« 水に恵まれた飛鳥 | トップページ | ザラスシュトラの発想方法が与えた影響 »

2010年8月 9日 (月)

悠久の時を遡って

Sakafuneisi

 酒船石の東端に近い半月形の凹みに水を満たすと、約17度の傾斜にしたがって水は中軸線の細長い路溝と、両側へむかって約30度ずつの角度で開いている路溝を勢いよく流れてゆく。中軸線の路溝を伝わる水は、中央部の大きな小判形の凹みに入り、さらにそこから溢れ出てその先の中軸線の路溝をまっすぐに走って円形の凹みに入る。酒船石の西端の斜め南側には長橋円形の凹みがあって、こぼれた水はこれに入って溜る。洩れの無駄を防ぐためだとわかる。

 半月形の水は両側へ開いた路溝までは伝わるが、その先にある円形の凹みに水が一滴も流れこまないのである。路溝と円形凹みの間にはわずかな凸起があって、これが障害となって水をせきとめるのである。中軸線にある凹みには水が入るが、現在両側に残っている三つの円形凹みには水が流れこまないのである。
 これは何を意味するか。なぜ両側の五個(推定)の円形凹みを乾燥させておくのか。

 ヤズドの拝火神殿の一室では、神官が十種くらいの皿にそれぞれ違う薬種をならべ、それを調合していたのを見た。高野山の真言護摩の修法では密壇に八種の容器を配列し、それぞれに入れた薬種や香料を、僧が火炎に投じる。
 これらは完全に宗教的に儀式化し、形式化しているが、原形は犠牲動物を聖火に焼いたのと、薬酒造りであったにちがいない。前者が護摩の火に投げ入れる供物となり、後者は薬種調合の名残りであろう。

松本清張「ペルセポリスから飛鳥へ」より抜粋
Asukamap2 ササン朝ペルシャに栄えた拝火教の灯火は、イランの辺境ヤズドに今も残っている。
たまたま監督した映画やDVDシリーズの舞台なので、原作小説よりも詳しく調べなくてはならなかった。作家や教授の調査とは違って、ゆっくりとは時間が与えられていないなかでも、関心のないスタッフへ視覚的にも分かりやすくしなくてはならない立場にあった。そこで作品創作では毎回そうなのだが、舞台となったササン朝ペルシャに生きていたくらい、すっかり風土や習慣や価値観などに夢中になってしまっていた。高度な哲学や幾何学があったことにも驚き魅了されたものだった。

そして意味もなく何度も訪れている飛鳥とササン朝の符号を、感覚的な幾何学のようなことで石物たちへ観てしまうこととなった。ササン朝ペルシャに栄えたものの影響が明日香に点在しているのに想いを馳せるのだった。拝火教の司祭はマギといわれ、天文や暦や医法の知識があった。錬金術や眩術のようなことをして魔術をもっているようにみられた。ペルシアの医者はインド大麻を麻酔剤として使って手術したようだ。その薬種調合と錬金術の装置が酒船石には備わっているとも推測してみた。ペルシアのマギが医学と薬学を国外にも、持ちこんで中国に帰化したことは歴史に刻まれている。 ゾロアスター教は中国で「祆教」けんきょうとしてペルシアから伝わり、唐代には長安を中心に栄え日本の政治中心地だった飛鳥地方に伝わっていたのだった。飛鳥を歩きながら土地に残された謎へ耳を澄ませば、悠久の時を遡って語りかけてくれるかもしれない。

そのように思ったのは自分ひとりではなくて、松本清張が『火の回廊』という飛鳥からペルセポリスを取材した新聞小説を連載していたことを後で知った。飛鳥の謎の石造物をめぐって、拝火教へ繋がっていく論文を推理小説として執筆していた、当時の作者はちなみに近くの町に住んでいて、商店街で本人と何度かすれ違っている。

Gomadan 高野山の護摩壇

« 水に恵まれた飛鳥 | トップページ | ザラスシュトラの発想方法が与えた影響 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。