« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

エメラルドタブレット [Emerald Tablet of Hermes]

モーセ十戒のようににヘルメスによって、緑玉板に刻み付けられた錬金術の原理と伝説。
「自然」や「原因と元素」「創造の秘密」について、根本から揺さぶりかねない叡智に充ちた著述群が、アラビア世界で600年~800年紀には成立していた。

Magicne

----------------------------------------------------------------------

0)「洞へはいって行くと、護符があって黄金の玉座につく老人と会った。
手にエメラルド版を持って以下を見よ、古代シリア語で書かれていた。」

1)これは真実の言葉、何の疑いも関与しない。

2)下より来たる上、上より来たる下。唯一なるものの現出。

3)事物はただひとつのしぐさによって、第一質料より来た。これこそは世界の中心で補完せる。

4)父は太陽で母は月。

5)風はその体内を包み、大地は育んだ。

6)護符の始祖と奇跡を守る者、その力は完全で光は見出された。

7)大地となる火。火より大地を分離せよ。配慮と賢明により粗雑に内在する精妙なものを見い出すだろう。

8)地上より天界へ立ち昇り、高き光の軌跡を描く。地上に下る。その内部には上なるものと下なるもののせめぎあい。

9)光の光が内在する、それを前にして闇は消え失せる。

10)作用の作用。あらゆる精妙なるものより、あらゆる粗雑なものに浸透する。

11)小宇宙の構造は大宇宙の構造に起因。

12)叡智によって前進。

13)熱望する叡智への三重の栄誉を与えられたしヘルメス。

14)これは洞に封印された、完全なる著述。

http://www.youtube.com/watch?v=Q20vPdC3p8I&p=3DEF0631D88B99B1&playnext=1&index=41

2010年10月30日 (土)

花々

P1130479

2010年10月29日 (金)

サルビア・アメジストセイジ

(Amethyst sage, Salvia leucantha, Mexican bush sage)

  P1130480

紫蘇(しそ)科。学名  Salvia leucantha               
Salvia : サルビア属    leucantha : 白い花の(レウカンサ)      
Salvia(サルビア)はラテン語の 「salvare(治療)」「salveo(健康)」が語源。                     

薬用植物。疲労回復や消化促進、解熱に効果。
葉の採取は初夏、日陰に干して乾燥させる。主成分は揮発油、ジテルペン、フラボノイド、フェノール酸、タンニン。
食べ過ぎ飲みすぎに乾燥セージを2・3枚入れて飲むと効果がある。
ユーゴスラビア・アドリア半島のものはスパイスとしては最高とされてる。
セージの花を蜜源にした蜂蜜はセージ・ハネーといい、南ヨーロッパでは高級品。

2010年10月28日 (木)

大きな羊は美しい

昔むかし中国では羊はまだたくさん飼われていなく珍しい動物であった。
羊の大好きな王様が、珍しい羊がいると聞けばどんなところへでも見に行った。
そして王様の一行は西へ西へ西へと旅を続けたという。
家来たちも王様もお腹がすいて歩けなくなり、旅に連れて来た羊を食べた。
 
羊+食=養  【羊の肉は栄養満点。それを食べれば体が養われると言う意味】

 その夜の王様は、大きな黄金色をした羊の夢を見た。
 羊+大=美  【大きな黄金色の羊は美しい】

P1130482

王様はついに羊の群れを見つけて、見張りをしていた家来が王様にその様子を告げた。

 君+羊=群  【羊が丸くまとまっている様子。君は、「まとまる」の意】
こうして羊は、はるか西の国から中国へと続々と入ってくるようになった。

昔の中国で羊は食用にされたほか、神様の供え物としても使われた。「羊」の字を含む漢字には「おいしい」「形が美しい」「めでたい」などいい意味に使われることが多い

 「達」は道をすらすらと歩く羊から。
 「躾」は身についた礼儀・作法は誰が見ても「美しい」と感じられることから。
 「善」には争いを好まない、おだやかな羊の性質。
 「群」争いを好まず、おだやかに群れで生活する性質。

その他、詳、様、洋、羨、養、鮮、痒、祥、着、遅、義、儀、議、犠、議などに羊はついている。「義」とは「我の責任の限りの犠牲」という意味があり、「善」は、「儀式の祭具に盛る限りの犠牲」という意味があるが、「美」とは「大いなる犠牲」である。この場合の犠牲とは、「自己犠牲」であり、共同体の命運などに対して人間として行える最大限の犠牲、つまり己が命を献げて対象を高めるという含意があり、人の倫理の道において最も崇高な行いが「美」であった。

「美」という文字を何度もレタリングしたことがあって、
大きな黄金色の羊は美しいという逸話もその頃に聞いたことが思い出された。
投稿者: 美の学校にて

美学校(Wikipedia)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E5%AD%A6%E6%A0%A1
美學校 事務局 http://www.bigakko.jp/

P1130487

訃報 美学校前代表 今泉省彦儀 2010年7月13日未明、享年78歳にて永眠いたしました。ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます。
http://twitter.com/bigakko

2010年10月27日 (水)

今泉さんの一日のご案内

P1130489

美学校前代表 今泉省彦儀 2010年7月13日未明、享年78歳にて永眠いたしました。
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます。

なお、葬儀は故人、ご家族の意向により近親者のみにて相済ませました。
10月頃に美学校にてお別れの会を予定しております。
追って詳細お知らせいたします。

またこの度は訃報が遅れましたことをお詫び申し上げます。

以上

昨年の今泉省彦インタビュー映像
http://www.youtube.com/watch?v=TQ9YnFyT8-c

Imaizumisan_day

美学校
http://www.bigakko.jp/

美学校 概要暦年
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_3575.html

今泉省彦
絵描き共の変てこりんなあれこれの前説
http://www.asahi-net.or.jp/~ee1s-ari/imaizumi1.html

今泉省彦先生逝く。 2010年7月13日。
http://ranrantsushin.com/127-8.htm

今泉省彦氏(元 美学校代表者)が他界されました
http://blogs.yahoo.co.jp/k_i_a_r_i/25931100.html

2010年10月26日 (火)

水木しげるさん文化功労者に

2010年の文化勲章・文化功労者が決定した。

「文化功労者?」。妻の布枝さんに何度も聞き返して
「受賞に関心がないから、はっきりわからんわけですよ」。
NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で時の人に。質問を受け流し、本心は煙に巻かれて分からない。だが、受賞の知らせの後、家族にぽつりと漏らしたという。
「大きな賞をもらった時には、必ず戦友が(夢に)出てくるんだよ」
21歳で南方の激戦地ニューブリテン島・ラバウルに出征、爆撃で左腕を失った。多くの仲間が亡くなり、「生き残った」意識は今もある。「朝から晩まで『死』ばかりでしたから」と語る言葉に力がこもる。
(2010年10月26日読売新聞)

文化勲章を受章するのは次の7人の方々。
▽北海道大学名誉教授の鈴木章さん(80)と▽アメリカ・パデュー大学特別教授の根岸英一さん(75)。鈴木さんと根岸さんは、2種類の有機化合物どうしを独自の手法で結合させる「クロスカップリング反応」の手法を開発し、ことしのノーベル化学賞に選ばれた。▽東京大学名誉教授の有馬朗人さん(80)。原子核の構造について優れた研究成果を発表して原子核物理学の発展に貢献するとともに、東京大学学長や文部大臣を歴任して学術の振興に力を尽くしました。▽建築家の安藤忠雄さん(69)。コンクリートの壁を使った建築や歴史的な建造物を再生する独自のスタイルで知られ、世界各国の美術館などの設計も手がけて建築界の発展に貢献した。▽演出家の蜷川幸雄さん(75)。ダイナミックでスケールの大きい舞台作りで知られ、シェークスピアのすべての作品の上演に取り組むなど、精力的な活動で海外からも高い評価を受けている。▽ファッションデザイナーの三宅一生さん、本名・三宅一生さん(72)。日本の和服など東洋文化に根ざして一枚の布から服を切り出す画期的な手法で衣服を創造するなど、服飾を通して日本の芸術文化の発展に尽力した。▽滋賀県立大学名誉教授で日本中世史の脇田晴子さん(76)。日本中世の商業の歴史や女性の地位に関する研究に貢献するとともに、世界遺産に登録された島根県の石見銀山遺跡の歴史研究にも尽力した。

文化功労者に選ばれたのは次の17人の方々。
▽「世界のホームラン王」、王貞治さん(70)。▽指揮者の大野和士さん(50)。▽女優の吉永小百合さん、本名・岡田小百合さん(65)。▽歌舞伎俳優の市川猿之助さん、本名・喜熨斗政彦さん(70)。▽ノーベル化学賞の鈴木章さんと▽根岸英一さんは文化功労者にも選ばれた。▽宇宙科学研究所名誉教授の田中靖郎さん(79)。▽産業技術総合研究所安全科学研究部門長の中西準子さん(72)。▽九州大学名誉教授で日本近世文学の中野三敏さん(74)。▽詩人の中村稔さん(83)。▽東京理科大学学長で光化学・電気化学の藤嶋昭さん(68)。▽書道家の古谷蒼韻さん、本名・古谷繁さん(86)。▽写真家の細江英公さん、本名・細江敏廣さん(77)。▽東京大学名誉教授で刑事法学の松尾浩也さん(82)。▽宮崎医科大学名誉教授で生化学の松尾壽之さん(82)。▽漫画家の水木しげるさん、本名・武良茂さん(88)。▽体のさまざまな組織や臓器になるiPS細胞を作り出すことに成功した京都大学教授の山中伸弥さん(48)。

文化勲章の親授式は11月3日に皇居で文化功労者の顕彰式は11月4日に東京都内のホテルで行われる。

NASA「小惑星が地球に衝突する危険性がある」

最近アメリカ政府で、ある懸念事項が持ちあがっていることが明らかになった。小惑星が地球に衝突する可能性について、ホワイトハウスの科学技術政策局長官がレポートを提出したというのだ。1998年に小惑星衝突を題材にした映画『アルマゲドン』が大ヒットしたが、今回のレポートはその架空の話が現実に起こりうる可能性を示唆している。

ホワイトハウス科学技術政策局長官のジョン・ホルドレン氏は、下院科学技術委員会に10月15日、10ページにわたるレポートを提出した。それによると、「NASA(アメリカ航空宇宙局)は、地球に接近する小惑星をいち早く発見し、衝突を避けるための努力をし続けなければならない」と警告している。また、「小惑星が地球に衝突する危険性は十分に考えられるものであり、そのような事態が発生した場合には、アメリカの国内関連部門はもとより、世界中が協力して安全を確保しなければならない」と強調しているという。

