデパンダン展として低調ではなかったはずではないのか。さらに、反美術・反芸術の牙城も15年たつとさすがに老いさらばえてと書いているが、読売アンデパンダン展は15年前から反美術・反芸術の牙城であったなどというのはうそであり、15年来、この展覧会ははなはだしく美術的であり、芸術的であったのではないのか。そしてその上に、現代美術の問題につながるものは影をひそめたと書いているが、実は今回こそ、その問題につながるものが現れたのだ。即ち、私が会期直前に前年の出品者にあてゝ送付し、形象7号にも貼付したアピールにあるように、1963年の読売アンデパンダン展をみずから演ずる処の告別式としてとらえ、反美術・反芸術などという美術論の範囲にとどまらぬ可能性をはらんだ処の徹底したスキヤンダリストの登場である。以下簡単に空間的な作品の配置を眺めただけではとらえることの出来ぬ側面についてふれておこう。
 多分時間派の連中だと思うが、血気にはやる若者が初日の美術館正面の石段で演じた抵抗シヨーについては芸術新潮がすでに述べているが、彼等は美術館側の通告によって警察に拉致され、まず警察権介入の途を開いたこと。さらにこれはあまり面白くないが後日幽鬼のごとく館内をさまよい歩いてみせたこと。及び三木多聞が美術手帖の月評でとりあげているが、浜口富治が美術館の陳列作品規格基準に抗議して同じ初日に美術館前で作品陳列していることについて、時間的経過としてはふれておかねばならぬのだが、更に3月10日名古屋の加藤好弘達によるメタフイジカル、エロチシズム入滅式なる恐ろしく退屈な儀式が第4室でおこなわれた同じ時期に、高松次郎出品のカーテンに関する反実在性についてと題して、室の中央に横たわっていた黒い思辯的な紐が、なにものかの手によって反転出口を求めて朔行し、さらにその先端にジヨイントされた白い細い紐が部屋々々を横切って受付の前を通り、美術館正面の石段を駆け降り、噴水をなゝめにつっきり、林の中で紆余曲折したあげく西洋美術館と文化会館の間を通りぬけ、上野公園口に入り込み、レールによって日本全土に到達しようという、紐の持つ即自的要求にふさわしい事件があり、それが翌日に至って足元のふたしかな通行人を転倒せしめるという新たな事件を呼び、警察官がこのふとどきな紐をたどって遂に美術館に導き入れられ、美術館に対して撤去要求を出し、あわてふためいた美術館側はこの紐が読売アンデパンダン展の会場に入り込んでいるのを確認し、読売アンデパンダン展の役員に抗議し、読売アンデパンダン展の役員に抗議し、読売アンデパンダン展はさて誰がやったことか見当がつかず、たまたま居合わせた篠原有司男が仕方なく上野公園を駆け廻って紐を片付けて廻るという始末となり同じ10日休憩室と並んだ階段前のフロアでのグループ音楽の小杉武久、風倉匠による演奏は密告されて展覧会事務所で読売側係員と対決するという事態を生じ、会期末の15日、篠原有司男が駆けまわって片付けた紐の軌跡をなぞって黒枠告別式会場案内の手刷りのビラがまかれ、美術館正面石段右脇の大看板が第15回読売アンデパンダン展死すと大書されるに至るのであるが、これらの諸事件が執拗にばらまかれつづける赤瀬川原平のにせ札と、中西夏之のクリツプの、中原祐介いう処のいわば会場全体がイオネスコふうともみえる反応の展開する可能性をはらみつゝゆらめくのを背景としながらくりひろげられていたのである。
 なかんずく諸事件中白眉をなす小杉武久、風倉匠の掘り起こした問題についてはことこまかに記録する必要があるのである。その議論は整理するとこうである。(読売側をAとし、小杉、風倉側をBとする)。
 小杉武久については、
A 出品作品と関係のないことをしてもらっては困る、しかもその場所は読売が美術館から借りた場所ではない。
B 自分が袋に入って演奏するということが全体として作品なのであって、これは出品作品なのだ。
A それが作品だということは認める、しかし陳列委員会で決定した場所があるのだからそこでやって欲しい、動いてもらってはまずい。
B 動き廻らなければ意味のない作品なのだからそういわれても困る、定められた陳列場とは演奏の道具を掛けておく場所であってそれだけでは作品ではないのだ。
