« 高尾山もみじまつり | トップページ | 蛸杉と天狗さん »

2009年11月 2日 (月)

高尾山の天狗

薬王院飯縄権現堂の前には、鼻の高い大天狗と烏の嘴を持った烏天狗の小天狗の像が立っている。。高尾山は天狗の住む山といわれ、数々の天狗の話が伝わっている。

Takaoten

天狗は古来から多くの天狗伝説や信仰をもたらして神格化されてきた。
天狗はインドの仏典では「流星」をさす言葉として用いら中国語に訳されたとき「天狗」の字が当てられたといいます。しかし中国では、各種の書物に天狗の表現があるものの地上に災難を及ぼす自然の恐れとして捉えられており、日本のように天狗は、人のような姿で語られることはありませんでした。

舒明天皇9年に大きな星が東から西に流れ、「あれは流星ではなく天狗だ」という記録が文献にある。
時期は大化の改新前夜で旱魃があり日食がありと、色々な異変が起きている時で怪異のひとつとして天狗が登場しす。天狗は自然現象そのものとして捉えられていた。

--------------------------------------------------------------------------------
高尾山ほど多くの市民に親しまれている身近な自然は日本には他にないでしょう。江戸時代まで寺社の森として守られ、今でも深い森と清らかな清水で溢れています。高尾山の奥には、昔は北条氏の山城があり、今でも八王子城跡として都立公園になっています。1200種あまりの植物とオオタカというタカも生息しています。「山の自然学」の著者の小泉氏は高尾山の自然について次のように言っています。
「東京という大都市のすぐそばにあって、このような多彩な自然を維持できているというのは、まさに奇跡的なことといえます。私たちはこのすばらしい財産を、そのままの姿で子孫に引き継ぐ義務があるといってよいでしょう。」(「山の自然教室」岩波ジュニア新書)
--------------------------------------------------------------------------------

高尾山アピール  「立ち止まって考え直そう」
秋山ちえ子 新井満 池辺晋一郎 井上ひさし 色川大吉 梅原猛 永六輔 大谷昭宏 大林宣彦 小山内美江子 川田龍平 小林カツ代 早乙女勝元 椎名誠 辰濃和男 山田洋次 養老孟司 渡辺えり ほか(敬称略) 
高尾山の自然をまもる市民の会
http://homepage2.nifty.com/takao-san/
    
民事裁判ー高尾山天狗裁判 
http://homepage3.nifty.com/takaosan-tengusaiban/minji.html 

Tengu

« 高尾山もみじまつり | トップページ | 蛸杉と天狗さん »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。