このレポートを提出した理由についてホルドレン氏は、「たとえアメリカに小惑星が飛来する危険がなかったとしても、我々は現在、宇宙開発の世界的なリーダー国である。仮に他国に小惑星が飛来したとても、我々が重要な役割を果たさなければならない」として、積極的にリーダーシップをとるべきと考えているようだ。

実は最近、NASAでも同様の動きがある。諮問協議会は「プラネタリー・ディフェンス・コーディネーション・オフィス」という部署を立ち上げる準備を進めているという。この部署は、小惑星や彗星の脅威について専門的に情報収集する機関である。10月1日現在、NASAは直径1キロ以上の小惑星を約1050個発見しており、それらの軌道を分析している。そのうち149個の惑星が、地球に接近する危険性を有しているという。これらが今後100年以内に地球に衝突することはないそうだ。

しかし問題は、直径1キロ未満の惑星についてである。現在、これらの小惑星は6416個確認されているのだが、推測ではこの数は全体の5パーセントにすぎないという。つまりもっと多くの小惑星が宇宙に浮遊しており、それらのうちのどれだけの数が地球に接近する可能性を持っているのか現段階では不明なのだ。地球への軌道を持つ小惑星が存在することも十分に考えられる。

もし仮に小惑星が地球に衝突した場合、一部の生物は絶滅し、大規模な地殻的な変化が起こると予想されている。また都市部に衝突した場合には、都市は一瞬で灰になるという。

いずれにしても、正確な情報を国家間で共有し、安全を最優先するべきことに変わりはない。ちなみにオバマ大統領は2025年までに、小惑星への有人探査計画を発表しているそうだ。有人探査では、小惑星が地球に飛来するのに備えて、小惑星の軌道を変更する予行演習も行われるという。まるで『アルマゲドン』の内容そのものの。映画の世界が現実のものとならないことを願ってやまない。
http://rocketnews24.com/?p=52598 より

2010年10月25日 (月)

様々な物の表情

P1001177 P1001168

P1000965 

2010年10月24日 (日)

アテンション(Attention)の形成

人の生き方はその人の心の傾注(Attention)がいかに形成され、また歪められてきたかの軌跡です。注意力(アテンション)の形成は教育の、また文化そのもののまごうかたなきあらわれです。人はつねに成長します。注意力を増大させ高めるものは、人が異質なものごとに対して示す礼節です。新しい刺激を受けとめること、挑戦を受けることに一生懸命になってください。
検閲を警戒すること。しかし忘れないこと社会においても個々人の生活においてももっとも強力で深層にひそむ検閲は、自己検閲です。

自分自身について、あるいは自分が欲すること、必要とすること、失望していることについて考えるのは、なるべくしないこと。自分についてはまったく、または、少なくとももてる時間のうち半分は、考えないこと。

少なくとも一日一回は、もし自分が、旅券を持たず、冷蔵庫と電話のある住居をもたないでこの地球上に生き、飛行機に一度も乗ったことのない、膨大で圧倒的な数の人々の一員だったら、と想像してみてください。

Susansontag

自分の感情を押し殺すためでないかぎりは、おおいに笑うのは良いことです。
他者に庇護されたり、見下されたりする、そういう関係を許してはなりません女性の場合は、いまも今後も一生をつうじてそういうことがあり得ます。屈辱をはねのけること。卑劣な男は叱りつけてやりなさい。
傾注すること。注意を向ける、それがすべての核心です。眼前にあることをできるかぎり自分のなかに取り込むこと。そして、自分に課された何らかの義務のしんどさに負け、みずからの生を狭めてはなりません。
傾注は生命力です。それはあなたと他者とをつなぐものです。それはあなたを生き生きとさせます。いつまでも生き生きとしていてください。
良心の領界を守ってください……。

『良心の領界』スーザン・ソンタグ(これはずっと自分自身に言いきかせているアドバイスでもある)
http://koinu2005.seesaa.net/article/63365641.html

ガンプラ組み立てやすくした バンダイ

「機動戦士ガンダム」に登場した敵役として人気の高い「シャア専用ザク」プラモデル。従来より部品数を少なくするなどして、組み立てやすくした価格も抑えた。全長12センチと小型で場所を取らない。
手足の関節に使う部品の形状を工夫し、しゃがむなど様々なポーズをとらせることができる。全身ほとんどが赤色だが、部分ごとに微妙に色の濃さを変えてアニメ中の姿に近づけた。

Ze004

ガンダムのプラモデル「RG1/144MS―06S シャア専用ザク」
2625円。11月27日発売

2010年10月23日 (土)

既に資本主義は崩壊して

米FRB、半年で5000億ドルの国債買い入れへ─報告書=関係筋

メドレー・グローバル・アドバイザーズの報告書によると、 米連邦準備理事会(FRB)は6カ月間で、5000億ドル規模の国債買い入れを計画している。 関係筋が20日、ロイターに報告書の内容を明らかにした。 一段の買い入れもあり得るとしている。

同筋によると、報告書は「FRBは11月の連邦公開市場委員会(FOMC)最終日に、インフレ期待を押し上げ、 インフレと成長に関する両方の目標を段階的に達成するため、大規模な国債追加買い入れ実施について 賛成多数で合意に至るだろう」とした。

さらに報告書は「FRBは、国債買い入れが直ちに失業率を低下させ成長を支援するとの期待に対応しようとするだろう」とした。 メドレー・グローバル・アドバイザーズの報道担当からは、報告書に関し確認、否定のいずれのコメントも得られていない。 同社は、著名投資家ジョージ・ソロス氏の政治戦略担当者だったリチャード・メドレー氏が創設。 今年2月、英ピアソン(PSON.L: 株価, 企業情報, レポート)傘下のフィナンシャル・タイムズ(FT)に買収された。 [ニューヨーク ロイター]

【日本終了】アメリカ11月から追加金融緩和 5000億ドル 
サブプライムとリーマンショックで、既に資本主義は崩壊してます。
金が金を産む資本主義は、そもそも間違っている当然の結末がめでたい。
アメリカはドル紙幣を刷りユーロも札を刷りまくりとなっている。
不景気な日本の円だけが高くなる、日本円にして40兆円です。
「資本を主義にする価値観」は、もはや古いバージョンであって、
それが起動できなくなっている現象に過ぎない。めでたいことだ。

2010年10月22日 (金)

「ペンギンタロット」の世界へ・・・

占いやゲーム性の底に秘められたTAROTの真意を、
ユーモラスで哲学的なペンギンのキャラクターによって顕した大アルカナ22枚
TAROT図形学より、視覚からも分りやすく覚えられる
「ペンギンタロット」の世界へ・・・
新しいアテンション(注意)と上昇力を前向きに促すために作られたカードです。
-------------------------------------------------------------

1197700337
------------------------------------------------------------
大アルカナ22枚組1セット・解説書A6版18頁

「ペンギンタロット」申込・お問い合せ 
http://koinu.cside.com/

ペンギン舎

P1130461

空を飛ぶことをペンギンはなぜやめてしまったのだろう。どうして南半球にしかいないのだろうか。ペンギンは翼をフリッパーに変えて水中を飛びまわる。  北の海にも数多く生息し、北ヨーロッパの猟師たちからペンギンと呼ばれていたオオウミガラスは、人によって滅ぼされ、今は各地の博物館に剥製として残るだけになってしまいました。南の海から知られるようになった同じような姿の海鳥に、その名が移ってペンギンと呼ばれるようになったという。ペンギンは南半球にだけ分布して 16種とはっきりした2亜種(18種類)が知られています。皇帝ペンギンたちは「おしくら饅頭」で寒さをしのぎ、アデリーは保育所でヒナを育てる。冬はマイナス60度にもなる南極大陸を中心に、全種類が南半球にだけ生息する鳥・ペンギン。翼をフリッパーに変え、立って歩く姿はどことなくユーモラスだけれど、苛酷な自然環境に囲まれているため、彼らの生態はほかの鳥類とくらべ独特で、いまだ謎の部分も多いのです。ペンギンのうちの何種かが個体数を減少しつづけています。人の住む海岸に分布するペンギンや、観光の対象にされているペンギンでは、人間活動の影響も決して少なくなく、今のうちに研究と保護のための運動を起こさないと手遅れになるのではないかと思います。ペンギンたちを絶滅させないために。
pentoraの言葉より。

pentora【ペントーラ】 とは、MySpace 内でつながっています。
http://www.myspace.com/pentora
このページより普段の零画報社で流れている音楽が、リンクより無数に聞くことができます。

ペンギンと南半球の世界に関心があります。 身体は人間、心は仔犬として生まれる。
コンサートや演劇の舞台美術スタッフをへて、 児童テレビドラマの制作に関わり、フリーの映像作家となる。 HP-「微睡む仔犬はペンギンの夢を見る」 http://koinu.cside.com/

     P1130462

2010年10月21日 (木)

新大阪の夕陽

P1001165

P1001164

都内もそうだけれど、夕方の空の様子が激変していと感じる。

2010年10月20日 (水)

神戸拠点に映画作り 石井岳龍監督が制作会社開業

 日本のインディーズ映画界を引っ張る石井岳龍(旧名・石井聰亙)監督(53)が今秋、映画・映像の制作会社「ドラゴンマウンテン」を西区に開業した。15日からは、10年ぶりの長編映画「生きてるものはいないのか」の撮影を開始。同監督が教授を務める神戸芸術工科大(西区学園西町)の大学生や卒業生もスタッフに起用し、来年末にも劇場公開される。

 石井監督は1976年、「高校大パニック」でデビュー。「逆噴射家族」「ユメノ銀河」などで海外映画祭のグランプリを受賞した。2006年から同大で指導。今年9月中旬に起業した。

 「映画の撮影拠点は大半が東京。映画界の人材育成を兼ね、神戸も拠点にしたい」と同監督。独立後初めてとなる今回の作品には、東京からスタッフ5人を招く一方、同大非常勤講師で音響や撮影、デジタル合成が専門の4人も制作に参加。現役の学生や卒業生50人以上もかかわる。

 最新の機材は東京から取り寄せるが、同監督は「いずれ神戸のスタッフや機材だけの“自給自足”で映画作りをしたい」。四国や鳥取県の大山、奈良など、今後の作品のロケ候補地へ行きやすいことも神戸を選んだ理由の一つという。

