« 人の可能性を信じて | トップページ | alphonse inoueの銅版画 »

2010年1月29日 (金)

Apple「iPad」は電子書籍だろうか

大型のタッチデバイス。形状の見た目は大きなiPhone(iPod touch)そのものだが、シャープなボディ構成はMacBook Proを彷彿とさせている。
 iPhoneやiPod touch同様に音楽・映像・ゲームなどのマルチメディアプレーヤーとして、また、web閲覧ツールとして楽しめる。大きな特長は電子書籍リーダーとしての機能を備えている。Appleが提供するアプリの名称は「iBooks」。iTunesの電子書籍版といった印象をあたえてiBookstoreを通じて電子書籍購入が可能だという企画された。

65281image640 だがこれが「電子書籍」という概念には疑問。アップルの新製品は携帯型のネット端末機だろうと感じる。読書をしていなかった人が、装置によって本を読むようになるとは思えない。紙の上の文字や図が液晶や画面のデーターへ移行した端末機。手軽に読むことが出来るが、読む人は読むし、読まない人は読めないネット端末機。パソコンで打ち込んでいる人やデジタルテキストを使え慣れている人にとっては、新鮮なネット体験をされるかというものではない携帯機能が浮かぶ。冷静に考えると、この製品でしか表せない要素がほとんどなく、電子消費家電のように見えてしまう企画製品。消費する人たちの理性とはいかに?

« 人の可能性を信じて | トップページ | alphonse inoueの銅版画 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。