« 世界の四方位を意識する | トップページ | The recreation of the Global Tree of Life »

2010年7月13日 (火)

コンシャスコンバージェンスで生命の樹を再生する

コルマン博士は最新論文を発表した。今回は7月17日と18日に行われるコンシャスコンバージェンスの儀式の内容に関するものだ。

The recreation of the Global Tree of Life
 in the Conscious Convergence:
  コルマン博士最新論文
   『コンシャスコンバージェンスで生命の樹を再生する』
 Ancient traditions of our planet almost universally looked upon the four geographical directions as Sacred. The origin of this sacredness of the directions is that they since the beginning of time have played a role in the ongoing creation of our planet and its evolution of consciousness. Naturally then, many peoples all over the world have performed ceremonies to honor these four directions. The four directions were thought to be associated with different spiritual qualities and so were often each symbolized by a guardian angel as described for instance in the Book of Revelation. From many traditions, such as the Mayan, it is also clear that the four (and sometimes six, if “above” and “below” is included) directions emanate from the Tree of Life. The Tree of Life is the most widespread of all ancient myths, and it was seen as the center of the four directions. Examples of how the energies of the four directions were organized around a center we may find in the Medicine Wheels in the West or the Mandalas of the East.

地球上に存在したどの文化も、地理上の4つの方角を神聖なものと考えた。
方角が神聖である、という感覚は、
地球における意識の進化が始まってから、ずっと続いているのである。

そのため、あらゆる文化で、4つの方角を祝福するさまざまな儀式が執り行われた。
それぞれの方角は、それぞれ異なった精神的な特徴を表しているので、
たとえば「ヨハネの黙示録」のように、異なった象徴があてがわれた。

この4つの方角には、「上」と「下」が加わって6つになることもあるが、
いずれにせよ、古代マヤのように、
こうした方角は、すべて生命の樹から発生したと考えられた。

生命の樹は、あらゆる古代の神話に出てくる概念であり、
4つの方角の中心に位置しているとされた。

4つの方角が発散するエネルギーは、
西の文化のメディスンホイール(ネイティブアメリカン)や、
東の文化の曼陀羅が象徴している。

In the modern era the knowledge about the Tree of Life and the Four Sacred Directions has essentially disappeared and been replaced by a purely quantitative GPS system. While modern people typically acknowledge for instance cultural difference between the East and the West it is rare that they would see those as related to the Tree of Life. The result has been that many have become insensitive to the shifting energies of time and how these affect the evolution of humanity. Only some indigenous cultures have retained the tradition of the spiritual qualities of the four directions. Yet, in the Book of Revelation it is described how the new world emerging at the end of time will at its center have a Tree of Life that will nurture the inhabitants of this all year around. Maybe we are now in fact now beginning to see a return of this Tree of Life also in popular culture such as for instance in the movie Avatar.

近代になると、聖なる4つの方角の知識や生命の樹の知識は、完全に忘れ去られ、
4つの方角は、GPSのシステムが表示する、単なる量的な違いにすぎなくなった。

現代人は、東と西の文化の違いを認識するには、やぶさかではないが、
この違いが、生命の樹に関係している、と理解する人は、大変にまれである。

その結果、人々は、時代のエネルギーの移動と、
それが人間性の進化に及ぼす影響には、鈍感となってしまった。

いまでは、土着文化のいくつかが、方角の精神的な意味を記憶しているだけだ。
しかし、「ヨハネの黙示録」では、
時代の終わりに現れる、新しい世界の中心に、生命の樹が存在し、
それが人々を滋養する、と記載されている。