 「生きて‐」は主役が18人で、東京と関西で10回のオーディションを実施した。原因が分からないまま、ギャグで次々と人が死んでいく‐というストーリーで、同大キャンパスを舞台に展開される。また、既に別の4作品を手掛けることも決まっており、大学の授業と平行して撮影を進める。

 「苦しくても恒常的に制作しなければ、若い芽が育たない」。
映画制作にかける思いを熱く語る同監督は「神戸は『フィルムオフィス』など地元団体が好意的だが、まだまだ人材不足。徐々に輪を広げ、興味をもってくれる人を増やしたい」と話している。

(神戸新聞2010/10/15)

映像プロジェクトの神戸への誘致活動やロケーション撮影に対するワンストップサービスなどを行う 「神戸フィルムオフィス」の公式サイト。
http://www.kobefilm.jp/

神戸芸術工科大
http://www.kobe-du.ac.jp/

石井岳龍 公式サイト
http://www.ishiisogo-gakuryu.com/

2010年10月19日 (火)

NY TIMES 日曜版の一面に日本経済の衰退

NY TIMES 2010.10.17の要約
80年代、90年代、日本の中産階級の人たちの暮らしぶりは、世界中の人たちがうらやむ贅沢さだった。海外に行って買い物をしたり、中古の外車に乗ったりということが当たり前に行われていた。しかしバブル崩壊の後長期にわたる経済不況のため、元々はアジア初のサクセスストーリーで、1991年には、2010年までには、アメリカの経済を超し世界最大の経済大国になると予想され、誰もが恐れる存在だった日本は、現在では、経済界でその存在に注目する人はほとんどいなくなってしまった。実際現在中国が日本を越して、世界第2位の経済大国になってしまったわけだし。これまでアメリカの大学の日本語クラスはパンパンだったのに、今では空っぽになってしまった。

日本の不動産価値は1983年と同じままで、日本政府の負債は世界一で、国内総生産の200%に。人口は減り、貧困率と自殺率が上がっている。

しかしこの経済不況で最大の問題は、日本の自信喪失だ。たった20年前までアジア最初の経済大国としての野心や誇りがあったのに、それが現在では未来の不安に取って代わり、世界での日本の経済的位置を少しずつ陰らせている。

かつては、パリへ、マンハッタンへと、買い物に出かけた日本の消費者は、現在は不安な未来のために貯蓄の方向へ向かい、ユニクロなどのディスカウトブランドで買い物することが主流となっている。

さらに、ここでの最大の問題は、若い世代に与えた影響である。今の日本の若い世代は日本の不況しか知らない。そのため、車やTVなど高価な品物を買うことを拒否し、海外留学なども激減している。

そして、こういう日本の若者の態度は、”草食系”と呼ばれていたりする。一昔前の世代のように、積極的に会社に遅くまで残って仕事することをしなくなったし、または、恋愛にも積極的ではなくなったとも言われている。

あれだけダイナミックな経済大国であった日本の急激な衰退は、今日の世界経済の教訓となるはずだ。

不況のありきたりの言い訳というのは、市場そのものと、買い物を抑えるため現金流出の減少にある。が、日本の場合は、ほとんど一世代にもわたるデフレのため、問題がより根深くなっている。未来への不安からリクスを避け、本能的に投資や出費を避け、すべての価値をどんどん下げていくことだ。

そのため100円ショップなどが増えたり、レストランでは50円でビールを出したり、6万円で結婚式ができるようになったりしている。高級クラブ、バーなどの数も激減。高級志向のものはどんどん消えている。

という何年もの苦悩の後、ようやく日本は目が覚めたのか、去年有権者は自由民主党を倒した。が、多くの日本人にとっては、それは時既に遅し、だった。なぜなら、その時までには、かつては日本では当たり前だった、定職を持つことや、高い生活水準を持つことをまるで信じなくなった、ひとつの若い世代をすでに作りあげてしまったからだ。

中村明美の「ニューヨーク通信」NY TIMES一面が書く日本経済のどん底より
http://ro69.jp/blog/nakamura/41763

昭和に生きた子供たちと、平成に生まれた子供たちは、
「経済」からすると全く違った環境世界にいるというわけである。
バブルが崩壊して経済的に立ち直れなくてJapanificationとなっている国。
なかなか理不尽な記載もあったりするけれど、考えさせられるNY TIMES 日曜版の一面記事に書かれたモノの見方であると思う。
そして何よりも世界の雛形である国でありつづけている。
そして目出度い現象にも突き進んでいる現在形なのだろう。
何かがはじまる時に、古い価値観は壊されてしまうことがある。
それが「経済」とか「資本」だったりもするかも知れない。

2010年10月18日 (月)

『生きているのはひまつぶし』深沢七郎

「忘れるっていうことは、人間に大切なことですよ」「忘れることで頭の中はちょうどいいぐあいに片づけられるからね」「自然死(自殺ではなく)は人間にとって一番ありがたいこと」。四十歳を過ぎて小説『楢山節考』でデビュー。放浪の果ての農耕生活、作家としてのオンリー・ワンの生き方を貫いた深沢七郎。未発表作品集として刊行された(「BOOK」データベースより)

Himatsubusi

人間、死ななかったらとんでもないことになる。
必ず死ぬことがわかっているから、人は毎日生きていられる。
永久に死ななかったらたいへん。
年をとるから、若い時代が楽しいし、
死ぬことは本当にありがたいことだ。
死ぬことがなければ人間の量が増え、
この世は荒涼たる人生になるよ。
それだから死ぬ。
自然死は人間にとって一番ありがたいこと。
人間の一番あこがれるよいことだ。
今まで地球に生まれた人は、みんな死ぬという事業をやった。
こんなやさしいことはない。

オレには生きていることが青春だからね。死ぬまではずーっと青春の暇つぶしだね。人生とは何をしに生まれてきたのかなんてわからなくていい。
三千年前に悟りを開いたお釈迦様は「それは、わからない」と悟ったから悟りを開いたんだね。此の世は動いている。日や月が動いているのだから人の生も死も人の心の移り変わりも動いている。人間も芋虫もその動きの中に生まれてきて死んでいくということだね。まあ、暇をつぶしながら、死ぬまではボーっと生きている。それが俺の人生の道、世渡り術というものだよ。

Life

深沢 七郎 1914年山梨県生まれ。職業を転々とし、ギタリストなどをしながら、’56年中央公論社新人賞の「楢山節考」でデビュー。日本文学史上の事件とまで言われた。’60年の短編「風流夢譚」が右翼による嶋中事件を起こし放浪を余儀なくされる。’65年に埼玉県にラブミー農場を開き念願の農耕生活に入る。『人間滅亡的人生案内』は当時の若者の心を捉え、『みちのくの人形たち』で谷崎潤一郎賞を受賞。’87年に亡くなるまで庶民の眼差しと生き方を貫く(「BOOK」データベースより)

風流夢譚(三つの浪漫的小品より)深沢七郎
http://azure2004.sakura.ne.jp/s_hukazawa/huryumutan.htm

『これがおいらの祖国だナ日記』深沢七郎 昭和34年10月号「中央公論」
http://hello.ap.teacup.com/koinu/1163.html

地球は監視されている

退職した米空軍仕官のグループが1960~80年代にUFOを目撃していた。彼らはUFOは核兵器の保有に警告を発していたと語る。

退職した元空軍仕官7人が先日9月27日にワシントンのCNNによる記者会見に招待。冷戦時代に目撃したUFOは、核兵器を一時的に使用不可能な状態にしたという。核兵器を人類が所有したり使用をほのめかすことは人類や地球環境を潜在的に脅かす。UFOは主にワシントンとモスクワに「火遊びが過ぎる」とのシグナルを送っていた。長年UFOを研究しているロバート・ヘイスティングズ氏は言う。

米空軍でロバート・サラス氏と共に働いていた目撃者の証言は、1963年から80年の間にアメリカの核施設で円盤状、円錐型、球体の光る物体が現われたという。その間に核ミサイルのコントロールが一切できなくなった。しかしエイリアンが実際に攻撃してくることはなかった。ただ施設を通過して人類よりも高度な技術を魔法のように使って夜の闇に消えた。

元空軍大佐のチャールズ・ホルト氏はイギリスの森の中でUFOを目撃した。目的が誘拐だったのか調査だったのかは分からないが、大きく真っ赤な目のような物体が木の間を通り抜けた。UFOはホルト氏に危害を加えることはなく、突然5つの白い物体に分裂して姿を消した。
1967年、モンタナの空軍基地の仕官だったロバート・ジャミソン氏の職務は、ミサイルを「正しい方向へ」飛ばすこと。しかし3月のある日の夜、彼の飛ばしたはずの10機のミサイルの全てが突然弾道を逸れてしまった。エイリアンの類は一切見たことがなかったが、UFOが近くの峡谷に着地したとの噂を知り警備員に詳細を聞いた。彼らは「2つの離れた赤いライトが迫ってきた」と話していた。

「目撃された彼らが何者であろうが、人類が危険に晒されていると考えるのは狭量な考え方であって、私は脅威とは思いません。宗教団体や政府などはUFOの到来の可能性に脅かされるかもしれませんが、パラダイム・シフトの必然的な結果に過ぎないでしょう。」
「人々が地球外生命体の実在を認識する必要がある」
「他の星からの生命体が地球にやって来ているという事実を前にして、人々は今までの世界観を変えなければならない」
ロバート・ヘイスティングズ

Ufo

核時代のUFO http://sharejapan.org/sinews/200/212/post_310.html

「UFOは核兵器に興味」元米軍大佐らが会見
http://www.kyoto-np.co.jp/international/article/20100928000056/1

政府は情報を封鎖
http://www.y-asakawa.com/Message2010-2/10-message70.htm

2010年10月17日 (日)

オークションで“詐欺行為”続発…贋作サイン色紙蔓延中

明らかな偽サインが15万円で取引 ここ数年、インターネットオークション上で“詐欺行為”が横行している。運営者側も違法性を見極めるのは困難で、取り締まりは事実上不可能というからタチが悪い。一体どんな“詐欺行為”かというと…。(夕刊フジ)

《偽物?? そういやなんかヤフオクで自分の色紙の偽物が出回ってるみたいです》
 自身のブログでこう訴えたのは、アニメ「ローゼンメイデン」や「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」、ゲーム「鋼の錬金術師3 神を継ぐ少女」などの原画で知られる人気イラストレーター、かんざきひろさん。偽物と指摘したのは、ヤフーオークションに出品された自身のサイン色紙で、その横には「俺の-」の少女キャラクターが描かれている。
 本人が一切身に覚えがないにもかかわらず、この謎のサイン色紙には5日間で44人のユーザーが応札。最終的に15万3000円もの高値で落札されてしまった。 http://nekomimi.tabgraphics.under.jp/

