« 海の神が自ら歌った謡「アトイカ トマトマキ クントテアシ フム フム!」 | トップページ | 小狼の神が自ら歌った謡 「ホテナオ」 »

2009年12月 6日 (日)

梟の神が自ら歌った謡 「コンクワ」

「コンクワ
昔私の物言う時は桜皮を巻いた弓の
弓把(きゅうは)の央を鳴り渡らす如くに
言ったのであったが,
今は衰え年老いてしまった事よ.
けれども誰か雄弁で
使者としての自信を持ってる者があったら,
天国へ五ツ半の談判
を言いつけてやりたいものだ.」と
たがつきのシントコの蓋の上をたたきながら
私は言った,ところが入口で誰かが
「私をおいて誰が使者として雄弁で
自信のあるものがあるでしょう.」というので
見ると鴉(からす)の若者であった.
私は家に入れて,それから,たがつきのシントコの
蓋の上をたたきながら
鴉の若者を使者にたてる為
その談判を云いきかせて三日たって
三つ目の談判を話しながら見ると
鴉の若者は炉縁の後で
居眠りをしている,それを見ると,癪(しゃく)に
さわったので鴉の若者を
羽ぐるみ引っぱたいて殺してしまった.
それから又たがつきのシントコの蓋の上を
たたきながら
「誰か使者として自信のある者が
あれば天国へ五ツ半の
談判を言いつけてやりたい.」と
言うと,誰かがまた入口へ
「誰が私をおいて,雄弁で
天国へ使者に立つほどの者がありましょう.」
と言うので見ると山のかけす
であった.
家へ入れてそれからまた
たがつきのシントコの蓋の上をたたきながら
五ツ半の談判を話して
四日たって,四つの用向を言っているうちに
山のかけすは炉縁の後で居眠りをしている.
私は腹が立って山のかけすを羽ぐるみひっぱたいて
殺してしまった.
それからまたたがつきのシントコの蓋の上を
たたきながら,
「誰か雄弁で使者として
自信のある者があれば,天国へ
五ツ半の談判を持たせてやりたい.」
と言うと,誰かが
慎(つつしみ)深い態度ではいって来たので見ると
川ガラスの若者,美しい様子で
左の座に坐った.それで私は
たがつきのシントコの蓋の上をたたきながら
五ツ半の用件を夜でも
昼でも言い続けた.見れば
川ガラスの若者,何も疲れた様子もなく
聞いていて昼と夜を
数えて六日目に
私が言い終ると直ぐに天から
出て天国へ行ってしまった.
その談判の大むねは,人間の世界に
饑饉があって人間たちは今にも
餓死しようとしている.どういう訳かと
見ると天国に
鹿を司(つかさど)る神様と魚を司る神様とが
相談をして鹿も出さず魚も出さぬことに
したからであったので,神様たちから
どんなに言われても知らぬ顔をして
いるので人間たちは猟に
山へ行っても鹿も無い,魚漁に
川へ行っても魚も無い.
私はそれを見て腹が立ったので
鹿の神,魚の神へ使者をたてた
のである.
それから幾日もたって
空の方に微かな音がきこえていたが
誰かがはいって来た.見ると
川ガラスの若者,今は前よりも美しさを増し
勇ましい気品をそなえて
返し談判を述べはじめた.
天国の鹿の神や魚の神が
今日まで鹿を出さず魚を出さなかった
理由は,人間たちが鹿を捕る時に
木で鹿の頭をたたき,皮を剥ぐと
鹿の頭をそのまま山の木原に
捨ておき,魚をとると
腐れ木で魚の頭をたたいて殺すので,
鹿どもは,裸で泣きながら
鹿の神の許(もと)へ帰り,魚どもは
腐れ木をくわえて魚の神の
許へ帰る.鹿の神,魚の神は
怒って相談をし,鹿を出さず
魚を出さなかったのであった.がこののち
人間たちが鹿でも魚でも
ていねいに取扱うという事なら鹿も出す
魚も出すであろう,と鹿の神と
魚の神が言ったという事を詳しく申し立てた.
私はそれを聞いてから川ガラスの若者に
讃辞を呈して,見ると本当に
人間たちは鹿や魚を
粗末に取扱ったのであった.
それから,以後は,決してそんな事をしない様に
人間たちに,眠りの時,夢の中に
教えてやったら,人間たちも
悪かったという事に気が付き,それからは
幣(ぬさ)の様に魚をとる道具を美しく作り
それで魚をとる.鹿をとったときは,鹿の頭も
きれいに飾って祭る,それで
魚たちは,よろこんで美しい御幣(ごへい)をくわえて
魚の神のもとに行き,鹿たちは
よろこんで新しく月代(さかやき)をして鹿の神
のもとに立ち帰る.それを鹿の神や
魚の神はよろこんで
沢山,魚を出し,沢山,鹿を出した.
人間たちは,今はもうなんの困る事も
ひもじい事もなく暮している,
私はそれを見て安心をした.
私は,もう年老い,衰え弱った
ので,天国へ行こうと
思っていたのだけれども,私が守護している人間の国に
饑饉があって人間たちが餓死しようとしているのに
構わずに行く事が出来ないので,
これまで居たのだけれども,今はもう
なんの気がかりも無いから,最も強い者
若い勇者を私のあとにおき人間の世を
守護させて,今天国へ行く所なのだ.
と,国の守護神なる翁神(梟)が
物語って天国へ行きました.と.

(1) 御幣で飾りをつけたものであって,神様にお神酒を上げる時に使います.この kike-ush-pashui は人間の代理を勤めて,人間が神様に云おうと思う事を神様のところへ行って,伝えると云います.御幣をつけていない普通の箸を iku pashui と云います(酒宴の箸).

--------------------------------------------------------
知里幸惠編訳「アイヌ神謡集」郷土研究社
   1923(大正12)年8月10日発行

« 海の神が自ら歌った謡「アトイカ トマトマキ クントテアシ フム フム!」 | トップページ | 小狼の神が自ら歌った謡 「ホテナオ」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。