もしかしたら、いま「アバター」のような映画のような大衆文化で、
生命の樹の概念が復活しているのかもしれない。

 What then is the Tree of Life? It is hard to believe that a phenomenon that has been worshipped all over the world by almost all traditions would not be more than a myth or a symbol. It would seem that there has to be a reality behind it. This, I believe is an etheric three-dimensional scaffold from which all the energies that create the universe emanate. Yet, there is not just one Tree of Life. The Tree of Life is more like a nested hierarchy of holograms, and exists at several different connected levels of the universe that are in resonance with one another ultimately according to the principle As above-So below. The highest level is the cosmos, referred to as the Heart of the Heavens by the Maya, the second, lower, level is the galaxy, the third is the solar system, the fourth the Earth, the fifth the human beings (and all other organisms) themselves and then down to the level of the elementary particles. Each of these levels has a central axis, a Tree of Life, which is at the center of all of its energy grid systems (branches). On the level of our Earth, the Tree of Life is the Polar Axis* and since we ourselves are affected by the energies of the Mayan calendar through our resonance with the polarities that the Tree of Life generates it is now crucial to prepare for the onset of the ninth wave. To be able to do so I however believe that it will help if we are able to ceremonially recreate the Tree of Life after centuries of oblivion.

生命の樹とはなんであろうか?

世界中の文化では、生命の樹と関係する様々な現象が信仰の対象となっているが、
これらが、単なる神話や象徴であると考えることはできない。
こうしたものの背後には、明らかにある現実が存在していることは間違いない。

生命の樹とは、宇宙を形成するエネルギーを発散する3次元の舞台なのだ。
生命の樹が、ひとつだけあるとは限らない。
生命の樹は、ホログラムの階層のような構造になっており、
究極の原理にしたがって結び付いた、
それぞれの宇宙の異なった階層に複数存在するのである。

このもっとも高い階層は、マヤが『天国の心』と呼ぶ階層であり、
第2の階層は、銀河系のレベルであり、
第3のそれは太陽系である。
そして、第4のレベルは、地球、
最後の第5のレベルは、人間およびその他の生物だ。
その後は、分子のレベルまで下降する。

このすべての階層に、エネルギーの中心となる生命の樹が存在する。
地球のレベルでは、生命の樹は、極軸にあたる。

人間は、マヤカレンダーの影響を強く受けており、
生命の樹が作り出す、極の変化と共振している。

いまは、第9の波の到来に備えることが、もっとも大切なことである。
それを行うためには、われわれが、数世紀の忘却から目を覚まし、
生命の樹を復活させることが、とても重要になるのだ。

Our planet and its human cultures have thus emerged through the effects of the polarities of energies originating from the Tree of Life. The same can be said about the imbalance between male and female that has dominated for about 5000 years and it is not an accident that in the Judaeo-Christian creation story of the expulsion from the Garden of Eden, and the ensuing separation of the genders, the Tree of Life plays a crucial role. According to the Mayan calendar, which is based on the shifting polarities of the Tree of Life, we know however that these imbalances are now being rebalanced and will ultimately result in unity consciousness if our resonance with the Tree of Life is strong enough. These polarities are introduced along different perpendicular planes. One such plane is equatorial and separates the northern and southern hemispheres, another goes through Berlin, Rome and Cape Town and separates the western and eastern hemispheres of the planet and a third plane goes through Washington, DC and separates the front (Pacific) from the back (Europe/Africa) hemisphere of the planet. Through the influence of the Yin/Yang-polarities emanating from the Tree of Life the planet has thus evolved into a global brain, where the western hemisphere corresponds to the left brain half and the eastern to the right brain half.

地球と、そこに発生した文化は、
生命の樹から発生した、極性の異なるエネルギーの影響を強く受けている。

過去5000年間、男と女がアンバランスな関係にあったのも、この極性の影響であり、
また、この観点からいうなら、
エデンの園から放逐されて、男女が永遠に離れ離れになる神話に、
生命の樹は、決定的な役割を果たしているのも、偶然ではない。

生命の樹の極性転換に基づく、マヤカレンダーでは、
われわれが十分に、生命の樹と共振しているのならば、
このようなアンバランスな状態は、
再度、バランスの取れた状態へと、回復されることになっている。

このような極性は、地球を垂直に走っている。
そのひとつは、赤道にあって、北半球と南半球を分割し、
もうひとつは、ベルリン、ローマ、そしてケープタウンにあり、
西半球と東半球を分けている。
さらに、第3の線は、ワシントンにあり、
太平洋をヨーロッパとアフリカをから分けている。