 ご本人が「偽物」と言い切っている以上、間違いなくこの色紙は贋作だが、実はこうした贋作の疑いの強い商品の取引は驚くほど多いのだという。手先が器用なユーザーが、有名漫画家や芸能人のサインを本物そっくりに書き上げ、高値で売りつけているのだ。

 「有名人のサインやイラストをトレース(=複写)して、本物として出品するケースは急増しています。一見して偽物と分かる粗悪品や、存在するはずがないサインが出品されることも多く、それでも数万円から数十万円の高額で落札されます。書いた本人以外は偽物を証明できないため、“やったもん勝ち”の状態なのです」(ネットオークションマニア)

真贋不明のサインは、かんざきさん以外にも俳優の福山雅治や上戸彩、歌手の倖田來未、プロゴルファーの石川遼、フジテレビの加藤綾子アナら様々な有名人のものが出品されている。中には、贋作と分かっていてもその精巧さにひかれて買うファンがおり、事態の複雑化に拍車をかけているという。かんざきさんの偽サインを出品したユーザーは他にも多数の人気イラストレーターのサイン色紙を出品しており、いずれも贋作の可能性が濃厚だ。

 だが、これを発見したユーザーが主催者に通報しても注意できないのが実情だという。ネットオークション最大手のヤフーは「サインやイラストは『芸術品』のカテゴリーで、真贋は入札者に見極めていただくのが原則です。ご本人や関係者から指摘がないかぎり、当社は出品を削除しません。不安な方は入札を避けていただくしかありません」(広報)としている。

 前述のかんざきさんは、《もしなんか(自分のサインやイラストを)持ってる人居たら売らないでね、あと買うな》と不快感をあらわにしている。

 贋作蔓延の責任は入札者側にもありそうだ。

【産経新聞2010.10.17】
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101017/crm1010170010001-n1.htm

Duchamp_lhooq_1919

2010年10月16日 (土)

フェルメール盗難事件~解き明かされた名画の謎~

BSアーカイブス名作選  10/16 (土) 23:00 ~ 1:10 (130分) NHK BS2

アメリカのボストンにある美術館から、11年前、オランダ17世紀の巨 匠、フェルメールの作品「合奏」など13点が盗まれた。被害総額300 億円という史上最大の美術品盗難事件とマスコミが注目する中、事件の鍵 を握るといわれる伝説的美術品泥棒のマイルス・コナーが出所した。

番組 では、このコナーのインタビューや、過去のフェルメールにまつわる盗難 事件を追跡する一方、フェルメールの画法の秘密や魅力を伝える。
 語り 蟹江敬三(俳優)

Fellm

フェルメール 全作品
http://www.youtube.com/watch?v=bcv2VVSUbuw

インド奥地で未知の言語 使用者800人

未知の「コロ語」発見 インド北東部の山岳地帯
 月刊誌発行などで知られる科学・教育関係の非営利団体、米ナショナルジオグラフィック協会はこのほど、インド北東部アルナチャルプラデシュ州の山岳地帯で、わずか約800人の少数民族が話すコロ語と呼ばれる未知の言語を発見したと発表した。

 調査チームが同州の少数民族の間で話されているアカ語とミジ語を調査していた際、全く別の言語が話されているのを見つけた。

 調査によると、コロ語を使う人々は、アカ語を使う人々と一緒に生活しているが、両言語には発音や文法に大きな違いがある。「豚」を意味するアカ語は「ボ」であるのに対し、コロ語では「レレ」。調査チームの言語学者は「コロ語とアカ語の発音には英語と日本語ほどの違いがある」と指摘する。(共同2010.10.16)

インド奥地で未知の言語見つかる 使用者わずか800人
http://www.cnn.co.jp/world/30000442.html

800人が話す未知の言語 コロ語、インド北東部で発見
http://www.asahi.com/international/update/1008/TKY201010080117.html

2010年10月15日 (金)

グー チョキ パー

P1000077

グーなしで一人勝ちとなりました

石 鋏 紙

医師 波佐見 神

今何が大事なニュースなのか?【ランキング】

【総合ランキング】

 1位 小沢一郎氏「強制起訴」へ113ポイント

 2位 日銀「ゼロ金利政策」復活104ポイント

 3位 日中首脳が“25分会談”97ポイント

 4位 ノーベル平和賞に中国反発88ポイント

 5位 ノーベル化学賞に日本人2人76ポイント

 6位 名古屋“リコール署名”46万人71ポイント

 7位 補正めぐり与野党攻防67ポイント

 8位 G7“通貨戦争”の懸念51ポイント

 9位 最高検VS前特捜部長34ポイント

10位 阿久根リコールへ過半数32ポイント

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ゲスト)
山口 那津男(公明党代表)
後藤 謙次(ジャーナリスト)

(コメンテーター)
藤原 帰一 (東京大学大学院教授)
星 浩   (朝日新聞編集委員)
福本 容子 (毎日新聞論説委員)

「サンデーフロントライン」
2010年4月4日からテレビ朝日系列で放送中の日曜朝の報道番組
http://www.tv-asahi.co.jp/s-frontline/

今月から番組のスタイルが、がらりとかわりました。サンデーフロントラインさんからの、短くてタイムリーなメッセージを受信しましょう! 番組スタッフは日曜OAなので、基本月曜・火曜が休みです。
http://twitter.com/sfrontline

2010年10月14日 (木)

船の中にあるエレベーター

Dscn0055 Dscn0059 Dscn0056

発進いたしますよ

2010年10月13日 (水)

スイスビール

Dscn0076

初めて飲んだスイスのビールです。

スイスの家具

Dscn0084 Dscn0068

2010年10月12日 (火)

バルガス・リョサ『緑の家』

La casa verde (1966)
木村榮一訳『緑の家』新潮文庫.1995年→岩波文庫上下巻.2010年
マリオ・バルガス・リョサ Mario Vargas Llosa

Pl

町外れの砂原に建つ“緑の家”、中世を思わせる生活が営まれている密林の中の修道院、石器時代そのままの世界が残るインディオの集落…。
豊饒な想像力と現実描写で、小説の面白さ、醍醐味を十二分に味わわせてくれる、現代ラテンアメリカ文学の傑作。

Midiriie

Midorinoie

最近なんでも邦訳して愉しむのが、マイブームとなっている。

どんな家にもドラマの舞台になる要素がありえる。

Midori

昨年からノーベル賞文学部門はあきらかな変容をむかえた。

ル・クレジオ→バルガス・リョサといえば、

支配的社会を忌み嫌ってインディオなどに、

現回帰を体現している作家である。

そして西洋社会からは、文化的な影響のために隔離されてもいた存在。

2010年10月11日 (月)

マリオ・バルガス・リョサ Mario Vargas Llosa

ホルヘ・マリオ・ペドロ・バルガス・リョサ(Jorge Mario Pedro Vargas Llosa, 1936年3月28日 - )は、ペルーの小説家。アレキパ出身。ラテンアメリカ文学の代表的な作家でありジャーナリスト、エッセイストでもある。1976年から1979年、国際ペンクラブ会長。従弟のルイス・リョサ、姪のクラウディア・リョサはともに映画監督。

1953年に入学し、国立サン・マルコス大学で文学専攻。19歳でフリア・ウルキーディ(Julia Urquidi)と結婚した。
1971年、マドリード・コンプルテンセ大学でPh.D.取得。
1990年、ペルーの大統領選挙に出馬するが、決選投票にてアルベルト・フジモリに敗れて落選した。
2010年、ノーベル文学賞受賞。ペルー国籍のノーベル賞受賞は史上初。
バルガス・リョサはラテン・アメリカ文学で最も重要な作家の一人であり、また世代を代表する書き手でもある。ラテン・アメリカ文学が60年代から70年代にかけて世界的に流行したなかで、最も影響力をもち、また広範な読者を獲得したのは彼だと考えている批評家もいる。2010年にノーベル文学賞を受賞した。「権力構造の『地図学』と、個人の抵抗と反抗、そしてその敗北を鮮烈なイメージ」で描いたことをを称えたものだった。

バルガス・リョサがその文名を高めたのは1960年代の「都会と犬ども」「緑の家」をはじめとする長編小説群だった。またジャーナリズムや文芸批評などのジャンルを含めた精力的な作家活動を行っている。彼の小説はコメディーでもあればミステリーでもある。あるいはそれは歴史小説でもあれば、ぞっとするような政情を描いていたりもするのである。「パンタレオン大尉と女たち」と「フリアとシナリオライター」などの作品が映画化されている。

彼の仕事の多くには書き手として観るペルー社会が色濃くでている。自身の母国であるペルーでの実体験も同様である。しかし、彼の活動領域はますます広がりをみせ、他国で問題となっているテーマへも取り組むようになった。作家としての方向転換は他にもある。近代文学を思わせるスタイルやアプローチだけでなく、ときとして非常にポストモダン的な作風をみせることがそれだ。

多くのラテン・アメリカ文学の作家と同様に、バルガス・リョサは作家活動を通じた政治行動にも積極的である。その政治思想は、次第に左翼的なものから右翼的になっていく。はじめはキューバでのカストロ政権を支持していたのだが、後には彼への失望を語っている。1990年には中道右派のFREDEMO連合からペルー大統領に立候補した。ネオリベラル的な改革を唱道してのものである。その後バルガス・リョサは穏健的保守政党の支持にまわっている。

作品
フィクション

2007年のバルガス・リョサLos cachorros (1959)  
映画化「The Cubs」(1973) Jorge Fons監督 ホゼ・アロンソ主演(日本未公開)

La ciudad y los perros (1963) (杉山 晃訳『都会と犬ども』 新潮社.1987年) 
映画化「La ciudad y los perros」(The City and the Dogs)(1985)フランシスコ・J・ロンバルディ監督 ホゼ・ワタナベ、バルガス・リョサ脚本 パブロ・セラ主演(日本未公開)

La casa verde (1966) (木村榮一訳『緑の家』 新潮文庫.1995年→岩波文庫上下巻.2010年)

Conversacion en La Catedral (1969)(邦訳『ラ・カテドラルでの対話』 集英社.1984年)
Pantaleon y las visitadoras (1973) (高見英一訳『パンタレオン大尉と女たち』 新潮社.1986年) 
映画化「囚われの女たち」(2000)(日本:劇場未公開DVD化)、「Pantaleon y las visitadoras」(1975)ホゼ・マリア・グティエレス・サントスとバルガス・ジョサ自身の手で映画化

