« 俺と悪魔のブルース | トップページ | 高松次郎『世界拡大計画』 »

2009年9月17日 (木)

ブルーズを蹴飛ばせ!

音楽雑誌『ロックジェット』(シンコーミュージック)連載

【ブルーズを蹴飛ばせ!】
第1回「ブルーズの顔役、マディ・ウォーターズ」
第2回「テキサス・ブルーズの奇人、ジョニー・ギター・ワトスン」
第3回「英国ロッカーを魅了したハーピスト、サニー・ボーイ・ウィリアムスンII」
第4回「ブギーの王様、ジョン・リー・フッカー」
第5回「ローリング・ストーンズが愛したブルーズ/R&Bの偉人達20撰」
第6回「白肌のハーモニカ魔術師、ポール・バターフィールド」
第7回「ソウルの貴公子、オーティス・レディング」
第8回「ディープ・ブルーズの継承者、オーティス・ラッシュ」
第9回「不屈のブルーズ・ギター・マスター、T-ボーン・ウォーカー」
第10回「シカゴ随一のハーモニカ達人、リトル・ウォルター」
第11回「ニュー・オーリンズの人間ジュークボックス、スヌークス・イーグリン」
第12回「元祖ブルーズ兄弟、ジミー・リード&エディ・テイラー」
第13回「王道のど真ん中、デルタ・ブルーズ」(チャーリー・パットン、ウィリー・ブラウン、サン・ハウス、ロバート・ジョンスン、ブッカ・ホワイト、トミー・ジョンスン)
第14回「時空を超えた粋人、ジェフ・マルダー」
第15回「欧州ブルーズ種蒔きツアー、アメリカン・フォーク・ブルーズ・フェスティバル」
第16回「スライド・ギターの猛犬、ハウンド・ドッグ・テイラー」
第17回「前進し続けるブルーズ・ギター・マスター、ロバート・ロックウッド・ジュニア」
第18回「黒人大衆音楽の伝道コンビ、ブルース・ブラザーズ」
第19回「ミスター・ブルーズ・パワー、アルバート・キング」
第20回「シカゴ・ブルーズの総本山、ジミー・ロジャーズ」
第21回「希代の白人ソウルマン、ダン・ペン」
第22回「ニュー・オーリンズの風雲児、ギター・スリム」
第23回「芸人の宝庫、戦前メンフィス・ブルーズ」(フランク・ストークス、ジム・ジャクスン、ファリー・ルイス、ロバート・ウィルキンス、メンフィス・ミニー、スリーピー・ジョン・エスティス、メンフィス・ジャグ・バンド、ガス・キャノンズ・ジャグ・ストンパーズ)
第24回「ブルーズとロックの蜜月、ジェシ・エド・デイヴィス」
第25回「孤高のブルーズ狼、ハウリン・ウルフ」
第26回「歩くブルーズ、ライトニン・ホプキンス」
第27回「ダンス・ビートでぶっ飛ばせ、ミシシッピ・フレッド・マクダウェル」
第28回「シカゴ・ブルーズの若大将、マジック・サム」
第29回「アメリカン・ミュージック、テキサス・スタイル、クラレンス・ゲイトマウス・ブラウン」
第30回「ブルーズの王様、B.B.キング」

ローウェル・フルスン、ジュニア・ウェルズ、アルバート・コリンズ、シティ・ブルーズ(リロイ・カーとロニー・ジョンスン)、リトル・ミルトンとボビー・ブランド、スクリーミング・ジェイ・ホーキンス、フレディ・キング、バディ・ガイ
http://ameblo.jp/ysbb-yamashin/entry-10163924192.html

『ブルーズを蹴飛ばせ!』目次
【シカゴ・ブルーズ】
●ブルーズの顔役、マディ・ウォーターズ
●英国ロッカーを魅了したハーピスト、サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡ
●ブギーの王様、ジョン・リー・フッカー
●シカゴ・ブルーズの総本山、ジミー・ロジャース
●ブルーズ・ギターの求道者、ロバート・ロックウッド・ジュニア
●元祖ブルーズ兄弟、ジミー・リード&エディ・テイラー
●シカゴ随一のハーモニカ達人、リトル・ウォルター
●スライド・ギターの猛犬、ハウンド・ドッグ・テイラー
●白肌のハーモニカ魔術師、ポール・バターフィールド

【サザン・ブルーズ】
●孤高のブルーズ狼、ハウリン・ウルフ
●ダンス・ビートでぶっ飛ばせ、ミシシッピ・フレッド・マクダウェル
●ワイルド・スライド王、エルモア・ジェイムス
●湿地帯のレイジー・ブルーズ、スリム・ハーポ

【戦前ブルーズ】
●王道のど真ん中、デルタ・ブルーズ(チャーリー・パットン、ウィリー・ブラウン、サン・ハウス、ブッカ・ホワイト、トミー・ジョンソン
●戦前ブルーズの百科事典、ロバート・ジョンソン
●孤高の職人集団、戦前シティ・ブルーズ(リロイ・カー、ロニー・ジョンソン、ビッグ・ビル・ブルーンジー、サニー・ボーイ・ウィリアムソンI、タンパ・レッド)
●芸人の宝庫、戦前メンフィス・ブルーズ(フランク・ストークス、ジム・ジャクソン、ファリー・ルイス、ロバート・ウィルキンス、メンフィス・ミニー、スリーピー・ジョン・エスティス、メンフィス・ジャグ・バンド、ガス・キャノン)

【テキサス・ブルーズ、ニュー・オーリンズ・ブルーズ】
●歩くブルーズ、ライトニン・ホプキンス(コージー大内インタヴュー)
●不屈のブルーズ・ギター・マスター、T-ボーン・ウォーカー
●眠れる巨人、ローウェル・フルスン
●アメリカン・ミュージック、テキサス・スタイル、クラレンス・ゲイトマウス・ブラウン(THE!!BEAT平山インタヴュー)
●ニューオーリンズの風雲児、ギター・スリム
●テキサス・ブルーズの奇人、ジョニー・ギター・ワトソン
●人間ジュークボックス、スヌークス・イーグリン

【モダーン・ブルーズ】
●ブルーズの王様、BBキング
●ミスター・ブルーズ・パワー、アルバート・キング
●ディープ・ブルーズの継承者、オーティス・ラッシュ
●ハイテンション・ギターの猛将、フレディ・キング
●シカゴのブルーズ若大将、マジック・サム
●ブルーズ・ギターの活火山、バディ・ガイ

山本慎也の「BLUESを蹴飛ばせ!」
日本語ブルーズバンド「Y.S.B.B.」で歌っています。パブロックバンド「M.D.B.」でも活動中。http://ameblo.jp/ysbb-yamashin/

« 俺と悪魔のブルース | トップページ | 高松次郎『世界拡大計画』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。