« ティム・ワイナー『CIA秘録』文藝春秋 | トップページ | 反芸術の旗手『菊畑茂久馬ドローイング』 »

2010年1月25日 (月)

「国宝 土偶展」

文化庁海外展 大英博物館帰国記念 

今の国会議員たちを見ていて、「土偶」たちのような様々な顔におもえる。
人型をした素焼きの「土偶」は、13,000年前につくられた「祈りの造形」であった。
伸びやかに両手を上げるもの、出産間近の女性の姿を表すもの、極端に強調された大きな顔面のものなど、多様な姿かたちをしている。わが国には様々な文化が、遠方の異国世界からも集まっていたことが体感できる。
会  期 2009年12月15日(火)~2010年2月21日(日) 
会  場 東京国立博物館 本館 特別5室

http://www.tnm.go.jp/jp/

20090903141652

縄文人の精神性、造形力と美意識が表現された土偶たち。
ヨーロッパや西アジアの新石器時代に土偶は農耕と密接で、生産や豊穣を祈る地母神崇拝の像として発達した。日本の土偶は縄文時代の草創期に出現し、縄文時代の中期から晩期に最も発達して、個性豊かな土偶が数多く作られたという。
土偶たちの囁く声が聞こえてきそうで、どきどきする展示だと思う。呪物ですからね。

« ティム・ワイナー『CIA秘録』文藝春秋 | トップページ | 反芸術の旗手『菊畑茂久馬ドローイング』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。