La tia Julia y del escribidor (1977)(野谷文昭訳『フリアとシナリオライター』 国書刊行会.2004年) 
映画化「ラジオタウンで恋をして」(1990)キアヌ・リーヴス主演

La guerra del fin del mundo (1981) (旦敬介訳『世界終末戦争』 新潮社.1988年)
Historia de Mayta (1984)
Quien mato a Palomino Molero? (1986)( 鼓直訳『誰がパロミノ・モレーロを殺したか』 現代企画室.1992年)

El hablador (1987)(西村英一郎訳『密林の語り部』 新潮社.1994年)
Elogio de la madrastra (1988) (西村英一郎訳『継母礼賛』 福武書店.1990年)
Lituma en los Andes (1993)
Los cuadernos de don Rigoberto (1997) (西村英一郎訳『官能の夢』 マガジンハウス.1999年)
La Fiesta del Chivo (2000)  

映画化「The Feast of the Goat」(2005) ルイス・ジョサ監督 イザベラ・ロッセリーニ主演(日本未公開)
El Paraiso en la otra esquina (2003)(田村さと子訳『楽園への道』 河出書房新社.2008年)
Travesuras de la nina mala (2006)
El sueno del celta (2010)

ノンフィクション
Garcia Marquez: historia de un deicidio (1971) (dissertation at the publication was ceased in the mid-1970s) マドリード・コンプルテンセ大学で講義したガルシア・マルケス論
La orgia perpetua: Flaubert y "Madame Bovary"(1975) (工藤庸子訳、『果てしなき饗宴 フロベールと「ボヴァリー夫人」』、筑摩叢書.1988年)
Contra viento y marea 1 (1983)
Contra viento y marea 2 (1986)
La verdad de las mentiras: ensayos sobre la novela moderna(1990) (寺尾隆吉訳 『嘘から出たまこと』 現代企画室.2010年)
Contra viento y marea 3 (1990)
El pez en el agua. Memorias (1993)
La utopia arcaica: Jose Maria Arguedas y las ficciones del indigenismo (1996)
Cartas a un joven novelista (1997) (木村榮一訳、『若い小説家に宛てた手紙』新潮社.2000年)
El lenguaje de la pasion (2001)
La tentacion de lo imposible|La tentacion de lo imposible (2004)
El Pregon de Sevilla (2007)
El Viaje a la Ficcion (2009)
Making Waves (3巻刊行されたエッセイ集Contra viento y mareaからJohn Kingが抜粋、英訳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Official website http://www.mvargasllosa.com/
The Persistense of Memory http://www.literalmagazine.com/es/archive-L03.php?section=archive&lang=es

アズライル

 P1000821

天に光を

心に叡智を輝かせよ

 P1000822

所詮「知識」は道具のようなもの

使わなければ錆びて駆逐する

2010年10月10日 (日)

ノーベル平和賞に劉氏受賞報告は制限 劉夫人対応に中国苦慮

ノーベル平和賞受賞が決まった獄中の中国人民主活動家、劉暁波(りゅうぎょうは)氏と妻の劉霞さんの面会が遼寧省錦州市の刑務所で実現する見通しになった。会話を制限される可能性もあり劉氏本人への受賞報告が実現するかは不透明。

 中国当局は授賞発表後、劉霞さんへの行動制限を強めて、12月にノルウェー・オスロで予定される平和賞の授賞式に劉霞さんら中国国内からの関係者が出席できない可能性があるという。劉霞さんは「中国には本当の意味で言論の自由はない」という。

 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世が1989年にノーベル平和賞を受賞した直後、中国当局は中国国内への情報流入を制限して、出国停止など関係者の行動制限を実施していた。中国当局はダライ・ラマ関係者が公然と共産党・政府批判を行わなければ行動制限を緩和して、批判的言動があれば制限を強化する姿勢である

 中国は過去に米国から釈放を要求された獄中の民主活動家を、病気治療名目で仮釈放し、外交カードとして利用した。米国は劉暁波氏の釈放を要求しているが、授賞発表直後の釈放は外圧に屈したとの印象を内外に与えかねず、当面可能性はなさそうだ。

☆劉暁波 (リュウ・シャオボー、1955年12月28日 - )
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%89%E6%9A%81%E6%B3%A2

☆平和賞に民主活動家 ノーベル賞委員会「批判に耳を傾けるべき」
http://www.youtube.com/watch?v=4Y8rjvmyXsc&feature=related

08憲章=中華連邦共和国憲法要綱

一、まえがき

 今年は中国立憲百年、「世界人権宣言」公布60周年、「民主の壁」誕生30周年であり、また中国政府が「市民的及び政治的権利に関する国際規約」に署名して10周年である。長い間の人権災害と困難かつ曲折に満ちた闘いの歴史の後に、目覚めた中国国民は、自由・平等・人権が人類共同の普遍的価値であり、民主・共和・憲政が現代政治の基本的制度枠組みであることを日増しにはっきりと認識しつつある。こうした普遍的価値と基本的政治制度枠組みを取り除いた「現代化」は、人の権利をはく奪し、人間性を腐らせ、人の尊厳を踏みにじる災難である。21世紀の中国がどこに向かうのか。この種の権威主義的統治下の「現代化」か? それとも普遍的価値を認め、主流文明に溶け込み、民主政体を樹立するのか? それは避けることのできない選択である。

 19世紀中葉の歴史の激変は、中国の伝統的専制制度の腐敗を暴露し、中華大地の「数千年間なかった大変動」の序幕を開いた。洋務運動(1860年代初頭から約30年続いた)はうつわの表面の改良(中体西用)を追求し、甲午戦争(日清戦争1894年)の敗戦で再び体制の時代遅れを暴露した。戊戌変法(1898年)は制度面での革新に触れたために、守旧派の残酷な鎮圧にあって失敗した。辛亥革命(1911年)は表面的には2000年余り続いた皇帝制度を埋葬し、アジアで最初の共和国を建国した。しかし、当時の内憂外患の歴史的条件に阻害され、共和政体はごく短命に終わり、専制主義が捲土重来した。うつわの模倣と制度更新の失敗は、先人に文化的病根に対する反省を促し、ついに「科学と民主」を旗印とする「五四」新文化運動がおこったが、内戦の頻発と外敵の侵入により、中国政治の民主化過程は中断された。抗日戦争勝利後の中国は再び憲政をスタートさせたが、国共内戦の結果は中国を現代版全体主義の深淵に陥れた。1949年に建国した「新中国」は、名義上は「人民共和国」だが、実際は「党の天下」であった。政権党はすべての政治・経済・社会資源を独占し、反右派闘争、大躍進、文革、六四、民間宗教および人権擁護活動弾圧など一連の人権災害を引き起こし、数千万人の命を奪い、国民と国家は甚だしい代価を支払わされた。

 20世紀後期の「改革開放」で、中国は毛沢東時代の普遍的貧困と絶対的全体主義から抜け出し、民間の富と民衆の生活水準は大幅に向上し、個人の経済的自由と社会的権利は部分的に回復し、市民社会が育ち始め、民間の人権と政治的自由への要求は日増しに高まっている。統治者も市場化と私有化の経済改革を進めると同時に、人権の拒絶から徐々に人権を認める方向に変わっている。中国政府は、1997年、1998年にそれぞれ二つの重要な国際人権規約に署名し、全国人民代表大会は2004年の憲法改正で「人権の尊重と保障」を憲法に書き込んだ。今年はまた「国家人権行動計画」を制定し、実行することを約束した。しかし、こうした政治的進歩はいままでのところほとんど紙の上にとどまっている。法律があっても法治がなく、憲法があっても憲政がなく、依然として誰もが知っている政治的現実がある。統治集団は引き続き権威主義統治を維持し、政治改革を拒絶している。そのため官僚は腐敗し、法治は実現せず、人権は色あせ、道徳は滅び、社会は二極分化し、経済は奇形的発展をし、自然環境と人文環境は二重に破壊され、国民の自由・財産・幸福追求の権利は制度的保障を得られず、各種の社会矛盾が蓄積し続け、不満は高まり続けている。とりわけ官民対立の激化と、騒乱事件の激増はまさに破滅的な制御不能に向かっており、現行体制の時代遅れは直ちに改めざるをえない状態に立ち至っている。

二、我々の基本理念

 中国の将来の運命を決めるこの歴史の岐路に立って、百年来の近代化の歴史を顧みたとき、下記の基本理念を再び述べる必要がある。

自由:自由は普遍的価値の核心である。言論・出版・信仰・集会・結社・移動・ストライキ・デモ行進などの権利は自由の具体的表現である。自由が盛んでなければ、現代文明とはいえない。

人権:人権は国家が賜与するものではなく、すべての人が生まれながらに有する権利である。人権保障は、政府の主な目標であり、公権力の合法性の基礎であり、また「人をもって本とす」(最近の中共のスローガン「以人為本」)の内在的要求である。中国のこれまでの毎回の政治災害はいずれも統治当局が人権を無視したことと密接に関係する。人は国家の主体であり、国家は人民に奉仕し、政府は人民のために存在するのである。

 平等:ひとりひとりの人は、社会的地位・職業・性別・経済状況・人種・肌の色・宗教・政治的信条にかかわらず、その人格・尊厳・自由はみな平等である。法の下でのすべての人の平等の原則は必ず実現されなければならず、国民の社会的・経済的・文化的・政治的権利の平等の原則が実現されなければならない。

 共和:共和とはすなわち「皆がともに治め、平和的に共存する」ことである。それは権力分立によるチェック・アンド・バランスと利益均衡であり、多くの利益要素・さまざまな社会集団・多元的な文化と信条を追求する集団が、平等な参加・公平な競争・共同の政治対話の基礎の上に、平和的方法で公共の事務を処理することである。

 民主:もっとも基本的な意味は主権在民と民選政府である。民主には以下の基本的特徴がある。(1)政府の合法性は人民に由来し、政治権力の源は人民である。(2)政治的統治は人民の選択を経てなされる。(3)国民は真正の選挙権を享有し、各級政府の主要政務官吏は必ず定期的な選挙によって選ばれなければならない。(4)多数者の決定を尊重し、同時に少数者の基本的人権を尊重する。一言でいえば、民主は政府を「民有、民治、民享」の現代的公器にする。

