« 狐が自ら歌った謡「ハイクンテレケ ハイコシテムトリ」 | トップページ | 梟の神の自ら歌った謡 「銀の滴(しずく)降る降るまわりに」 »

2009年12月 8日 (火)

狐が自ら歌った謡「トワトワト」

トワトワト
ある日に海辺へ食物を拾いに
出かけました.
石の中ちゃらちゃら
木片の中ちゃらちゃら
行きながら自分の行手を見たところが
海辺に鯨が寄り上って
人間たちがみんな盛装して
海幸をば喜び舞い海幸をば喜び躍り肉を切る者運ぶ者が
行き交(か)って重立った人たちは海幸をば謝し拝む者
刀をとぐ者など浜一ぱいに黒く見えます.
私はそれを見ると大層喜びました.
「ああ早くあそこへ着いて
少しでもいいから貰いたいものだ」と
思って「ばんざーい! ばんざーい」と
叫びながら
石の中ちゃらちゃら
木片の中ちゃらちゃら
行って行って近くへ行って見ましたら
ちっとも思いがけなかったのに
鯨が上ったのだとばかり思ったのは
浜辺に犬どもの便所があって
大きな糞の山があります,
それを鯨だと私は思ったので
ありました.
人間たちが海幸をば喜んで躍り海幸をば喜び舞い
肉を切ったりはこんだりしているのだと
私が思ったのはからすどもが
糞をつっつき糞を散らし散らし
その方へ飛びこの方へ飛びしているのでした.
私は腹が立ちました.
「眼の曇ったつまらない奴
眼の曇った悪い奴
尻尾の下の臭い奴
尻尾の下の腐った奴
お尻からやにの出る奴
お尻から汚い水の出る奴
なんという物の見方をしたのだろう.」
それからまた
石の中ちゃらちゃら
木片の中ちゃらちゃら
海のそばから走りながら
見たところが私の行手に
舟があってその舟の中で
人間が二人互いにお悔みをのべています,
「おや,何の急変が
あるのでああいう事をしているのだろう,もしや
舟と一しょに引繰(ひっくり)かえった人でもあるのではないかしら,
おお早くずっと近くへ行って
人の話を聞きたいものだ.」
と思うのでフオホホーイと
高く叫んで
石の中ちゃらちゃら
木片の中ちゃらちゃら
飛ぶようにして行って見たら
舟だと思ったのは浜辺にある
岩であって,人だと思ったのは
二羽の大きな鵜であったのでした.
二羽の大きな鵜が長い首をのばしたり縮めたり
しているのを悔みを言い合っている様に
私は見たのでありました.
「眼の曇ったつまらない奴
眼の曇った悪い奴
尻尾の下の臭い奴
尻尾の下の腐った奴
お尻からやにの出る奴
お尻から汚い水の出る奴
なんという物の見方をしたのだろう.」
それからまた
石の中ちゃらちゃら
木片の中ちゃらちゃら
飛ぶ様にして川をのぼって行きましたところが
ずーっと川上に女が二人
浅瀬に立っていて泣き合っています.
私はそれを見てビックリして
「おや,なんの悪い事があって
なんの凶報が来てあんなに泣き合って
いるのだろう?
ああ早く着いて人の話を
聞きたいものだ.」
と思って
石の中ちゃらちゃら
木片の中ちゃらちゃら
飛ぶ様にして行って見たら
川の中程に二つの簗(やな)があって
二つの簗の杭(くい)が流れにあたってグラグラ動いているのを
二人の女がうつむいたり仰むいたりして
泣き合っているのだと私は思ったの
でありました.
「眼の曇ったつまらぬ奴
眼の曇った悪い奴
尻尾の下の臭い奴
尻尾の下の腐った奴
お尻からやにの出る奴
お尻から汚い水の出る奴
なんという物の見方をしたのだろう.」
それからまた,川をのぼって
石の中ちゃらちゃら
木片の中ちゃらちゃら
飛ぶようにして帰って来ました.
自分の行手を見ましたところが
どうしたのだか
私の家が燃えあがって
大空へ立ちのぼる煙は
立ちこめた雲の様です.それを見た私は
ビックリして気を失うほど
驚きました.女の声で叫びながら
飛び上りますと,むこうから誰かが
大きな声でホーイと叫びながら私のそばへ
飛んで来ました.見るとそれは私の妻で
ビックリした顔色で息せききって,
「旦那様どうしたのですか?」
と云うので,見ると
火事の様に見えたのに
私の家はもとのまま
たっています.火もなし,煙もありません.
それは,私の妻が搗物(つきもの)をしていると
その時に風が強く吹いて簸ている粟の
糠(ぬか)が吹き飛ばされるさまを
煙の様に私は見たのでありました.
食物を探しに出かけても食物も見付からず,その上に
また,私が大声を上げたので私の妻が
それに驚いて簸ていた粟をも
簸と一しょに放り飛ばしてしまったので
今夜は食べる事も出来ません
私は腹立たしくて床の底へ
身を投げて寝てしまいました.
「眼の曇ったつまらぬ奴
眼の曇った悪い奴
尻尾の下の臭い奴
尻尾の下の腐った奴
お尻からやにの出る奴
お尻から汚い水の出る奴
なんという物の見方をしたのだろう.」
             と
      狐の頭(かしら)が物語りました.

(1) pau.狐の鳴声の擬声詞.
(2) pushtotta……鞄の様な形のもので,海猟に出かける時に火道具,薬類,その他細々の必要品を入れて持ってゆくもの.同じ用途のもので piuchiop,karop などがありますが,蒲(がま),アツシ織などで作りますから,陸で使用します.pushtotta は熊の皮,あざらしの皮,その他の毛皮で製しますから水がとおらないので,海へ持って行くのです.
(3) noya ai……蓬の矢.蓬はアイヌの尊ぶ草です.蓬の矢で打たれると,浮ぶ事が出来ないから悪魔の最も恐れるものだと云うので,遠出するとき必要品の一つに数えられます.
(4) もとは男の便所と女の便所は別になっていました.ashinru も eosineru も同じく便所の事.
狐の中で黒狐は最も尊いものだとしています.海の中に突き出ている岬は大概黒狐の所領で,黒狐はよっぽどの大へんがなければ,人に声をきかせないと申します.
Okikurumi(Okikirmui)と Samayunkur と Shupunramka とはいとこ同士で,Shupunramka は一ばん年上で Okikirmui は一ばん年下だと云います.Shupunramka は温和な人で内気ですからなにも話がありませんが,Samayunkur は短気で,智恵が浅く,あわて者で,根性が悪い弱虫で,Okikirmui は神の様に智恵があり,情深く,勇気のあるえらい人だと云うので,その物語りは無限というほど沢山あります.

--------------------------------------------------------
知里幸惠編訳「アイヌ神謡集」郷土研究社
   1923(大正12)年8月10日発行

« 狐が自ら歌った謡「ハイクンテレケ ハイコシテムトリ」 | トップページ | 梟の神の自ら歌った謡 「銀の滴(しずく)降る降るまわりに」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。