« 反芸術綺談 菊畑 茂久馬 | トップページ | 若者は待ち時間「忍耐強い」傾向 »

2009年8月17日 (月)

美学校 (Wikipedia)

美學校(びがっこう)とは、 1969年(昭和44年)2月、現代思潮社(出版社)の川仁宏らによって創立された東京神田神保町にある美術・芸術の専門学校。

創立以来の講師陣には、中西夏之、加納光於、赤瀬川原平、松沢宥などの美術家のほか、笠井叡(舞踊家)、鈴木清順(映画監督)、木村威夫(映画美術監督)、小杉武久(音楽家)、松山俊太郎(インド哲学)、澁澤龍彦(作家・評論家)、唐十郎(舞台俳優・演出家)など多彩な人物が教壇に立った。

特に赤瀬川原平が、創設以来長年に渡って講義をした「絵・文字工房」は、赤瀬川のその折々の興味の対象を講義する人気の教室で、平口広美、南伸坊、渡辺和博、泉昌之(泉晴紀/久住昌之)、森伸之など、多くの人物を輩出した。

その他にも、平出隆、林英哲、村上龍、佐野史郎、浜津守、末井昭、浅生ハルミン、長谷川貴子らも出身者。

Bigakkool Bigakkou

1975年(昭和50年)に現代思潮社から独立。現在は会田誠を初めとする昭和40年会のメンバーなども教えている。最近では、1回ごとに金額を払う「パーソナルLab」コースも開設されている。

ただし、2004年3月25日の朝日新聞の記事によると、ここ数年は新入生は50人を切り続けており、それによる赤字は第1期卒業生である、代表の藤川公三(2000年から今泉省彦の辞任にともない、代表に)が個人で負担しているという。

また、「映画美学校」とは無関係である。

ギグメンタ2008-美学校1969年の現在展(70年代から現在までにつながる「美学校文化」を見渡す初の試み) 2008年4月1日(火)〜15日(火)11:00〜20:00 会場:アートコンプレックスセンター 企画:美学校1969年の現在・実行委員会
参加作家:赤瀬川原平、みうらじゅん、根本敬、泉靖紀、平口広美、久住昌之、南伸坊、町田久美、室伏鴻、会田誠、小林嵯峨、細江英公、黒田育世、間島秀徳、大野慶人、土方巽、白土三平、中村宏、中西夏之、亀村佳宏、森下隆、松澤宥、GROUPE DU VENT(風組)、野口暁、赤土類、para ROUND(伊丹裕+中村祥士)、サエグサユキオ、TOPPER、王×児×狼×(ill existence)、御厨貴、内海信彦、ホシノマサハル、久住卓也、佐々木良枝、文井秋、荒井良二、メチクロ、韮沢靖、植地毅、相馬大、もとはし遥、小野のん子、田尻麻里子、中西美穂、谷川まり、涓東節江、蔭山ヅル、イトー・ターリ、山岡佐紀子、井上玲、ほか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

美学校 http://www.bigakko.jp/

« 反芸術綺談 菊畑 茂久馬 | トップページ | 若者は待ち時間「忍耐強い」傾向 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。