 憲政:憲政は法律と法に基づく統治により憲法が定めた国民の基本的自由と権利を保障する原則である。それは、政府の権力と行為の限界を線引きし、あわせて対応する制度的措置を提供する。

 中国では、帝国皇帝の権力の時代はすでに過去のものとなった。世界的にも、権威主義体制はすでに黄昏が近い。国民は本当の国家の主人になるべきである。「明君」、「清官」に依存する臣民意識を払いのけ、権利を基本とし参加を責任とする市民意識を広め、自由を実践し、民主を自ら行い、法の支配を順守することこそが中国の根本的な活路である。

三、我々の基本的主張

 そのために、我々は責任をもって、また建設的な市民的精神によって国家政治制度と市民的権利および社会発展の諸問題について以下の具体的な主張をする。

1、憲法改正:前述の価値理念に基づいて憲法を改正し、現行憲法の中の主権在民原則にそぐわない条文を削除し、憲法を本当に人権の保証書および公権力への許可証にし、いかなる個人・団体・党派も違反してはならない実施可能な最高法規とし、中国の民主化の法的な基礎を固める。

2、権力分立:権力分立の現代的政府を作り、立法・司法・行政三権分立を保証する。法に基づく行政と責任政府の原則を確立し、行政権力の過剰な拡張を防止する。政府は納税者に対して責任を持たなければならない。中央と地方の間に権力分立とチェック・アンド・バランスの制度を確立し、中央権力は必ず憲法で授権の範囲を定められなければならず、地方は充分な自治を実施する。

3、立法民主:各級立法機関は直接選挙により選出され、立法は公平正義の原則を堅持し、立法民主を行う。

4、司法の独立:司法は党派を超越し、いかなる干渉も受けず、司法の独立を行い、司法の公正を保障する。憲法裁判所を設立し、違憲審査制度をつくり、憲法の権威を守る。可及的速やかに国の法治を深刻に脅かす共産党の各級政法委員会を解散させ、公器の私用を防ぐ。

5、公器公用:軍隊の国家化を実現する。軍人は憲法に忠誠を誓い、国家に忠誠を誓わなければならない。政党組織は軍隊から退出しなければならない。軍隊の職業化レベルを高める。警察を含むすべての公務員は政治的中立を守らなければならない。公務員任用における党派差別を撤廃し、党派にかかわらず平等に任用する。

6、人権保障:人権を確実に保障し、人間の尊厳を守る。最高民意機関(国会に当たる機関)に対し責任を負う人権委員会を設立し、政府が公権力を乱用して人権を侵害することを防ぐ。とりわけ国民の人身の自由は保障されねばならず、何人も不法な逮捕・拘禁・召喚・尋問・処罰を受けない。労働教養制度(行政罰としての懲役)を廃止する。

7、公職選挙:全面的に民主選挙制度を実施し、一人一票の平等選挙を実現する。各級行政首長の直接選挙は制度化され段階的に実施されなければならない。定期的な自由競争選挙と法定の公職への国民の選挙参加は奪うことのできない基本的人権である。

8、都市と農村の平等:現行の都市と農村二元戸籍制度を廃止し、国民一律平等の憲法上の権利を実現し、国民の移動の自由の権利を保障する。

9、結社の自由:国民の結社の自由権を保障し、現行の社団登記許可制を届出制に改める。結党の禁止を撤廃し、憲法と法律により政党の行為を定め、一党独占の統治特権を廃止し、政党活動の自由と公平競争の原則を確立し、政党政治の正常化と法制化を実現する。

10、集会の自由:平和的集会・デモ・示威行動など表現の自由は、憲法の定める国民の基本的自由であり、政権党と政府は不法な干渉や違憲の制限を加えてはならない。

11、言論の自由:言論の自由・出版の自由・学術研究の自由を実現し、国民の知る権利と監督権を保障する。「新聞法」と「出版法」を制定し、報道の規制を撤廃し、現行「刑法」中の「国家政権転覆扇動罪」条項を廃止し、言論の処罰を根絶する。

12、宗教の自由:宗教の自由と信仰の自由を保障する。政教分離を実施し、宗教活動が政府の干渉を受けないようにする。国民の宗教的自由を制限する行政法規・行政規則・地方法規を審査し撤廃する。行政が立法により宗教活動を管理することを禁止する。宗教団体〔宗教活動場所を含む〕は登記されて初めて合法的地位を獲得するという事前許可制を撤廃し、これに代えていかなる審査も必要としない届出制とする。

13、国民教育:一党統治への奉仕やイデオロギー的色彩の濃厚な政治教育と政治試験を廃止し、普遍的価値と市民的権利を基本とする国民教育を推進し、国民意識を確立し、社会に奉仕する国民の美徳を提唱する。

14、財産の保護:私有財産権を確立し保護する。自由で開かれた市場経済制度を行い、創業の自由を保障し、行政による独占を排除する。最高民意機関に対し責任を負う国有資産管理委員会を設立し、合法的に秩序立って財産権改革を進め、財産権の帰属と責任者を明確にする。新土地運動を展開し、土地の私有化を推進し、国民とりわけ農民の土地所有権を確実に保障する。

15、財税改革:財政民主主義を確立し納税者の権利を保障する。権限と責任の明確な公共財政制度の枠組みと運営メカニズムを構築し、各級政府の合理的な財政分権体系を構築する。税制の大改革を行い、税率を低減し、税制を簡素化し、税負担を公平化する。公共選択(住民投票)や民意機関(議会)の決議を経ずに、行政部門は増税・新規課税を行ってはならない。財産権改革を通じて、多元的市場主体と競争メカニズムを導入し、金融参入の敷居を下げ、民間金融の発展に条件を提供し、金融システムの活力を充分に発揮させる。

16、社会保障:全国民をカバーする社会保障制度を構築し、国民の教育・医療・養老・就職などの面でだれもが最も基本的な保障を得られるようにする。

17、環境保護:生態環境を保護し、持続可能な開発を提唱し、子孫と全人類に責任を果たす。国家と各級官吏は必ずそのために相応の責任を負わなければならないことを明確にする。民間組織の環境保護における参加と監督作用を発揮させる。

18、連邦共和:平等・公正の態度で(中国周辺)地域の平和と発展の維持に参加し、責任ある大国のイメージを作る。香港・マカオの自由制度を維持する。自由民主の前提のもとに、平等な協議と相互協力により海峡両岸の和解案を追求する。大きな知恵で各民族の共同の繁栄が可能な道と制度設計を探求し、立憲民主制の枠組みの下で中華連邦共和国を樹立する。

19、正義の転換:これまでの度重なる政治運動で政治的迫害を受けた人々とその家族の名誉を回復し、国家賠償を行う。すべての政治犯と良心の囚人を釈放する。すべての信仰により罪に問われた人々を釈放する。真相調査委員会を設立し歴史的事件の真相を解明し、責任を明らかにし、正義を鼓舞する。それを基礎として社会の和解を追求する。

四、結語

 中国は世界の大国として、国連安全保障理事会の5つの常任理事国の一つとして、また人権理事会のメンバーとして、人類の平和事業と人権の進歩のために貢献すべきである。しかし遺憾なことに、今日の世界のすべての大国の中で、ただ中国だけがいまだに権威主義の政治の中にいる。またそのために絶え間なく人権災害と社会危機が発生しており、中華民族の発展を縛り、人類文明の進歩を制約している。このような局面は絶対に改めねばならない! 政治の民主改革はもう後には延ばせない。

 そこで、我々は実行の勇気という市民的精神に基づき、「08憲章」を発表する。我々はすべての危機感・責任感・使命感を共有する中国国民が、朝野の別なく、身分にかかわらず、小異を残して大同につき、積極的に市民運動に参加し、共に中国社会の偉大な変革を推進し、できるだけ早く自由・民主・憲政の国家を作り上げ、先人が百年以上の間根気よく追求し続けてきた夢を共に実現することを希望する。

(括弧)内は訳注。

原文:
http://blog.goo.ne.jp/sinpenzakki/e/8f95023140c18356340ca1d707aa70fe
http://blog.goo.ne.jp/sinpenzakki/e/84859dc4e976462d3665d25adcd04987
http://blog.goo.ne.jp/sinpenzakki/e/d5a614fa9b98138bb73cd49d3e923b40

(転載自由、出典明示)

中国異論派選訳08憲章
http://blog.goo.ne.jp/sinpenzakki/e/597ba5ce0aa3d216cfc15f464f68cfd2

零八憲章全文
http://08charter-tw.pbworks.com/%e9%9b%b6%e5%85%ab%e6%86%b2%e7%ab%a0%e5%85%a8%e6%96%87

08憲章全文(日本語)
http://www.a-daichi.com/freetibet/charter08/

2010年10月 9日 (土)

鶴岡教授ケルト講義(全13回)放送

NHK第2 ラジオ 9/29より12/23まで水曜20:30-21:00(再放送)木曜10:15-10:45

世界の人々に知られる季節祭「ハロウィーン」や「メーデー(五月祭)」は、ヨーロッパの基層文化、ケルトの自然信仰や死生観の遺産です。おなじみの「アーサー王伝説」の聖杯、「ケルズの書」のケルト文様美術、大陸の遺跡などのほか、古代ローマとガリアの関係、小泉八雲の霊魂観なども取り上げて、現代まで力強く生き残ってきたケルトの神話伝説・美術考古を訪ね、ヨーロッパ文明の「深き遺産」の2700年を探っていきます。わが国では一般に余り知られていないフランスの古代ガリア文明や近代文学への影響などについても紹介していきます。

■「ケルトの歴史と生命観」 ヨーロッパの深き遺産
1.ケルト文化とはなにか~深きヨーロッパの古層・ハロウィーンの起源
2.ブリテン諸島のケルト文化~アングロサクソン文化とケルト文化
3.ケルト文様と装飾芸術の美~伝道士の伝道と想像力
4.ケルト神話伝説①アイルランド ほか~生命の大鍋と聖杯
5.ケルト神話伝説②ウェールズ ほか  ~再生する生命
6.ケルト神話伝説③ブルターニュ ほか~ケルトの自然観
7.大陸ケルトの遺跡①世界遺産ハルシュタット(オーストリア) ~ 最初の鉄器文明
8.大陸ケルトの遺跡②ラ・テーヌの発見(スイス)~ 聖なる巡礼の湖
9.ガリアの歴史発掘(フランス①)~いにしえのパリと神々の衣
10.ガリアの芸術と宗教(フランス②)~ガロ=ローマ時代の都
11.ドルイドの自然宗教と近代ケルト学~ヨーロッパのルーツを求めて
12. 国民漫画『アステリクス』とナショナリズム~EUの中のガリア
13.ケルト・リヴァイヴァルと日本文化~小泉八雲とプルースト他

