« 渦巻き正しい方向はどれか? | トップページ | サクラと日本人 »

2010年3月28日 (日)

太陽の塔「黄金の顔」の目が40年ぶり点灯

万博40周年、太陽の塔の目が点灯
http://www.youtube.com/watch?v=OjQaky3c4PA
http://www.youtube.com/watch?v=y7UYUjQy6OM
Suntauwer

太陽の塔の上部にある「黄金の顔」目が万博40周年を記念して点灯された。
大阪万博のシンボルとなり開催時以来40年ぶりに、毎晩日没から午後11時まで続けられる。
投光器には発光ダイオードLEDを導入。
点灯式では塔の壁面にレーザー光線で「1970大阪万博」などの文字が映し出されて、
打ち上げ花火が夜空を彩った演出がされた。

「魂が入って、塔がよみがえった気がする。明るい気持ちになりますね」
太陽の塔は芸術家の岡本太郎さん(1911~96)の作品で、万博開催中は点灯していたが、経費面の理由などでその後は点灯していなかった。

写真一覧 http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20100327/?inb=yt
http://www.youtube.com/watch?v=k-_9mMQd-I8
芸術は爆発だ!!  人間はシステムやソフトの奴隷になってはいけない。

Suntuwer

« 渦巻き正しい方向はどれか? | トップページ | サクラと日本人 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。