« スーパーマン初登場誌に1億4千万円 バットマンの記録超えた | トップページ | 「リベラルに世界を読む」季刊総合誌SIGHT(サイト) »

2010年4月 2日 (金)

週刊ダイヤモンドの「電子書籍」特集「自主規制」で中止に

電子書籍や出版業界を扱った特集企画したところ、「自主規制」で特集が中止される事態が起きていたという。http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51396247.html
20100406

「週刊ダイヤモンド」4月11日号に掲載予定された「電子書籍と出版業界」60 ページ特集。
編集部内では特集内容がきまっていたが『特集が決まったあとで取締役レベルから内容について「質問」があり、それを受けて編集長が中止を決めた』ということになった。
「電書協の件や講談社との関係」と説明されている。

「日本電子書籍出版社協会」(電書協)は先月正式にスタートしたばかり。
電子書籍販売サイト「電子文庫パブリ」を運営してきた「電子文庫出版社会」が母体となり、大手出版社31社が参加する一般社団法人。
朝日新聞出版、学研ホールディングス、角川書店、河出書房新社、幻冬舎、講談社、光文社、実業之日本社、集英社、主婦の友社、小学館、祥伝社、新潮社、ダイヤモンド社、筑摩書房、中央公論新社、東洋経済新報社、徳間書店、日経ビーピー、日本経済新聞出版社、日本放送出版協会、早川書房、PHP研究所、扶桑社、双葉社、ぶんか社、文藝春秋、ポプラ社、マガジンハウス、丸善、山と渓谷社。
講談社の野間省伸副社長が代表理事に就任している。

AmazonやAppleなどが日本で電子書籍する場合に、電書協が交渉窓口の役割を果たすのかという質問には、「交渉窓口になることはありえない。相談などには対応するが、交渉は各社が個別にやることと考えている」と電子書籍の価格設定などについて協会が介入することもまったくないと答えられている。
「電子書籍と出版業界」特集は「日本で書籍の電子化が進まない背景に再販制度や委託販売などの不透明な流通機構がある」との内容があったという。

■URL
 日本電子書籍出版社協会
 http://www.ebpaj.jp/
 電子文庫パブリ
 http://www.paburi.com/

N

« スーパーマン初登場誌に1億4千万円 バットマンの記録超えた | トップページ | 「リベラルに世界を読む」季刊総合誌SIGHT(サイト) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。