生命の樹が発散する、陰と陽の極性のため、
地球では、西半球が左脳に対応し、東半球が右脳に対応する。

 Ideally, to recreate the Tree of Life of the planet we would thus like some people to have gathered to perform ceremonies at both the north and south poles, but since this does not seem practicable the North and South will be represented by gatherings in Scandinavia and South Africa, respectively. To recreate the global Tree of Life these gatherings will be complemented with gatherings on the equatorial plane in the West in Guatemala and in Singapore/Bali in the East. In each of these directions representatives of cultural traditions to whom the sacredness of the four directions have remained a living reality will be participating (Sami in the North, Chinese/Hindu in the East, Bushmen in the South and Maya in the West). On July the 18th at 7 am (pacific time, for other time zones see http://www.timeanddate.com/worldclock) people everywhere will thus have the possibility to connect with the gatherings in these node points for the four directions in a globally synchronized ceremony. Although the details will have to be developed locally it is recommended that part of the ceremony is about recreating the global Tree of Life and strengthening the relationship of the participants with this creative source. A second part may be about unifying the energies and peoples of the four directions. The Conscious Convergence is like setting up a base camp for the climb to the ninth wave and part of what you do in a base camp is to make sure that you are prepared. This is true also four the ceremony of the Sacred Directions. As the Ninth wave of the Mayan calendar will be activated on March 9, 2011 a new frequency of vibration and a new polarity of consciousness emanating from the Tree of Life will be introduced, which we need to be prepared for. The Conscious Convergence is meant for those wanting to be co-creators with the divine plan and so the days July 17-18 is nothing but a start point of a path directed towards unity consciousness and for this the recreation of our planetary Tree of Life plays a vital role (www.theconsciousconvergence.com).

生命の樹を再生するためには、
多くの人々が、北極と南極に集合することが理想的だが、これは物理的に難しい。
そのため、北は、スカンジナビア、そして南は、南アフリカに集合する。
さらに、これを補完するために、
赤道地域の西のガテマラと、東のシンガポールおよびバリに集合する。

これらの地域では、
まだ4つの方角の神聖性が残っている、伝統的文化の代表者が、参加する。
北では、サミ族、
東では、中国とヒンズーの諸部族、
南アフリカでは、ブッシュマン、
そして西では、マヤ族である。

7月18日、太平洋時間の午前7時には、世界中の人々は、
それぞれの方角の地域で行われている儀式と、シンクロすることができる。

儀式の詳細は、それぞれの地域では詰めねばならないが、
生命の樹を再生し、参加者と創造の源泉のつながりを強固にするための儀式は、
含められなければならない。

儀式の第2部は、4つの方角に住む人々と、
そのエネルギーの統合を強化することを目的にするのがよいだろう。

コンシャスコンバージェンスの儀式は、
第9の波の到来に準備するための、ベースキャンプを設置することである。
これは、4つの聖なる方角の儀式にも当てはまることだ。

2011年3月9日に、マヤカレンダーの第9の波(第9サイクル)が始まり、
生命の樹から、新しい極性とバイブレーションが発生するが、
われわれは、この開始に準備しなければならない。

コンシャスコンバージェンスは、
神的なプランの共同の創造者となろうとするものにとって意味のある機会であり、
したがって7月17日と18日は、意識の統一に向かう第一歩となるはずだ。
この意味で、生命の樹の再生は、大変に重要な意味を持つ。

Carl Johan Calleman
Seattle, July 5th (1 Ahau)
カール・ヨハン・コルマン
シアトル、7月5日(1アナウ)
Quoted from:
The recreation of the Global Tree of Life
in the Conscious Convergence http://www.theconsciousconvergence.com

ヤスの備忘録:コルマン博士最新論文翻訳
http://www.maya-portal.net
http://www.calleman.com

翻訳されたヤスさんへ感謝して

« 世界の四方位を意識する | トップページ | The recreation of the Global Tree of Life »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。