« 八部衆(Wikipedia) | トップページ | 川仁宏(かわに ひろし) »

2009年8月 3日 (月)

《コンパクトオブジェ》は何故にして卵なのか

Conob240
62年ころ 中西夏之の興味は平面から立体へと移り、日用品をアクリル 樹脂で卵状に固めた《コンパクトオブジェ》に帰結した。63年には、高松次郎、赤瀬川原 平らとともにハイレッドセンターを組織、一連のハプニング的な試みを電車の中や街頭に、洗濯挟を撹拌行為として表現を美術館や画廊の外へ求めた。中西作品は思考の過激さを気持よく加速していった。

キャンバスの外側に産み落とされたオブジェは、古き組織や器官を解体させるような勢いで次々と有機的に制作される。機能性をアクリルの中で停止させられた物質や装置は、昆虫採取された異世界からの標本のように収められている。何故「卵」の形状にされたかと作者本人へ問えば、「宇宙の貌がそうだと想ったからだ」そう迷いなく奇才は答えた。

Concon

塞がれた耳/amingnetation.No1
中西夏之 NakanishiNatsuyuki.1967.本人蔵
「絵画といったとき、それは独立してあるんじゃなくて、何かと対になったものだから、それは一つの片割れ、もう一方の片割れは描き手」

2004n

中西夏之(なかにし なつゆき、昭和10年(1935年)-)

前衛美術、現代美術家。1996年より2003年まで東京藝術大学にて美術学部絵画科油画専攻教授を務め、美学校の設立にも奔走した。

1935年東京都・大井町に生まれ、1954年東京都立日比谷高等学校卒業。同窓に作家の坂上弘、文芸評論の権田萬治などがいる。1958年東京藝術大学絵画科(油画専攻)を卒業。大学時代の同窓に高松次郎、工藤哲巳、磯辺行久など。1959年にシェル美術賞で佳作を受賞した。

1962年、高松次郎、川仁宏らと共に、山手線のホームや車内で卵型のコンパクトオブジェを用いた「山手線事件」のハプニングを行い、翌1963年には、第15回読売アンデパンダン展に《洗濯バサミは攪拌行動を主張する》を出品、時代を代表する作品となる。同年、高松次郎、赤瀬川原平らとハイレッド・センター(高・赤・中)を結成し、銀座の街頭や画廊などで日常に懐疑を突きつける多くのイヴェントを実践した。

1960年代から舞踏家の土方巽と交流をもち、周辺の瀧口修造や澁澤龍彦、シュルレアリスム系の画家や詩人たちと親交するほか、1965年の暗黒舞踏派公演『バラ色ダンス〜澁澤さんの家の方へ』、1968年の『土方巽と日本人—肉体の叛乱』で主要な舞台美術・装置を手がけ、笠井叡や山海塾らとも協働を重ねる。近年はフランス・リヨン国立歌劇場でのペーター・エトヴェシュ作曲、天児牛大演出によるオペラ作品(『三人姉妹』(1998年)、『更級夫人』(2008年))などでも舞台美術を担当した。

初期には、砂を用いた絵画《韻》、連作廃品を溶接した《内触覚儀》、アクリル樹脂で身辺の事物を封じ込めたコンパクトオブジェなど物質的な要素の強い作品を制作し、1960年代以降も《正三角儀》や《山頂の石蹴り》など、幾何学的かつ身体感覚を強く反映した作品が多い。

60年代後半からは「絵画」の制作を主軸とし、特に1970年代から、白、紫、黄緑といった色を基調とする、油彩の平面作品を発表。作家と現実空間との緊張関係を主題にした思考性の強い作品を数多く制作。現在まで精力的な取り組みを見せている。

1995年神奈川県立近代美術館での個展以来、インスタレーション「着陸と着水」シリーズが続いている。

主な作品
「コンパクト・オブジェ」(1959)国立国際美術館
「韻」(1960))東京国立近代美術館他
「エマンディタシオン」(1968)板橋区立美術館
「l*字型‐左右の停止‐」(1986)練馬区立美術館
「2・1・2・3柵型四群一瞥と擦れ違い」(1993)東京ミッドタウン内
「汐留のための『4ツの月』」(2002)電通本社ビル内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

« 八部衆(Wikipedia) | トップページ | 川仁宏(かわに ひろし) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。