A 作品は動いては困るのだ、陳列日に陳列した位置に他人の作品が並んでいるといって苦情が沢山きている、勝手に他人の作品を動かす例があってこういうことは問題なのだ。
B それは全然性質が違う、こっちは人の作品を動かしてはいない、とにかくこういう作品を受付けたのだからいまになって駄目だというのは筋が通らぬ。
A 受付に際してこういう作品だということは分からなかった。
B それはおかしい、今回はきびしい規定があるようだが、そのどこにも動く作品はいけないとは書いてないではないか、一体どういう権限で駄目だというのか。
A 主催者としてだ。
B 主催者とは読売新聞社としてか。
A そうだ。
B 運営委員会はなんのためにあるのか、運営委員会がある以上、主催者がなんであろうと規定にない問題が生じた場合にはそれに計った上でのぞむべきではないか。
A 運営委員会には決定権がない。
B 決定権のない運営委員会とはなにものか、読売アンデパンダン展にとっての運営委員会とは諮問機関のことか。
A そうだ。
B それならそれで諮問委員会とちゃんと名乗りたまえ。諮問委員会ならそこがどう答申しようととにかくそこに諮問する責任が読売にあるはずだ、早速それを召集したまえ。
A それは出来ない、あなた達が自由に作品発表の出来る場所はこゝしかないのだ、これがつぶれてしまってはあなた達は困るだろう、読売内部でもアンデパンダン展には反対の空気が強いのだ、今回は会場の割り当てもあゝして減らされているのを知っているだろう、アンデパンダン展はつぶれちまいますよ、自重してくれないか。
B 会場が減らされたのは吾々が勝手なことをやって騒ぐからだというのか、それは美術館側に確認したのか。
A それは分からない。
B なぜ減らされたかを聞いていないのか。
A いない。
B そんな無責任な話があるか、こういう重大な問題をどういう理由からか知らないで主催者は済むと思っているのか、調べてきなさい。
 風倉匠について、
A とにかく貴方のは警察の問題だ。
B いや正規の手続きによって出品している。
A 貴方がやったようなことは受け付けていない。
B 題名を読んだか、題名は事物だ、事物とは事と物だ、事柄が含まれているのだ。
A 貴方のは公然猥褻物陳列だ、公衆に不快感を与える。
B 陳列基準にもそういうのがあるが、そんなことを云ったらあの6項目でどんな作品もみんな含まれてしまうのではないか。油絵具だって不快な匂いがする。大体美術館側から提示されたからといってそれをうのみにする馬鹿がどこにあるか、貴方だって基準提示の経緯を知っているはずだ。各美術団体責任者を集めての基準説明の際、質問に答えて美術館側はこれは絶体に守って欲しいが強制するのではない、この基準に牴触する作品が陳列された場合はその団体と話し合うのだといっているのでないか、アンデパンダン展は無審査がたてまえなのだから陳列させた上で出品者ともども美術館側と論争すべきではないか、第一風倉のやったことは一寸も不快じゃない。
A 貴方達専門家にはどうか知らないが、不快だというのが常識ですよ。
B その常識という奴が問題だ、貴方にはそれが常識でも、だからといって誰にとっても常識というわけにはいくまい。
A それはそうだがアンデパンダン展の観客は決して貴方達美術家ばかりではない、先生に引率された小学生が来たらどうするのか、これは問題ですよ。
B そういうときにはやらない。
A いつ来るか分からないではないか、とにかくやめてくれ。
B いや、これはおれにとって芸術の問題だ、貴方にやめろといわれたからといってやめる訳にはいかない。
A それではやるのか。
B やるかどうかは分からない、そのときになってみなければなんともいえない。
A それぢゃ話にならない、警察に一緒に来てくれ。
B いゝですよ、行きますよ。
