« 九つの扉 | トップページ | 印度の巨大魚は億劫なそうねん »

2009年11月 7日 (土)

改革された哲学

Mylius 'Philosophia Reformata' 1622年
---------------------------------------

Emblem1 Emblem 1.


2つの山の間にある深い谷では、ムーンチャイルドを看護している太陽が乳房を与えている。太陽の体は地球の大地に包まれ、湖の水を集めている山間に立つ。 左端の山の上には燃えさかる火の中にはサンショウウオが吠えて、右端の丘の上には鳥の巣があり、鳥が座っている間にもう一羽は 空へ飛び立とうとしている。これら自然界にある四要素 「火」「水」「地」「空気」に囲まれて、ガイアは姿を現そうとしていた。

Emblem2 Emblem 2.
4つのシンボルの上に大地母神がバランスを保っている。
左から右へと、地、水、空気、火とならんで、四要素の女神の頭上にはフラスコが燃えていた。
各シンボルを示すフラスコ内部には、自然界とも化学反応をして姿をみせている。
大地に種をまく人、水は種子発芽させる、空へ翼を広げたて気をはく鳥、百獣の王ライオンの頭は火を示している。
水の女神は左手を地球の大地指差して、「化学との結婚」の始まりを意味している様子だ。

Emblem3 Emblem 3.
晴れやかな光の数字の上には、太陽と月は背中合わせに座っている。 太陽に向かって右手で図を保持する二重のフラスコがある。上部にはセプターとなる王が在任中して、下部には黒い鳥(カラス)がいる 。月に向かって女性が左手に保有してるフラスコには、最上位圏のものが含まれる。白い白鳥のに対して、下位には孔雀が羽をひろげている。
これら太陽と月に見守られた四つの要因は 三つの光を求める神獣とともに、七つの世界を形成している。左にはえた木の切り株の再生には、新しい葉をいくつしか見せて、右には完全に成熟した大樹へと育っている。

Emblem10 Emblem23Derolatyrannyoftheexternalfire Derolabirdsfly179

【Emblem28までつづく】http://koinu2005.seesaa.net/article/73127205.html

「改革された哲学」はEmblem28まで展開されて、叡智のシンボリズムによって視覚的にも導かれて理解をうながすものである。これらの図版には「3」「7」「9」といった奇数の数には、自然界を示すものだと推移させるバリエーションが反芻して描かれている。
ラッキーな数というより自然数ととらえると、Philosophia Reformataの図版の物語のナゾは解けてくるようだ。ペンギンタロットの次はEmblem図版 28枚の解析と翻案にとりくみたいと思う。 「改革されたペンギン哲学」ということになるのか。

師匠の種村季弘さんは「改革された哲学」の図版を紹介されただけで、それ以上は何もされていないうちに他界してしまった。近代化されない異端や香具師の世界を神秘からは程遠い地平より、とことん愉しんでおられた笑顔が忘れられないなぁ。

« 九つの扉 | トップページ | 印度の巨大魚は億劫なそうねん »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。