NHK ラジオ第2放送
http://www.nhk.or.jp/r2bunka/ch03/1010.html
鶴岡教授の声は容姿のとおり美しい低音が響く癒やされる効果があります。
収穫の秋から冬至まで、ゆったりと聞けるのは素敵ですね。
音のいいFM波でも放送してほしいところです。

Turuokam

鶴岡真弓 ブログ
http://d.hatena.ne.jp/celmayu1/

鶴岡ケルト講座と講演
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/in-27fb.html

石子 順造(いしこ じゅんぞう、1928年10月12日 - 1977年7月21日)

美術評論家、漫画評論家。

東京生まれ。本名は木村泰典。東京大学経済学部卒、同大学院と文学部美学在籍。1956年に静岡県清水市の物流会社である鈴与倉庫に入社。営業課に籍を置くかたわら、評論活動を開始する。戦前の前衛、アングラ芸術、デザイン、漫画などを対象に評論活動を展開し、独自の見解を示す。漫画評論においては先駆け的存在。

1960年、画家の伊藤隆史・鈴木慶則らと評画誌『フェニックス』を創刊。

1964年、鈴与(鈴与倉庫の親会社)総務部を退社し静岡に家族を残して単身上京。本格的に評論活動を開始。池田龍雄論などを展開。

1967年には、菊地浅次郎(山根貞男)、梶井純、権藤晋と、日本初の漫画評論同人誌「漫画主義」を創刊。白土三平、つげ義春、水木しげる等を評論の対象とした。

また、1974年の著書、『キッチュの聖と俗』は、当時、キッチュ的な題材を作品に取り込んでいた、横尾忠則、赤瀬川原平らと共鳴する内容であった。

現代美術のジャンルでは、「トリックス・アンド・ヴィジョン:盗まれた眼」展(1968年)東京画廊・村松画廊を中原佑介(美術評論家)と共同企画し、「第9回現代日本美術展」(1969年)の第三部門(コンクール)洋画(油彩・水彩・デッサン・版画)部門の審査員のひとりであった。

49歳で早逝。病床の石子はしきりにつげ義春に会いたがった。

死後に『コミック論』『キッチュ論』『イメージ論』の著作集全3巻がある。

著書
マンガ芸術論 現代日本人のセンスとユーモアの功罪 富士書院, 1967
現代マンガの思想 太平出版社, 1970
表現における近代の呪縛 川島書店, 1970
俗悪の思想 日本的庶民の美意識 太平出版社, 1971
キッチュの聖と俗 続・日本的庶民の美意識 太平出版社, 1974
戦後マンガ史ノート 紀伊国屋新書, 1975
子守唄はなぜ哀しいか 近代日本の母像 講談社, 1976
ガラクタ百科 身辺のことばとそのイメージ 平凡社, 1978
石子順造著作集 全3巻 喇嘛舎, 1986-88

共編著
キッチュ まがいものの時代 上杉義隆,松岡正剛共編 ダイヤモンド社, 1971
マンガ家・イラストレーターになるには ぺりかん社, 1972 (なるにはBooks)
小絵馬図譜 封じこめられた民衆の祈り 芳賀書店, 1972
劇画の思想 菊地浅次郎,権藤晋共著 太平出版社, 1973

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北冬名鑑 http://www.geocities.jp/bbtugeken/hm00.html#2ishiko

Mannga

2010年10月 8日 (金)

「漫画主義」リスト

■創刊号 つげ義春特集(67/3/15、52P、150円)

水木しげる論-その庶民的知覚を中心に-石子順造
不可能性への出発≪つげ義春論≫ 菊池浅次郎
つげ義春氏のプロフィルと作品 桜井昌一
「沼」は沈黙する 古田次郎
子どもマンガにおける<生>の論理―つげ義春の場合― 梶井純
佐藤まさあき試論 被害者意識の勝利と破綻① 権藤晋
佐藤まさあき全作品リスト(昭和42年2月現在)
水木しげる作品リスト<昭32~昭42>
後記

Ms01

■第2号・子ども漫画特集(67/6/25)
石森章太郎ノート 梶井純
子どもの夢のゆくえ 菊池浅次郎
個と群-イガグリくんとハリスの旋風 島村省吾
線相学 桜井昌一
子どもと残酷性 佐藤忠男
エロイム・エッサイム 森秀人
白土三平の絵画性と劇性 石子順造
「もの」の発見とそのイメージ 波多川哲
被害者意識の勝利と破綻② 権藤晋
つげ義春作品リスト

■第3号(67/10/15)
サイレント・マンガの可能性 石子順造
戦記マンガの精神構造-十五年戦争はどのように描かれたか- 梶井純
戦中派戦記マンガの悲哀-水木しげるにおける<戦争>と<戦闘>- 権藤晋
強いられた青春の惨劇 菊池浅次郎
千円札裁判外伝 赤瀬川原平
なぜ「パットマンX」を愛読するのか 渡辺一衛
創作ノート 石森章太郎
山椒魚の完璧性と生存の問題-分裂的方法による原圏探査-桂善隆
初期子どもマンガ考-非公認こども漫画の系譜-片寄みつぐ
白土三平作品リスト①
漫画主義運動情報

■第4号(68/1/20)
なぜ「紅い花」なのか 菊池浅次郎
サイレント・マンガの可能性② 石子順造
股旅マンガは何処へいく 権藤晋
アニメーションとはなにか 非ドキュメンタリーの世界 波多川哲
戦記マンガ不在の頽廃 島村省吾
井上洋介の線について 谷川晃一
パットマンXの痛苦を知れ 新崎智
カムイ外伝の視覚 松田哲夫
私論「忍者武芸帳」-土一揆と影丸をめぐる人々- 島山サトノ
白土三平作品リスト②

■第5号(68/7/10)
手塚治虫私論①時代性と作家精神 菊池浅次郎
富永一朗におけるギャグとジャズ 平岡正明
ナンセンス・ギャグ・マンガ論のために①吹き出しについて 石子順造
児童文化統一戦線への一視点-「少年サンデー事件」批判- 梶井純
何がメチャクチャなのか-「政治マンガ」と「ピンク色の離れ座敷」にふれて- 権藤晋
狂雲の翳り-つげ義春「ねじ式」のメモのメモ- 石子順造
脱意識的「峠の犬」は虚構をくわえて 鈴木志郎康
劇画・げきが・ゲキガ 辰巳ヨシヒロ
小島剛夕論<予察>暗殺者不在の暗殺マンガ 本多晴夫
劇画十年小史<資料編>

■第6号 69/3/20
かつて劇画は生き死をその本体とした-戦後意識の惨めな転回と劇画- 権藤晋
「戦記マンガ」批判の思想を撃つ-石子順「少年漫画と戦争」批判-梶井純
意味の世界のタブーを犯す-林静一論- 上野昂志
大衆文化としての漫画 斉藤次郎
ナンセンス・ギャグ・マンガ論のために②あほらしさ、情況への痛覚-なぜ<ナンセンス>なのか- 石子順造
座談会 子どもマンガ情況の頽廃と批評の力 漫画主義編集委員会
つげ義春論 つげ義春と「随筆」の距離 新崎智
つげ義春論 つげ作品の生涯と情念 
手塚治虫試論② 何がロックを殺したか 菊池浅次郎

Gms

■第7号(69/8/15)
回帰または浸蝕輪廻への出撃-永島慎二論-梶井純
エロスと暴力を超えて 石子順造
つげ義春あるいは沈黙の凹状態 菊池浅次郎
いま劇画に生き死は在るか 権藤晋
ジョージ秋山・人の悲しさ、夢、人間嫌い (梶井純)
旭丘光志・個人の怨念、権力、テロル (権藤晋)
砂川しげひさ・笑い、ゲバルト、オナラ (菊池浅次郎)
ずいひつ マンガについて① 漫画は素朴に率直に斬り込む 秋山清
不随意のイメージ「ねじ式」 谷川晃一
冥府めぐりと「少女の時間」-つげ義春論- 堀切直人
ついに情念の作家つげ義春 横関隆平
「漫画主義」総目次(創刊号~第六号)

■第8号(70/9/30)
庶民性、あるいはあさましさの系列-太平洋戦争とマンガ家たち- 石子順造
自閉の世界を描くとは-青柳裕介の作品がしめすもの- 権藤晋
子どもマンガの退廃とその構造-「社会派」と「ハレンチ」が意味するもの- 梶井純
対談 なぜ劇画を画くのか-絵が巧みになって洗練されたらものオシマイ- 辰巳ヨシヒロ・菊池浅次郎
長谷邦夫は語る 毒をふくんだパロディへの志向 (梶井純)
津雲むつみは語る 十八歳、トッポ、自在性 (菊池浅次郎)
ずいひつ マンガについて② 夢二の漫画 秋山清
白土三平記Ⅰ 新崎智

■第9号(72/3/30)
勝又進ノート 梶井純
北川由紀子賛「子守唄考」 吉沢功司・北川由紀子
やっぱり漫画の面白さは-つりたくにこの面白さにふれて- 大槻純子
白土三平記Ⅱ 新崎智
権力としての環界と表現の対応力-赤瀬川原平のまんが表現への恣意的注釈- 桂善隆
マンガが娯楽であってはいけないか 松島利行

■第10号(72/9/1)
真崎・守の隠蔽の詐術について 菊池浅次郎
少女論①前章-なぜ「少女マンガ」論ではなく少女論なのか- 石子順造
下劣な男の出現-つげ義春「夢の散歩」にふれて-鈴木志郎康
対談 いまは夢みたい つげ義春・桜井昌一
まんが家コンテスト 大竹正春
現世回帰の行方について-「ゲンセンカン主人」から「ヤナギ屋主人」へ- 横関隆平
「ほんもの」がないではないか-松島利行氏の批判に答えるついでに- 権藤晋

■第13号(78/6、夜行7収録、石子順造追悼)
石子順造の思想と文章 赤瀬川原平
<生活⇔表現>とキッチュのあいだ 山根貞男
「漫画主義」とガロの石子さん 高野慎三
追憶の海―清水時代の石子順造氏― 鈴木慶則
石子さんは食べおんち 木葉井悦子
外人部隊と石子さん 谷川晃一
石子さんのいそいでいた姿 鈴木志郎康
石子順造と死の話 水木しげる
ドナルドダックと石子さん 林静一
外房大原への夢 つげ義春・マキ・つげ忠男
石子順造の<転換>とは何か 権藤晋

http://bbtk.blog54.fc2.com/blog-entry-5.html

2010年10月 7日 (木)

