« 鳴門 | トップページ | ★エルンストの≪物霊≫★  »

2011年1月30日 (日)

朗読「ヘブン」川上未映子「ドミノ」恩田陸

ラジオ深夜便NHKFM 放送2011年 1月31日(月) 午前1:00~
 ▽朗読シリーズ 女優・心のブックレビュー         
  「ヘブン」               【作】川上未映子
  「ドミノ」                 【作】恩田陸
                  ナビゲーター…多部未華子
--------------------------------------------------------------------------------
番組HP: http://www.nhk.or.jp/shinyabin/

Heaven Img10655

関西弁を用いたリズムがある独特の文体で芥川賞を受賞した自称文筆歌手。76年生まれ。02年川上三枝子名義でミュージシャンとしてデビューし、アルバム『うちにかえろう~Free Flowers~』を発表。後に未映子と改名し04年アルバム『夢みる機械』をリリースした。翌年にはセルフプロデュースでアルバム『頭の中と世界の結婚』を発売。以降は作家としての活動がメインとなり、07年に「わたくし率 イン 歯ー、または世界」が芥川賞候補となり注目を集め、翌年「乳と卵」で芥川賞を受賞した。09年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞を受賞、詩人としても開花した。特徴だった軽いリズムの文体を消し去り、新しいスタイルで臨んだ『ヘヴン』が9月に刊行された。

51d03jhfkwl

ドミノ (角川文庫) 恩田 陸 7月のある蒸し暑い午後、営業成績の締め切り日を迎え色めき立つ生命保険会社から、差し入れ買い出しのためにOLが東京駅に向かって走りだす。ここを物語の出発点として、ミュージカルのオーディションを受ける母娘、俳句仲間とのオフ会のため初めて上京した老人、ミステリーの会の幹事長のポストを推理合戦によって決めようとする学生たち、従妹の協力のもと別れ話を成功させようともくろむ青年実業家、訪日中のホラー映画監督など、さまざまな人間が複雑に絡みあうなかで、物語は日本中を揺るがす大事件へと発展していく。

« 鳴門 | トップページ | ★エルンストの≪物霊≫★  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。