 しかし警察にストレートに行ってしまうことについては異論を持つものがあり、美術館は一種の治外法権が成立するものであって、美術館側が提示した基準の問題もからんでいるのだから美術館側の見解をたゞした上で警察に行くべきだという意見であり、読売側もこれに同意した。ところが、生憎くこの日は日曜日で、美術館の責任者はいないのであって、一体どこに連れて行くつもりなのか面白くて、にやにや薄笑いをしながらついていったら守衛室につれ込まれたのであるが、事情を聞いた守衛は弱り果てた顔をして、こんなことは美術館始まって以来のことだといゝ、読売さんが駄目だというのならやめた方がいゝでしょうと、はなはだ煮え切らない返事をし、裸はいけないといったって、二科では公然とストリップをやっていたではないか、あれはどうなんだと聞けば、いやあれは届けてあるのだと答えた。風倉匠がそれでは届ければいゝのかと聞いたのはうかつに吾からわなを作ってそれに落ちたのであって、風倉匠の件はとにかくやるときは読売側に届けてからするという事になってしまったのである。読売側係員が小踊りして、にこにこ顔で帰ってしまったのはいう迄もない。
 さて、以上の経過から吾々の得たものはなにか、第一にかねてからの噂通り、運営委員会はビフテキ委員会であって、ビフテキの陪食だけしていてくれればいゝのであり、その決定に拘束されるなどとは読売新聞社は露ほども考えていないのであって、それは主催者の恣意を隠蔽し、アンデパンダン性をよそう羊の皮だということである。第二に美術館提示の陳列作品規格基準はただ単に読売アンデパンダン展を対象にして作ったというだけではなく、そのおのずからの自己発展の法則に従って野放図にふくれあがっていく、アンデパンダン展出品作品の反社会的な傾向におそれをなした読売新聞社側が、昨年は展示拒否を運営委員会に諮問して反対されたのにこりて吾から美術館と合議し、拒否基準を作った疑いがあるということである。
 アンデパンダン展を新聞社が主催し、営利をはかるという、その出発からしてこのアンデパンダン展はゆがんでいるのであって、だからこそ名目だけの運営委員会が必要なのであり、同時にアンデパンダン展も名目だけになってしまうのである。それではアンデパンダン展のひずみを修正するために読売新聞社を主催から後援に移し、運営委員会が正しくその機能を発揮するようにしたらいゝ。しかしそれは昨年の時点でチヤンスを逃している。法律とか、社会公共のなんとかといえば、簡単に説得出来ると思い込んだ読売新聞社の出品拒否意志を拒否した運営委員会は、その答申を拒否されたときにビフテキを拒否し、読売新聞社営利の恣意隠蔽の道具となっていることを拒否し、主催者読売新聞社を拒否すべきであったのである。ひとつの平手打に対して10の平手打で応える、これはけんかいのイロハであろう、美術界きっての戦斗的な若者を大量に含んだ読売アンデパンダン展運営委員会はそれにしちゃあどうだろう、ねえ、あまりといえばだらしがねえ。
 冒頭に述べたとおり、画壇に対する対概念としてのアンデパンダン展は終わりをつげたのであって、そのおのずからの発展形態が反社会に接する処で新聞社営利を乗ずれば、今回の拒否基準6項目風のずるいやり方で爪も牙も抜こうという計画になり、それへの反抗がアンデパンダン展自滅の時間を早めるのであり、一方新聞社営利の恣意を排除し、運営委員会最高権力という方向で考えても、中原祐介のひそかなプラン通り、さらにすみやかにアンデパンダン展は崩潰するのである。このいずれにしても早晩崩潰するはずの読売アンデパンダン展にちょっかいを出す理由はなにか、新聞社営利の恣意によってではなく、出品者の手によってアンデパンダン展を葬ろうがためである。アンデパンダン展が総体として美術運動の内径から出はずれるということはなるほど無審査展の血路であるが、それは同時に上野都美術館を締め出されることでもあるのであれば、無審査展が美術館を締め出す方法を案ずべきであろう。それは中西夏之、赤瀬川原平流に会場全体を自己の作品と化し、あるいは高松次郎流にその作品がおのずからおびきよせる仕方によって美術館をあふれ出る要求をもった作品を作ってしまうことであり、小杉武久・風倉匠流に直接読売を権力化し、さらに美術館権力、警察権力へとバトンタツチをされざるを得ない作品発表で美術館を出はずれるという、今回のやりくちがその萌芽として示唆する処、大きいのである。

<形象8号>

« 『彼等のそれは思想伝達の具たり得るか』<形象8号> | トップページ | 美術雑誌『機關』の復刊 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。