« 四年くらいまえに関心のあったサイト | トップページ | 週刊ダイヤモンドの「電子書籍」特集「自主規制」で中止に »

2010年4月 1日 (木)

スーパーマン初登場誌に1億4千万円 バットマンの記録超えた

1938年の漫画雑誌「action comicks」創刊号がインターネットオークションに出品され、150万ドル(約1億4000万円)の史上最高値で29日に落札された。
オークションサイト運営者によると、落札された号は映画雑誌にはさんで50年間保存されたもので、新品同様の状態だった。落札者が誰かは公表していないが、スーパーヒーロー漫画に多大な情熱を注ぎ、特にスーパーマンが大好きな人物だという。

Action_comicks

action comicks創刊号は1938年に20万部が発行され13万部売れたスーパーマン初登場誌。現存するのは50―100冊程度で、2月に出品された号は100万ドルで落札。3日後にテキサス州ダラスの競売でバットマン初登場の漫画本「ディテクティブ・コミックス」1939年5月刊行27号が107万5500ドル (約9600万円)で落札されたことを明らかにした。アメリカンコミックスとしては史上最高額。 出品者は40年以上前にこの雑誌を 100ドルで購入。発行時の定価は10セント。

Action_comicks_2
スーパーマン:アメリカを代表するスーパーヒーロー。本名クラーク・ケント。惑星クリプトン最後の生き残りで、飛行能力、怪力など、数々のスーパーパワーを振るい、正義と真実とアメリカンウェイを守るために戦う。普段は、デイリー・プラネット新聞の記者として働いている。世界初のスーパーヒーローであり、その後に続く幾千のヒーローの父ともいうべき存在である。

ロイス:フルネームはロイス・レーン。デイリー・プラネット新聞社に勤める女性記者。クラークの憧れの人だが、彼女はスーパーマンに夢中である。ロイスの名は、スーパーマンの原作者であるジェリー・シーゲルとジョー・シュースターの高校時代のマドンナの名前と、シャドウの恋人マーゴ・レーンの名字を組み合わせたもの。
Action_comicks_3 エイプリールフールのようなニュースだが、本当にあった海外の記事でした。

« 四年くらいまえに関心のあったサイト | トップページ | 週刊ダイヤモンドの「電子書籍」特集「自主規制」で中止に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。