« 生命の樹 Tree of Life | トップページ | 生命の木 »

2010年2月14日 (日)

「触るものが全て黄金になる王」の話

ディオニューソスは年老いた教師シーレーノスが行方不明だと知った。ワインを飲んでいてぶらつき農民たちに発見され、シーレーノスは城の薔薇園で酔いつぶれていた。城主ミダースは彼の正体を知って、10昼夜の間礼儀正しく歓待して見せた。そして11日目にシーレーノスを豊穣の神ディオニューソスへ丁重に返した。

ディオニューソスは望むどんな報酬でも与えるといい、ミダースは彼が触れるものすべてが黄金に変わるよう頼んだ。新しい力を喜こんで急いで試したくなった。オークの小枝と石に触れると、両方とも金に変わった。狂喜して家に帰ると使用人に豪華な食事をテーブルに用意するよう命じた。

Midas_and_bacchus  Midas and Bacchus

「そのようにリューディアの王ミダースは、触れるものすべてを黄金に変えられることを知ったとき、最初は誇らしさに得意がった。しかし、食べ物が硬くなり、飲み物が黄金の氷に固まるのを見たそのとき、ミダースはこの贈り物が破滅のもとであることを悟り、黄金を強く嫌悪しながら彼の願い事を呪った」。
ミダースは彼の娘にさわったとき、彼女が彫像に変わった。

今となって自分が望んだ贈り物をミダースは憎んだ。飢餓から解放されることを願いながら、ディオニューソスに祈った。それを聞き入れてパクトーロス川で行水するように、ディオニューソスはいった。水に触れると力は川に移り、川砂は黄金に変わった。

この話はパクトーロス川になぜ砂金がそれほど豊富かということ。その因果関係についての神話のもとになった、ミダースを祖先だと主張する王朝の富について語られた。
「プリュギア人でキュベレーの息子ミダース王は、黒鉛と白鉛を初めて発見した」

ミダースは富と贅沢を憎んで田舎へ引っ越して、田園の神 パーンの崇拝者になった。
ローマ神話収集家たちは、彼の音楽の家庭教師はオルフェウスだったという。ある時、パーンは大胆にも、アポローンのそれの優劣を争って、竪琴の神アポローンに演奏技能についての試合を挑んだ。Tmolusという山の神が、審判に選ばれた。パーンはパイプを吹き素朴なメロディーは、彼自身とたまたま居合わせた彼の誠実な支持者ミダースに大変な満足感を与えた。次にアポローンが竪琴を弾くと、即座にアポローンに勝利が与えられた。ミダース以外はその判定に同意したが、彼は判定の公平さに疑問を唱えた。
アポローンはそのような堕落した王の耳に我慢できずロバの耳にしてしまった。

秘密を守れなかった男と王様
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/1_e298.html

« 生命の樹 Tree of Life | トップページ | 生命の木 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。