« 未来を予測するコンピューターが記録した童話 4 | トップページ | 安部公房(あべ こうぼう) »

2009年12月28日 (月)

第四間氷期・あらすじ

 舞台は現在の地球の状態を第四氷期(ウルム期)と次に来るべき第水期との間の、第四間氷期としてだけではなく、五〇〇〇万年に一度防れる「地質大変動期」としてとらえ、来たるべき過酷な未来で人類がどう生きられるかを描いている。

 ソ連が世界に先駆けて「予言機械」を開発したのに続いて、日本でも中央計算技術研究所の勝見博士と頼木助手を中心とする開発チームによって「予言機械」が完成し、いよいよ実用段階に移ろうとする。実用化の前の段階として試験的に一個人の未来を予言することになり、その対象に選ばれたのは商事会社の会計課長だった。彼の一日の行動を追跡していた勝見博士と頼木は思わぬ殺人事件に遭遇することになる。
 その会計課長は、愛人の近藤ちか子のアパートに入り込み、その夜殺されてしまうのである。事件直後、自分が殺したと彼女は自首しているが、動機その他にあいまいな点が多く、勝見博士と頼木は真相究明の
ため、男の屍体の脳細胞を予言機械につなぎ真犯人を語らせることにした。それによると、妊娠三通間以内の胎児を買いとる胎児売買組織があり、ちか子は自分の胎児を売ったり、その期間に該当する胎児をもつ
妊婦を組織に細介していたのである。その組織の存在を知った彼は、秘密保持のため阻織の者に殺されたのだと言う。
 同じころ、勝見博士の妻も妊娠初期だった。かかりつけの産院へ行くと、医師は不在で、応待に出た見知らぬ看護婦に粉薬を飲まされ、知らぬ間に別の場所に連れ出されて、そこで掻爬された。
 そんなとき、助手の頼木は秘密にすすめられている水棲哺乳動物の研究所(山本研究所)をなぜか知っていて、勝見博士に見学をすすめる。頼木ほ、水棲人間を飼育するために胎児売買が行なわれている、とに
らんでいるのだ。
 山本研究所は、倉庫が建ち並ぶ海ぞいの一角にひっそりとあった。この研究所の目的は端的にいえば生物の計画的改造であった。飼育場には水棲ネズミ、水棲豚、水棲牛などの水棲哺乳類が順調に成育していた。しかも、各地の海底牧場からの引きあいもあって、これらの哺乳類を注文に応じて出荷し、どうやら事業としても成り立っているらしい。
 見学を終えて家に帰った勝見博士は、妻の掻爬のことがまた気になりはじめ、むりやり連れていかれたという産院の場所を思い出すよう彼女に促していると、電話が鳴った。声の主は、以前にもこの事件に深入りするなと脅迫めいた電話をかけてきた男だった。そして彼は、どこかで聞いたことのある声で、驚くべき意外な種明かしを始めた。
 電話器から流れる声の主は、いま、その声を聞いている勝見博士自身であるというのだ。つまり、予言機械で合成されたその声の主は、第一次予言で勝見博士の未来を見てしまい、思考の働きまでも事前に把握できる孝一次子言値で、棟木などを使って勝見博士が誤った方向に進まないよう牽制していたのである。そして、あの会計課長殺しの命令を下したのも勝見博士白身であった。
 その夜、勝見博士は殺し屋の案内で、第二次子音値の勝見博士と頼木を中心とする海底開発協会運営委員会の会合の席に連れていかれた。勝見博士が未来社会において必要な存在かを問う裁判であった。

勝見博士は、未来が現実を裏切るかもしれないという可能性をまったく考えず、単に未来は日常の連続としか想像できない。これではやがて来たる水棲人間の未来社会には耐えられそうにもなく、有害人物としてしか存在できない、というのが死刑判決の理由になった。この判決も、未来の勝見博士が現在の勝見博士を裁いた結果であった。
 刑の執行を二時間後にひかえた勝見博士の前では、予言機械による未来の水棲人間社会がテレビに映し出されていた。

 水棲人間養育場には、勝見博士白身の子供が泳ぎまわっている。
240名の生徒たちが水棲犬を追いかけたり、水中自転車を乗りまわしたり、魚とたわむれている。やがて彼らは海底工場や海底鉱山、油田に働きに出たり、専門教育を受けるようになるだろう。こうして大部分の母親が、少なくとも一人の水棲人の子供をもつときには、水棲人に対する偏見はすっかり消えている。やがて海底都市が完成して水棲人社会が実現し、自分たちの政府をもつようになった。
 そのころ、毎年三〇メートル以上の速度でふえつづけていた海面の上昇で、世界はすっぽり海中に沈んでいる。すなわち第四間氷期の終末は終わり、新しい地質時代が始まっていたのである。

Abekobou_4kan

« 未来を予測するコンピューターが記録した童話 4 | トップページ | 安部公房(あべ こうぼう) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。