« 北斎 | トップページ | 「気」を生むシステム »

2010年2月17日 (水)

The White Stripesライヴ・ドキュメント『Under Great White Northern Lights』

ジャック・ホワイト、エッジ、そしてジミー・ペイジが出演するドキュメンタリー映画。DVDリリース。デヴィッド・グッゲンハイム監督作品 "It Might Get Loud"は、3人のギタリストの物語と、彼らのトレードマークとなっているスタイルをどのように確立し、どのようにエレクトリック・ギターを弾いてきたのかを取り上げた作品である。この映画は、3人が集まり、それぞれの歴史や、曲を作ったり、ギターを弾いたりする上で何がモチベーションとなり、インスピレーションとなっているのかを話し合った、ある1日を中心に追ったものである。ドキュメンタリー全編を通して、各ミュージシャンの新曲が流されており、ロンドン、ナッシュヴィル、ダブリンの風景がフィーチャーされている。
Whits

また各アーティストは映画の中で、それぞれにとって大きな影響を受けたものを挙げる箇所があり、エッジが挙げたセックス・ピストルズから、ジャック・ホワイトが大きな影響を受けたというフラット・デュオ・ジェッツの「Go-Go Harlem Baby」などのアルバムについて話し合っている。

The White Stripes
Jack White1975年7月9日 生ボーカル、ギター、オルガン、ピアノ、マリンバ
Meg White1974年12月10日生 ドラムス、ボーカル
代表曲Seven Nation Armyはローリングストーン誌のThe 100 Greatest Guitarist of All time とThe 100 Greatest Guitar Songs of All Timeではロック黄金期のアーティスト・曲がリストに連ねる中、近年のアーティストでは唯一の存在として17位、21位に選出されている。

The White Stripes http://whitestripes.com/
http://www.wmg.jp/artist/white_stripes/

« 北斎 | トップページ | 「気」を生むシステム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。