« 医学と芸術展:生命(いのち)と愛の未来を探る | トップページ | 鶴岡ケルト講座と講演in金沢&東京 »

2010年2月 8日 (月)

黄金分割

Dbinch

レオナルド・ダ・ビンチが描いた人体図の黄金比。
つま先から臍までと、つま先から頭のてっぺんまでの比が黄金比になっている。
幾何学的に興味深い歴史的な図、3000年ほど前にエジプトで考えられていた円周率を求めるための円と正方形が読み取れる。 

摩訶不思議な性質についての数学的な解明はさておき、黄金比が自然界の事物の基本的な構成に深く関わっている。植物や動物や人間について様々な美の比率が1.618となっている。黄金比は自然界のいたるところに見られる。偶然の域を越えているのは明らかで、だから古代人はこの値が万物の創造主によって定められたに違いないと考えた。古の科学者はこれを”神聖比率”と呼んで崇めた。

人体の部分がつねに黄金比を示す
http://blog.goo.ne.jp/chorinkai/e/63c82b85777a11bcb0c504dd2c7eb516

« 医学と芸術展:生命(いのち)と愛の未来を探る | トップページ | 鶴岡ケルト講座と講演in金沢&東京 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。