街場のメディア論

内田樹/著 光文社新書

Img382

テレビ視聴率の低下、新聞部数の激減、出版の不調―、未曾有の危機の原因はどこにあるのか?「贈与と返礼」の人類学的地平からメディアの社会的存在意義を探り、危機の本質を見極める。内田樹が贈る、マニュアルのない未来を生き抜くすべての人に必要な「知」のレッスン。神戸女学院大学の人気講義を書籍化。 

第1講 キャリアは他人のためのもの;

第2講 マスメディアの嘘と演技;

第3講 メディアと「クレイマー」;

第4講 「正義」の暴走;

第5講 メディアと「変えないほうがよいもの」;

第6講 読者はどこにいるのか;

第7講 贈与経済と読書;

第8講 わけのわからない未来へ

内田樹の研究室
http://blog.tatsuru.com/

2010年10月 6日 (水)

これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学

マイケル・サンデル/著 鬼澤忍/訳 早川書房

1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか? 金持ちに高い税金を課し、貧しい人びとに再分配するのは公正なことだろうか? 前の世代が犯した過ちについて、私たちに償いの義務はあるのだろうか――。つまるところこれらは、「正義」をめぐる哲学の問題なのだ。社会に生きるうえで私たちが直面する、正解のない、にもかかわらず決断をせまられる問題である。

  哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。ハーバード大学史上最多の履修者数を記録しつづける、超人気講義「Justice(正義)」をもとにした全米ベストセラー、待望の邦訳。

http://www.youtube.com/v/lUbwX06Hv4Q?fs=1&hl=ja_JP

2010年10月 5日 (火)

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

橘玲/著  幻冬舎

Cruelworld1
 
  ワーキングプア、無縁死、孤独死、デフレスパイラル、引きこもり、派遣労働者問題、自殺者3万人超えetc…気がつけば世界は、とてつもなく残酷になった。危機感を覚えた現代人たちは、世の中をサバイバルしなければと、たくさんの自己啓発書を読む。すると本の中の伝道師たちは、「やればできる」とぼくたちを鼓舞する。しかし……、結局、能力は開発できない。なぜなら、やってもできないから。ならどうすることもできないのか。否!ありのままの「わたし」でも成功を手にする方法(哲学)がある。本書では、「自己啓発」の理論を検証し、才能に自信がない人でも、グローバルな能力主義の世界で、「自由」や「幸福」を手に入れるにはどうすればいいのかを考えていきます。専門知識は一切不要。残酷な世界を生き延びるための成功哲学、それは「伽藍(がらん)を捨ててバザールに向かえ!恐竜の尻尾のなかに頭を探せ!」ということ。

橘玲 公式サイト http://www.tachibana-akira.com/

だいじょうぶ3組

乙武洋匡/著 講談社

Daijyoubu

5年3組の担任としてやってきたのは、手と足がない先生、赤尾慎之介。
個性豊かな28人の子どもたちといっしょに、泣いたり、笑ったりの1年間が始まる―。
小学校教員の体験から生まれた初めての小説。

乙武洋匡公式サイト
http://sports.cocolog-nifty.com/ototake/mail/

やっと涼しくなってきたので、今週は読書週間にしようかなと。

2010年10月 4日 (月)

「学研の科学」が親子向けWeb講座で復活

3月に休刊した学研の「科学」を基にしたネット講座がスタートした。

NTTナレッジ・スクウェアと学研ホールディングスは、学研の学習誌「科学」を基にしたネット講座を9月28日から始めている。Web講座と実験キットのセットで、価格は6レッスン1万5750円。小学生の親子向けです。

 科学シリーズで好評だった実験を、ネット上で親子向けに解説。科学シリーズ編集長で、テレビ番組でも人気の湯本博文さんが映像で解説する。実験や講座に関する質問コーナーや、受講者による実験画像の投稿コーナーも設けるという。

 「大気圧のふしぎ実験」「食べ物びっくり実験」など6レッスンをセットにしたAコースと、「空気でびっくり実験」「磁石のひみつ実験」など6レッスンをまとめたBコースの2種類。それぞれ1万5750円。推奨受講期間は各6カ月。

Gakken

2010年10月 3日 (日)

あんじゅう―三島屋変調百物語事続 宮部 みゆき

読売新聞連載(2009年1月1日から2010年1月31日まで、朝刊にて連載)が一冊になった。可愛くて、奇妙で、切なくて、ちょっと怖い4つのお話です。
412alejxr7l

三島屋の行儀見習い、おちかのもとにやってくるお客さまは、みんな胸の内に「不思議」をしまっているのです。人間に忘れ去られた小さな神様「お旱さん」を孤独から救う少年。
「くろすけ」と呼ばれるお化けのようなものと心を通わせる夫婦。お互いを思いやるあの世のものと、この世のもの。そして静かに話を聞くおちか。

人が心の中に恨みや妬みが起動して、恐ろしい殺意や幻想を生み出す。この世の怖さは見えるはずのものが見えなくなってしまう。「小僧さん、きれいなものは、この世にこそいっぱいあるんですよ。とりわけ、あんたみたいな子供にとってはね」

宮部みゆき『あんじゅう 三島屋変調百物語事続』(2010年7月25日、中央公論新社刊)のプロモーション映­像です。制作:京極夏彦、ナレーション:宮部みゆき
http://www.youtube.com/watch?v=zTlDmpL3hTwPop01big

 表紙と挿絵は南伸坊さん。ほのぼの可愛らしく明るくて物語にいい効果をあたえている。 ページを開くと見開きごとに、新聞連載時の挿絵あって癒されます。本文を上に寄せ、挿絵を下に絵本をみているように楽しめる。こういう挿絵の多い本は昔からあったわけで、復帰するきっかけとなってくれたら嬉しい。

iPad版アプリでは、南伸坊ワールドに触って遊べます。単行本では、触って動くのはページだけですが、読者の皆様の心を動かせるようにと願いつつ、一生懸命書きました。何も先を急ぐ必要がないのが、文芸の世界の最大の長所です。どうか、ゆっくりのんびり、『三島屋変調百物語』の世界を味わっていただけますように。
http://www.chuko.co.jp/special/anjyu/

Pop02big

宮部 みゆき
東京都出身。1987年、短編「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。88年『かまいたち』で第一二回歴史文学賞佳作入選。89年『魔術はささやく』で第二回日本推理サスペンス大賞、92年『龍は眠る』で第四五回日本推理作家協会賞長編部門、同年『本所深川ふしぎ草紙』で第一三回吉川英治文学新人賞、93年『火車』で第六回山本周五郎賞、97年『蒲生邸事件』で第一八回日本SF大賞、99年『理由』で第一二〇回直木賞、2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、02年第五回司馬遼太郎賞、第五二回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門、07年『名もなき毒』で第四一回吉川英治文学賞を受賞。
Pop03big Pop04big

2010年10月 2日 (土)

SIGHT 45号 早くしようよ、政界再編

民主党・生方幸夫/自民党・加藤紘一/みんなの党・江田憲司田中秀征/内田樹×高橋源一郎

Sight_45

世論が小沢一郎にノーと言う根拠は、小沢一郎が政治の古いページに属している政治家だからだ。そこに日本政治の未来はないと有権者は考えている。では菅に未来を託したのか、といえばそうではない。少なくとも小沢一郎に戻してはいけない、そういう思いを持った人が多かったのだ。
 では何が古いページで、何が新しいページなのか?それを有権者に問いても明確な答えは返ってこないだろう。でもイメージだけはクリアなのである。たとえば消費税の問題、福祉の問港、外交の問題、そうした重要な政治的テーマを有権者に質問すると、ほぼ同じ傾向の答えが適ってくるだろう。いわゆる国論を二分して、イエス、ノーが分かれる政治的なテーマはあまりない。
 多くの人が、消費税は上がってもしかたがないと考えている。しかし、消費税アップを言った菅民主党は、参院選で負けた。なぜか? 今の民主党では、上げた消費税が何
に使われるか不安だからだ。というか、有権者以上の消費税に対する本気度を菅民主党内閣から感じなかったのだ。
 消費税アップは認める。こんなものわかりのいい国民はいない。ただ、アップする以上、それを実践するだけの覚悟七実行力をもった政治運営主体としての政党でない
と認めない。こんな厳しい国民もいない。今はその国民の基準に合った政党が存在していない。(渋谷陽一)

発売日:2010-09-30 780円
ロッキング・オン
-----------------------------------------------------------------------
SIGHT編集部 http://ro69.jp/product/magazine/9

下記に書いたとおりSIGHTの記事は、市民としても政治に答えていて機能している数少ない雑誌だと思う。音楽系の出版から「政界再編」というのも非常に今な感じして、的確だということも含めてSIGHTは注目している。

オープンコンタクトの時間帯は10月3日

ファースト・オープンコンタクトに向かう世界の流れが大きく加速しています。27日の全米記者会見でET/UFOの実在は明確になり、国連がファーストコンタクトの担当者を任命して地球外文明との接触に備えています。

Former Air Force Officials Claim UFO Sighted at Military Bases (28/9/2010)
http://flatheat177.ning.com/video/former-air-force-officials

UFO CNN - Nick Pope - 27. September 2010 - Royal Society, UN, and Mazlan Othman mentioned
http://flatheat177.ning.com/video/ufo-cnn-nick-pope-27

今後、日本の政府も対応を迫られることになりますが、民間レベルでもETとの交流を促進することが重要になります。10月3日のイベントはその意味でも銀河連邦との接触の実現を加速する大きな意義を持っています。

オープンコンタクトの時間帯は10月3日の11時ー13時です。会場に来られない方はご自宅でぜひご参加ください。
世界ディスクロージャー・デイ参加のイベントとして第3回オープンコンタクトを10月3日に実施します。今回は次の三か所を本会場として行います。①千葉(有吉神社)②新潟(弥彦神社)③奈良(三輪山)

ふるやの森へ 
http://blog.goo.ne.jp/flatheat より

変容へのはじまりの序章ですね。いよいよ接触と加速。

2010年10月 1日 (金)

解かんない

『解る』ということは、それによって自分が変わることらしい。

「何かを知る」だけでは、自分が変わることはないだろう。

今までの自分に、何かが与えられて化学反応をすること。

P1000005

「解る」というのは、知る以上のことであり、

人格やそれまでの生き方のまるっきり更新となる。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。