« 花々 | トップページ | 河原者ノススメ 死穢と修羅の記憶 »

2010年10月31日 (日)

エメラルドタブレット [Emerald Tablet of Hermes]

モーセ十戒のようににヘルメスによって、緑玉板に刻み付けられた錬金術の原理と伝説。
「自然」や「原因と元素」「創造の秘密」について、根本から揺さぶりかねない叡智に充ちた著述群が、アラビア世界で600年~800年紀には成立していた。

Magicne

----------------------------------------------------------------------

0)「洞へはいって行くと、護符があって黄金の玉座につく老人と会った。
手にエメラルド版を持って以下を見よ、古代シリア語で書かれていた。」

1)これは真実の言葉、何の疑いも関与しない。

2)下より来たる上、上より来たる下。唯一なるものの現出。

3)事物はただひとつのしぐさによって、第一質料より来た。これこそは世界の中心で補完せる。

4)父は太陽で母は月。

5)風はその体内を包み、大地は育んだ。

6)護符の始祖と奇跡を守る者、その力は完全で光は見出された。

7)大地となる火。火より大地を分離せよ。配慮と賢明により粗雑に内在する精妙なものを見い出すだろう。

8)地上より天界へ立ち昇り、高き光の軌跡を描く。地上に下る。その内部には上なるものと下なるもののせめぎあい。

9)光の光が内在する、それを前にして闇は消え失せる。

10)作用の作用。あらゆる精妙なるものより、あらゆる粗雑なものに浸透する。

11)小宇宙の構造は大宇宙の構造に起因。

12)叡智によって前進。

13)熱望する叡智への三重の栄誉を与えられたしヘルメス。

14)これは洞に封印された、完全なる著述。

http://www.youtube.com/watch?v=Q20vPdC3p8I&p=3DEF0631D88B99B1&playnext=1&index=41

« 花々 | トップページ | 河原者ノススメ 死穢と修羅の記憶 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。