« AFRICA セバスチャン・サルガド | トップページ | 「男の嘘」と「女の勘」 どちらが勝つか? »

2009年11月17日 (火)

2012

マヤ文明では歴史は繰り返すという観念があり、異なる周期を持つ複数の暦が用いられていた。また暦のなかには一つの周期の終わりが滅亡に結び付くと考えられていたものもあったらしく、マヤ文明衰退の一因にこうした終末観の影響を挙げる者もいる。
マヤ文明で用いられていた暦の一つ、主に碑文などで用いられていた長期暦はある起点日からの日数で表わされておりその周期は13バクトゥン(187万2000日)であった。長期暦のグレゴリオ暦への換算は様々な計算法が確立されているが、現在有力視されているのはGMT対照法である。

マヤの神話はディエゴ・デ・ランダの焚書の影響などにより、現存する資料が少ない。しかしながら、現在残されている『ポポル・ヴフ』などからはマヤの世界観が破滅と再生の周期を持っていたとされている。

その世界観では現在の世界は第5の時代にあたっており、先行していた4つの世界はいずれも何らかの要因で滅んだとされている(それぞれがどのような要因で滅んだかは、資料によって違いがある)。それらの世界の周期は各13バクトゥンとされていた。こうした世界観はメソアメリカでは典型的なもので、アステカ人の神話にも見られる。

長期暦の現サイクルの始点である|紀元前3114年には世界はおろかメソアメリカ限定ですら何らかの大規模な天災地変の痕跡を見出すことはできないため、この年代は歴史的な理由というよりも神話上の起源として想定されたものであると考えられている。この始点を設定したのは紀元前3、4世紀ごろの神官たちであったと推測する者もいる。

他の事柄との関連
この年の5月20日に最大規模と呼ばれる金環食が起こり、この時太陽、地球、月、さらにこれに加えプレアデス星団までが正確に地球と一直線に並ぶという天文学的に稀な現象が発生すると主張する者もおりその日が12月22日の滅亡に向かう契機と解釈するものもいる。また、フォトンベルトと関連付けるものもいる。

ほかに太陽活動の極大期が2012年頃に当たっており太陽嵐が発生する可能性があることから、ギルバートのようにこれと関連付ける論者もいる。だが、これについては1957年にほぼ同程度の活動があった時も特に人類滅亡には繋がらなかったとする反論が寄せられている。それに対して地球の磁気圏で見つかった巨大な穴により、今回は大きな被害に結びつくと指摘するものもいる。

なお21世紀に予言者を自称する者には人類の8割が滅亡する時期を2043年におくジュセリーノ・ダ・ルース、2012年に特に言及のないまま西暦3000年までの予言をしているジョー・マクモニーグルのように2012年に人類が滅亡するという立場と一致しない予言をする者もいる。また自称「未来人」のジョン・タイターは2036年から来たと主張していたが、彼によれば2015年に米ロをはじめとする主要国の核戦争が起こったという。wikipedia

「未来人」ジョン・タイター
2000年11月2日、電子掲示板に、2036年からやってきたと自称する男性が書き込みを行った。彼は John Titor (ジョン・タイター)と名乗り、未来からやってきたという証拠を提示していった。
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/30_c397.html

20091114

2012年の出来事の実際はこなければわかりません。しかしすでに多くの人の体に変化が生じていると思われます。以前の体では経験しない不調(長期の下痢や風邪やインフルエンザににた症状、頭痛など)や逆に一般的に直らないと思われる病気が回復、また従来の病気が急に進行するなどです。いろいろな観点からみて人類と地球がまさに限界にいることは事実です。特に地球事態が人類の残虐行為(核爆発、戦争、飢餓、貧困、不安、自然破壊、動植物の消滅)などにより瀕死の状態であるため今の霊的なレベルの人類を養うことができないということです。災害の多くは地球自体の自己治癒の方法なのです。ただし関東圏の地震がいまだにこないという事実は災害に伴い生じるさまよえる数百万人の魂の開放は今以上に地球を疲弊させるためにほかの場所でエネルギーを抜くことにより避けられているようです。ですから地球としましては死後にさまよう魂をできるだけ作らない方法で人類を減らす方法をとるようです。つまり大災害は来ないということです。ただし人類はかなりはやく自然な形態で減少するようです。日本人の少子化もこのためと思われます。
また人類は悪と善の世界を作り上げこの悪が地球を疲弊させている主な原因ですから悪が存在できない状況を作り出すべく非物理世界から多くの意識体が地球とともに働いております(ここの部分は各自の直感か霊的な能力に依存します)。アメリカや日本での国民の意識の変容もまた顕著ですね。自我をコントロールし何事も楽しみ、愛的な生活で全てはうまくいくと思います。

« AFRICA セバスチャン・サルガド | トップページ | 「男の嘘」と「女の勘」 どちらが勝つか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。