« 「捕喝国」 ミステリィー | トップページ | 九つの扉 »

2009年11月 6日 (金)

捕喝国/ブハラ

◇Bukhara/Bukhoro/Buhoroの動画画像くんたち
ペンギンのことが大好きな仔犬くんのアデリーなページ PENGUIN TARO
Bukharaの動画画像 http://hello.ap.teacup.com/applet/koinu/20091103/archive

Bukhara__panorama

○(1)(Bukhoro Wiloyat)⇒ぶはらしゅう(ブハラ州)
○(2)中央アジア、ウズベキスタン共和国中南部のブハラ州の州都。
ゼラフシャン川(the Zeravshan River)下流部のオアシスに位置し、
シャフルド運河(the Shkhrud irrigation canal system)に面する。
 北緯39.77°、東経64.42°の地。中央アジアのイスラム教聖地。
 「ボハラ(Bokhara)」,「ブカラ」とも呼ぶ。
〈人口〉 1979(昭和54)18万5,000人。1987(昭和62)22万人。1989(平成元)22万4,000人。1991(平成 3)24万9,600人。2003(平成15)27万2,400人。
◎隋・唐では「安国」として知られる。
  709(和銅 2)イスラム帝国領。
 9世紀、サーマーン朝(the Samanid state)の首都となり、イスラム文化が栄える。
 1220(承久 2)モンゴル軍が占領。
 1370(<南>正平25,<北>応安 3)ティムール軍が占領。
 16世紀、ブハラ・ハン国(Bukhara Khan)の首都。
 1868(明治元)帝政ロシアの保護国。
 1920~1924(大正 9~大正13)ブハラ人民共和国(the Bukhara People's Republic)の首都。
 1993(平成 5)旧市街地が世界遺産の文化遺産に登録。
◎ロシア文字は"Бухара"。

関連記事
◆ササン朝ペルシア(Sassanid)サーサーン朝 
http://koinu2005.seesaa.net/article/80224912.html

◆マニ教(Manichaeism)
http://koinu2005.seesaa.net/article/80715483.html

◆ハウス・オブ・ウイズダム(知恵の家)Bayt al-Hikmah が教えること
http://koinu2005.seesaa.net/article/80363976.html
映画マトリックスは現実にあった叡智対戦であった。懐かしいけれども、追い求めるものには分かり合える世界の構図なんだわ。

« 「捕喝国」 ミステリィー | トップページ | 九つの扉 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。