« 正しいウォーキングフォーム | トップページ | ル・クレジオ作家としての転換点-インディオ体験 »

2010年9月11日 (土)

龍沢寺(りゅうたくじ)

静岡県三島市沢地326にある臨済宗妙心寺派の寺院。
山号は円通山。修行道場として僧堂がある。

平安時代初期に空海が東京都港区愛宕に創建したといわれ、
慶長年間になって臨済宗に改宗された近世以前の寺史は不詳。

龍沢寺の実質的な開山は白隠慧鶴。
宝暦10年(1760年)白隠の高弟東嶺円慈によって現在地に伽藍が創建。

明治時代、星定元志が再興するが荒れ寺となっていた。
大正4年山本玄峰が廃寺同然の龍沢寺に入り、修行道場として復興した。
著名人が多く参禅して、太平洋戦争末期の首相鈴木貫太郎へ『耐え難きを耐え忍び難きを忍び』という無条件降伏を進言したのは玄峰であった。

行事 11月23日 - 観楓祭

http://www.geocities.jp/pycbb333/index_016.htm
今白隠と呼ばれた山本玄峰老師

白隠禅師と軟酥(なんそ)の法
「駿河の国に過ぎたるものが2つあり、1に富士、2に白隠」
http://koinu2005.seesaa.net/article/159596212.html

« 正しいウォーキングフォーム | トップページ | ル・クレジオ作家としての転換点-インディオ体験 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。