« 蜜蝋の比喩 | トップページ | 「奇数」的な思考をして  »

2010年2月25日 (木)

「霊長類SF的進化のプロット」 

◇我々の宇宙の中で文明が繁栄し、宇宙を航行できるようになると貿易や交流が惑星間や星系で行われるようになり、遙か遠く離れた上部機関に導かれている。
どの知覚型生物形態にとっても、周波数の『高バンド化』や『低バンド化』は非常に難しく、専用宇宙船かブースター支援、あるいはその双方を必要とすることが多い。異なる世界秩序であり、宇宙の進化スケール上にある各種の存在レベルで構成され密度が異なる別々の振動ということだ。周波数帯の高低差が非常に大きいので、それぞれが十分に隔絶されている。個体対エーテル、火と水のように相容れない。お互いの技術を利用することも出来ないし、物や道具を別の振動界に持ち込むことも出来ない。精々出来ることといえば、相互影響力を僅かに働かせることぐらいだが、それとて間接的にしか出来ない。したがって、別の振動界に旅する者は全く自分の力しか頼るものはなく、現地と融合し、現地の方法しか使えない。
 
◇現在の地球は依然として振動が低く、偽善的であり同胞を傷つけあっています。この避けられない変化までに残された短い時間内に大きな向上が見られなければ、全世界的な大きな問題がたくさん出てくるでしょう。これからやって来るサイクルの振動は猛烈に高く、精神汚染で一杯になった地球と衝突して、凄まじい大改革を引き起こすでしょう。本質は浄化であっても、このサイクルが基本的な力を爆発させるのは避けられず、精神が下劣な人々や心の狭溢な人々を打ち砕き、政治面での混乱と破壊的な戦争を引き起こし、大規模の天災すらも惹起するでしょう。また、そのような状況から精神の死の灰が更に増加し、私達としては避けたいのですが、ここの次元にいる私達も影響を受けてしまうのです。これは分かりきったことですが、もっと平和的な形でこの新しいサイクルに移行できれば、そのほうが関係者全てにとってずっと良いのです。

◇地球が経験しようとしているシフトはこれまで他の惑星に起こったものとは違い、地球に大きな飛躍をもたらすものです。地球上の人々は皆、このシフトによってもたらされるものを見て愕然とするでしょう。地球の転換によって生じる振動数の変化に適応できない人々は、自分達の物質的肉体から離れ、自分達が適応できる振動数の惑星に転生しなければならなくなるでしょう。振動数の変化に対応することができずに地球を旅立った人々は、転生後の生命期間で、より高レベルの意識へのシフトに成功するまでは地球に戻っては来ないでしょう。
 この振動数のシフトは人類にとっては意識のシフトとして反映され、あなた方の物質的肉体に変化を要求するもので、中には順応することのできない物質的肉体もあるのです。振動数の変化に適応しやすい物質的肉体をつくるためには、健康的な食事、清浄な水と空気、平穏な環境、瞑想が効果的です。

◇あなた方のDNAには、トリガーとなるある遺伝子コードが組み込まれており、正常な条件の下で意識のシフトが起こるように設計されています。残念なことに、トリガーが作用した後、全ての生命体がそのトリガーの保護機能作動開始まで生きていられるわけではないのです。この遺伝子コードは、あなた方を創り出した地球外生命体が人体実験としてあなた方のDNAに埋め込んだものであり、あなた方の古代の神話や伝説における「神々達」、あなた方を創った存在からの貴重な贈り物なのです。
あなた方が今後二十年間のうちに感じる最も大きな変化は、人口の変化です。二十一世紀には、地球の人口は激減しているでしょう。すなわち、これまでに絶滅した動植物が再生し、動物相、植物相が復活を果たすのです。ですが、二十一世紀やさらにその将来における動物相は、今日におけるものとは異なっています。なぜかというと、地球環境の変化に動植物が適応し、また、有害物質から突然変異がもたらされるからです。こうした動植物相の変化は、地球の波動の変化が原因ともなっています。順応できない動植物相は死に絶え、新たな環境に適応可能な動植物がそれに取って変わることになるでしょう。

◇地球がこれから移行する先に待つものは「水瓶座の時代」と呼ばれる霊的時代であり、そこを通過するものすべてに大きな影響を与える哲理の時代、すべての知に対する目を開き、知ることを愛するよう導き、自由を与え、叡智と調和を授ける時代である。残念ながら、これらを学ぶためには非常に困難な道をくぐりぬけることが要求される。水瓶座の時代はほかの星座と同じく2155年続き、地球の暦でいうと25860年周期で巡ってくる。この新たな時代に移行すれば、人類は霊的成長と「創造の源」への理解を通じて、平和を築く機会が800年間与えられることになる。もし私たちがこの機会を活かせず、今の文明社会よりも平穏で霊的な生活をとり入れることができなかった場合、ネガティビティと理性の全くない思考とに支配された「深淵と闇の時代」へとあっというまに落ちていく可能性が増大する。歴史的には、文明というものは約一万年で滅びるのが平均的だが、地球文明はすでに八千年を経過しており、さらにこれから最も困難な時期に突入しようとしているのだ。
 霊的な目を備えた人々には、この変容の時代「新時代」(原注=「水瓶座の時代」の黎明期で、1937年2月3日に始まった)は、透徹さ・成長・チャンスなどを授けてくれる重要な時期と映るだろう。しかしながら、ほとんどの人にとっては、生きるための物質的な困難ばかりで、絶望・悲しみ・精神的苦痛を象徴する時代としか思えないだろう。産業の発達を中心とした時代に生きてきた人々の物の考え方では、精神と魂の新時代へと地球を導くために必要な知恵を、前もって備えておくことなど不可能だからである。

◇水瓶座の時代は1844年2月3日、午前11時20分に始まった。水瓶座の時代の前の地球は魚座の時代にあり、その後しばらくの間、この二つ時代をまたがる転換期を経験した。魚座の時代から水瓶座の時代へと完全に移行するまでには186年かかるとされる。従って、1937年の初めに、地球は魚座の時代の最後の波動を受けたことになる。つまり、1937年2月3日の午前11時20分、地球は水瓶座の時代の二回目の転換期を迎え、急速に発展し始めたのだ。2030年、地球は転換期を終え、地球の太陽系は水瓶座の象徴である金色の光線の中にしばしたたずみ、そのまばゆいばかりの光に浴することになる。その後1969年経過すると、今度は「コスミック・エイジ」へと移行する。

◇太陽系が山羊座の時代に移るのは3999年2月3日、午前11時20分のはずである。この時代は大多数の人の目には混沌とした時代に映るだろう。同時に、これから起こるさまざまな変化と事件の速さに置いてきぼりにならないようにするのは、大多数の人にとって、相当困難なことである。この急速な変革期に関して残念なことが一つある。それは、大半の人々が激変する時代の動きについていけず、自分自身で答えを見出すことができずに、人間が考え出した「教義」や人々を惑わす宗教の教えに救いを求めるだろうということだろう。

http://hello.ap.teacup.com/koinu/370.html

過去に記載されたプロットだけれども

着実に具現化されているような気がする

« 蜜蝋の比喩 | トップページ | 「奇数」的な思考をして  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。